カテゴリ:お花( 104 )

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

宮ノ原群生地が見ごろです~~。

ゴールデンウィークの前半の乗鞍高原は、
とても暖かくて気持ちのイイ「晴れ」の天気で
スタートしました~~。

f0182173_1132576.jpg
春うらら~~~。 昨日の乗鞍高原は雲があるものの、
いいお散歩日和でした。そろそろ宮ノ原水芭蕉群生地が
最盛期を迎えると期待して行ってみました!

f0182173_1135942.jpg
スプリングバンクを出て、高原の下部に向かって歩き始めると・・・、
「JAあづみ」の辺りで、カラマツの樹のてっぺんでさえずる鳥を発見!
望遠で撮ってみたら・・・何と!「オオルリ」さんでした~♥
手ぶれで綺麗に撮れなかったけれど、感激です。

f0182173_1142756.jpg
群生地に着くと、水仙が綺麗に咲きそろっていました。
”水仙越しに見る水芭蕉の群生”、いい感じでした。

f0182173_1142111.jpg
これからしばらくは見ごろが続きそうです。
今年はちょうどゴールデンウィークが見頃になっています!!
ぜひこの絶好の機会に、乗鞍高原の水芭蕉を見に来て下さい~。


f0182173_1141089.jpg
アーチ型の橋の袂に、一際綺麗な株を見つけて、パシャ・・・

f0182173_1154798.jpg
夢中で撮影していたら、アカハラさんが登場。
しばらく、群生地の中で観賞?を楽しんでいらっしゃいました。

f0182173_1154637.jpg
「水芭蕉」の白い花びらに見える部分は、実は「仏炎苞」という
モノで、本当の花はこの中心の黄色い棒状の部分に咲く小さな
ツブツブが一つ一つの花なんだそうですよ~。
可憐な「水芭蕉」にも”不思議”が隠れているんですね~~。


動画でご覧になりたい方は、下記をクリックしてください!
ウグイスのホ〜ホケキョ〜♪ も入っていますよ。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-04-28 09:41 | お花

乗鞍高原の水芭蕉シーズン!

今年の乗鞍高原の春のポスターは、インパクトありますね~。
「水芭蕉」がとぉ~~ても美しいポスターになってます~~。

f0182173_19315967.jpg
ゴールデンウィーク頃から見ごろになる乗鞍高原の「水芭蕉」!、
高原内にはいくつも群生地もあるので、春の観光の目玉なんです。
このポスターの写真は、乗鞍高原の常連のお客様が一ノ瀬園地の
「どじょう池」で撮影されたそうです。 ここはまだ咲いていませんが、
他の箇所では咲き始めているので、ご紹介します。

f0182173_19321361.jpg
乗鞍観光協会で「水芭蕉」を観賞するのに適したコースに、案内板を
取り付けることになり、昨日作業に行ってきました~。一ノ瀬園地内は、
だいぶ雪が融けてきましたので、キャンプ場までは雪がありません。

f0182173_1932245.jpg
こんな感じで遊歩道脇の樹の幹などに方角を案内するラミネートの
看板がつきましたので、参考になさってください。

f0182173_19322061.jpg
キャンプ場から先に進むと、まだ残雪があります・・・。でも、その先に
水芭蕉が咲いているので、是非長靴を用意して歩いてくださいね。

f0182173_19325671.jpg
現在は、木道脇で小さな水芭蕉が咲き始めています。キャンプ場から
「女小屋の森」の間は、咲き始めた頃でした。 このまま好天が続けば、
GW前半にはいい感じになるのではないでしょうか?

f0182173_19334397.jpg
案内板に従って「オソメジッケ」という所まで進むと・・・、こんな綺麗に
咲いていました!まさに White Arum(ホワイト エアラム〜〜〜)!!
オソメジッケ内のこの赤茶色の土壌とマッチして、可憐です!

f0182173_19332912.jpg
「オソメジッケ」という場所の内部は、けっこう迷いやすい所なので、
標識の1番→18番の番号順をつけて、迷わないようになっています。
逆コースで進入した場合は、18→1番の順に歩きましょう。
ご覧のように、4番はいい撮影ポイントでしたよ(^^)

f0182173_19335574.jpg
水芭蕉だけでなく、ショウジョウバカマも咲き始めています。
この花も、これからが本格的な花期です。

この時、作業隊に電話連絡があり、通過して来たキャンプ場付近で
熊の足跡が発見されたそうです!! 今回、皆が通り過ぎた時には、
無かったと思うので、姦しい作業隊が過ぎた後に出没したのでしょう。

実は、冬眠から覚めた熊は水芭蕉の根茎を食べるそうです。水芭蕉の
根茎には吐き気、下痢の作用があり、熊はそれを食べて体内の毒素を
排出し、さらに大量のクマ笹も食べて体内を浄化させるとか・・・。
水芭蕉に惹かれるのは、人間だけでなく、生きるために必要としている
熊もいるということを覚えておかないといけないようです。

水芭蕉観賞には、ぬかるみで汚れてもよい長靴を履いて、熊鈴を必ず
付けて行きましょう。もちろんカメラも必携です。

一ノ瀬園地のこの案内板のコースは、ネイチャープラザ又は座望庵の
駐車場からスタートするのがお薦めです。グル~~っと大きく1周して
きたら、たっぷり歩いてお腹も減ることでしょう~。 その後は、ぜひ
「カフェ・スプリングバンク」で、ランチやケーキタイムをどうぞ~~!
4月は、24日(木)が最後の定休日で、その後ゴールデンウィーク中は
休みはありませんので、是非ご利用くださいませ。よろしくお願いします~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-04-23 09:57 | お花

乗鞍高原の「水芭蕉子」さんがデビュー!♪

Mt.乗鞍スキー場が終わったら、春の乗鞍高原を彩るのは
「春」が来たのを告げる花、「水芭蕉」です~!!

f0182173_20233478.jpg
コチラは、今年の春の乗鞍高原のポスターです~!!
毎年この時期に美しく咲く「水芭蕉」のポスターになってます。
先日まで、都会のJRの各駅に貼られていたのです。見た事が
ある方もいらっしゃるかもしれませんね~・・・。

f0182173_2023519.jpg
この春の乗鞍高原の美しい「水芭蕉」を、マスコミにアピール
しようと、乗鞍観光協会の女性部長さんもも熱が入るあまり・・・、
「水芭蕉子(みずば しょうこ)」さんとなって、デビューしました!
大阪でのマスコミ懇親会での1コマです。 白い仏炎苞を巻き
つけて、中心の黄色い花序に自らが変身し、緑のスカートが
葉を表現しています~~。メディアにも大ウケだったようです!

これからも「水芭蕉子」さんは、いろんな観光イベントに参加
する予定だそうです~。みなさん、どこかで見かけたら応援
してあげてくださいね~~。

f0182173_20234897.jpg
こちらは大体4月下旬の乗鞍高原の「水芭蕉」の写真です!
乗鞍高原は、標高約1200m~1800mまで差があるので
「水芭蕉」も約1ヵ月程楽しめます。ゴールデンウィーク中の
5月1日(木)~11日(日)の間は、毎日「水芭蕉ガイドツアー」
が催行されますので、ぜひご参加ください~。

美しい「水芭蕉」を見に乗鞍高原へ来たら、「スプリングバンク」
でコーヒーをどうぞ~。ご来店お待ちしていますぅ~~。
(でも、現在は春休み中ですぅ・・・、スイマセン~~)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-04-13 03:22 | お花

乗鞍高原の戦い!

昨日の乗鞍高原は、良い天気になって山頂まで見えました。
久しぶりに剣ヶ峰を見た~!という気がしました・・・・。

f0182173_2122575.jpg
そんなご機嫌な天候の中、長靴を履いて出掛けたのは・・・、
!!!!、、、、。

f0182173_21221847.jpg
鬱蒼と生い茂るこの空間!!・・・。まるでジャングル!!・・・・。
この画像だけで、どこだか分かる方は、かなりの乗鞍通ですね・・・。

f0182173_21223354.jpg
春にはこんな光景でした・・・・。
そう、乗鞍高原の水芭蕉のスポット、「宮ノ原水芭蕉群生地」です。

f0182173_21224732.jpg
今回は、「特定外来種駆除」の作業に行って来たのです~~。
この「宮の原水芭蕉群生地」に「オオハンゴンソウ」が大繁殖して、
問題になっているのです!!

この花は環境省が「特定外来生物」に指定して、栽培や移動する事を
禁止している恐ろしい植物の1つなのです。詳しくは → 外来種!
水芭蕉と同じような環境を好むらしく、ここにた~くさん咲いてしまって
いました!!・・・・。

f0182173_2123365.jpg
気合いを入れて、集合場所に行きましたが、いざ駆除作業を始めると、
すぐに事の重大さと長期にわたる戦いの始まりであることを、痛感させ
られました!! とにかく根のはり方が強靭なのです!、強く堅い樹の
枝のような地下茎を横に走らせて、水芭蕉群生地を征服しようとしている
ような、勢いを感じました。

f0182173_21231882.jpg
今日は、午前中にほんの少しだけお手伝いしただけでしたが、外来種の
勢いに負けて疲れてしまったような敗北感を味わいました。

しかし、これを放置すれば、春の雪融けと共に現れる美しい水芭蕉を楽しむ
ことはできなくなります。 もちろん、ここだけでなく高原内の他の場所にも
生えてしまっているので、根気よく駆除を続けなければならないでしょう・・・。
これは、乗鞍の在来種と景観を守るための、乗鞍高原の「仁義なき戦い!」
になると思いますっ!!・・・。

今後もできるだけ、駆除作業の呼びかけに参加していきたいと思います。
乗鞍Love な皆さん、応援宜しくお願いします~~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2013-09-10 09:25 | お花

秋のお花が咲き始めています@乗鞍高原

まだ8月だと言うのに、明け方の気温は10℃を下回る日もあるようです。
高原はどんどん秋に向かって加速して行きます・・・
f0182173_1116038.jpg
「秋の空は高い!」・・・なんて言われますが、こんな風景を見ると、
本当にそうかも~と、思いますね~。この画像のように、晴れた日に
いがやのバッハルプ湖に映る乗鞍岳と空も、とても秋っぽいです。
広葉樹の緑の色も少〜しずつ、くすんだようになってきます。

f0182173_11161692.jpg
高原のお花たちも、秋の主役にバトンタッチしてきています。
一ノ瀬園地の大カエデの前では、8月下旬~9月上旬に咲く花
「マツムシソウ」がプチ群生します。茎が長い「マツムシソウ」は、
秋の風に吹かれて、ブラ~ンブラ~~ンと揺れています。そこに
蝶やハナアブなどの昆虫が集まっている様子は、何とも長閑な
雰囲気。 大カエデの紅葉が始まると混雑しますが、今の時期は
静かでいいですね。

f0182173_11164125.jpg
そして秋となれば、やはり「菊」の仲間の花の出番です。
薄紫色の「ノコンギク」

f0182173_1116201.jpg
濃い黄色の「ハンゴンソウ」。 これは山地に自生する植物です。
アラゲハンゴンソウやオオハンゴンソウなどの外来種とは違います。

f0182173_11164596.jpg
場所によっては、モリモリと群生する「ゴマナ」。

f0182173_11173290.jpg
昔はドライフラワーの材料にもしていた「ヤマハハコ」。

f0182173_11303641.jpg
アップで見ると、可愛いですよ。

東京に住んでいる時には、「菊」と言うと何となくお供えするお花の
イメージが強く、特に好きな花ではなかったのですが、山に住んで
いると、野生の菊の愛らしさに気付かされ、親近感がわいた感じが
します。

高原内が紅葉の盛りになるまでの間、あちらこちらで「菊」の仲間が
咲き乱れます。 この時期は、寒すぎることなく、とても涼しくて快適!
秋の空と花々を愛でながら、高原散策を楽しむのに丁度良い季節です。
散策の合間には、「カフェ・スプリングバンク」でランチやコーヒータイムに
お立ち寄りくださ~い。 ご来店、お待ちしています~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2013-08-29 17:05 | お花

乗鞍岳の今! その2

7/28に見て来た乗鞍岳の様子をご紹介した続き、その②です・・・・。
f0182173_9402049.jpg
肩の小屋から登山道を下りました。今年は大雪渓の残雪が多いようで、
まだ登山道上でも、2箇所ほど雪上を歩かなければなりません。登りは
まだいいのですが、下りは滑りやすいので、要注意ですよ~~。

大雪渓では多くのスキーヤーとボーダーさんが滑っていました。
ポールを立てて、アルペンチームの練習も行われていましたよ。

f0182173_9411360.jpg
肩の小屋から大雪渓下のバス停までの区間は短いのですが、とても充実した
花の登山道となっています。 この「アオノツガザクラ」のようなツツジ科のお花
たちがたくさん自生しています。

f0182173_9412628.jpg
一瞬「ツガザクラ」のように見えますが、こちらは「ジムカデ」です。先の方に
1つだけ花を咲かせます。これも同じくツツジ科の低木なのです。 こんなに
小さな花なので、草本と思ってしまいますが、一応"樹木"なんですね~!

f0182173_9413961.jpg
もうすぐ道路に着くという辺りで、毎年咲いている「シナノキンバイ」さんです。
黄色い花は紛らわしいのですが、他の「ミヤマキンバイ」や「ミヤマキンポウゲ」
「ミヤマダイコンソウ」よりも、大きな花びらと、シナ~ッとした軟らかい質感の葉で
見分けます。

f0182173_941514.jpg
大雪渓下の車道に到着すると、次々とサイクリストさんが走り抜けて行く光景が
ありました。皆さん9/1の大会本番に向けて、練習にいらしてるんですね~。

f0182173_942292.jpg
ここから更に位ヶ原山荘に向けて登山道に入ります。駐車場の隣に入口の印が
あります。この道は雪渓から流れる雪融け水の影響があり、毎年通行できるように
なるのが、7月下旬になってしまいます。この日も入口付近は洪水のようでした・・・。

f0182173_9424747.jpg
しかし、少し進むと道の冠水はなくなり、決められた道を歩けるようになります。
このルートはハイマツ帯の中の沢沿いを歩きますが、ハイマツを縁取るように
「ウラジロナナカマド」などの広葉樹や小さな高山植物が植生しています。

背丈が1mほどに伸びる「コバイケイソウ」は、ここでも数多く咲いていました。
まさに"当たり年"を実感させてくれる景色でした!!

f0182173_943153.jpg
足元には気をつけて歩かなければなりません・・・。
危ない道だから!ではなく、お花を踏んでしまわないように・・・、です。
高山植物の定番「チングルマ」、可愛らしさという点ではナンバー1かもしれません。
残雪の影響で、まだ蕾の所もあれば、既に咲き終わって綿毛になりかけている所も
あります。

f0182173_943938.jpg
こちらも定番の「ミヤマキンバイ」、光の差し加減で花びらの照りが変化して、
実は写真が撮りにくい花です・・・。 葉っぱも光沢があって、晴れていると
「キラキラ輝くお花」という印象になります。

f0182173_9432351.jpg
シックな色が大人の雰囲気を醸し出す「キバナシャクナゲ」。何とも言えない薄い
クリーム色が素敵です。後に蕾が写っているように、しばらく楽しめそうです。

f0182173_9433375.jpg
ゆっくり景色や花を楽しみながら歩いて、30分弱で宝徳霊神バス停に到着です。
一度車道に出ますが、再度ガードレール脇から登山道に入ります。ここから下の
区間は1時間ぐらいかかりましたが、写真を撮ったり、休憩無しなら、もう少し早い
かもしれません。
途中で残雪の上を横断します。山荘の御主人が目印の旗竿を立ててくださって
いますので、他の所は歩かないようにしましょう。 沢の水で空洞になった雪上を
歩いてしまうと、踏み抜いて転落&怪我のもとです。

f0182173_12103730.jpg
下の区間は、ハイマツが無くなり、オオシラビソやダケカンバ、ミヤマハンノキ、
タカネザクラ、ナナカマドなどの樹木が茂っています。その下でもやはり高山植物が
咲いています。 上の区間と異なる花も登場していて、楽しい山歩きです。高原内
でも咲いている「カラマツソウ」がフワフワとそよ風に揺れていました。

f0182173_12245455.jpg
この画像の中央は「サンカヨウ」、今頃咲いているの~?!と驚きながら撮りました。
帰ってからチェックしたら、一緒に「ユキザサ」「オオバタケシマラン」も写っていました。

そんなこんなで、ご来光からスタートした山頂歩きは、位ヶ原山荘に辿り着いて終了。
雲に覆われてしまい「ご来光」は拝めませんでしたが、この時期に咲き誇るたくさんの
高山植物たちに出会えた素敵な時間でした。

大雨の時に山に登るのはお勧めできませんが、曇り空ぐらいなら、澄んだ空気の中で、
歩いたり、植物を見たり、高山に暮らす鳥や蝶に遭遇したり、お弁当&おやつを食べて
楽しんだり・・・、日常を忘れて自然の中で行動することに意味があります。
心身の健康を望むなら、人間にとって山は欠かせない存在なのです。この夏、乗鞍岳で
リフレッシュタイムを持ちませんか~??
高原に戻れば、居心地の良いペンションカムスと、カフェ・スプリングバンクが
皆様のご来店をお待ちしています~。よろしくお願いします~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2013-08-01 09:07 | お花

初夏の花が綺麗です♪

雨が降ったり止んだりの乗鞍高原ですが、この恵みの雨を受けて
緑が濃くなり、植物たちの成長も進んでいるように感じます。
冬の吹雪などとは違う種の、自然の勢いを感じる時期です。

そんな中、高原内では初夏のお花たちが次々と目に飛び込んでくるようになりました。
f0182173_1231477.jpg
白い妖精!とでも呼びなくなるような「ノイバラ」。
スプリングバンクの駐車場はもちろん、一ノ瀬園地などいたる所で咲き乱れます。

f0182173_11571268.jpg
濡れた花が美しい「ヤマボウシ」。
街路樹の「ハナミズキ」とそっくりですね〜同じミズキ科の樹木です。
中央のゴツゴツした球形の部分が実で、秋には真っ赤に熟しますよ。

f0182173_11571186.jpg
紫色の「ウツボグサ」はシソ科のお花。
道路際、サイクリングロード、一ノ瀬園地など、どこでも咲きます。

f0182173_11574327.jpg
そして、ピンク色の「ノアザミ」も咲き始めています。
アザミは秋に咲くキク科の花ですが、この「ノアザミ」だけは、早くに
咲く特別なお花なのです。

f0182173_11575847.jpg
最高に美しい「ササユリ」さんも開花しました~。
ちょっとうつむき加減な感じが素敵です。

f0182173_11581368.jpg
白いフワフワの花を見かけたら、きっと「サワフタギ(沢蓋木)」です。
沢を塞ぐように枝が茂ることから、付けられた名前だそうです。
乗鞍には「サワフタギ」と「タンナサワフタギ」の両方が植生していますが、
これは「タンナサワフタギ」の方です。発見された済州島が昔「タンナ」と
呼ばれていたことに由来するようです。

f0182173_13394550.jpg
これから花の盛りを迎えるものがあれば、「ヤマグワ」のように既に実に
なっているものもあります。スプリングバンクの窓から見える樹に赤い実が
タワワになっていました。

雨が降って疎ましく思うこともありますが、乗鞍高原の中に住んでいて
こういう植物たちの成長を見ると、恵みの雨の有り難みを感じますね~。

高原の緑と花を楽しむ散策やサイクリングを満喫したら、
「カフェ・スプリングバンク」でコーヒータイムをどうぞ~。
今週は木+金曜日の連休にする予定でしたが、諸事情により
木曜定休のみと変更になりました。どうぞ、ご来店くださいませ~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2013-06-27 02:37 | お花

レンゲツツジがモリモリです♪

今年はちょっと開花が早かったレンゲツツジ・・・!!
今週に満開になったキレイな画像をご紹介します~~。

f0182173_13403039.jpg
一ノ瀬園地に行って、座望庵の駐車場を過ぎて、更に奥に進むと
道路沿いに「一ノ瀬つつじ園」があります。今年の花つきは特に
素晴らしくキレ~い!!なのです・・・!!地元乗鞍高原の人達も
今年のレンゲツツジはキレイだと言っています~!!実は、昨年は
あまり綺麗に咲かなかったので、ちょっと心配していたのです・・・。

f0182173_1340537.jpg
青空+残雪の乗鞍岳+緑の樹々+満開のレンゲツツジの組み合わせ!
梅雨とは思えない爽快感が溢れています~!!

f0182173_1341265.jpg
鮮やかな朱色の花がモリモリと咲いている様子に元気を貰えそうですよ。

f0182173_13411885.jpg
そして、時間のある方は、更に奥の砂利道を歩いて行ってみてください。
スーパー林道A線(現在閉鎖中)のゲートの脇から10分程入った所に
これまた素晴しいビューポイントがあるのです!! 広々とした開放感
たっぷりの空間とレンゲツツジが一緒に楽しめますよ~~。


今週がピークのレンゲツツジの樹ですが、まだ蕾も多少ありましたので、
今週中は見ごろが続くでしょう。ぜひ満開になったレンゲツツジの朱色の
絨毯と青空に光る白い乗鞍岳のコントラストを愉しみに来て下さい~~。
そして「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~!!


【注意!!!】
(最近特に、一ノ瀬園地ではポイ捨てされたゴミが目立ちます!!ゴミは
 絶対に捨てないでお持ち帰りください!! そして乗鞍高原は国立公園
 なので高山植物がたくさん生えていますので道から外れてレンゲツツジ
 園の中には絶対に入らないで下さい。くれぐれもよろしくお願いします。)

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2013-06-19 13:37 | お花

6月の乗鞍高原はお花天国です~♪

乗鞍高原の6月は、一年で最も輝く季節です。新緑が日に日に濃い緑に
なりながら、爽やかなそよ風に揺られています~。 梅雨入りの宣言が
発表されても、今年の6月中は殆ど降りません。 例年7月になってから、
梅雨らしくなることが多いのです。
f0182173_12472410.jpg
一ノ瀬つつじ園のレンゲツツジは、少しずつ開花が進んでいます。
次の週末がきっと見ごろになるでしょう。

f0182173_12475850.jpg
目立たないけれど、小さな高山植物たちも、6月に次々と咲きだします!
「ササバギンラン」はその名の通り笹のような葉をもっています。

f0182173_124872.jpg
これも縦長に伸びる「ヒメイズイ」。コロコロのお花がぶら下がってます。
「ナルコユリ」や「アマドコロ」の仲間です、よく似ているでしょ~?

f0182173_1249293.jpg
ぶら下がると言えば・・・、やはり「スズラン」ちゃんですね~!!
涼やかな鐘の音が聞こえてきそう~~~♪

f0182173_12483950.jpg
白いお花ばかり続いていますが・・・・草むらで小さな白い星を見つけたら、
それはきっと「オオヤマフスマ」。ナデシコ科の可憐で華奢なお花です。

f0182173_12494286.jpg
同じくお星様のような「ツマトリソウ」。
こちらの方が大きくて存在感ありますから、きっとすぐに見つけられますよ。

f0182173_12495411.jpg
白い花びらに赤紫のスジが入った「コミヤマカタバミ」。
ハート型の明るい葉っぱもラブリ〜なんです。
三本滝に行く「かもしかの径」などで咲いています。

f0182173_1250862.jpg
黄色いお花もありますよ。「ミツバツチグリ」は乗鞍中で咲くお花。
よく似た「キジムシロ」や「ツルキンバイ」などとの判別はちょっと
細かい話になるので、また今度・・・。

f0182173_12502131.jpg
レンゲツツジと同じ頃に一ノ瀬園地を彩る「キンポウゲ」。
陽が当たった時の花びらのツヤツヤ感が、とても綺麗です。

f0182173_12503729.jpg
ピンク系のお花もご紹介。「ベニバナイチヤクソウ」はこれからが見ごろです。
小さいピンク色の花がフサフサ咲きますよ~~。

f0182173_12505962.jpg
コチラは、いかにも高山植物らしい「エンレイソウ」。
赤紫色の小さな花と大きな葉っぱのアンバランス加減が奇妙でしょ?
最初はあまり好きになれない高山植物の花でしたが、今では毎年春に
会うのが楽しみです。同じ風貌で花が白い「ミヤマエンレイソウ」=
「シロバナエンレイソウ」も咲いていますよ~~。

いかがでしょうか? たくさんの花の画像をアップしたように見えますが、
これでも、この時期に見られるお花たちのまだ一部なんですよ~!!・・・。
足元に咲く小さ~なお花が殆どですので、気付かずに過ぎてしまうのが、
勿体ないほど可愛らしいお花たちです・・・、是非しゃがんで足元の高さで
観察してみてくださいね~。

高山植物の小さな花を楽しんだ後は、「カフェ・スプリングバンク」への
ご来店お待ちしています~~。よろしくお願いします~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2013-06-13 08:46 | お花

レンゲツツジが咲いてます!!@乗鞍高原。

乗鞍高原の一ノ瀬園地にある「レンゲツツジ群生地」では、
オレンジやピンク色のレンゲツツジの花が咲きだしています~。
f0182173_1650878.jpg
一ノ瀬園地にある「レンゲツツジ群生地」の花が咲いてきて、
一面オレンジ色に染まる季節になってきました~。本当にこの
レンゲツツジのオレンジ色の花は新緑の緑に映えて、と~っても
キレイですね~~。

f0182173_16501512.jpg
アップで捉えてもキレイですし、、、
f0182173_16502260.jpg
たくさんの花を捉えても、と~ってもキレイです~!!

f0182173_16503411.jpg
やはり大勢のカメラ好きの方々が、このレンゲツツジの花を撮影しに
来ていらっしゃいました~。 でも道路から外れてこの花が咲いている
中には入らないで下さいね~。他の貴重な高山植物の花も咲いています
ので、自然環境保護にご協力下さい~。よろしくお願いします。

f0182173_16504165.jpg
まだまだ5分咲きぐらいなので、これから~6月中旬頃が満開になると
思います。このレンゲツツジの一面がオレンジ色に染まる乗鞍高原へ
見に来て下さい~~。

レンゲツツジの花を愉しんだ後は、「カフェ・スプリングバンク」で
コーヒー&ケーキをどうぞ~~。ご来店お待ちしています~!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2013-06-09 01:47 | お花