ワイン 391

BCスキー遠征前に、僕たち「安旨ワイン探検隊」の裏のドン、
謎の提供者さんが、また素晴らしき高級ワインの世界へと
僕たちをいざなって下さいました~。

今回のワイン「エルミタージュ・レルミット、M.シャプティエ」2007年です!!
f0182173_19351032.jpg
このワインは、フランスはローヌ地方にある、最高級ワインが生まれる地
「エルミタージュ」で造られる、シラー種のワインです~。

造り手は、「M.シャプティエ社」です。 M.シャプティエ社は、1808年に
その時代にすでにボルドーと同じぐらいに名声が響いていたワイン産地
「エルミタージュ」に創業した、ローヌ地方を代表するワイナリーです!!
創業者は「ポリドール・シャプティエ」さんで、現在の当主は6代目になる
「ミッシェル・シャプティエ」さんが、家族経営のもとで、最高級の畑を守り
テロワールを尊重するワイン造りを行っています。そして、ミシェルさんが
醸造を手がけるようになってから、M. シャプティエ社のワインは大きく
発展して行きます!! 

1つ目は、自然農法が流行るずっと前から「バイオ・ダイナミクス」を実践、
自社畑で生産されるワインはすべて公的に「オーガニック・ワイン」として
認められています。そして「テロワール」=その畑の個性や風土を最大限
ワインに発揮させるのです!! なのでシャプティエのワインは、究極の
畑ごとに分かれています。「パヴィヨン」、「バルブラック」、「ラ。モルドレ」
そしてこの、「エルミタージュ・レルミット」などです!!
2つ目は、その地域に最も適したブドウを100%し使用します。なので、
その畑では1つの品種のブドウしか栽培されておらず、その畑のワイン
は必ず1つのブドウ品種から造られるという「モノ・セパージュ」の哲学を
貫かれています!! このワインはシラー種100%で造られています。
3つ目は、醸造もなるべく自然な形で行い、培養酵母は一切使用せず、
全て天然酵母で発酵させると言う、とにかく自然派なのです!!
4つ目は、もちろん、新樽100%で熟成されているという事です!!
そんな感じで、M.シャプティエ社のワインは、徹底した究極主義の中で
造られるのです~~!!

また、ラベルの中に黒い点々の影が見られますが、これは「点字」です。
M.シャプティエのワインは、1995年ヴィンテージから、点字表記ラベル
を採用しているのです。これはシャプティエさんの友人に盲目のフランス
歌手がいらっしゃって、「いつもテーブルの上に、このワインがあることが
確かめる事ができれば。」と言ったことが、事の始まりだったらしいです~。


こんな究極のワインを追求するミシェル・シャプティエさんのワイン!!、
いよいよ今回は突入することになりました~!! 遠征に突入する前に、
シャプティエに突入ですぅ~!! いざっ、オ~~プン~~!!!!
f0182173_19351525.jpg
このワイン、開けてスグはちょっと硬い感じがしていたのですが、少し
時間が経つと、素晴らしい香りがグラスいっぱいに広がってきました!
ダークチョコレートとカシスジャムが重なり合ったような甘~い香りと、
高級コーヒーのようはロースト香があり、素ん晴らしいですぅ~!!!
時間が経つにつれてどんどんバランスが良くなっていき、最後の1杯
の時には、シアワセの香りへと昇華していきました~!!
                    
これは本当に素晴らしい高級ワインです!! でも、それでも・・・、
たまには飲みたい至高のワインだったのでした~。

こんなワインを「カフェ・スプリングバンク」へ飲みに来て下さい~~。
ご来店お待ちしています~!!  よろしくお願いします~~。
             
                     
                  
                      
                        
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2016-03-12 07:34 | お店のご案内

<< 夢の斜面への、山篭り・・・・。 2016パウダーフォト・ダイジ... >>