<   2009年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

パキラの枝分け、その後

6月のブログ「パキラの枝分け」の、その後どうなっているかをお伝えしたいと思います。
見ていらっしゃらない方はこの上をクリック~!! してお読み下さい・・・・・。
f0182173_1091328.jpg
切り取られた後、水に浸かりながら、お店の窓際でゆっくりと過ごしていたパキラさんは、
2週間ぐらいでいろんなところからプツプツと何かが生えて来て、水に浸かっていない
上の方からは緑の新芽が出てきました!! 植物のスゴい生命力を感じてしまいます!。

そして一番最初に芽をだしていた、仮称「一番枝」さんを、そろそろ土の入った鉢に
植え替えしてやろうという事になりました。 
f0182173_10113010.jpg
植え替えしたところです・・・・・・。ちょうど良い大きさの鉢がなくて、少し小さいですが、
夏の間の8月中は「Cafe' & Bar SpringBank」はお休みがないので、このまま行きます。
植え替えたら気に入ってくれたのか、すぐに葉っぱを大きく上に広げて「うぅ~~ん・・・」
と、言う感じでのびのびとしてました。それを見て僕は「頑張れがんばれぇ~・・・」と、
お互いに声を掛け合いました・・・・・・。
これから他のみんなも、この「一番枝」さんに続いてくれるでしょう。



「エキストラ・ショット」
f0182173_1012228.jpg
今年はクワガタ虫のメスが、かなり多くお店にいらっしゃいます。夜、お店の窓に付いてます。
でも、オスさんはまだ2回ぐらいです。何かあるんでしょうかね・・・・・。
今度見つけたら、クワガタさんにもパキラさんを応援してもらいしょう。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-07-31 10:34 | 日常

地元ガイドのトレッキングツアー

毎日不安定な天気が続いています。雨が叩きつけるように激しく降ったかと思うと、
陽がさしてみたり、降ったり止んだりの繰り返しです。そんな中での昨日の晴れ間は
とても貴重なものでした。ちょうど、地元のガイドツアーが催行される日でしたので、
サポートとして出動してきました。

f0182173_1342579.jpg
まずは一の瀬園地を巡りました。まいめの池では、風が吹いておらず、
珍しく水面がピタッと止まって周囲の景色が鏡のように映っていました。

f0182173_13432657.jpg
この日のお客様はペンションにお泊まりの中高年7名のグループさんでした。
本当はシャトルバスに乗って畳平のお花畑や大雪渓に行く予定でしたが、朝の
シャトルバスが運行しなかった為に、急遽高原内のトレッキングへと変更されたのです。

f0182173_1344352.jpg
今は乗鞍中で「ノリウツギ」が次々と開花しています。アジサイと同じく「ユキノシタ科」の
植物ですが、平開して咲くアジサイにたいして、「ノリウツギ」は花序が枝の先に円錐状に
なっているのが特徴です。下から見るとよく分かりますよね。

f0182173_13443165.jpg
「ヨツバヒヨドリ」もそろそろ見頃です。「四葉鵯」と書きますが、輪生している葉の数は
必ずしも4枚ではありません。乗鞍では3枚の株も見かけます。花は真っ白の株もあれば、
ピンクがかった株もあって、その色の違いも楽しめます。この花には蝶がよく集まっていますよ。

f0182173_13454527.jpg
一の瀬園地からは口笛の小径を登って「牛留池」へ行きました。この頃になると小雨が
降ってきたので、池の畔にある東屋でランチタイムです。お客様はペンションのお母さん
手造りの美味しそうなお弁当を緑の中で楽しく食べていらっしゃいました。メンバーの中の
マメなお父さんがコーヒーも沸かして下さって、食後に山と池を眺めながら淹れ立てを
いただく贅沢を味わいました。

f0182173_13461075.jpg
途中で見かけた「コメツガ」の樹には、3cmぐらいの球果(きゅうか)が鈴なりに
ぶら下っていましたよ~。今は薄緑色をしていますが、秋には茶色の可愛い
ミニ松ボックリになるのでしょう。

f0182173_13463219.jpg
「オオシラビソ」の樹にもやはり球果が準備中でした。同じ「マツ科」の樹でも、
随分と印象が違うと思いませんか?こちらは枝の上にドッシリと乗っかっていて、
ツンと上を向いて並んでいます。色は藍から灰色の微妙な色合いで、大きいものは
長さ20cmぐらいになるようです。秋が楽しみです。

f0182173_13465123.jpg
最後に「善五郎の滝」の滝壺近くまで行って、ツアーは終了です。
水しぶきを浴びながら、豪快に流れ落ちる滝をバックに記念撮影です。

今回のように、山では条件によって、思うような行程がとれない時もありますが、
それでも可能な限りお客様の要望に応えていこうとする、ガイドさんのの姿勢が
とても大切なことだと改めて感じました。7名の元気なおじちゃんとおばちゃん達は、
きっとまた乗鞍に来てくれることでしょう。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-07-29 13:48 | 山の風景

モルトウイスキーご紹介

今年の梅雨は非常に長くて、毎日雨が降ってばっかりなので、
外に遊びに行けず、アウトドアなレポートがぜんぜん書けません・・・。
外に遊びに行けないストレスが、だんだん溜まってきてます。

こんな雨の日は、お店のモルトウイスキーの紹介でも書きたいと
思います・・・。「ブラックアダー」シリーズのモルトウイスキーから、
「ブレアフェンディ」と「グレンカダム」です。
f0182173_12164645.jpg
モルトウイスキー界の有名なネゴシアン(ブローカーのこと)である
「ブラックアダー」社が、蒸留所から直接樽で買ってきて熟成させて、
自社で独自にボトリングしたモルトウイスキーです。

左側の「ブレアフェンディ」は、「グレンファークラス」という蒸留所の
ウイスキーで、31年物です!! バランス良くフルボディ!、カラメルの
ような甘い香りが素晴しいです。

右側の「グレンカダム28年」は、そのまま「グレンカダム」という蒸留所の
ウイスキー。有名なバランタインというスコッチウイスキーの核となる原酒
なのです。このウイスキーも、カスタードクリームのように甘く華やか!!
スイートなウイスキーです。

f0182173_12205145.jpg
「ブラックアダー」というブランドは、「ロビン・トゥチェク」さん
という方が自分自身で立ちあげたネゴシアンのウイスキーブランドです。
昔は「マスター・オブ・モルト」というウイスキー専門店を経営されて
いたのですが、ある時、蒸留所に行く機会があり、熟成庫の樽から直接
飲んだモルトウイスキーのあまりの美味しさに魅せられて、彼は樽から
直接ボトルに入れて、ウイスキーを自社ブランドで売るという事を始め
ました!! これが「ブラックアダー」というボトラーズウイスキーの出発
であり、特徴です!! そして「ブラックアダー、RAW CASK」シリーズ
のウイスキーは、何とフィルターを全く通さず、樽に入っているそのままの
状態のウイスキーがボトルに入っているものです。なので、樽に入っていた
「ゴミ」も少しですが、そのままボトルに入っているのです・・・。ですが、
ウイスキーの味と品質は大丈夫です。 少々高いのですが、かなり美味しい
ウイスキーとなっています。


夏と言えば、主役は冷えたビールなんですが、
雨ではしょうがないので、「スプリングバンク」で、梅雨空の淡い空気の
漂う夏の夜に、ゆっくりと美味しいウイスキーのグラスでも傾けてみませんか?!  
「乗鞍高原、カフェ・スプリングバンク」にて、ご来店お待ちしています~!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-07-28 12:48 | お店のご案内

夏は「マウンテンサイクリング in 乗鞍」!

乗鞍の夏といえば、ロードレーサー(自転車)の夏!でしょう・・・!!

毎年8月の最後の週末に、「マウンテンサイクリング・イン・乗鞍」という、
日本最大のヒルクライム自転車レースが、ここ乗鞍高原で行われます!
スタートからゴールまで全て登りだけ!の過酷なレースです。 なので
自転車ライダーの人の世界では乗鞍高原は特別な場所となっていて、
有名なのです!! 
f0182173_10285872.jpg
「マウンテンサイクリング・イン・乗鞍」とは、僕たちが住んでいる乗鞍高原
標高1500mからスタートし、標高2720mの県境(畳平)までの21km、
標高差で1200m以上の登りだけのレースなのです!! 坂の勾配は
平均6.2%、最大では15%以上もの激坂を登って行くのです!!・・・。 
登りだけなんて、本当にMな人たちの鉄人レースですが、毎年4500人
もの自転車人が集まります! 日本一の大会と言っても過言ではなく、
非常に人気が高いので、申し込みも受け付けスタートの瞬間からスグに
(2日ぐらい??)定員オーバーとなってしまうほどなのです!!・・・・。
なのでローディー(自転車乗り)にとって「乗鞍」は、正に「聖地」みたいな
地になっているのです・・・・・・。(この画像はスタートのようすです。)

f0182173_10293041.jpg
そして、ここからは営業ブログになりますが、「スプリングバンク」の
アウトドアスポーツ」サイドでは、モンベルの製品の取り扱いと共に、
自転車用製品やウェアの販売、修理もできるお店になっております! 
ウェアはパールイズミ、モンベルです。 パーツは主に、シマノ製品が
中心となっています。 ローディー&ダートライドのお客様はもちろん
ですが、高原の自転車チョイ乗りのお客様も、一度お店に寄ってみて
下さい~! ご来店お待ちしています!

「マウンテンサイクリング・イン・乗鞍」のレースで有名な乗鞍高原ですが、
そんなガチンコレースとは別に、夏の晴れた日に、高原内をゆったりと
爽やかな風を感じながら自転車でゆっくりクルージングというのも、また
最高に気持ち良いので、絶対におススメです!!。スポーツ自転車の
レンタルもありますので、乗鞍を走ったことない人でもご相談下さい。

f0182173_10293976.jpg
お店の修理場所はこんな感じになっています。
(趣味のガレージという噂もチラホラ・・・。その奥には冬のアイテムである
スキー板とスノーシューが映っていますが、気にしないで下さい・・・。そして
どこかで見たことのあるような、オレンジ色の古いツールボックスが・・・・)

今年は「梅雨明け」宣言されたのに、週末は雨ばかりで変な天気です。
自転車のお客さんも走っている人が少なくて、まだちょっと寂しい夏の
初めです・・・・・・。 しかし、カラっと晴れて夏らしい青空が広がったら、
自転車の夏も真っ盛りになると思います。早く梅雨が明けないかな~・・・
と、思いながらくもり空を見上げる、今日この頃です・・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-07-26 10:40 | お店のご案内

ミーティング in Summer !

海の日の3連休が過ぎて、これから山岳観光地の暑い夏が始まろうかと思っていたら、
宣言された「梅雨明け」はまだ?? 各地で大雨の災害が聞こえてきてます・・・・。
海でも山でも、アウトドアな地域では雨だとお客さんがいらっしゃいません!・・・・・・。

ヤバイです!!・・・・・。 お客さんが来ない、異常気象と災害と雨ばかりの夏!!
さすがに、いつもダラダラばかりのスプリングバンクの重役たちもヤバいと思ったらしく、
この人間の知識と手に余る、山積みの地球規模の諸問題をどうするか考えるために、
この夏前に「Cafe' & Bar Spring Bank」にて、緊急重役会議が開かれました・・・・?。
f0182173_10501547.jpg
議題はいろいろ~・・・・・。
「この夏の乗鞍高原の入込客数減少について」 (当然「Spring Bank」の売上も減少?。)
「自然保護、環境問題について・・・」 (雪が無くなるとスキーが出来ない→それは困る!)
「次回のスキーエクスペディション(遠征)に向けて・・・・」 (どこかへ滑りに行きたい!)
「この夏はまだ1回も登山へ行けてない!・・・・」  (遊び虫の切実なるワガママ・・・?)
などなど・・・・。

どれもこれも目が回るぐらい大変な問題?・・・・ です・・・・。(えっ?違う??・・・)


とりあえずは、お店の方では地道な営業活動をしていくしかないので、頑張ります!。
みなさん、ご来店お待ちしております!!。

そして議題はこのブログを書いている部署の、深刻なる問題に移っていきます・・・・・。
問題は、デジタルカメラが調子悪いという事なので、解決のために新しいデジカメを
購入してしまいました!!  (お父さん、太っ腹~!!)
f0182173_10504372.jpg
パナソニックの「LUMIX、DMC-LX3」です!!
このカメラの特徴は、何といっても一眼レフカメラと同じぐらい、カメラとして高性能な機能!
そしてパナソニックと共同開発の「ライカ」のレンズが標準装備なところです!!
ムービーや他のいらない機能は付けなくて、カメラ機能を追求したコンパクトデジカメです。
そのライカレンズの威力は!? それは、これからこのブログの画像にてお伝えして行きます。


そして、いつものダラダラ重役会議は最終議題へ・・・・・
最後に、「Spring Bank」では、やはり「NO SKI, NO LIFE !」 のライフワークを掲げ、
なるべく自然環境保護に努めたいと思っています。小さな事から少しずつと思ってます。
山や空、花や樹や植物、森や川、これらの美しい大自然を、新しいデジカメの画像を通して
自然環境の大切さを、この乗鞍高原からお伝えして行きたいと思っています。

これからも宜しくお願いします・・・・・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-07-24 12:00 | イベント

燃える乗鞍岳!

昨日の夕方7:00頃、久しぶりに乗鞍岳が夕焼けで赤く燃えあがりました!。
夏の雲が、心が揺さぶられるような力強い赤色~オレンジ色に染まって行きました。
本当に炎に燃えているように赤い色が上がっていきます!・・・・。
f0182173_10553863.jpg
左下の三角形の山が乗鞍岳です。右側(北側)に真っ赤な雲が広がって行きました。
f0182173_10554641.jpg
f0182173_10555380.jpg
f0182173_1056196.jpg
たった10分ぐらいの天空ショウですが、いつも山の夕焼けには深く感動してしまいます。
前回の「乗鞍炎上」は去年の11月でした・・・・・。 (←去年の様子はそこをクリック~!)
年に3回ぐらいしかないぐらいの、空一面が燃える夕焼けなのです!・・・・・・・。

こんな素敵な一瞬の煌めきを見せる「乗鞍岳」を、見にいらっしゃいませんか? 
その後は「Cafe' & Bar SpringBank」で、コーヒーでもいかがでしょうか??
ご来店お待ちしていま~~す。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-07-23 11:02 | 山の風景

Eclipse !

今日、2009年 7月 22日(水)の 10:57分、世紀の天体ショウ「皆既日食」!!
しかし日本全国は曇りがち・・・・・・・。 みなさん、見れました??
f0182173_11184180.jpg
乗鞍高原では「曇り」で風が強く、スゴい勢いで雲が東へ流れていましたが、
その雲と雲のの間から、「部分日食」で三日月のように欠けた太陽が見れました!
けっこうしっかりと欠けているのが分かったので、数分間ぐらい見とれていました・・・・。
でも、残念ながら、コンパクトデジカメの画像ではちょっと分からないですね・・・・。

f0182173_11185693.jpg
もちろん、クマのアンソニーも外でサングラスをして観測中・・・・・・。  しかし、
サングラスが合わないようで、目が痛いそうです・・・・・・。

それでも、100年に1度と言われる世紀の天体ショウ「皆既日食」が、
「曇り空の中でも少しでも見ることができてよかった~・・・・・」と、言っています。
ちょこっとでしたが、貴重で満足な体験でした。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-07-22 11:24 | 日常

ワイン 34

「夏」開幕の3連休中は、梅雨が明けたのに大雨で各地大変だったみたいです・・・・。
これから夏が始まり、忙しくなるのでなかなかブログがアップできないかも知れませんが
お店は8月は休み無しでず~~っと営業していますので、ご来店お待ちしています。

ちょっと前書きが長くなりましたが、連休明けにK8 が夜に来てワイン飲みました。
今回のワイン「カサーレ・ヴェッキオ、モンテプルチアーノダブルツォ」2007年です。
f0182173_11361334.jpg
ちょっと舌を噛みそうな長い名前のはイタリア、トスカーナ、アブルツォ地方の赤ワインです。
このワイン、最近流行っているワイン漫画「神の雫」で取り上げられ、ネットで大流行!
しています。理由は千円台でかなり美味のお値打ち品という事・・・・・。 そして、
さらにこの「カサーレ・ヴェッキオ」は、イタリアワイン品評本で90点以上を獲得して、
堂々の最高点らしいです!  ダメだ・・・・と思いながらも誘惑に負けて、ミーハーにも
僕も買ってしまいました・・・・。

このワインの特徴は、何といってもモンテプルチアーノというイタリア固有のブドウ品種で、
通常1本のブドウ樹に6~8房の実をつけるところを剪定して、なんと2房にまで切りつめて
ブドウを造っている所です!! その分、とても凝縮されたワインとなるのです。 
そしてステンレスタンクでの発酵、アリエ産の樽で4カ月の熟成とこだわりの造りです!


f0182173_1136238.jpg
連休の仕事が終了した静かな夜に、ゆっくり飲もうと開けました。
フランスワインが多い僕たちにとっては、かなり久しぶりのイタリアワインです・・・・・。
「カサーレ・ヴェッキオ」は、僕たちの期待通りの、濃いワインです。グラスに注ぐと
かなり濃い紫系の色で、向こうが見えないぐらいです。そして味わいも濃いの一言です・・・。
濃縮されたワインの味わいがあります。フルボディの後味に甘さを感じるぐらいです!
香りはスパイシーな感じあり、プラムのような果実感ありで、けっこう複雑で美味しいです。
最近のイタリアワインらしい味わいで、味も香りも美味しかったです。

(ただ、僕達は一番最後はちょっと濃いワインに、どうしても飲み疲れました・・・・・。)




「エキストラ・ショット」
f0182173_11363636.jpg
連休の最終日はやっと「晴れ」で、朝4時の「朝焼けの乗鞍岳」を店の前から。
この画像からピンク色になっているのがわかるでしょうか?・・・・・・・。
とても美しい一瞬でした。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-07-21 12:06 | お店のご案内

まだ梅雨なの?

梅雨明けしたのか、していないのか?
何だかスッキリしないお天気です・・・
f0182173_1637536.jpg
これは、16日木曜日の画像です。この時期に晴れると、乗鞍岳はまさに夏山!!
という濃い緑色をしていて、自然豊かな景観で観る人の心を癒してくれます。

f0182173_1638986.jpg
でも、雨が降るとさすがに乾燥気味の乗鞍もジットリした感じになり、湿気を
感じます・・・。でもそんな日は、多少の小振りなら、家に籠らずに敢えて外を
歩きましょう。17日金曜日は、乗鞍ローカルの皆で一の瀬園地を歩きました。
ガイドの依頼がある時には、直前に下見をしておくのです!・・・。

f0182173_16382392.jpg
一の瀬園地には夏のお花が色々咲いていましたよ~。
これは「タマガワホトトギス」といい、ちょっと湿気のある場所が好きなお花です。
花に紫~茶色の斑点があり、これが鳥の「ホトトギス」の胸の紋様と似ているので、
この名がついたそうですね~。 ちょっと印象が異なりますが、昨日ご紹介した
「オオバギボウシ」と同じユリ科の植物です。

f0182173_16383852.jpg
途中で、気付いたものがある時には、皆で目視して確認します。

f0182173_16384910.jpg
花を見てるのかなと思ったら、可愛いテントウ虫でした・・・
高原トレッキングは、想定外の発見や楽しい出会いがあります。

乗鞍高原には、歩いたり、自転車に乗ったりするコースがたくさんあります。
ほんの少しの時間で回れるコースから、丸一日かけてじっくり歩くコースまで、
お好みでアレンジして楽しむことができますよ。
時間をつくって、どんどん歩きましょう。コースが分からない方は、
スプリングバンクでも御説明しますので、是非お立ち寄り下さい。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-07-18 17:01 | 山の風景

オオバギボウシの咲き方

乗鞍高原で夏に咲く「オオバギボウシ」を御存じでしょうか?
ユリ科の植物で山地帯でよく見かけます。
幅広い大きな葉っぱと淡い紫色の花が印象的な花です。
その成長ぶりを見てみましょう。

f0182173_12302684.jpg
5月に葉が出てきたばかりの頃の様子です。厚みと艶があるしっかりとした葉で、ほぼ平行に走る葉脈がくっきりと目立ちます。
f0182173_12265627.jpg
6月になると茎がニョキニョキと伸びてきて、その先端に花芽が膨らんできます。

f0182173_12271265.jpg
6月下旬から7月にはこんな感じになります。これでも充分花らしくて可愛いのですが、色はまだ白っぽいですね。

f0182173_12272435.jpg
これは昨日撮影したものです。
寄せ集まっていた花芽は、茎が伸びていくと徐々に間隔を空けて1輪ずつ置いていかれます。
花色が綺麗な薄紫色になってきました。

f0182173_12273498.jpg
アップにしみると・・・
茎からほぼ垂直に花冠が元気よく飛び出していて、その下には蕾の時に包んでいた苞が添えられています。

f0182173_12274484.jpg
もう少し経つと、花が細長く伸びてきました。
f0182173_12275546.jpg
そして、いよいよ開花で~す。
花びらは単調な一色でなく、線状に薄紫色の濃淡がついていることがあり、それが何とも可憐な感じがします。
f0182173_1228868.jpg
いかにもユリらしい美しい漏斗状の花弁ですね。
1株にたくさんの花を咲かせますし、蕾ばかりの株が乗鞍中にありますから、これからもたっぷり楽しめそうです。

涼しい高原で夏の花々を見ながら、季節を感じて下さい。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-07-17 13:01 | お花