チーム・かぐらとの、乗鞍バックカントリースキー!

今回の乗鞍バックカントリースキーは、かぐらスキー場ローカル
の群馬県のスノーボーダーの人達と一緒に行ってきました~!!

f0182173_1011198.jpg
「チーム・かぐらローカル」!!・・・・、
彼らは、1年中滑りまくっている非常にコアなスノーボーダーです!! 
春までかぐらで滑り、その後月山で滑り、夏は我らが乗鞍大雪渓で
秋まで滑って、文字通り1年中滑っている人たちなのです~!!!
1年中滑走するって、
本当にスゴイです!!

滑走人で、まだまだいろんなスゴイ人はいらっしゃるんですね~!
そんな彼らが、毎年夏に来ている乗鞍に、初めて冬に来てくれる!
というので、乗鞍ローカルな僕が冬の乗鞍バックカントリーをご案内
してきたのでした~。

Mt.乗鞍スノーリゾートのゲレンデトップでは、みなさん気合MAX!
今回のかぐらメンバーは、全身緑色のミドリンさん、HGさん、KBさん
WTさんの4人と、僕です~~。

f0182173_10132242.jpg
僕にとってはいつも通りのツアーコースを登っていきます~。でも、
夏の大雪渓ローカルな彼らは、このツアーコースを歩くのは初めて
なのです。夏の時期はもう雪が無くてこのツアーコースは入れない
のです~。 なので、みなさんとても嬉しそうなのでした~!!

f0182173_10132739.jpg
そして、かなりハイペースでツアーコース出口の位ヶ原の急斜面を
サクサク登っていきました~!! しかし、この日はかなり雲があり
屋根板の雪原に出ると、一気に白い雲が湧いてきていて、おまけに
スゴイ強風が吹いてきました~・・・。

f0182173_10133171.jpg
それでも、屈強な彼ら「かぐらローカル」の情熱は止まりませんっ!!
いつも夏に滑っている大雪渓のところまでは見に行きたい!と言う
ので、超強風の痛さに耐えて、頑張ってトイレのところまでは登って
行ったのでした~~。

f0182173_10133687.jpg
そして超強風&極寒に耐えて、何とか大雪渓のトイレの所まで到着
しました~!! 天気が良ければ、この上の摩利支天岳の急斜面や
肩の小屋まで行きたかったのですが、この真っ白のコンディションでは
仕方がありません~・・・。 トイレを風除けにして、滑る準備をします・・・。


f0182173_10134019.jpg
今回はここから、
スノーボード滑走、
スタートです~!!


f0182173_10134860.jpg
まず最初のドロップ・インは、KBさんです~!! 上部の屋根板の
平坦なトコロでは写真を撮っても面白くないので、今回の滑走画像は
ツアーコース出口の急斜面です~。 スタイリッシュなターンを描いて
滑っていかれました~!!

f0182173_10135471.jpg
2番手は、紅一点のWTさんです~!! 柔らかい雪の部分を繋いで
パウダーのスプレーを上げて滑っていかれました~~!!

f0182173_10135924.jpg
そして、全身緑色のミドリンさんの滑走です~!! 超大型のパウダー
ボードで颯爽と滑っていかれました~!! 彼は去年の夏もず~っと
乗鞍大雪渓にスノーボードバムのように通って滑っている方なのです!
ウェアはもちろん、ボードやギアもカラビナも、ヘルメットもサングラスも
全て緑色!! このこだわりも本当にスゴ過ぎます~!!

f0182173_1014419.jpg
そして最後は、僕の滑りですぅ~・・・。 僕の滑走画像は撮れなかった
ので、この画像は以前のモノです、スイマセン~・・・。みなさんと一緒に
頑張って滑りました・・・・。

f0182173_1014916.jpg
そして、少しのアクシデントがありましたが、みんな無事にゲレンデへ
帰り着くことができました~!! 最後は整備されたゲレンデ斜面を
開放感と共に思いっきりフッ飛ばして滑って行ったのでした~~!!


今回の乗鞍バックカントリースキーは、かぐらローカルのみなさんと
行ったのに真っ白になって景色が見えなかったのと、滑りたい斜面を
滑れなかったのは残念でしたが、みなさんは「また次回のお楽しみに
とっておくよ!」と言ってくださいました~。 絶対また春山の乗鞍BC
にも来て滑りたい~!!と言う事なので、また春の春山バスを使った
ツアーをしたいと思いました~。 

みなさん、どうもありがとうございました~!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2016-02-06 07:09 | アウトドア

<< レアなスペシャルビールのご案内~!! Mt.乗鞍のモーグルコースが最... >>