ワイン 4

今週X日もワインのテイスティングをしました。

今回のワイン、
「ジュヴレ・シャンベルタン、ラヴォー・サン・ジャック」2002年です。
f0182173_11114710.jpg
このワインは、ブルゴーニュの有名メゾン「ニコラ・ポテル」の造った
ジュヴレ・シャンベルタン1級畑「ラヴォー・サン・ジャック」のワインです。
畑は、ブルゴーニュの「コート・ド・ニュイ」地域の北側にある「ジュヴレ・
シャンベルタン」村にあります。「ラヴォー・サン・ジャック」の畑は、比較的
斜面の上部で、有名な畑「クロ・サン・ジャック」の南にあります。
品種はブルゴーニュなので、ピノ・ノワールです。(ボージョレイ以外の
ブルゴーニュの赤ワインのほとんどがピノ・ノワールから造られます。(一部除く)

ニコラ・ポテル(ネゴシアン)さんは秀逸な造り手で、プス・ドールの醸造長だった
「ジェラール・ポテル」さんを父にもちます。ワイン造りを父親から学びますが、
1997年に父が逝去された後、プス・ドールは売却されて、ニコラさんはネゴシアンに
専念します。 テロワール主義で、なるべく土地の個性を感じられるワインを造る事を
ポリシーとしているメゾンです。


f0182173_11121164.jpg
んん~~・・・。オイシイ!・・・・。
開けてから、しばらくは硬い感じでしたが、時間が経つにつれて非常に柔らかい
香りになりました。干しプラムとオーク(木材)のような香りがよく合わさっていて、
官能的な味わいです。 さすがは畑名ワイン。バランスも良く、とぉ~っても美味し
かったので、深夜でしたが時間をかけてゆっくりと味わいました・・・・。お酒と一緒の
秋の夜長は長くなくて、すぐに時間が過ぎて行ってしまいますね~・・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2008-11-13 11:13 | お店のご案内

<< モルトウイスキーご紹介 燃える乗鞍! >>