乗鞍・ご来光バックカントリースキー!第2弾、①

2月11日、今週の木曜日は、建国記念日の祝日だったので、
「カフェ・スプリングバンク」は木曜日でも営業だったのですが、
天気予報は、超快晴の青空が広がる予報が出ていたのです・・・。

こんな最高の日は、絶っ対に乗鞍BCスキーにイカないと後悔
する!!・・・、けど、仕事は仕事で休めない~・・・、と言う事で、
またいつもの、超早朝出発のご来光バックカントリースキーに
行ってしまったのでした~!!
登攀&ご来光編です~!!

f0182173_19302796.jpg
と、言うワケで、とてもフクザツな事情を振り切って、朝3:30に
休暇村駐車場からスタートしました~。この日は前日に最高の
パウダーが降り積もったので、圧雪車が圧雪作業中で忙しそう
に動き回ってました~。 なので、邪魔にならないように遠くから
回り込んで、乗鞍の休暇村ゲレンデを登って言ったのでした~。

f0182173_1930416.jpg
今回のパートナーは、スキーがメッチャメチャ上手いMO君です!
彼とは、ぜひ!一度一緒にバックカントリースキーに行きたいと
思っていたのですが、僕の休みが木曜日、彼は休みが土日で、
今まで合わせる事が出来ていなかったのです・・・。 が、しかし、
今年は絶対に一緒にBCスキーに行こうと、お互いに言い合って
いたのでした~。

ゲレンデを登りぬけて、真っ暗闇なツアーコースを黙々と登って
いきます・・・。新月の闇夜だったので、夜空の星がプラネタリウム
状態なぐらいにスゴくて、感動的でした~!!

f0182173_19304714.jpg
この日の夜の気温は、休暇村駐車場でマイナス16℃!!・・・。
ツアーコースを登っている時も、手先や頬がビリビリする程だった
ので、確実にマイナス20℃ぐらいになっていたと思います!・・・。
それでも少しずつ明るくなってきてからは、極寒が緩んできたので
助かりました~。このままの極寒で森林限界に上がって、強風に
煽られたら、ヤバいかも?!と思っていたのでした~。

f0182173_19305453.jpg
そして!、今回もツアーコースを抜けて森林限界の「屋根板」へと
上がる時に東の空が赤く染まってきて、空の色のグラデーションが
ヤバい感じになってきたのでしたぁ~~!!

f0182173_1931026.jpg
森林限界に上がってからは、一気に明るくなってきて、ムラサキ色の
世界に包まれます!! ここからは短い時間との勝負なのですっ!
ご来光がキレイに撮影できるポイントまで、急いで登っていきます~。

f0182173_1931112.jpg
そして、「摩利支天岳」の尾根の取り付き手前ぐらいのポイントで、
ご来光が上がってきたのでした~!!!! 今回のご来光は、
いつもよりもかなり赤い色合いで、いつものピンク色と言うよりは、
赤色~オレンジ色という感じでした~。 この、ご来光の色合いの
違いは、どんな条件の違いからくるのでしょうか?・・・。自然界の
現象は、とても不思議ですね~。

f0182173_19311813.jpg
今回は、まさに!「赤色」の世界の中の人になったのでした~!!
このご来光の数分間の色彩のドラマに、MO君は感動しっぱなし
だったのではないでしょうか!! 

でも、このご来光の撮影は極寒の中でグローブを外していたので
右手が凍傷になりそうなぐらいでした・・・・。寒かったですぅ~~。

f0182173_19312455.jpg
我らが乗鞍岳・剣が峰も、ピンク~オレンジ色のグラデーションな
色合いに染まっていきました~。 

f0182173_19313261.jpg
これから登って滑る予定の「摩利支天岳」です~。僕のシルエットが
入ってしまいました・・・。 この、辺り一面の世界全体ががピンク色に
染まるのは、わずか5分ぐらいの短い時間だけです・・・。 それだけ
貴重な、ご来光のピンク色に染まる世界なのです。

f0182173_19314041.jpg
そして最後に、穂高連峰も載せておきたいと思います~~。
朝焼けの穂高連峰も、荘厳な感じがして、とても美しいです!!


f0182173_1931462.jpg
「ご来光」に見とれてばかりいたのですが・・・、僕は仕事の時間までに
帰らないといけないので、MO君にお願いをして、急いで登っていった
のでした~~。 でも今回のご来光は、それだけ美しい色合いだった
のでした~・・・。 足元の風紋に出来る影もキレイに見えるのでした~。

f0182173_19315570.jpg
そして、最後の急斜面のラストスパートをかけていきます! ご来光の
色合いがだんだん収まってきて、いつもの青と白のコントラストの世界
に戻っていったのでした・・・・。

f0182173_193213.jpg
稜線まであともうスグです。 今回もここまで登ってこれたのでした~。
この広大な乗鞍岳の斜面を、今日も滑れるのです!! 足元の雪も
適度に柔らかくてフワっフワで、スキー滑走の快感の事を考えながら
ヨダレが出そうになりながらの妄想登攀だったのでした~~。

f0182173_1932761.jpg
そして!ついに!、摩利支天岳の稜線のドロップポイントに到着!!
今回もヤリました~~!! 今日もココから滑りますっ!!

その②、滑走編へ続きますぅ~・・・。
 
 
 
 
 
 
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2016-02-15 07:16 | アウトドア

<< 乗鞍・ご来光バックカントリース... ヴァレンタインに、ゴディバのリ... >>