カテゴリ:趣味の部屋( 215 )

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

八甲田山、遠征バックカントリースキー。

カフェ・スプリングバンクのホームページに、山岳スキー滑走の
部屋を作りました。 → 「バックカントリースキー滑走記録」
その記録として、このブログを書く前、2008年9月以前のスキー
の事を書いています・・・。(写真はデジカメ以前のフィルムのモノ
なので、フィルム写真をデジカメで上から撮影してのアップです。
なので少し荒いです・・・。)

第2弾は、青森、
八甲田山です!!
f0182173_10391955.jpg
2006年の春、僕たちチーム・スプリングバンクは、Mt.乗鞍の
スキー場が営業終了してスグに、約2週間の山スキー遠征ツアー
に出かけたのでした・・・。新潟からフェリーに乗って、北海道~
青函フェリーで八甲田、~八幡平~鳥海山~山形蔵王~乗鞍と、
北海道から東北の山々を巡ってきたのでした~。前回のニセコ
~羊蹄山BCスキーからの続きです・・・。


f0182173_10395060.jpg
八甲田山では2泊2日の強硬日程だったのです。この日は天気が
あまり良く無かったのですが、朝イチのロープウェイには大勢
の人が溢れんばかりに乗り込んで行くので、僕たちもその波に
乗って山頂駅まで上がっていきました・・・。(この八甲田では
ヴェクターグライドのスキー多し!!)

f0182173_10401812.jpg
1日目は、山頂駅から「酸ヶ湯」までの「中央ルート」を竹竿を
辿って滑って行きました~。山頂付近ではかなりのホワイトアウト
で真っ白で、何も見えないぐらいでしたが、標高を少し落とすと
黒い雲の下に出て地形が分かり、長い滑走を楽しめました・・・。


f0182173_10404814.jpg
2日目も天候は悪く、雪が降ったり止んだりの真っ白な状態・・・。
それでも八甲田ロープウェイは運行されていて、たくさんの
スキーヤー達の団体が山頂駅から歩いて白い霧の中へと消えて
行きます・・・。なので僕たちも「箒場岱ルート」を滑ろうと思い、
地図とコンパスで、大岳を目指して歩いて登って行きました・・・。


f0182173_10414548.jpg
同じルートを先行する20名ほどの団体があり、地元のガイド
さんだという事なので、そのグループの後に付いて行きました。
しかし、2時間程歩いたところでそのグループのリーダーの人が
「どこにいるのか分からない!」と言い出して、そのグループ
みんなでバラバラに滑り出してしまいます!! その行動は
僕たちには理解出来なくて、一旦その20人程のグループを集め、
その先は僕たちが独自にコンパスを使って「八甲田ルート」へ
戻ってこれたのでした・・・。プチ遭難な2日目だったのでした・・・。
これにより、僕の中に、知らない人についていってはダメだ!
という事が植えつけられたのでした・・・・。

ライディングはMr.K のテレマークです~。八甲田の上部稜線は
樹氷のモンスターがまだたくさん見れましたが、下部ではもう
4月はモンスターは無くなっていたようです~。


f0182173_10415598.jpg
ラストは「酸ヶ湯」です。ここの湯治部屋に泊まりました・・・。
混浴の「千人風呂」やその他の露天風呂、情緒と歴史のある
建物、どこをとっても素晴しい温泉宿でした~!! 




[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2017-02-26 10:42 | 趣味の部屋

ゴーグルのレンズ交換~。

ここ数年何もケアせずにメンテナンスフリーで使い続けていた
スキー用のオークリーのゴーグルのレンズが、キズだらけで
曇っていて前が見にくかったので、レンズだけ新しく取り寄せて
交換しました~~。

f0182173_1924733.jpg
「使えるものは最後の最後まで使う!」、これが僕の道具への
こだわりです。 ゴミを出さないように生きるシンプルライフ(?)、
という考え方です、一応・・・。 でも反面、継ぎはぎだらけだったり、
オンボロだったりするのですが・・・、あとは体力と技術でカバー・・・。
(まあ、真実は、貧乏なだけという事もありますが・・・・。)

このゴーグルも、もう8年以上使っています。ベンチレーションの
部分のスポンジも破れて布で修理していたりします・・・。でもまだ
捨てるのはもったいないと思ってしまうのですぅ~・・・。 (これは
ただの「勿体無いがり」という噂も・・・) なので今回も、レンズだけ
取り寄せて、もう少しだけ使うことにしたのでした~。このレンズも
外品なので3千円台です。とても安く仕上がりました~。

f0182173_19241218.jpg
オークリーのゴーグルのレンズ交換は簡単です。端っこを外して
交換するだけです。 でもスポンジ部分(僕の場合布の部分)には
十分注意して交換していきます・・・。当然、新しいレンズにもキズが
入らないように細心の注意を払います。

f0182173_1924185.jpg
出来上がりました~! 古いレンズは「パーシモン」というオレンジ色
だったのですが、新しい外品のレンズは「ローズミラー」というピンク色
になりました~。 他にもブルーミラーなどもありましたが、フレームが
赤色なのでレンズだけブルーというのもちょっとどうかなぁ~と思ったの
です・・・。

でもフレームも、少しヒビ割れてきているので、これが最後のレンズ交換
になると思います・・・。もう少しだけコイツと付き合って滑って行きたいと
思います~~。 みなさん、もし「Mt.乗鞍スノーリゾート」のゲレンデで、
この赤色のオークリーの「CROWBAR」のゴーグルを見かけたら、声を
かけて下さい~、一緒に滑りましょう~。 「カフェ・スプリングバンク」への
ご来店もお待ちしています~~。 よろしくお願いします~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2016-01-25 07:23 | 趣味の部屋

今シーズン最後のクライミング~~。

先日のスプリングバンクの休みは、天気が悪かったので
2015年の今シーズン最後の「締め」のクライミングをしに、
メッチャ久しぶりに「エッジ&ソファ」さんへ行って来ました~。

f0182173_8363195.jpg
久しぶりに行った「エッジ&ソファ」さんは、室内のようすが
変わっていました・・・。 真ん中(画像では左のウォール)に
あった滑り台が無くなって、大きなウォールになっていたの
です~。 これにはちょっとビックリでしたが、新たに設置
されている課題へトライしてきました~~。


f0182173_8364482.jpg
やはりまず最初は、一緒に行ったK8のクライミングです~。
彼はこの12月はクライミングジムに通っているのです~!!
「エッジ&ソファ」さんも先週に来ていたらしいので、インドア
の人口ウォールに慣れているようで、かなりスムーズな感じ
でした~。

f0182173_8365276.jpg
そして、スプリングバンクNのクライミングです~。 2015年は
雨ばかりで、一度も穂高連峰に登りに行けなかったのです~。
なので、その悔しさを来年に繋げたい!というように、頑張って
登っていました~。いくつかのオレンジライン(5~6級)ルートを
登っていました!

f0182173_8365751.jpg
そして、僕のクライミングですぅぅ~~。最初から言い訳すると、
インドアのボルダーは3月ぶりだったので、超超久しぶりなので
ぜ~~んぜん登れなかったですぅ~・・・。 赤ラインのルートは
簡単に登れるのですが、その1コ上の黄緑色ラインのルートが
なかなか登れませんでした・・・。 今年僕は、外岩クライミング
では5.11bグレードまで登れたので、少し派は上達したと思って
いたのですが・・・、ダメでした。 ちょっとショックです~・・・。

f0182173_837328.jpg
僕が登れないのを悩んでいると、K8はどんどんヒートアップして
僕が登れない黄緑ルートをガンガン攻めてきますっ!!・・・。
あまりにも連続で攻め続けてくるので、感心するぐらいでした~。

f0182173_837722.jpg
そして、K8の流れに乗るようにして、僕も何とかヒートアップ~!
最後の方で腕がパンプしてきていたのですが、黄緑色ルートを
1本完登することが出来ました~!! やっと、やっとでした・・・。


たぶん!・・・、これから雪が降って本格的スキーのシーズンになると
思うので、今シーズンのクライミングは終了です~。2015シーズンは
僕は、5.10c=4本、5.10d=1本、5.11b=1本、の完登でした~。
特に!!、5.11にやっと到達出来たのが嬉しかったですね~!!
来シーズンも、どんどん課題をクリアしていきたいと思いますので、
クライマーなみなさん、よろしくお願いします~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-12-21 07:59 | 趣味の部屋

乗鞍龍神伝説の、歴史探索ツアー!!

乗鞍高原の伝説と言えば「秀綱伝説」が余りにも有名ですが、
もう一つ、「乗鞍・龍神伝説」というのがあるのです!!・・・。

この「龍神伝説」とは、乗鞍岳には竜神様が住んでいると言う
話で、頭を乗鞍岳の権現池に、胴体は乗鞍高原の御池にあり、
心臓はその御池の真ん中にある「祠」らしく、尾っぽは諏訪湖に
までつながっているといわれるのです!!


今回は、ある所からの情報で、その「乗鞍・龍神伝説」がある
他の神社が山麓の梓川地区にあるというのです!!なので
今回は急遽、雪の降る中を、その「龍神伝説」のある神社まで
行った見たのでした~。

「歴史探索ツアー」とは、地図に載ってはいるが山の奥深くで、
道はすでに廃道となって、入る人もいなくなって、ターゲットが
存在するのかどうかも分からない・・・。そんな乗鞍高原周辺の
気になる「歴史の史跡」を探索しようというものです・・・・。
f0182173_20345792.jpg
その神社とは、松本市波田地区にある「大宮熱田神社」です!!

「大宮熱田神社」は、乗鞍高原にある「梓水神社」とつながりが
あるらしく、「大宮熱田神社と「梓水神社」共に平安時代に編纂
された歴史書「三代実録」の中に、「清和天皇の貞観9年(西暦
867年)に神徳の高きにより、従五位下が贈られた」と書かれて
いるのです!! これはあの「諏訪大社」よりも全然古くからの
歴史があるのです!! この時代にあった神社は、推定ですが
戸隠、穂高神社、そしてこの梓水神社だったらしく、梓水神社は
現在は乗鞍高原にあるのですが、その時代は山奥過ぎるので
乗鞍高原のが奥宮(山宮)で、この「大宮熱田神社」が本宮では
ないのか?!という事なのです~!!

f0182173_20353377.jpg
そして、「大宮熱田神社」の神様はもちろん「梓水大神」です!!
乗鞍高原の梓水神社に祀られている、同じ「梓水大神」なのです。

その他にも、名古屋の熱田神宮からお迎えした「熱田大神」や、
近くに奉られていた「天照大神」、梓川八幡宮の「八幡大神」を
奉られています。

f0182173_20353875.jpg
上記の鳥居を抜けてスグ左に、大きな手水舎があります。
ここに!、何と!、龍口で「龍」が3匹もいました~!!! 
やはり!「龍神伝説」は、ここにもあったのでしょうか?!・・・。
この「大宮熱田神社」は、乗鞍から諏訪湖までの龍の身体の
一部分なのでしょうか?!・・・。

f0182173_20354316.jpg
その後、参道を奥へと進んで行きます。 この参道の左手には
菅原道真を祀った「学問の社」や、「健康長寿の社」などがあり、
たくさんの摂社、燈篭、石仏が並んでいます。参道の正面には
神楽殿、そして拝殿と続いています。とても荘厳な感じです。

f0182173_20355247.jpg
そして、本堂の拝殿にきました~。とても重厚で端正な造りです。
それもそのハズ!、御本殿は、室町時代(約450年前)の建築で
国の重要文化財に指定されているのです!! 広い社地の中の
一段高いところにあり、豪華で迫力がありました。 僕達はここで
お参りをさせて頂いたのでした~。もちろん雪乞いと安全スキーの
お願いですよ~!
 
f0182173_20355933.jpg
この拝殿の建物は、「流見世棚造り」と言われる建築様式らしく、
室町時代中期の建築様式らしいです。 この建築様式の建物が
国の重要文化財に指定されているのです。

そして、本殿がこの拝殿の裏側に小さくありました。(画像が無くて
スイマセン~) 本殿の様式も「流造り」と言われる建築様式です。

この屋根の建築様式は、「仁科神明宮」の時にみた屋根の様式に
とても似ていると感じましたが・・・、関係があるのかどうか?!・・・。
この屋根の様式で、神様の位や様式、関係などが分かるらしいです。


f0182173_2036829.jpg
最後は、「しめ縄」です。 こんな田舎の山麓奥にある神社なのですが、
しめ縄の巨大さにも驚きました!! ちゃんと整備されているのですね。
本当に、この拝殿~本殿は素晴らしく、ここまで来て見る価値があると
思いました! 


肝心の調査課題である「乗鞍・龍神伝説」の痕跡は、「龍の手水口」と、
拝殿の鏡だけでしたが、ここが梓水神社と深い関係があるという事が
あっただけでも、乗鞍高原と繋がっていたのだという事だと思います!
なので僕は、確実に「龍神伝説」の一部分なのだと思いました~!!

この部分に関しては、もう少し詳しく調べて行きたいと思いますので、
またみなさん!、「歴史探察チーム」もよろしくお願いします~~。
そして「カフェ・スプリングバンク」へのご来店もお待ちしています~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-12-19 07:33 | 趣味の部屋

広島・しまなみ旅行~(グルメ編)!!

先日自転車ツーリングに広島~愛媛の「しまなみ海道」へ
行ってきたのですが、まだまだいろ~んな話は尽きない
のです・・・・。 その中で、その時食べた旨いもの特集を
今回は書きたいと思います~~。

f0182173_13401914.jpg
「広島県」の美味しいもの!と言えば、いろんな食べ物が
あるのです!! お好み焼きも、もちろんそうなのですが、
みなさんが思い浮かべる第1位は、やはり「牡蠣」でしょう!
僕も牡蠣は大好きなので、まず最初はやはり「牡蠣」から
スタートです~。

f0182173_13421156.jpg
「焼き牡蠣」
牡蠣料理はた~くさんありますが、やはりシンプルイズベスト!
焼き牡蠣はハズせませんね~。 これは特別の特選モノです!
小さなお稲荷寿司ぐらいはある巨大な牡蠣!を、何もつけずに
そのまま食べます。 本当にミネラリーでクリーミー!! それを
定番のシャブリの白ワインと一緒に頂きました~。まさに最高の
味でした~!!  (値段もかなりハイでした・・・)

f0182173_13421514.jpg
「牡蠣定食とギネスのコラボレーション」!!
コチラも定番のマリアージュ!牡蠣とギネスです~。 もう最高。
そして牡蠣定食は、焼き牡蠣、牡蠣ご飯、カキフライ、牡蠣の燻製
牡蠣のオイル漬け、などなど、牡蠣尽くし!! ギネスビールとの
コラボは至福の時間でした~。 (しかしカキフライは松本市内の
「かつ玄」さんの方が美味しかったです~・・・。)

f0182173_13422795.jpg
「お好み焼き」
広島の定番、お好み焼きです!! しかし広島のお好み焼きは
別物なんです!、メチャ美味しいです~。あの蒸したキャベツの
甘さが麺と絡み合い、何とも言えない味わいなのでした~。

f0182173_13423243.jpg
これは「海鮮しらす天丼」です~。
普通の道の駅で食べたこの「海鮮しらす天丼」だったのですが、
食べてビックリ!!メッチャ美味しかったのです~。 エビ天の
衣がサクサクなのに、中が半生でメチャ甘いエビでした~!!
さすがは海の上の道「しまなみ海道」だけありました!・・・。

f0182173_13423720.jpg
「たこ飯」
コチラは、先日の「しまなみ海道自転車ツーリング」のブログに
書いてしまいましたが、絶品のたこ入りの炊き込みご飯です!!
たこの風味がバッチリ出てて、メチャ美味しかったですぅ~~。
この他にも「鯛めし」、「牡蠣めし」、などなどの炊き込みご飯は
とても美味しく頂きましたぁ~~。

f0182173_13424141.jpg
「海風のパエリヤ」
これは某宿の夕食だったのですが、まさかのパエリヤでした!!
僕達はパエリヤが大好きで、パエリヤを食べにパエリヤ発祥の地
へと食べに行ったほどです! この「海風のパエリヤ」も魚や貝が
たくさん入っていて小さいダッチオーブンの入れ物で出てきました。
海鮮のダシが効いていて、とても美味しかったです。

f0182173_13424762.jpg
「島のザクロ・ジェラード」
コチラは、自転車ツーリング中に食べたジェラードです。旅行中は
どこかで地元産のソフトクリームなどを食べますが、これも島産の
フルーツを使ったジェラードで、メチャ美味しかったです。ちなみに
友人たちはやはり柑橘系のレモン・ジェラードなどでした~。

f0182173_13425227.jpg
「尾道ラーメン」
定番の尾道ラーメンです。 でもこれが、思っていたよりもかなり
美味しかったです。コクのある醤油系スープが僕は好きですね~。
これで400円!! コストパフォーマンスも最高でした~。

f0182173_1342586.jpg
「サイフォン・コーヒー」
このコーヒーは、今回の一週間の広島・自転車旅行の中でも、
一番美味しかったコーヒーなのです!! あえてお店の名前を
出しますが、しまなみ海道の生口島の瀬戸田にある「ぷえんて」
さんのサイフォン抽出コーヒーです。何気なく入ったコーヒー店
だったのですが、ビックリするほど美味しいコーヒーでした!!
香ばしい良い香りなのですが、酸味が殆ど無いのにコクがあり、
とても美味しかったです~。

f0182173_1343378.jpg
「道後ビール」
ビール愛好家でもある僕にとって地ビールは、旅の楽しみの一つ
です・・・。今回も広島~今治などでいろんな地ビールを飲みましたが
僕の好みで一番美味しかったのは、この「道後ビール」のスタウト
でした~。ギネスのようにコクがありクリ-ミーな黒ビールでした~。


f0182173_1343762.jpg
そして、旧知の友人と共に過ごせた広島の夜は、ワイン2本で
久しぶりにベロベロの泥酔状態で暮れていくのでした~・・・。 
いやぁ~、広島グルメ、最高に美味しかったです!!!


(友人(知人?)の至れり尽くせりのお陰で、と~っても美味しくて
楽しい夜を過す事ができました。 どうもありがとうございました!
本当に感謝、感謝です!! ブログからもお礼申し上げます。)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-12-13 07:39 | 趣味の部屋

竹鶴さんの故郷、竹原市を訪問~!!

先日の、「しまなみ海道」自転車ツーリングに行った時・・・・、
尾道に行っておきながら、ウイスキー愛好家でバーテンダー
である僕が、隣の竹原市に立ち寄らないワケにはいかない!
という事で、いろんな寄り道の中で、この竹原市にも行って
きたのでした~!!

f0182173_12464236.jpg
ナゼ?、酒好き&バーテンダーが竹原市なのかっ?!・・・・。
それは、NHK朝の連ドラ「マッサン」のモデルとなった人で、
日本のウイスキーの父と言われるニッカウヰスキーの創業者
「竹鶴政孝」さんの実家が、この竹原市にあるのです~!!

竹原市は、昔の町並みが残るとても雰囲気の良い小さな港町
でした。 「西日本の小京都」と言われるように、古い町並みが
そのまま保存されている地区があるのです。 その中に今回の
僕のターゲット、竹鶴さんの生家「竹鶴酒造」があるのです!!


f0182173_12465554.jpg
道の駅竹原に車を止めて、そこから歩き始めて町並み保存地区
に入ってスグのところに、この画像の「竹鶴酒造」がありました!
が、しかし!!、
現在この「竹鶴酒造」は閉まっているので、蔵内の見学は出来な
かったのでした!!!・・・・。
ガアァァァ~~~ん・・・・・。 


f0182173_1247158.jpg
非常に残念ですが、仕方がありません!・・・。でも僕は、ここに
来れただけでも良かったです。 竹鶴政孝さんのルーツの場所
に来れて、なんだかしみじみと感動していたのでした~。

他にもたくさん竹鶴さんにまつわる観光名所が、この竹原市の
町並み保存地区にはあるので、楽しんできたのでした~。

f0182173_12471284.jpg
その①、保存地区の中程に「マッサンとリタの銅像」がありました。
石碑の言葉は、「よいウイスキー造りにトリックはない!」でした!

f0182173_12471821.jpg
その②、民族資料館の1階は、朝の連ドラ「マッサン」の人気で、
竹鶴政孝さん特集になっていました。 特にウイスキー造りでは
竹原市は元より、ニッカ余市の事も書かれた記事や写真が多く、
僕が雑誌や本などでも見たことがないような写真もありました!
ウイスキー愛好家の僕としては、と~っても面白かったです~!

f0182173_12472297.jpg
その③、「竹鶴酒造の酒甕」もありました~・・・。
まあ、これはご愛嬌というところでしょうか・・・。


f0182173_12472794.jpg
その後、竹原市を一望できる高台にある神社から、古い町並み
保存地区の瓦屋根を堪能してきました・・・。 この竹原市という
ところは面白いです。 竹鶴さんの事もそうですが、「たまゆら」
というアニメの舞台になっているのでアニメの世界でも有名だし、
僕の好きなシンガーソングライター「浜田省吾」さんの生まれた
土地だし!、
岸信介の後の内閣総理大臣である「池田勇人」も
竹原市生まれだし、元々の町の成り立ちが、京都の下賀茂神社
荘園地として開墾されたのが始まりだと言う説もあるのです!!

一応このブログは「カフェ・スプリングバンク」のブログなので、
日本のウヰスキーの創始者である竹鶴政孝さんの事を中心に
書きましたが、それ以外でも、そういういろんな理由で竹原市に
訪問出来たことは、僕にとって非常に感慨深かったです~!!
とても興味深い「竹原市」なのでした~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-12-06 07:30 | 趣味の部屋

麻薬のような雑誌に震える、秋・・・・。

秋は、スキーヤー&スノーボーダーにとっては、
雪が降る直前の、とてもウズウズする季節・・・。
この「秋」というのは、オクユかしい季節なのだ。

そして、「秋」は、次の冬に向けたスキー雑誌や
パウダー滑走のフィルムがたくさんリリースされる
ヤバい季節なのである!・・・。

今週の「カフェ・スプリングバンク」の定休日も
ザーザー雨だったので、山には行けずなので、
仕方なく今週発売されたスキーやクライミングの
雑誌を買い漁って、パラパラと読み耽っていた
のであった・・・。

が、しかし!!、
このテの雑誌は涼しい顔をしてリラックスしながら
読める雑誌ではないのであった!!・・・。


f0182173_17141375.jpg
「Rock & Snow、 No,69」
言わずと知れた、日本で唯一(?)のクライミング雑誌です。
先日行った、「瑞牆山」の記事も載っていて、かなりリアルに
読めました・・・。 9月に入ってからも、僕たちの休みの日は
雨ばかりなので、なかなかクライミング行けてないのです!
なので、こんな雑誌を読んでいると遊び虫がまた爆発して
しまいそうですっ!!!・・・・。


f0182173_171495.jpg
「PowderSki、2016」
毎年秋に発売されるムックの、バックカントリースキー系の
雑誌のひとつです。 2016シーズンの新しいギアやウェア
などの気になる情報がたくさん掲載されていて、素晴らしい
スプレーを上げて滑っているライディングの画像がいっぱい
あり、そんなパウダーの中を滑りたくってしょうがなくなって、
思わず頭を掻きむしって「あ゛あ゛あ゛ぁぁぁ~~!!!」
と叫んでしまいそうになります!!・・・・・。


f0182173_1714388.jpg
「Fall Line、2016、Vol,1」
これは極めつけの、パウダー&バックカントリースキー雑誌の
1冊です!! 日本中の有名な滑り手のパウダーライディング
画像がたくさん掲載されていて、コアなバックカントリーツアーの
レポートが書かれています!! 
そして!!、
f0182173_17135754.jpg
今回は「アラスカ」の記事もいくつか載っていて、再度「アラスカ」
へと滑りに行きたいと思っている、PJ=パウダー・ジャンキーな
僕にとっては、
この雑誌は、
もうほとんど、
麻薬です!!

こんな滑走意欲を掻き立てるような素晴らしい写真を見せつけて
来られると、手も足もガタガタと震えてきて、PJの中毒症状が出て
しまい、超滑りたくてしょうがなくなって!、思わず頭を掻きむしって
「うぐあ゛あ゛あ゛ぁぁぁ~~!!」と叫んでしまいそうになります!!・・・。


というワケで、
毎年この「秋」という季節は、「カフェ・スプリングバンク」ではこんな
感じで、PJ中毒症状が出てしまう、とても奥ゆかしくて荘厳で、かつ
センチメンタルな季節なのであった・・・・。 

たぶんPJの中毒症状は雪が降って初滑りが出来るようになるまで
続くと思われます~。果たして耐える事ができるのでしょうか?・・・。
みなさん、こんな、乗鞍高原の「カフェ・スプリングバンク」を
よろしくお願いします~。ご来店もお待ちしています~~。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-09-19 07:12 | 趣味の部屋

Pub 摩幌美さんへ行って来ました~。

43日間休み無しの、長い長い夏の死のロード営業が終わり、
やっと「カフェ・スプリングバンク」の定休日がやってきました・・・。

今年も長かったですぅ・・・。
ず~~っと山に行けてなかったので、
これからは僕の遊び虫が爆発する予定です~!! 
・・・・・・・・・・・、、、。

最初の休みの夜は、「Pub 摩幌美」さんへ飲みに行きました~。
f0182173_12371974.jpg
松本駅前にある「Pub 摩幌美」さんは、知る人ぞ知るという、
ウイスキーの専門店です。スタンダードから激レアなものまで
僕が羨望の目で見てしまう程のウイスキーのお店なのです!
憧れと言っても過言ではありません・・・。 今回も、と~っても
美味しくて懐かしいモルトを頂いて来ました~。


f0182173_12373195.jpg
もちろん飲みたかったので「Pub 摩幌美」へは行ったのですが、
今回は別の用事もあったのでした~~。 これはコレです!!

「Scoth Missed」の本を受け取りに行ったのでした~!!
このブライアン・トゥーンセンド著の「Scotch Missed」は、長い
スコッチウイスキーの歴史の中で閉鎖された蒸留所が書かれた
データ本です。僕はファーストエディションを持っているのですが
今回の4thエディションには、「Pub 摩幌美」の店長である酋長
の撮影した写真が数多く使われているのですっ!! しかも!
この本は日本の本ではなく、イギリスの本なのです!! そこに
Pub摩幌美の酋長の写真が何枚も使われるという事は、本当に
スゴイ事なのです~~。


こんなマニアックな本ですが、見たい人がいらっしゃいましたら、
「カフェ・スプリングバンク」にありますので、お声をかけて下さい。
このブログの読者の方にだけは特別にお店したいと思います。
ウイスキーファンの方のご来店、お待ちしています~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-09-05 07:36 | 趣味の部屋

LOOK 566 のレポート~!!

先日の「マウンテンサイクリング in 乗鞍」のヒルクライムレース・・・。
今年はちょうど30周年の記念大会だったのだが、土砂降りの大雨
になってしまい、三本滝までの短縮コースでの開催となってしまった
のだった・・・。 何だかとても不完全燃焼な感じで終わってしまった
のであった・・・。 僕はいつも通りスタート係員として参加していたの
だが、やはり昔のレーサーの血が騒ぐのか、レースの盛り上がりに
影響されて「マウンテンサイクリングin 乗鞍」の後は、チャリダーと
しての闘志と情熱がメラメラと燃えてしまうのであった!・・・・。

なので、いつも行かなくてもイイのに、8月無休で働いて来て疲れて
いるのに、1ヶ月間休みなしで営業してきた体にムチを打って、この
レース後に無謀な「乗鞍アタック」を、ついついしてしまうのである・・・。

f0182173_13432092.jpg
かと言って、9月までは無休!だと公言しているスプリングバンク
なので、まだ休みが無い僕は、「マウンテンサイクリング in 乗鞍」
と同じ「畳平」までのフルコースでアタックすると、その後仕事が
出来なくなってしまうので、今回は「スーパー林道A線アタック」を
しかけてみたのであった~・・・。

でも、それだと、
「なぁ~んだ、そんな短距離ぢゃあクライマーとしてユルイのでは?」
という人もいるかも知れないのだが、僕に許された時間は夕方の休み
時間しか無いのでこればっかりはしょうがないのである・・・。、


夕方の3時過ぎ、少し雨が止んでいた間に、いつも通りサッと短パン
サイクルジャージに着替えてヘルメットを被り、お店の前でクリートを
シマノのSPDペダルにカチッとはめる!! この時点では、気持ちは
気合十分で、目はギラギラしていただとうろ思われる!・・・。 そして、
「よし!、やったろう!! 今日はとことんヤったろうじゃないかっ!」
という感じで、ギアをいつもより1枚重い目からスタートしていった・・・。

f0182173_13433153.jpg
「カフェ・スプリングバンク」のお店の前から、もう20年間も使っている
超オールドなキャットアイのサイクルメーターの計測スイッチを押して
スタートを確認っ! 一度大きく息を吸い込んでから、ペダルにグッと
チカラを入れて勢いよく飛び出して行ったのであった~・・・。

蕎麦処「合掌」さんの横からサイクリングコースを通って→いがやへと
上がり、そのまま川沿いのサイクリングコースを高速で一之瀬園地へ
上がっていく。 この辺りでも、もう秋の風が吹いていて、半袖ジャージ
では肌寒く感じていた。 ここまでは順調なペダリングで来ている・・・。

f0182173_13433650.jpg
一之瀬からは、この白樺橋を越えて、スーパー林道A線を走って行く!
ここからの急登が、このコースで唯一の急坂である。 今回は、ここでは
あまり足を使ってガンガンに漕いでいくよりは、少し抑え目にギアを軽く
回すような感じで登って行くように心がけていた!!・・・。 この作戦が
この後で凶と出るのか?、それとも吉とでるのか?!・・・。

f0182173_13434013.jpg
急坂を登りきって、平坦の高速セクションでは、急登で足を使わなかった
分、思いギアをガシガシ漕いでスピードに乗せて登っていったのだった~。
イケる!! これは行けるのでは?!
と思いながら、30km程のスピードに乗ってコーナーを攻めていく!!
だんだんとフトモモに乳酸が溜まってダルくなってくるし、酸欠でアタマも
クラクラしてくるが、「もう少し!あともう少しだけ!!・・・。」と、頑張って
みた・・・。 そして、いつもの「樺池」にゴール~。

f0182173_13434650.jpg
自分では結構良いタイムだと思ったのだが、結局タイムはいつもとあまり
変わらず平凡で、40分程だった・・・。 人間の感覚なんて、全くアテには
ならないという事なのか・・・。あれだけ気合十分で頑張ったのに、いつもの
タイム40分台・・・。何だか、自分に対して拍子抜けなのであった・・・。

あとに残ったのは、真っ白に燃え尽きた感じの情熱の燃えカスと、一気に
放出されたアドレナリンの搾りカスだけだった!・・・。 あれだけアタックを
してやろう!と闘志でメラメラとしていた気持ちは、アタック後はヘナヘナと
なって、雨と一緒に流れていってしまうのであった・・・・。 僕の夏はいつも
こんな感じで終わって行くのである・・・。


f0182173_13435153.jpg
晴れていれば、この白樺峠からはこの看板のように乗鞍岳~乗鞍高原を
一望できるのですが、この日は暗い曇り空で雨がポツポツ降ってきている
天気だったので、アタック後は早々に退散して帰りました~。 でも、この
お店から出たらいつでも乗鞍アタック出来る環境に感謝です!!

自転車ヒルクライマーのみなさん、「カフェ・スプリングバンク」へのご来店
お待ちしています~~。よろしくお願いします~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-09-02 07:42 | 趣味の部屋

秋シーズン再開のクライミングぅ~・・・。

忙しい夏のシーズンを抜けて、
やっとクライミング再開です!!

f0182173_14383697.jpg
6週間近く休みが無い、夏の死のロードを今年も抜けてきて、
やっと少し時間が取れるようになってきました~・・・。なので
僕の遊び虫が疼いてきていたのでした!!・・・。 と、そこへ
いつも僕たちを誘ってくれるガイドのNJさんから急な連絡が
入り、クライミングに行かないか?というのでした~。こんな
バッチリなタイミングで誘われては断れませんっ!!

しかし、当日は朝から雨が降ってしまいました!・・・。 なので
仕方なく、いつもの雨の日の行き先、大町人工壁へと向かった
のでした~~。 1ヶ月半ぶりの、クライミング、オンですっ!!

f0182173_14384934.jpg
約1ヵ月半ぶりぐらいなので、本当に久しぶりの感覚です・・・。
そして雨で外岩は登れないので、この人工クライミングウォール
で、この日は感触を確かめるのと、腕のトレーニングを簡単に~
と思っていました・・・。 最初は手慣らしに5.10bグレードのルート
をゆ~っくりと登っていきました~・・・。

f0182173_14385644.jpg
しかし、ガイドのNJさんから「そんな事じゃあ甘いっ!!」と喝が
入り、彼はいきなり5.11aグレードのルートをサクっと完登~!!
そして、その高グレードのルートを僕に勧めるのでした~~。

f0182173_14391410.jpg
ガイドさんに勧められたら、トライしないワケにはいきませんっ!・・・。
この、紺色四角の5.11aへとトライです~~。

f0182173_14391861.jpg
それでも、かなり久しぶりのクライミングでギリギリだったのですが、
5.11aグレードのルートをサクッと完登することができました~~。
良かったですぅ~!!


人工ウォールの5.11aは、外岩の5.10cぐらいのグレードに
感じます・・・。 まあ、それでも登れたという事はこんな僕でも
少しは上達しているという事でしょうか?! この秋シーズンは
もう1本でも5.11台のルートをレッドポイントしたいと思います
ので、頑張りますっ!! みなさんよろしくお願いします~~。
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店もお待ちしています~!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-08-29 07:37 | 趣味の部屋