2014年 03月 07日 ( 1 )

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

白馬遠征パウパウパウダー!!

今年の2月は、観測史上最高という超超豪雪にみまわれ、
その他の日々はP-カンというこれまた極端な天気になり
今シーズンのこれまでの僕たちは、なかなかパウダーに
恵まれていなかったのであった・・・・。

しかし、もう早くも3月になって、残りのスキーシーズンも
あと1ヵ月ほどになってしまい、このままではパウダーが
滑れないまま終わってしまいそうなのであった!!・・・。

f0182173_22433436.jpg
しかし!!!、、、
PJな僕たちが、このままでは終われないっ!!!・・・、
という事で、僕たちはディープなパウダースノーを追い
求めて、今回は白馬の山へとバックカントリースキーに
出掛けたのであった!!

が、これまた、しかし!!!・・・・。
現地に到着したら、、、あまりに不甲斐ないある理由から
とんでもないアクシデントがあり、バックカントリースキー
には行けない事が発覚してしまった。
・・・・・・・・・・。

f0182173_22432846.jpg
せっかく白馬まで行って、何もしないままでは終われない!
と言う事で、ターゲットをバックカントリースキーのパウダー
から、ゲレンデスキーで少しでもパウダーを滑ろうと変更して
一緒に行った白馬ローカルSZ君の言う通り白馬の某所へと
ロック・オン!! ゲレンデパウダーへ行ったのであった~~。


すると、朝イチでは前も見えない程の大雪が降っていたのだが
雲が流れて行き、青空も見えて来たのだった~!! なので、
ここから、やっと僕たちが渇望していたディープなパウダーでの
バフバフなライディングセッションが始まったのだった~!!
f0182173_22435116.jpg
まずは、この白馬某所のスキー場のローカルであるSZ君の
激パウなパウダーライディングからだ!!
f0182173_22434565.jpg
センター幅120mm以上のファットなリバティスキー使いの彼は
思い切りのイイ、いつもの滑りで攻めていったのであった~~。


f0182173_2244642.jpg
その後の僕の滑りである。 腰まで埋まるほどの激ディープな
パウダーに歓喜の雄叫びが無意識に上がってしまう程だった!
f0182173_2244142.jpg
アウェイなフィールドだったのだが、SZ君において行かれないように
出来るだけスピード乗せて、思いっきり突っ込んでいったのだった~。

f0182173_22442323.jpg
かくして、予定通りにはいかなかったのが幸いして、僕たちが渇望して
いたディープなパウダーが思いがけず滑れたので、と~ってもラッキー
であった~!! 

楽しい時間は、本当に「アァッ!!」という間に過ぎて行ってしまって、
気が付けばタイムアウトでラスト1本・・・・。あと、どれぐらいの回数の
パウダーを滑れるのだろうか?と、儚い雪を慈しむようにラスト1本を
感覚の中に刻みつけるようにして滑っていったのであった~・・・。


f0182173_2244158.jpg
ラストは、以前から白馬方面に行ったらぜひ立ち寄りたいと思っていた
「リバティ・スキー」のディーラーに行って見た・・・。 木目柄のスキー板
「ヴァリアント」に一目ぼれしてしまったのであった・・・・。ヤバイですぅ・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-03-07 02:42 | アウトドア