2015年 07月 18日 ( 1 )

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

ワイン 365

今回の、僕たち「安旨ワイン探検隊」のミッションは!・・・、
超久しぶりの、謎の提供者さんからの古酒ミッションです!!


今回のワイン「シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト」1981年です!!
f0182173_1924987.jpg
このワインは、フランスはボルドー地方の、メドック地区にある
最高のポイヤック村で造られる、格付け5級のワインです!!

「シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト」は、その起源は16世紀まで
遡るようです。 ポイヤック村の南にある「グラン・ピュイ」の丘に
位置している事と、昔の所有者の名前「ラコスト」をつけて現在の
シャトー名となっています。 現在は「デュクリュ・ボーカイユ」の
ボリーファミリーがポイヤックに所有しています。 現オーナーの
「グザヴィエ・ボリー」さんは、デュユクリュ・ボーカイユのオーナー、
ブルーノ・ボリー氏の実兄です。数年前までデユクリュ・ボーカイユ
を取り仕切っていたのですが、現在はそちらは全て弟さんに任せ、
この「シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト」と、「オー・バタイィ」に専念
するようになりました。なので現在は、品質が素晴らしく向上して
いるらしいので、とてもコストパフォーマンスが良いワインになって
います。

主に、カベルネ・ソーヴィニョン75%、メルロー20%、のブレンドで
ステンレスタンクによる発酵、・マセレーションは17日から20日間、
新樽比率70%で18ケ月~20ケ月程の熟成が成されます・・・。


と、いろいろ書きましたが、この1981年ヴィンテージは、オーナーの
お父さんである故「ジャン・ウジェーヌ・ボリー」さんが造っていたモノ
のハズです!! これを今回はご提供頂きました~。でも、ラベルを
見るとかなりの液漏れがあるのです!!・・・、保存状態が悪かった
のでしょうか??・・・。果たしてワインは大丈夫なのかっ?!・・・・。
不安を胸に、ボロボロのコルクを何とか抜きました~。オープンです。
f0182173_19241962.jpg
オ~プンしましたが・・・・、
ダメでした!!
保存状態が悪かったのか、
腐っていました!!・・・。

腐った醤油や生ゴミのような匂い!! オリで濁っていてドロドロ・・・。
残念でした~・・・。 謎の提供者さん、これは飲めませんでした・・・。
オークションで買ってきたらしく、まあ、こんな事もありますよね・・・。
次行ってみよう~~。次!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-07-18 07:23 | お店のご案内