<   2009年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

自転車で乗鞍岳に上がってみよう!

早いもので6月も終了間近になりました・・・。本当に最近月日が流れるのが早いです。
乗鞍大雪渓の除雪も進んでいてやっと山岳観光地「乗鞍」にも夏がやって来ます!!  

f0182173_14363986.jpg
乗鞍の夏といえば、やはり!!自転車の季節でしょう! この乗鞍高原では、毎年
8月の最後の週末に、「マウンテンサイクリング・イン・乗鞍」という、日本最大の
ヒルクライム自転車レースが行われます!。 なので、自転車ライダーの人の世界では
乗鞍高原は特別な場所となっていて、有名なのです・・・・・。 
f0182173_148025.jpg
「マウンテンサイクリング・イン・乗鞍」とは、僕たちが住んでいる標高1500mの乗鞍高原
からスタートし、標高2720mの県境(畳平)までの22km、標高差で1200m以上の
登りだけのレースなのです!! 勾配は平均6.2%、最大では、15%以上もの、
激坂を登って行くのです!・・・・。 登りだけなんて、 本当に鉄人レースです・・・・。
(これはスタートのようすです。)
f0182173_14827100.jpg
こんな過酷すぎるレースなのですが、毎年5千人ほども日本全国津々浦々から、体力自慢の
ローディーが集まっています。出場受付も開始してスグその日に定員オーバーで受付終了
になってしまうほどの人気なのです!! とにかくスゴいんですぅ・・・・・。
自転車乗りとしては、一度は出場しておきたい日本一の自転車レースなのです・・・・。
(スタート直後のようす。 みんなまだまだ余裕の表情・・・・・。)



それでは、
ここからは、レースの大会当日はまだまだ2カ月も先なので、我らがボスのTさんの
レポートで、この「マウンテンサイクリング乗鞍」のコースを案内いたしましょう。
(2007年8月の画像でのレポートです)
f0182173_1484355.jpg
まず、上記のレーススタートである観光センター前の駐車場から出発します・・・・・。
途中はスキー場の左側を抜けて上がっていきます。スキー場の最上部である三本滝を
越えて緑のトンネルのような森の中を行くと、だんだん標高が上がって行きます。
そしてここから一気に勾配が急なカーブの連続が始まり、苦しいセクションが続きます。

f0182173_149361.jpg
僕たちがいつもお世話になっている「位ヶ原山荘」です。ここで標高2350mです!!
ここは、レース当日はエイド・ステーションになっていて、いろんなドリンクが用意
されています。ここでは是非水分補給をしていきましょう・・・・。

f0182173_141048.jpg
位ヶ原山荘を越えて尾根をひとつ登ると、いままで見えなかった景色が一気に開けて、
乗鞍岳が見えてきます! そしてバックには穂高岳も出てきます。ここまで来ると
他の山々や雲が横に広がってきて、雲上の人となっていきます!。
そして、標高が高いので当然空気が薄くて、息が苦しくなってくるのです・・・・・。
がんばりどころなのです・・・・・。

f0182173_14104286.jpg
そして!この日のTさんは大雪渓の後の3号カーブからラストスパートを決めて、一気にゴール
の県境まで走りきってしまいました! (2007年8月)
ゴール後、倒れ込んだボスのTさん・・・・。限界をかなり越えて走ったためにラストスパート
の記憶は全く無いそうです・・・・。大丈夫ではない感じで白目をむいていました・・・・。

f0182173_14105899.jpg
県境には長野県の標識と岐阜県の標識が同じ場所にこんな感じで立っています。
レースの時でも、ここがみんなの感動のゴールラインになるのです。

f0182173_14111348.jpg
そして帰りはケガのないように慎重に下りました。マイカー規制で車の通行は出来ませんが、
巨大な観光バスや観光用タクシーも通行していますので、自転車天国ではありません。
皆さんも他の車との事故の無いように気をつけて、ライディングを愉しんで下さい。


恒例の、ラストショット!!
f0182173_1474550.jpg
県境を越えたら「畳平」に着きます。その畳平を一望する最高の景色!!です。
奥に穂高岳、真ん中の駐車場と赤い屋根の建物の所が畳平、池は鶴ヵ池です。

この景色を見に、乗鞍高原に来てください。そして自転車で頑張りましょう!!
頑張った後に見るこの景色は、さらに美しさひとしおになるのだと思います・・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-06-29 14:15 | 山の風景

乗鞍岳・登山

この6月の最終局面に入った今日、僕のブログにたま~に
登場してくれている、雪山粉雪滑走集団「アナ~キ~リムズ」
の5人が乗鞍岳に登りに来てくれました~~。

f0182173_11412034.jpg
今回は観光旅行の1スポットとしての乗鞍なので、滑走の板は
無しで登山です・・・。 大自然と話ができるらしい彼らの願いが
叶ったのか、この日は快晴の青空に包まれて、素晴しい登山
日和の日となりました!! ビビットな紺碧の青空に白い雪の
コントラスト!!このツートンの2色が最高です!! やはり
登山の日は晴れの天気が一番ですね~。

f0182173_11412938.jpg
稜線を山頂へ向かって最後の登りを頑張ります! 息が上がり
空気が薄いのが感じられます。 山頂にある「乗鞍本宮社」と
鳥居が見えてきました。 ラストスパートです・・・。この山頂下の
あたりの稜線は、もう雪が無くなっていました。

f0182173_11413892.jpg
みんな一緒に乗鞍岳山頂に到着! ヤッタァ~~~!!・・・。
念願が叶った人、初めてここまで来た人、乗鞍山頂が人生で
一番高い所になった人、来年の年賀状の写真にする画像を
取りまくってた人、自然と交信してた人、などなど、それぞれが
それぞれの想いを達成していました!・・・・・。


そして「下り」は、大雪渓の雪の上を滑り下りました!!!
f0182173_11414880.jpg
お尻で滑るのもありですが、グリセードと言って、靴のまま
雪の斜面を滑り下ります。
f0182173_11415878.jpg
しかし、それも慣れてきて、最後はスピードを最大限出すために
みんな雪の斜面をすごいスピードでダッシュして、半ば滑落気味
に走って行きました~!!・・・。

f0182173_1142138.jpg
そして大雪渓の駐車場にて、本日の労をねぎらいランチタイムです。
さっきまで登ってきた乗鞍山頂側を眺めながら、まずはビールで
カンパ~~~イッ!!
その後、ゆっくりとコーヒーを沸かしてみんなで飲んで寛ぎました。


そして!!
f0182173_11422876.jpg
その後・・・、「只今、地球と交信中!・・・・」  なんと、彼らは地球とも
話が出来るらしいです?!・・・。  (ビールが回って気持ち良くなり、
寝そべっているだけという噂もありますが・・・・www)
この後、交信が確認されると、ある場所からアンテナが伸びて来て・・・、
おぉっと! これ以上は・・・・。

f0182173_11423964.jpg
最後は恒例になりますが、「雪の壁」を見に行きました~~。
6月末なので、ちょっとどうかな~?と思ったのですが、まだ結構
高く残っていました。6月27日現在で、6~7mぐらいでしょうか?
まだまだ見ることができます~。ぜひ見に来て下さい~!


f0182173_11424837.jpg
ラストショット。
地球との交信成功後は、なぜか裸で雪の壁の上に立ち、空を見上げ
ながらいつものポーズをキメて、、地球の平和を願う Tr くん。

今回も非常に楽しかったです。ありがとうございました!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-06-28 12:18 | 山の風景

ワイン 30

このブログのワイン記事も、なんと今回で30回にも!なってしまい
ました~。ここ最近梅雨時期という事もありますが、高原はお客さんが
少なくてヒマすぎて、ワインばっかり飲んで遊んでますので、ブログも
ワイン記事が多くてスイマセン・・・・。

記念すべき30回目のワイン「ブルゴーニュ、ユドロ・バイエ」2006年です。
f0182173_1551438.jpg

フランス、ブルゴーニュ地方のブドウ、ピノ・ノワールで造られたワインです。
このドメーヌ「ユドロ・バイエ」は新鋭機新の造り手で、ここ最近で最も注目
されているドメーヌです!91年にシャンボール村に設立されて、98年からは、
それまでネゴシアンに売却していたワインを自社ラベルでビン詰めし始めます。
そして現在では、シャンボール・ミュジニィ村で「ルーミエ」や「ヴォキエ」たちと
肩を並べるほどの人気になっているのです。

醸造担当は娘婿の「ドミニク・ル・グエン」さん。先代からの「リュットレゾネ」
という減農薬栽培法を継承し実践していて、2004年からは完全に独り立ち
して自分でワインを造っていらっしゃいます。 彼の造る「ユドロ・バイエ」の
特級ワインは、現在かなり入手困難になっているの程なのですっ!!・・・。
(このブルゴーニュはそんなに高くはないッス。ネットでも入手可能です)

f0182173_1553013.jpg
それでは、注目のドメーヌ「ユドロ・バイエ」はどんな感じのワインなのか?!
いざ、テイスティングです!!・・・・・。 開けてスグは、かなり硬い感じがして、
香りもあんまり立ち上がって来ませんでしたが、30~40分ぐらい経つと香りが
激変して、イチゴのニュアンスがよく出てきました! ブドウジュースのような
果実感あふれるカリフォルニアと、複雑なブルゴーニュワインとの中間ぐらい
の香りで、丁度良いです。 味わいは、廉価ワインの「ブルゴーニュ」なので、
ちょっと薄めですが、奥の方に甘さが残り美味しいワインでした。 このワイン
2千円台なので、この価格ならオススメです。



いつもの事ですが、こうなると同じドメーヌの特級畑ワインを試してみたく
なります。このワインを飲みながらの話は、そんな事ばかりでした・・・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-06-26 15:47 | お店のご案内

夕焼け・乗鞍

一昨日の夕方、お店をオープンする午後7:00。 乗鞍岳に太陽が沈んだその後、
うろこ状に広がっていた雲が、夕焼けの赤~ピンク~ムラサキ色に染まりました!。
f0182173_11495774.jpg
f0182173_11501279.jpg
f0182173_11505916.jpg
1年のうちに何回か、山全体が燃えるような夕焼けに染まる日があります。
(参考までに、2008年、11月11日のブログ記事を見てください!。)
今回はそこまでは色づきませんでしたが、非常に綺麗な、そして心に沁みて儚く美しい、
たった5分ぐらいの「天空夕焼けショウ」でした。 
こんな乗鞍もあるのです・・・・・。 
是非ゆっくりと宿泊して、夕食後なんかに、こんな夕焼けも見に来てください。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-06-24 11:58 | 山の風景

ワイン 29

今週もあまりにヒマなので、ワインでも飲んでゆっくりと妄想に浸ろうと
思って、またテイスティングという口実でワインを飲みました・・・・・。

今回のワイン、「タラス、ピノ・ノワール」です。
f0182173_11205934.jpg
このワイン「タラス」は、アメリカ、カリフォルニアのテーブルクラスの
ワインです。 カリフォルニアの州都「サクラメント」市の郊外ロダイの
ウッドブリッジ地区の畑で出来ます。かの有名なロバート・モンダヴィ
の別レーヴェルである「ウッドブリッジ」と同じ場所です。

造っているのは大手ワイン会社「コンステレーション・ブランズ」社で、
造り手は「トッド・ジーマン」さんです。彼は、低価格高品質ワインを
造るのに情熱をかけている人で、このクラスのワイン造りにもあらゆる
努力を惜しみません!! 完熟果実からのみで造られるこのワインは、
ともすれば3千円ぐらいするような造りですが、小売価格は千円しない
のです! これは安旨ワイン探索隊としては押さえておかなければ!
ということで即購入⇒即試飲となりました~~。

f0182173_1121945.jpg
千円しない、ピノ・ノワールのワインなんて「タラス」の他には見たこと
ありませんね!・・・。今回は不安の入り混じった期待を胸に、開けて
みました・・・・・。 が、しかし、、!!開けてスグに、グラスいっぱいに
果実香が広がります! 久しぶりにイチゴのニュアンスの良い香りで
満たされます。さすがに千円しないワインなので薄いといえば薄いの
ですが、味わいもしっかりしていて程よいタンニン感もあり、思ったより
はボディもあります!無名のドメーヌのブルゴーニュクラス3千円ワイン
よりは、よっぽど美味しいです! そう、本当に千円ということを抜きに
しても、普通に美味しいのです~!! 驚きのコストパフォーマンスの
ピノ・ノワールワインでした!(デイリーワインにぴったりです)


そして、このワインの幸せの香りに満たされながら、夢のような○×な
妄想に浸り・・・・知らない内にヨダレが流れて・・・・・、、。それからは・・・
(ご想像に任せます)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-06-23 11:40 | お店のご案内

久しぶりの、新商品

スプリングバンクの定番商品としては、久しぶりの新商品ですが、お酒じゃなく
「ノンアルコール・ビール」です・・・・。今話題の「キリン・フリー」です。
f0182173_1020729.jpg
今までのノンアルコール・ビールはお世辞にも美味しいとは言えない物ばかりでしたが、
今回のこの「キリン・フリー」は、まあまあビールの味がします。泡も細かいです。

僕もこのご時世なので、お店で売る美味しいノンアルコール・ビールを探していました。
そして今回やっと、僕が取り扱っているキリンさんから「フリー」が発売されました。
試してみると、アルコールがゼロで全く入ってないので全体的な薄さは感じますが、
しっかりとビールの味がしています。ビールを飲んでいる気がして、思わず酔ってくる
んじゃないか??・・・・。と、錯覚してしまいそうです・・・・・。(言いすぎ?)
発酵していないと書いてますが、どうやって造っているんでしょう?興味湧きます・・・・。

f0182173_10202254.jpg
やっとスプリングバンクに定番商品としておけるモノが見つかりました・・・・。
ビールじゃないのですがお店のビールたちと一緒に並んで、飲みたいドライバーの方に
飲んでいる気分と雰囲気を味わってもらおうと思います。
スプリングバンクで「キリン・フリー」、これからよろしくお願いします。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-06-22 10:36 | お店のご案内

10周年記念Tシャツ完成!

つ、つ、、ついに!「Cafe' & Bar Spring Bank」10周年記念Tシャツが、
完成してきました!。 注文戴いたお客様、どうもお待ちどうさまです・・・・。

f0182173_946537.jpg
まずは、スプリングバンクの重役である「お父さん」が仕上がり具合を検品してます・・・。
100%の出来上がりとはいきませんが、まあまあ納得できる具合の仕上がりでした。

デザインはシンプルにという重役からの要望でしたので、僕が2カ月ぐらいかけて考えて
幾つか上がったデザイン中から、最終的にこのデザインに決定されました・・・・。
左に乗鞍岳、右側に僕たちスプリングバンクとしての趣味であるスキーのシェプールと、
自転車の車輪をあしらって、10周年はエコを表現して「葉っぱ」の上に書きました。
(いかがでしょうか?)

f0182173_9471387.jpg
着てみると、こんな感じになります。プリントはバックで腰の部分に入れました。
バックの上側だと、あまりにもありきたりじゃないか?という意見がありましたので、
バックプリントで下側の腰の部分になりました。(いかがでしょうか??)
バックはネイヴィー1色ですが、フロント部はヘザーチャコール(薄グレイ)とのツートン
(2色)カラーになります。(4月11日のブログ参照)
女性用は違う色で、ガンメタル&サックス(ブルーグレイのような色)の色です。
Tシャツはモンベル独自のウィックロン生地で、吸湿速乾性がある高機能素材なので、
激しい運動の時や暑い夏を快適に過ごせるようになってます。(寒い時は保温も少し)
最後にお値段ですが、プリント代を少し戴いて、¥3200-になりました。


注文戴いたお客様で遠方の方は、これから発送していきますので、送って欲しい方は
ご連絡下さい。 (メールアドレスはホームページのポストをクリック!)
これからも「Cafe' & Bar Spring Bank」を、どうかよろしくお願いします!!。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-06-21 10:10 | 日常

クライミング 再び・・・・。

今週の定休日は、朝から雨がシトシトと降っていたので、
カムスオーナー K8と、またクライミングに行ってきました。
K8 の案内で松本市内のクライミング・ジムへ行くと・・・、
何と!午前中は時間外で閉まっていました・・・・。彼は何も
調べていなかったのです!仕方がないので、前回行ってきた
駒ヶ根のウォールまで足を伸ばして来ました・・・・。

f0182173_1018997.jpg
前回は初めてだったので、どうやって登るのか分からない場所
とかがあったりしたので今回はそんなラインとハングオーヴァーな
部分にリベンジ!とK8 は勇んで行きました。クライミングウォール
には、他にもう1組クライミングしている方たちがいました。結構上手
そうなので、「ちょっと教えてください!」と声をかけたら、ザイルワーク
など、いろいろな事を教えてくれました。(ありがとうございました!)

f0182173_10182276.jpg
今回は、トップロープじゃなく、クイックドロー・カラビナを使って自分で
ザイルを持ち上げる、リードスタイルでの登り方に挑戦してみました!
本当の山&岩場ではこのようにして、最初からロープが上からは無い
ので自分で持ち上げるのです。実際リードをやると本物のクライミング
に近付いているようで、とても面白かったです!!

そして、挑戦その②は「ホールドの色分け」です。ホールドの赤い色だけ
使って登るとか、色分けをすると格段に難易度が上がります!手や足を
架ける所がないような場所もあります!が、上手い人は登れるのでしょう。
僕たちはどうやって登るのか?を考えている時間で手が疲れてしまって、
ギブアップでした・・・・。

f0182173_1018337.jpg
K8 のクライミング。彼はこの画像では、青いホールドだけで登るラインに
挑戦中!ここ駒ヶ根のクライミングウォールでは右側の赤と緑のホールド
は、まだたくさんあり、僕たちでもなんとか登れましたが、一番右の青い
ホールドだけで登るラインは、かなり難易度が高く、何回か挑戦しましたが、
最後まで青いホールドだけでは登れなかった・・・。 これは次回にまた
持ち越しです・・・・。でも、他の場所は前回よりもスイスイ登れるように
なっていたので、ちょこっと上手くなったと思っています。

これから、たぶんこの夏は、さらにクライミングの技術習得&レヴェルアップ、
そして飽くなき挑戦は続きます!!  ご期待下さい。
(CCC のNj さん、教えて下さい。よろしくお願いします!)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-06-20 10:46 | 日常

本日のスプリングバンク

昨日の定休日は冴えないお天気でしたが、今日は一日いいお天気です。
f0182173_1451434.jpg
スプリングバンクの赤いゼラニウムも陽光を浴びて鮮やかに咲いています。
テラスでお客様にアピールするクマのアンソニー君の前で・・・

f0182173_14501469.jpg
駐車場では「バイカウツギ」が咲き始めました。
自生の株がたくさんあるようで、次々と純白の花を咲かせます。
f0182173_14503291.jpg
「ノイバラ」の一番乗りです。例年は6月下旬から7月初旬に咲き始めるのですが、
今年は全ての花の開花時期が早くて・・・
f0182173_14505258.jpg
蝶も気持ち良くお散歩です。「ベニシジミ」にそっくりですが、ハッキリ判りません。
f0182173_14511439.jpg
ついでにクワガタ君も今年初登場・・・!?
店の入口横にあるポストの下あたりにいらっしゃいました。
どこへ行きたいのでしょう?

ある日の、スプリングバンクの初夏を感じさせる一日でした・・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-06-19 14:58 | 日常

ワイン 28

今回のワインは、5月14日のブログに載せた、小布施ワイナリーの
ワインです~~。

「ドメーヌ・ソガ、メルロー」2006年です。
f0182173_11585195.jpg
このワインは、長野県・小布施町にある「小布施ワイナリー」で造られる
ワインです!・・。 このワイン「ドメーヌ・ソガ」に関しての明細&蘊蓄は、
このブログの5月14日の記事を読んで下さい。曽我彰彦さんが一切の
妥協なしに造る、素晴しいワインです。

日本では、契約農家からブドウを買ってワイナリーがワインを醸造する
のが一般的なのですが、この曽我彰彦さんは自社畑(エステイト)で造った
ブドウのみを使って最上級版「ドメーヌ・ソガ、プライヴェートリザーヴ」を
造っています。 契約農家からブドウを買うと、ブドウ農家はたくさん作って
売った方がお金になるので、ブドウの品質は関係なくブドウを栽培します。
しかしワインになるブドウは高品質でなければならず、あまり良いワイン
にはなりません・・・・。それを最高のワインを造るという信念のもと採算
度外視で自社畑で良いブドウを作ってワインにしているのです。これを
日本でやるのは、スゴい事なんです!・・・・。
(このボトルはプライヴェート・リザーヴではありませんので、あしからず。)

f0182173_11584133.jpg
待望のワインを開けました・・・・・。 (シュポッ・・・・・)
この「ドメーヌ・ソガ」も開けてスグから、スゴく良い香りが立ち上っています。
とても複雑な感じです。土の感じ、漬物?中華の香辛料?、とにかくいろんな
香りがあり、とてもエギゾチックです。味わいもボディがしっかりしていてとても
舌触りが滑らか!全くタンニンやアルコールの刺激がありません! 素晴しい、
美味しいです。こんな感じの香りのワインは、僕は他に飲んだことがありません
でした・・・。これは日本のテロワール(地域の特色、畑の個性)なんだろうか??
と、話しながら飲んで行きました。 幸せな時間でした。


(ブログの、5月14日の「小布施ワイナリー見学」の記事、読んで下さい。)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-06-17 12:29 | お店のご案内