瑞牆山、大面岩・左稜線クライミング~。(その①)

先週もまた、クライミングへの千載一遇の大チャンスが
訪れた・・・。 ある晴れた某日に、エキスパートな方々が
揃って休みなので一緒にクライミングに行きませんか?
という麻薬のようなお誘いの連絡が入ったのだった!・・・。

乗鞍を含む3000m北アルプスでは、もう早くも雪が降り
10月は冬山の様相になってきていて、夏山登山は、もう
終わりを告げていたのだ・・・。 なので、この大チャンスを
逃すと、もう今シーズンは大きな山行に行けないかも?と
思って、このクライミングのお誘いに乗ってしまったので
あった~!!・・・。

f0182173_22313792.jpg
今回も行き先は、日本のマルチピッチクライミングのメッカ!
瑞牆山で、しかも僕のまだ行ったことがない「大面岩」にある
「左稜線」ルートだった~!!・・・・。

当日の朝、まだ陽が上がらない真っ暗な早朝4:00前に乗鞍を
出発・・・。高速を飛ばして走って行くと、小淵沢を越えた辺りで
陽が上がってきた。 目の前には、ピンク色に色づく富士山が
シルエットになって見えてきて、とてもキレイであった~。

f0182173_22313172.jpg
瑞牆山には8:30頃に到着・・・。 今回の「大面岩」は、画像の
連なる瑞牆山のちょうど右側の部分だ。 「ダイメンイワ」では
無い・・・、「オオヅライワ」と読む。 

植樹祭広場の手前にあるウッドチップの小さなパーキングから
アプローチで登山道を歩いて40分。カンマンボロンと大面岩の
間の左端にある「左稜線」の取り付きに到着した・・・・。 今回の
メンバーは、ガイドのNJさんとSTさん、そして僕の3人パーティー
での、とても贅沢なマルチピッチクライミングだった~。


1ピッチ目(5.8)」
f0182173_22315236.jpg
この画像の場所から「左稜線」のマルチピッチが始まるのである。
まだ陽が当たらず暗い中、ロープを出しハーネスを装着、ギアを
ひと揃え持って、クライミング・オンだ!!

この「左稜線」の1ピッチ目はここの下にあるのだが、1ピッチ目は
あまり登られて無くて苔が生しているので、僕たちもこの2ピッチ目
からスタートしたのであった。 そして最初のリードは、なぜか僕が
行かせてもらう事になったのであった~~。
f0182173_22315992.jpg
画像は1ピッチ目フォローのSTさんである。 僕がこの1ピッチ目
をリードしたのだが、ルートファインディングを間違ってしまって、
1ピッチ目を2ピッチ目の終了点まで上がってしまったのであった。
50mのロープがギリギリだったのであった・・・・。 傾斜も無くて、
サクサクの登れるウォーミングアップ的な1ピッチ目であった・・・。


2ピッチ目(5.10a)」
f0182173_22322172.jpg
2ピッチ目も左に回りこんだ所からスラブ状の岩を画像の終了点
まで登って行く。 ここはSTさんにリードを交代して登って頂いた。
ここも5.10aにしては何だかかなり簡単に感じるぐらいにサクサク
登っていけるピッチなのであった~・・・。
f0182173_22322728.jpg
この「大面岩・左稜線」のルートは、1~2ピッチ目からかなり高い
場所に立てて、スゴい高度感なのであった。 足元の下はかなり
下までスッパリの切れ落ちていて、いきなり気持ちイイ所なので
あった~~。 画像は、今回フォローに徹して頂いた、いつもの
ガイドのNJさんだ~~。


3ピッチ目(5.10c)」
f0182173_22324219.jpg
ここから続く3~4ピッチ目が、このルート「左稜線」の核心部分だ!
この2ピッチ目終了点のテラスから右のカンテをレイバック気味に
上がっていく。 10mほどの短いピッチだが5.10cのグレードだ!
ここは僕のリードの番である!・・・。5.10cといえば僕がリードで
オンサイト出来るギリギリのグレード!・・・。 しかし、プロガイドの
みなさんに「どうぞ!」と言われたら、行くしかない!!

このピッチは出だしの数手が核心で、けっこう難しい!・・・。足が
窪みに乗るのかどうか?がポイントであった~。
f0182173_22324970.jpg
カンテの手はけっこう効くので、足のデリケートなスメアリングが
ちょっと怖かったのだが、なんとか慎重にこなして上部へと抜けて
左へと回り込んで、終了点へと到着したのだった~!!
ヤリマシタ~!!
3ピッチ目5.10c
オンサイトです!!


嬉しい!! これはかなり嬉しいっ!!!
久しぶりのギリギリのオンサイトだった~!!


f0182173_22325474.jpg
その後フォローで登って頂いたSTさんである。 さすがに2人とも
プロのガイドさんなので、僕が怖くてギリギリのオンサイトしたこの
高度感にも関わらずサクサク~っと完登されていた・・・。


「4ピッチ目(5.10b)」
f0182173_2233757.jpg
ここも、このルート「左稜線」のハイライトであるピッチで、約20m程
のビルディング状のフェイスルートである。半分ほどはこの画像の
ように真ん中を垂直に登り、後半は右カンテを伝って登って行く・・・。
ここも核心であるにも関わらず、僕がリードさせて頂いたのであった~。
何だか2人のガイドさんに、本番ぶっつけでの練習をさせて頂いて
いるかのようであった~・・・・。

画像を見たままの、素晴らしい程高度感満点なルートである!!
そしてここも何とかオンサイト出来たのであった~! この瑞牆山
のルートで、僕がまさかの2つのオンサイトである!! これは本当に
メッチャメチャ嬉しかった~!!!

f0182173_2233131.jpg
フォローで登って頂いたSTさんである。 上部のカンテセクションを
やはりサクサク登っていらっしゃっていた・・・。 ビレイをしている上部
から撮影しても、素晴らしい高度感である!!

f0182173_22331941.jpg
そして画像は4ピッチ目の終了点である・・・。 ここまで核心部分の
3~4ピッチを僕が2本もオンサイト出来て、メッチャ嬉しかったので
あった!!! これで、前回の瑞牆山十一面岩・ベルジュエールの
リベンジが、少しでも出来たのではないかな~と思えたのであった~。

でも、
このあと、まだまだ
多彩なピッチが続く、
その②へ続く!・・・。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-10-11 07:29 | アウトドア

<< 瑞牆山、大面岩・左稜線クライミ... 乗鞍高原の紅葉情報~。(その③) >>