ワイン 374

味覚の秋!という事で、ここぞとばかりに「安旨ワイン探検隊」が
出動です~~。今回も素晴らしいブルゴーニュ・ミッション3連発が
続きます~~。

今回のワイン!、
「ブルゴーニュ、オート・コート・ド・ニュイ、・アンヌ・グロ」2013年です。
f0182173_1319411.jpg
このワインは、ブルゴーニュのワインの銘醸地である「コート・ド・ニュイ」
地区の「ニュイ・サン・ジョルジュ」村の、南側に広がる広域的な地域の、
「オート・コート・ド・ニュイ」で造られたワインです。

造り手は「アンヌ・グロ」という女性です。彼女はブルゴーニュ・地方
ワインの中心地である、ヴォーヌロマネ村の一大ワイン醸造家の
グロ家の一人で、1995年から父の「フランソワ」さんからドメーヌを
引き継ぎました。それからは伝統を重んじる一方で革新的な技術を
使い、ブルゴーニュでは珍しい女性の醸造家ということもあり、一躍
有名になっていきました! 現在は、グロ一族のトップランナーとして
リシュブール、エシェゾーなどの最高の特級畑を持っています!!

彼女は、ブドウ畑に出てブドウ栽培からを自分で行っているのです。
農薬などは最小に抑えるようにしている農法「リュット・レゾネ」を採用
しています。そして、赤ワインの発酵はセメント発酵槽を使い、期間は
12~15日間程・・・。14~16ヶ月の樽熟成が行なわれた後、瓶詰め
前にステンレスの大桶に戻されてブレンドの後にボトリングされます。
新樽使用比率は、ワインのクラスごとに30~80%らしいです。



この「アンヌ・グロ」女史のワインは、このブログ記事の「ワイン 104」
にて「ブルゴーニュ」を飲みましたが、その時のワインがメチャ美味し
かったので、アノ感動をもう一度味わってみたい!と思っていました。
そして今回、2013年の若いワインですが「オート・コート・ド・ニュイ」が
手に入ったのでした~!! 「アンヌ・グロ」のワインは、かなり貴重で
見つけたらスグに買わないと無くなってしまう程なのですっ! なので
今回は何とか見つかったので、即買いしてしまいました~~。
f0182173_13185995.jpg
オープンしてグラスに注ぐと、今回も色も香りもとても薄いです・・・・。
でも、やはり素晴らしい果実感でラズベリー系爽やかな感じです~。
そして腐葉土のような&森林浴のような複雑さがありますね! でも
グレープフルーツのような酸味がちょっと強くて、酸味とのバランスが
ちょっと・・・、という感じでした。 でも!それでもかなり美味でした~。

前回のが2008年・・・。今回は2013年・・・。酸味が残念でした・・・。
若すぎるのか?、それともオート・コート・ド・ニュイ」だから??・・・。
もちろんかなり美味しいのですが、前回のような感動の美味しさは
ありませんでした・・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-10-07 07:18 | お店のご案内

<< 乗鞍高原「おやきときのこフェス... 乗鞍高原、大カエデの紅葉情報~... >>