2015年 10月 12日 ( 1 )

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

瑞牆山、大面岩・左稜線クライミング~。(その②)

昨日の続き、「瑞牆山・大面岩、左稜線」ルートの
マルチピッチクライミング、5ピッチ目からだ!!・・・。
この後もいろいろあって、ヤラれたり、楽しんだり
したのでした~・・・。

「5ピッチ目(5.10a)」
f0182173_23125555.jpg
核心の5.10c、5.10bの2ピッチを僕がリードで登り抜けて、
もう後は、大面岩の山頂はスグそこだ!と思っていたのだが、
瑞牆山は「そうは問屋が下ろさない」!!・・・・。

この5ピッチ目も、最初はフレークフェイスのルートでサクサクと
登れるのかと思いきや、後半の上部では一転してデリケートな
リアル・スラブであった・・・。 画像は5ピッチ目をリードで登って
行くSTさんだ。緊張を強いられたのであった・・・。

f0182173_23131447.jpg
今回はフォローに徹してくれていたNJさんは、やはり百戦錬磨!
どんな状況でも簡単そうに登って行かれたのであった~。
さすがはマルチプレイヤーである!!

f0182173_23132349.jpg
最後に5ピッチ目をフォローで登る僕の画像だ。上部のスラブが
全くホールドが無くて、立ち込みが怖くて、なかなか登れなかった
のであった・・・。 5.10aなのにナゼ?!と思ってしまった・・・。


「6ピッチ目、オフウィズス(5.10a)」
f0182173_2313311.jpg
(6ピッチ目は、上記のスラブルートからこの岩と岩の間を登るピッチ
の間を歩いて登るところだが、画像が無いので省略します~。)

この「オフウィズス」とは、岩と岩の間に体を入れて登るルートの事。
普通のフェイス系のクライミングとはまた違う技術とメンタルが要求
されるのだ。 ここを、やっとガイドのNJさんがリードで登って頂いた
のであった・・・。 チムニーやオフウィズス登りは、僕たちはあまり
やった事が無いからであった~・・・。

f0182173_23133548.jpg
もう後1ピッチで山頂に辿り着くし、このルートのグレードも5.10a
だし、「もう後は簡単に山頂まで登れるな~」と思っていたのだが、
ここも5.10aだと思うなかれ!というぐらいに難しかった!!・・・。
チムニー登りは、体の大きさやリーチなどにかなり左右されるので
この岩と岩の間にピッタリの体でないと難しいのか?!・・・。

f0182173_23135024.jpg
僕はと言えば、岩の間に体が入らずに、かなり苦労した!!・・・。
ここが一番難しく感じたのであった~。 「瑞牆山、侮るなかれ!」
である!! それでも何とかオフウィズス上部を抜けて、終了点に
到着できたのであった~。 僕の核心は、このオフウィズスなので
アッタ・・・。 最後の最後で、またヤラれた感じになってしまった・・・。


「7ピッチ目(Ⅲ級)」
f0182173_2314187.jpg
最後のピッチはSTさんのリードで登っていった。 さいごのピッチ
なので、これまでのオンサイトを含めた登攀を心の中に反芻して
愉しみながら・・・、そしてこれで終わってしまう事を惜しみながら・・・、
登っていったのであった!・・・。

f0182173_231485.jpg
最終ピッチのグレードはⅢ級なので簡単なのだが、NJさんと僕は
この最後の最後でフォールとかはイヤなので、慎重にいくつもの
凹状の岩群を越えて登っていった。


「大面岩山頂」
f0182173_23141729.jpg
そして!!、
7ピッチ全てをフリーで登りきり、ついに大面岩の山頂に到着した
のであった~!! この日は快晴の青空が広がっていて、富士山
まで突き抜けるようにキレイに見えたのであった~!! ここまで
登ってこれたことに、今回は素晴らしい満足感が全身を包んでいた
のであった~~・・・。
ヤリマシタ~!!!
ついに大面岩の頂に
フォール無しで完全に
登りきれたのだった~。


f0182173_23142225.jpg
歩いて向こう側へ回り込むと、先日登った「ベルジュエール」がある
十一面岩が圧倒的な存在感で空を突き上げるように、カッコ良過ぎる
ぐらいに立っていたのであった~!! 今回は、天気も良くて本当に
素晴らしすぎる「瑞牆山・マルチピッチクライミング」なのであった~。



「下降」
f0182173_23142883.jpg
帰りは裏手に回って十一面岩が見えるところから、ラペルアンカーが
あるので、そこから15m程懸垂下降でダウンして、そこから右側へと
回り込んで小面岩とのコルから登山道を歩いて帰れます。
さ~よ~ならぁ~~~。 (シュウゥゥゥゥゥ~~~~~・・・・)


前回行った瑞牆山・マルチピッチクライミングの「ベルジュエール」は、
集中力と体力、腕の保持力全てが足りなくて、敗走のクライミング
だったのだが、今回の瑞牆山・大面岩・左稜線でのクライミングは、
2つのオンサイトを含め、大満足の結果になったのであった~!!
これが、前回のリベンジになったのかどうかは分からないが、また
いつか技術を磨いて、どんどん瑞牆山マルチピッチにトライしたいと
思うのだった・・・。 また、いつか挑戦したいと思うのであった・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-10-12 07:12 | アウトドア