2015年 09月 21日 ( 1 )

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

ワイン 372

今回も、この5連休のシルバーウィークの前に、
また「安旨ワイン探検隊」が出動しちゃいました~。

今回のワイン「クスダ、シラーズ」2011年です~!!
f0182173_105328100.jpg
このワインは、ニュージーランドの北島にある、「ワイラパパ」地区の
ワインの一大産地である「マーティンボロー」で造られているワイン
シラー種のです。

造り手は、日本人である「楠田浩之」さんの「クスダ・ワイナリー」です!
現在、この楠田さんの造るワインは、驚異的な人気を集めています!!
ニュージーランドで最高のワインに認められて1位を連発、世界で最も
影響力のあるワイン評論家の「ジャンシス・ロビンソン」女史が、自身の
コラムで楠田さんのワインに最高の評価を出したり、DRCや、ルーミエ、
ルソー、などのブルゴーニュのドメーヌに並ぶほどの高評価が出ている
のです!!

楠田浩之さんは、埼玉県生まれの日本人です。 大学生の頃、ワインが
好きだったというお兄さんの楠田卓也さんに勧められて飲み始めたのが
きっかけだそうです。大学卒業後、富士通で働いていましたが、その後の
シドニー総領事館勤務を経て、1997年に、ドイツ・ガイゼンハイム大学の
ブドウ栽培・ワイン醸造学部に入学。卒業後の2001年、ニュージーランド
マーティンボロに移住し、同年10月に自身の「KUSUDA WINES」を設立
しました~!!  ニュージーランドに楠田さんを連れてきてくれた親友の
「カイ・シューベルト」さんの協力を得て、2002年に初リリースとなりました。
リリース前から「驚異的な味わいだ!」とかなり話題になり、リリース後は
素晴らしいという最高の評価が続出!!  その後は数々の賞を受賞!
2003年度のワイン・オブ・ザ・イヤーでは、世界中のワインから選ばれた、
20本の中の1本になるという快挙をなしとげたのでした~!!

ワイン醸造では、「ボンサイ・ピッキング」と呼ばれる丁寧過ぎる手摘みで
ブドウが摘まれ、100%除梗後に5日間の低温浸漬行われます。そして、
開放ステンス・タンクにて25日間のマセレーション。その後、ピジャージュと
ルモンタージュを併用。熟成は、新樽比率25%のフランスの産オーク樽で
20ヶ月間熟成! 無清澄ですがごく粗い濾過がなされ、その後にやっと、
瓶詰めされます~。



この「クスダ」さんのワインは、ピノ好きな僕たちとしては、以前からかなり
興味があったのです!! ですが、発売してスグに無くなってしまう程に
人気があり高騰しているので、これまでなかなか手が出ませんでした・・・。
しかし今回、K8が激安で「シラー」を購入してきたので、やっと!僕たちも
「クスダ」ワインをテイスティング出来ました~。 いざっ、オープンです!!
f0182173_10532372.jpg
このワイン、開けてスグから驚愕の香りですっ!!!「うわぁ~!!」とか
「あぁっ!!」とか、声が上がる程の素晴らしい香りです!!濃厚な果実感
カシスやプラムの柔らかい感じ、腐葉土や雨上がりの森のような複雑さ!
そしてバター菓子のようなとろける甘さのようなオークのニュアンス!!!
こんなワインは僕たちも今まで飲んだ事が無かったように思います!!!
僕たちには、高級なカベルネとピノ・ノワールのちょうど中間のようなワイン
に感じられました~。 驚愕のシラーでした!!!

クスダワインは、大体1万円ほどで見つかりますが、これは1万円出しても
安い!!! と思ってしまいます!! それ程美味しいワインでした~~。
今度は、ピノ・ノワールをぜひ飲んでみたいと思いました!!


こんな美味しいワインを、乗鞍高原の夜にいかがですか~?! 
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~~。
よろしくお願いします~~。(ワインは予約くださいね~~)

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-09-21 07:52 | お店のご案内