新入荷のラム酒のご案内~!!

前回のミレジメ(ヴィンテージ)のボトルが無くなったので、
新しく同じメーカーのラム酒を仕入れてみました~!!

今回のラム酒、「Jバリー、アンブレ」です~!!
f0182173_1065674.jpg
この「Jバリー」というラム酒は、カリブ海に浮かぶ西インド諸島
の中のラム酒の一大名産地である「マルティニーク島」で造られ
ています。そのマルティニーク島で造られる数々のラム酒中でも、
この「Jバリー」は、マルティニーク島で初めて純粋なサトウキビ
のジュースからラム酒を生産することを始めた、最初の蒸留所の
一つだと言われているのです!! かつてはペレ山の近くにある
ラ・カルベ町に居を構えていたので、「カルベ蒸留所」と言われて
いましたが、1917年にエンジニアだったジャック・バリーさんが
買収して「Jバリー」という名前なったようです。 純粋にサトウキビ
からラム酒を造る手工業的な製法は、「アグリコール」と呼ばれて
いて、現在の工業的なラム酒は「インダストリアル製法」とは全く
違います。

「アグリコール製法」のラム酒のほうが、サトウキビジュースから
造られているので、贅沢な造り方で、インダストリアル製法ラムに
比べ原料費はなんと10倍にもなるそうです!! サトウキビは
収穫後はスグに劣化するので、収穫したらすぐに圧搾しなくては
なりません。そのジュースは36時間ほどの発酵させ、連続蒸留器
で蒸留され、アルコール度数70度前後の原酒が出来上がります。
そして「熟成ラム」の場合は、樽に入れて熟成庫で寝かせます。
熟成ラムはカリブ海の湿気と熱気のために、ウイスキーの3倍もの
スピードで熟成感が進むと言われています。熟成に使用する樽は
内側を大きく焦がしたバーボン樽使用が多いようです。 そして!
マルティニーク島の熟成ラムは、ラム酒で唯一フランスのAOCが
認められています!! 最低3年の熟成期間が必要なのです!!
 
この「Jバリー、アンブレ」は、26,000リットルの超超大樽の中で、
18~24ヶ月間熟成されたダークラムなのです。 


この「Jバリー、アンブレ」、比較的安めなので、ぜひこの機会に
ご賞味下さい~。「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ち
しています~!! よろしくお願いします~~。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2016-01-17 07:07 | お店のご案内

<< テレマークスキー体験試乗会が開... ついに!カモシカリフトがオープ... >>