2015年 09月 12日 ( 1 )

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

狢郷路山クライミング~・・・。

今週は、局地的な超豪雨が関東から~東北まで降ってしまい、
川が氾濫して、とんでもない災害になってしまいました・・・。

乗鞍高原でも雨の予報だったので、カフェ・スプリングバンクの
定休日は、何も出来ないかなぁ~・・・、と半ば諦めていました。

と、そこへ!、
雨だとスグに諦めてダラダラしようとしている僕に「喝」!!を
入れるかのように、またいつものエキストリームなクライミング
集団である「CCC」の人たちから、「長野市郊外に怪しい岩場
があるので一緒にクライミングへ行こうっ!」と、連絡が入った
のでした~~!!
f0182173_18402181.jpg
これはまた、行くしかない!!、という事で・・・・、小雨の降る中
真っ暗な乗鞍高原から車を飛ばして、一路長野市郊外の某所
へと走っていったのでした~~。

台風の影響がまだ残っていて、空の雲はスゴイ勢いで渦巻いて
いるような感じで動いていました~・・・。 この時点では、今日は
大丈夫なんだろうか?!・・・、という不安が、僕の心に渦巻いて
いたのでした・・・・。


今回、僕を含む「CCC」のみなさん一緒に向かった先は・・・、、、
ココ!、日本のデビルズタワー!!、
「狢郷路山(むじなごうろ山)」ですっ!!

f0182173_18403210.jpg
今回は、一枚の写真が始まりだったらしいです!・・・。

フとした事で偶然手に取った旅行の写真集に、この柱状節理で
一気に隆起したこの「むじなごうろ山」があったらしいです!・・・。
普通の人なら「ふぅ~~ん・・・、」で済んだのだろうと思いますが、
やはり、エキストリームなクライミング集団である「CCC」の人が
この写真を見ると、そのままでは済みません!!・・・。 やはり
この写真を見ると、どうしても行って登りたくなるのです!!・・・。

そして今回、4人のメンバーで、豪雨の後なのでダメ元でこの山
の場所に行ってみたら・・・・、
ありました!!
雑誌の写真のまま、マグマが吹き出る容姿そのままで固まった
ように一気に隆起していました!! この姿が見つかった時点で
僕達のクライミング魂に一気に火が付いたようにモチベーション
が上がり、思い切って突入したのでした~~。

f0182173_184040100.jpg
とりあえず、「むじなごうろ山」の周辺を回って下見をしていく・・・。
登りたいラインは?!・・・、逆に登れそうなラインはあるか?!、
岩の状態はどうなのかっ?!・・・。 虫はいないかな??・・・・。
などなどです。

「CCC」・・・・。 彼らは、ストイックにただ山を登る事だけに人生を
捧げたクライマーたちの集団!! 厳しければ厳しいほど燃える、
修羅の道を行く人達「CCC」の、チャレンジなのであった~!


f0182173_18405645.jpg
最初は、とりあえずピーク=山頂に立ってみよう!ということで、
裏側の登りやすそうなコルからクライミング・オンですっ!!・・・。
ちょっといろいろあって、まず最初に、なぜか僕がリードで登って
行かせて頂きました~~。 
が、しかし!、
この狢郷路山、全身が柱状節理なのでさすがに超脆いのです!!
全ての岩がグラグラ動きそうで、一手一手、一足一足がヒヤヒヤ
でした!!・・・・。

f0182173_18405032.jpg
僕のビレイ&フォローで登って頂いた、STさんのクライミングです~。
見て分かるように、小石も岩に乗っていて、落とすと落石になるので
これにも細心の注意が必要ですし、掴んでいる岩も剥がれないのか、
ゾクゾク、ヒヤヒヤしながらのクライミングになってしまいました!・・・。
アドレナリン出まくりのイヤ~な汗で汗ダクになってしまいました・・・。

f0182173_1841130.jpg
STさんの後、SZ君のリッジからのクライミングです~。彼はこの後で
「怖かった~!!」を連発していましたが、登っている最中は余裕の
表情でスパスパ登ってきていました~~。 僕があんなに怖くて苦労
していたのが嘘のようでした・・・。

f0182173_18411589.jpg
そして、ロープを伸ばしていって、ついに!、「狢郷路山」のピークに
立ちました~!!  「立った」とは言っても、この岩は動きそうなので、
さすがの「CCC」の人たちも上には怖くて立つことは出来ませんでした・・・。
しかし、とりあえずこの全身柱状節理の「狢郷路山」のピークに立てて
嬉しかったですぅ~!!


f0182173_18412270.jpg
この後は、いつも通りの懸垂下降を、2ピッチかけて帰りました~・・・。
画像は、安堵のラペルをキメるSZ君です~~。 さよ~な~ら~~。

この「狢郷路山(むじなごうら山)」は、地元のクライマーも登っていない
ようです・・・。 僕たちが今回行ってみたのですが、やはり岩質が脆くて
フリークライミング向きでは無かったです・・・。 でも、それでも、CCCの
みんなは諦めきれずのようで、もしかしたら、もう少し下見をしてルート
を引ける場所が無いか探しに行く、「狢郷路山クライミング」の第2弾が
あるかもしれません~~。

乞うご期待ですっ・・・・。
またこの話は「カフェ・スプリングバンク」のカウンターで聞いてください。
ご来店お待ちしています~~。 よろしくお願いします~~。



f0182173_18412728.jpg
ラストショット・・・・。
2ピッチのラペルなので、中間部分にてカムのナチュラルプロテクション
を使ったビレイポイントです・・・。 スゴ~く複雑に見えますね~~。
ボルトが無い、何も無いルートをクライミングするには、こういった技術と
このようなギアが必要なのです・・・。 
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-09-12 07:39 | アウトドア