ウイスキーパーティー

この週末、松本市の「パブ・摩幌美」にて「スコッチモルトウイスキーソサエティー」主催の
モルトウイスキーテイスティングパーティー がありました。
僕もスタッフバーマンとしてウイスキーを注ぐ仕事でお手伝いをしてきました。
f0182173_11335883.jpg

当日はこの写真のように約60本以上のウイスキーがズラリと並びました。
どれでも好きなだけ飲んで、味の違いを試せます!

「スコッチモルトウイスキーソサエティー」とは、(簡単に説明すると)モルトウイスキー愛好家
の集まりが始まりで出来た協会です。直接ウイスキー蒸留所からウイスキーを買い付け、
フィルターリングも加水も無しで、そのまま樽に入っていた状態でボトルに入れるので、
そのままの状態のウイスキーが飲めます・・・。
もともとエジンバラの愛好家のみの協会でしたが、’83年に一般にも開放されて日本にも
支部ができました。
今年はちょうど、日本支部15周年なのでボトルの数も多く、力が入っていました。

会場の「パブ・摩幌美」さんもまた、ちょうど30周年! オリジナルの30周年記念ボトルの
「バリンダロッホ35年」もこのパーティーで飲むことができました。(次回画像掲載予定)


f0182173_11341369.jpg

開場してからは松本市のウイスキー愛好家の皆さんの熱気に包まれて、
すごい盛り上がりと飲みっぷりでした!  とにかくスゴい飲みっぷり・・・・・。
僕もウイスキーを注ぐので精いっぱいで、追いつかなかったほどでした!
用意していたウイスキーもどんどんなくなって空になっていきました。

ソサエティーのスタッフの方からのウイスキーの説明、スコットランドの話、
最近のウイスキー業界の事など、酔いも手伝い、話は弾んで行きました・・・・。
とても楽しい時間でした!

f0182173_11342868.jpg

毎年この季節に、ソサエティーウイスキーパーティーが開催されます。
これだけの充実した内容のウイスキーのイベントは、なかなかありません。
僕もスタッフながら、毎年このウイスキーパーティーのイベントを楽しみにしています。

ウイスキーは本来こんな雰囲気の中で楽しむものなのだと、改めて感じて帰りました。
僕のお店でも、気軽に楽しくお酒を提供したいと思います。
ホント、良いイベントだった・・・・。 みなさん、ありがとうございました。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2008-11-17 11:38 | イベント

<< 野沢菜漬け モルトウイスキーご紹介 >>