2015年 10月 25日 ( 1 )

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

ワイン 376

「安旨ワイン探検隊」の「オート・コート・ド・ニュイ」3連発の
ミッションの、ラストを飾る最後のワインを飲みました~!!

今回のワイン、「ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ、
          ローラン・ルーミエ」2012年です~~。
f0182173_21422314.jpg
このワインは、ブルゴーニュのワインの銘醸地である「コート・ド・ニュイ」
地区の「ニュイ・サン・ジョルジュ」村の、南側に広がる広域的な地域の、
「オート・コート・ド・ニュイ」で造られたワインです・・・。

造り手は「ローラン・ルーミエ」です。「ローラン・ルーミエ」は前回のワイン
の「エルヴェ・ルーミエと同じく、シャンボール・ミュジニィ村の最高の名門
ドメーヌ、「ジョルジュ・ルーミエ」と同じルーミエ一族です。ローランさんの
父親は、ジョルジュ・ ルーミエの次男の「アラン」さんで、30年間もの長い
間、ヴォギュエの支配人を務めていた人です。 なので「ローラン」さんは
ジョルジュ・ルーミエさんの孫にあたります。その「ジョルジュ・ルーミエ」で
ワイン造りに携わった後、1994年に独立。その際、ジョルジュ・ルーミエの
特級畑「クロ・ヴージョ」を譲り受けました~。 そして前回のワインである
エルヴェさんが亡くなられた後、「エルヴェ・ルーミエ」のワインも、2004年
ヴィンテージから、この「ローラン・ルーミエ」さんが醸造を担当しています。

この「オート・コート・ド・ニュイ」も収穫は手摘みで行われ、自生酵母により
開放式の木桶で発酵されます。その後、新樽比率5%で約18ヶ月の熟成
が行われます。 (基本的には「エルヴェ・ルーミエ」のワインと同じように
造られているようです・・・)


ヴィンテージが2012年と若いのですが、エルヴェさんとローランさんの
「ルーミエ」一族のワイン!、「飲み比」べという事が気にならないワケには
行きませんね~。 「オート・コート・ド・ニュイ」3連発の一番最後のワインは
やはり「ルーミエ」のワインでした~。 いざっ、オープンです~~。!!
f0182173_21421774.jpg
このワイン、開けてスグから良い香りがグラスに広がっていきます~。
アメリカンチェリーやラズベリー系の果実感と森林浴の複雑さがあり、
とても心地イイ感じです~。 でも、エルヴェさんのワインと比べると
さすがに2~3年しか熟成していないので、酸味が落ち着いていない
ような感じがありました・・・・。

これまでの「オート・コート・ド・ニュイ」3連発ミッション、やはり一番は
「エルヴェ・ルーミエ」2001年でした・・・。やはり良いワインは熟成が
本当に大切なのか!と思わされました~・・・。 飲み頃って大切です。

こんなワインを飲みに「カフェ・スプリングバンク」へご来店下さい~。
お待ちしています! よろしくお願いします~~。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-10-25 07:40 | お店のご案内