登山案内人のガイド座学講習を受けて来ました。

今週の某日、長野県のガイド資格である「登山案内人」の
能力向上研修の座学講習がありましたので、ある理由が
あって、受講してきたのでした~。

f0182173_17392379.jpg
去年も受けましたが、登山案内人の座学講習は、いろんな
分野の講師の方がいらっしゃいます。 とても為になる講習
なのです!! 去年は御嶽山の噴火があったので、その話
ばかりだったのですが、今年はまたとても豪華な講師の方々
でしたので、去年に引き続き受講したのです。

f0182173_17391926.jpg
1人目は、あの!エヴェレスト登山請負人として有名なガイド
カンパニー「アドヴェンチャーガイズ(AG)」の「近藤謙司」さん
です~!! 

近藤謙司さんは、「スキルと信頼を上げるためのちょい乗せ
トッピング」という題の話で、まず遭難しないために予見する
事が大切という事、一歩踏み込んで「なぜ、そうなるのか?」
を考える事、ウェアのデッドエアの事などなど、ガイドならでは
の話をされて、僕は引き込まれるように聞かせて頂きました!
そして最後に、去年のネパールの大地震の時の事、震災後
のネパールの復興のようすなどの、たくさんの画像を見せて
頂きました。 僕たちが行ったナムチェやロブチェ、エヴェレスト
ベースキャンプでの事など、とてもリアルでした・・・。

近藤さんは、講習の後にわざわざ僕のところまで来て、挨拶と
握手をして頂きました!! すごく凄く光栄でした。


f0182173_17391512.jpg
2人目は、この登山案内人の部署「長野県観光部山岳高原課」
の、山岳高原観光特別推進委員の「原一樹」さんでした~~。

原さんは、去年から話が上がっている「山のグレーディング」を
立ち上げた方で、今回も「山のグレーディングと活用」という話を
して頂きました。 最近の登山者はネットで情報を手に入れるので
2つも3つも飛ばして経験の無い知識を持って山に来る人が多い
事が問題になっていて、それを何とか伝えるために、この山の
グレーディングが始まったという事を話されていました~。 僕も
ガイドの仕事をするときに、もう一度考えてみたいと思うような事
ばかりでした・・・。


改めて話を聞くと、やはり山は謙虚に、そして予見を大切にして
安全第一で行きたいと思いました・・・。講師の近藤さん、原さん、
ありがとうございました。とてもためになりました。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-11-28 07:38 | イベント

<< ワイン 382 秋のお休み・・・・。 >>