畳平へ

Spring Bank は木曜定休です。木曜日に晴れるとやはりお出掛けしたくなります。
まして、ド快晴となれば・・・
たとえ、体中にチタンが埋蔵された不自由な状態でも、じっとしてはいられません。
そこで、「畳平」へ登ってみることになりました。
もちろん、リハビリを兼ねたMTBで登るのです。スタートは三本滝の駐車場からです。
自転車の整備にかけては日本一?のマスターがセットしたMTBに跨りひたすら漕ぎます。
平均時速はたぶん・・・・6kmぐらいしかありません。サイクリング大会出場者と比べたら3倍ほど遅くて時間がかかります。
f0182173_12115672.jpg

それでも、頑張って漕ぎ続けると1時間ちょっとで「位ヶ原山荘」に到着。
一時閉鎖されていた山荘を再開させてくれたスタッフの皆さんにいつも感謝しながら寄らせていただいています。映像の通り、剣ヶ峰から富士見岳への峰々の素晴らしい展望と美味しいコーヒーにいつも癒されています。標高2350mに位置する心温まる喫茶店です。

f0182173_12121514.jpg

位ヶ原へ上がると、景色は一層素晴らしくなります。穂高連峰、槍ヶ岳を背負って漕ぐこの気持ち良さを皆さんにお伝えしたい・・・最高ですよ。トップアスリートでも、私のように遅くて下手くそでもこの景色の前では平等?です。

f0182173_12123473.jpg

「位ヶ原山荘」から更に1時間ちょっと上ると、標高2702mの「畳平」にゴールします。
今回は「魔王岳」標高2763mに登ってみることにしました。
整備された階段を15分ほど歩くと到着、そして振り返ると眼下には鶴ヶ池、大黒岳と富士見岳の間に山々の連なりが遠望できます。もちろん、北側に目を向けると穂高~槍、焼岳、霞沢岳、笠ヶ岳と名だたる峰を望むこともできます。

f0182173_1213395.jpg

紅葉を目前にして、「ナナカマド」の実も真っ赤に染まっています。

f0182173_12132077.jpg

道端では「ヤマハハコ」がどっしりと存在感ある咲きっぷりを見せていました。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2008-09-11 23:09 | 山の風景

<< いがぐり頭 日の出ツアー >>