コリンゴ

秋になる木の実の中で、乗鞍高原で数が圧倒的に多いのが、「ナナカマド」と「ズミ」の実ではないでしょうか?今日は「ズミ」の映像です。
f0182173_23253049.jpg
「ズミ」、別名「コナシ」「コリンゴ」の実です。
春にピンク色の蕾から白い花を咲かせていた木です。

f0182173_23255875.jpg
同じ「ズミ」でも、実が黄色になるのを「キミズミ」と言うそうです。

f0182173_23261528.jpg
これも仲間で、「エゾノコリンゴ」の実です。
「ズミ」と「エゾノコリンゴ」の実はそっくりですが、どうやって見分けるのか?
それは葉を見るんです。よーく見て下さい。
特に真ん中の「キミズミ」の葉の映像が判りやすいですね。
「ズミ」の葉は全部が楕円形の同じ形とは限りません。
同じ木についている葉の形が違うことがあるなんて、考えたこともありませんでした。
このことに気付くと、「ズミ」の木を見るのが楽しくなりますよ。

f0182173_23263497.jpg
乗鞍岳は雲に取りつかれて、見えそうで見えない・・・
真ん中にちょっと見えている尖がりが山頂(剣ヶ峰)です。
白い雲が生き物のようにうごめいていました。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2008-10-01 23:31 | お花

<< トレイルラン クライミング >>