<   2009年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

ハロウィーンパーティー

今年もやりました! スプリングバンクで「ハロウィーンパーティー」です。
本当は10月31日なのですが、今年は31日が土曜日でみんな忙しいという事で、
10月30日の前日にパーティーしてしまいました・・・・・。

(去年はパンプキンパイのお守り役だったスプリングバンクのジャック・オ・ランタンは、
 今年はキャンドルを中に入れて盛り上げ役に徹していました・・・・・・。)
f0182173_19193580.jpg
去年も書きましたが・・・・・・・・・
「ハロウィーン」とは、古代ケルトのドルイド教の、「新年の始まりは冬の始まりである
11月1日の「サウィン祭である」という事からきているのです。 この収穫祭の前夜
(イヴの10月31日)に、精霊界とこの世との間の、見えない門が開いて両方の世界の
行き来が出来るようになると信じられている事から、お化けの仮装が始まったらしいです。 
この日、各家庭でかがり火を焚いて悪霊が家の中に入らないようにするのを蝋燭(松明)
をカボチャの灯篭で示したのが、カボチャのお化けの「ジャック・オ・ランタン」です。

f0182173_19195156.jpg
どうなるかな!?・・・・・・と、不安に思っていましたが、乗鞍高原の地元のみんなが
集まってくれて、パーティー(?)は大盛況でした!! 予め仮装をお願いしていたら、
結構みんないろんな格好をしたり、ハロウィーンのお化けやジャック・オ・ランタンの飾り
などを付けて来てくれて、ハロウィーンらしくなっていました。たまにはみんなでお酒を
飲んで盛り上がると楽しいですね~!。 

そんなスプリングバンクでのハロウィーン・ナイトでした。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-10-31 19:30 | イベント

再び、乗鞍山頂の雪情報

昨日は「真っ白な乗鞍岳」をお伝えしましたが、今日スプリングバンクの定休日が
快晴だったので、山頂方面へ自転車で行けるのも最後ぐらいになるだろうと言う事で
「雪の状況の視察」も兼ねて、自転車視察に行ってきました!
f0182173_22164040.jpg
久しぶりに漕ぐ自転車は息が続かずでシンドかったですが、気持ちの良いものでした。
天気も良かったので景色も最高だったのが大きかったと思いますが・・・・。

乗鞍高原を出発した時には暖かかったのですが、位ヶ原山荘を越えて行くと・・・・・

f0182173_22165747.jpg
乗鞍岳がきれいにみえてきましたが、風が冷たくて、かなり寒かったです!・・・・。
それもそのはず、僕の時計に付いている温度計では3℃をさしていました。
道に積もった雪も、日陰の凍った氷も、そのままで全く融けていませんでした・・・・・。

f0182173_22171145.jpg
なんとか頑張って大雪渓下に到着です。僕が思ったよりも雪はありました!
先週のレポートの時よりも、雪はかなり増えていました!・・・・・、
が、しかし、まだまだ滑れるほどではありません・・・・・・。もう少し待つしかないです。
(去年から残った大雪渓だけなら滑れますが、3~4ターンがいっぱいでしょう・・・。)

f0182173_22172120.jpg
北の方を望むと、真っ白に雪化粧した「槍・穂高岳」が今日も綺麗に見えました!
いつもの眺めですが、素晴しい景色です。

f0182173_22174663.jpg
思わず「雪だるま」を作って自転車のシートに乗せてみました・・・・・。
連れて帰ろうかと思いましたが、ヤメました・・・・。


任務完了の後は・・・・・、位ヶ原山荘にて休憩です。
f0182173_22175641.jpg
「位ヶ原山荘」は、僕たちが乗鞍岳バックカントリースキーにツアーで行くときに、
いつも休憩時に利用する山荘です。冬でも営業されている貴重な山荘なのです。
f0182173_2218681.jpg
こんな感じで、いつも美味しいコーヒーを淹れてもらいます。激しい運動後の至福の時です。

乗鞍山頂へのシャトルバスも10月で終了になります。これからはまた雪で埋もれて
厳しい冬の季節になってしまいますが、僕たちスキーヤーが待ちわびた季節でもあります!
今日の快晴の日は、一瞬の秋と冬の季節の分かれ目のように感じました。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-10-29 22:18 | 山の風景

再び、白い乗鞍岳

昨日は「上高地からの白い穂高」をお伝えしましたが、今日朝からよく晴れていて
真っ白になった乗鞍岳が見えました! ん~~、素晴しい景色です!
f0182173_11364385.jpg
2日前の雨が山頂方面では雪だったらしく、剣ヶ峰方面は一段と真っ白白!です。
f0182173_11365450.jpg
今回は結構積もったらしく、前回よりもかなり白くなったと思います。
こうなると、もう少し積もれば滑れるかな~~!??と思ってしまします。(勘違い?)
乗鞍高原内は紅葉の最後の時期ですが、乗鞍山頂はもうすでに冬山の装いです!・・・・・。
(ワクワクしているのは僕だけ??・・・・)










そして、いつもと同じように乗鞍の紅葉もセットで送ります。
f0182173_11372490.jpg
とても残念なのですが、その2日前の雨でかなりの紅葉が落ちてしまいました・・・。
でも、その落ちてしまった「モミジの紅葉畑」も綺麗です・・・・・。
乗鞍高原の紅葉も最後ぐらいの時期になってきましたが、まだまだ楽しめます。
こういう感じの高原も綺麗なので、ぜひ見に来て下さい。ご来店お待ちしています。





「ラスト・ショット」
f0182173_1137449.jpg
紅葉の落ち葉拾いをして遊ぶ「お父さん」・・・・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-10-28 11:54 | 山の風景

晩秋の上高地

今日は、友人の仕事の手伝いで上高地で行ってきました。昨日の雨が午前中残っていて
屋外の作業に雨は困るので、夕方に上高地入りしたのですがちょっと曇り空・・・・。
f0182173_16383441.jpg
釜トンネルを抜けると暗く曇っていて、山の稜線も隠れて見えませんでした・・・・。

上高地も紅葉は終わりに近づいているようで、大正池ではカラマツの黄色い紅葉が一面に
広がっていてとても綺麗なのですが、やはりちょっと哀愁を感じる山の風景でした・・・・・。

f0182173_16384459.jpg
上高地バスターミナルにて、本日の仕事を済ませます・・・・・。少し雨がパラつきましたが
スグに止んで、なんとか予定の仕事も完了! 仕事の合間を見て、山の方を見ながら
ターミナルで待っていると・・・・・、少しではありますが穂高の稜線が見えました~~!
奥穂高の稜線は真っ白白ですぅ!!



その後、上高地ターミナルの食堂勤務の友人の女の子に会って久しぶりに話をしました!
その彼女からいきなり「山が白いからマスターはもうスキー滑ったの??」と、言われました。
さすがの僕でも、まだ初滑りはしてませんです・・・・・。 彼女は、冬は乗鞍高原で働いている
仲間です。また冬のスキーシーズンの再会を楽しみにと、お互いに言いました。

こんな感じで、少しずつシーズンが近づいているんだな~・・・・・と感じています。
晩秋の上高地での一日でした。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-10-27 16:45 | 山の風景

スキー場の草刈り・・・・

本日の午前中、この時期恒例の「スキー場の草刈り」作業に行ってきました・・・・・。
ここまで一週間ぐらい晴れが続いていたのですが、よりによって今日は雨!!
ズブ濡れになりながら、草刈り機を振り回して来ました・・・・・・・。
f0182173_143050100.jpg
あいにくの雨なんですが、カラマツの黄色と雲海が見えてなんとも言えない色合いで、
黄色い紅葉の幻想的な素晴しい景色となっています!・・・・・。
しかし、そんな美しい景色に見とれてばかりはいられません。 今日は作業の日!
雨の中のゲレンデの草刈り作業は、黙々と・・・・・着々と・・・・・進んで行きます・・・・・・。

f0182173_1431948.jpg
僕たちの班が今年担当したのは、スキー場上部のカモシカゲレンデです。
ここは斜度がキツく、しかも硬くて刈りにくいクマザサが多くて、作業は大変です・・・・。
しかし!、
カモシカゲレンデは斜度が30°ほどあり、乗鞍高原スキー場の名物急斜面コースなので、
雪が降ったら、最高のパウダーゾーンとなるのです!! だから雨の中の草刈り作業でも、
「雪よ降れ~~ユキよふれ降れ~~!!」と、半ば呪文のように繰り返し祈りながら、この
作業を頑張って来ました!! はしっこの方もしっかりと刈りました。

f0182173_14311719.jpg
10月も最終週となり、乗鞍高原内の紅葉はもう終わりに近くなって来ました・・・・。
紅葉の最後は、やはり「カラマツの黄色」です。辺り一面が優しい黄色に包まれます。
静寂のカラマツ林に両側を彩られた道を進んで行くと、秋の切なさに心が融けていきます・・・。


f0182173_1431287.jpg
「カラマツ」は針葉樹林の松科の中で、唯一黄色く紅葉して落葉する樹です。
他の松科の木々、五葉、シラビソ、トドマツ、赤松などは常緑樹で、どんなに寒い冬でも、
夏と同じ装いでミドリの針葉をそのまま付けていますが、このカラマツは黄色くなって
ぜ~んぶ落葉していくのです・・・・・・。なんとも言えない柔らかい黄色で、紅葉の時期の
最後を飾ります! これから乗鞍高原はこのカラマツの黄色に染まって行きます!・・・・。
ぜひ見に来て下さい。


そして雪が積もってオープンしたら、僕たちが整備&作業をした「乗鞍高原スキー場」に、
これもぜひ滑りに来て下さい。 お待ちしていま~~す。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-10-26 14:48 | 山の風景

新入荷のミーティング・・・・

色鮮やかだった紅葉も山頂から始まり、気がつけばもう乗鞍高原内も色褪せてきていて、
今年の紅葉シーズンも終わろうとしています・・・・・。この季節はなんとなく寂しくて、
ちょっとセンチメンタルになります。そんな気分なのか?スプリングバンクの重役たちも
全く集まろうと言う気が無くいつまでも紅葉散策しているので、ここで一回「喝」を入れて
会議を開こうと言う事になりました!。

f0182173_9442175.jpg
議題はいろいろ~・・・・・。
「この秋の、乗鞍高原の紅葉について・・・・」 (今年の乗鞍高原の紅葉は良い色だったが、
                         「SpringBank」の紅葉の宣伝は良かったか?)
「自然保護、環境問題について・・・」 (雪が無くなるとスキーが出来ない→それは困る!!)
「シルバーウィークってお年寄りの週って感じ?」 (ゴールデンウィークに対抗しなくても・・・)
「ハロウィーンが楽しみ~!!」 (秋のパーティーでは焼き芋、クリ、マツタケ、etc・・・・・
                     食べ物ばっかりが頭の中に浮かんでくる・・・・・・。)
などなど・・・・。

どれもこれも目が回るぐらい大変な問題?・・・・ です・・・・。(えっ?違う??・・・)



お店の裏では30cmぐらい積もっている落ち葉を掃除しながら、カサカサですがフワフワ
なので、これを全部斜面に敷き詰めたらパウダースキーのように滑れないかな~~?・・・・と
思わず考えてしまいます・・・・・。 毎年そんな感じで、この時期は雪待ちで頭がイカれている
スプリングバンクの重役たちです!。(自分も含めてですが!・・・・。)


会議の議題の中で「秋の食べ物」の話がありましたが、秋の夜長にピッタリのビールを
新入荷です! この事を伝えるために今回の会議は開かれたのです!!
「ハーヴィストゥン・オールドエンジンオイル」です。
f0182173_9445464.jpg
古いエンジンオイルという名の如く、真っ黒な「スタウト・ビール」です!。
何を隠そう!この「ハーヴィストゥン」というスコットランドのビールメーカーは、
WBA(ワールド ビア アワード)というコンテストのワールド ベスト エールをはじめ
多くの賞を受賞しているのです。この「オールドエンジンオイル・スタウト」の味わいも
麦の甘さ、心地良い苦味、爽やかな香り、キレと濃厚なコク、どこをとっても旨いです!。
昔あった「ギネス・エクストラスタウト」に良く似ていると役員たちは言っています。

今回、スプリングバンクでは1ケースだけ取り寄せしました!みなさんご賞味下さい!

いやぁ~~、世界にはいろんなお酒がありますね~。これからもスプリングバンクでは
世界中のいろんなお酒を、ご紹介&提供していきたいと思っております・・・・・!
重役一同、ご来店お待ちしています!! よろしくお願いしま~す!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-10-25 10:10 | イベント

ワイン 44

今回のワインはかなりの入手困難なワインで「幻のワイン」?
って言ってもよいのではないでしょうか?? 最近何でも
見つかるインターネットでもほとんど見つかりません!・・・。

そんな今回のワイン!「ジロラッド・5」2005年です。
f0182173_1085369.jpg
この「ジロラッド」は、あの一躍有名になったシンデレラワイン、
「シャトー・モンペラ」を造っているデスパーニュ家のボルドー
右岸のサンテミリオンの少し南の畑産のワインです。

ワイン品評会などで、ボルドーのトップシャトーワインなどより
高い評価を受けて一躍超有名になった「シャトーモンペラ」は、
第一級ボルドーワインよりも美味しい(?)3千円代ワインとして
日本でもブームになった程で、その後も世界中のワイン評論家達
からも大絶賛の嵐となりました!・・・。その「デスパーニュ家」の
「シャトー・モンペラ」をコンサルティングしたのは、これまた
世界一有名な?醸造コンサルタントの「ミッシェルロラン」さん!
なのです! 彼が関わればそれだけでワインの値段が跳ね上がると
まで言われるほど高い評価を得ているコンサルタントなのです!!
その2人が今回の「ジロラッド」を造っているのです・・・・。

「ジロラッド」はサンテミリオン地区の少し南側の10ヘクタールの
ブドウ畑で、そこではメルローが素晴らしい状態で植えられており、
サンテミリオンに酷似した粘土石灰質の最高の台地で、栽培されて
いるのです。ワイン造りの醸造も細心の注意を払って行われていて、
ブドウから最大限のものを引き出す為に、最もブドウに優しい方法
で醸造されています!。ブドウの破砕を防ぐ為にタンクもポンプも
使わず、樽のみが使われています。 その結果はとにかく驚くべき
もので、ボルドーでは個性的で全く新しいジャンルでありながら、
見事なグランクリュクラスの香りと味わいを生みだしています。

ボトルのナンバー5とは、ジロラッドは2000年から始まったので、
今回の2005年は、5回目のリリースという事です。 この100%
メルローの希少なワイン「ジロラッド・5」を、今回K8の持ち込み
で飲む事となりました~!!  どんなに魅惑的な味わいなのか?!
いざオ~プンですぅ!

f0182173_109874.jpg
このワイン、は最近の新しいワイン特有の感じで、開けてスグから
素晴しい香りが広がります!すごく滑らかで柔らかくて、ウットリ
としてしまう程です!。特に香りが魅惑的に素晴しくて、オークの
ニュアンスや、コーヒーのようなロースト香、ジャムのように熟れ
きった果実の甘さなどなど、そんなバランスの良い香りと、非常に
柔らかい味わいで、官能的であります!!

いつまでも飲んでいられるような、これまたとんでもなく素晴しい
ワインでしたーー!!
安旨ワイン探検隊としては、最近ちょっと贅沢ですかねぇ・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-10-24 10:20 | お店のご案内

初のリードスタイル

今週の休日は、新しいギアを買ってからどうしても試してみたい事が
ありましたので、カムスのK8 と一緒に、この夏何回か通っている
駒ヶ根のウォールへクライミングに行ってきました~。

その新しいクライミングギアとは・・・・・、これ!!
f0182173_10294529.jpg
「ヌンチャク・カラビナ」です!!
このカラビナがあれば、少しづつ自分でザイルを持ち上げて登る
「リードスタイル」でのクライミングができるのです!!ヌンチャク
カラビナはこんなにたくさん必要なのです!・・・。リードスタイルとは、
少しずつこのカラビナを掛けて行き、そのカラビナに自分のザイルを
フィックスして支点を確保しながら上まで登って行くスタイルの登り方
なのです。今まで僕たちは初心者なので、最初から上からザイルを
吊るして確保する、トップロープ・スタイルでクライミングしていたの
ですが、本当の山でのクライミングはそうは行きません!・・・。山の
岩壁では、このリードスタイルでこうやって自分でザイルを持ち上げ
登って行くのです。

少しずつですが、本物のクライミングに近付いている気がします!

f0182173_10295855.jpg
K8 のクライミング。相変わらずパワープレイ的な所もありますが、
よく登って行きます!K8 の右横に、新しいヌンチャクカラビナが
掛っているのが分かります。こんな感じで少しずつ確保しながら
登るのです。実際にやってみると結構難しいもんです・・・。
カラビナの操作もしないといけないので、たいへんです・・・・。

f0182173_1030766.jpg
僕のお粗末な・・・クライミングです。この練習を、残り少ない今年中に
もう少しやっておいて来春からは、本番の山でクライミングをやって
みたいと思っています!!・・・・。

f0182173_1030183.jpg
この日は、久しぶりに時間に余裕がありましたのでゆっくりとクライミング
してましたが・・・、しかし、何回も登って行くにつれて、やっぱり腕が疲れて
パンプアップしてきて、ダレダレになってました。

他にも数名クライミング&ボルダーリングされている、やたら上手い人が
いました!! ちょっと話をしてみると、すごく上手い2人組はやはり本物の
レスキュー隊員の仕事をされている人たちでした!!彼らは、クライミング
ウォールのホールドがない所のルートでも登って行きます。見ているだけで、
勉強になりました・・・・・。また練習してきます・・・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-10-23 10:36 | 趣味の部屋

モルトウイスキーご紹介

今日は久しぶりに、お店のモルトウイスキーをご紹介したいと思います!

「グレンモーレンジー18年」のオールドボトルです。(右側)
f0182173_1038133.jpg
「グレンモーレンジー」はスコットランド・ハイランド地方のこだわりづくしの
スコッチモルトウイスキーです!! このグレンモーレンジーのこだわりは、

①ここで造られたウイスキーをブレンドには回さず、全てをシングルモルト
 としてボトリングしています!。これはかなりの自信がないと出来ません!
その②、スコットランドの全蒸留所の中で一番の高さのポットスチル(蒸留機)
 を使っている点です。これによりクリーンな風味が生みだされるらしい・・・・。
③仕込み水が「ターロギーの泉」の水で、これは結構な硬水なのです。普通は
 ウイスキーを造るのは軟水が良いとされていますが、グレンモーレンジーは
 この常識をもくつがえしてきています。 
そして④、全てのウイスキーを、アメリカ・ミズーリ州のホワイトオークを原木
 で買い付けして製樽した樽にて熟成させています!! スゴいこだわりの
 ウイスキーなのです!

この夏に、あるお客さんの要望で開けてしまいましたので、今回飲むことが
出来ます!この機会に、この珍しいウイスキーはいかがでしょうか??

f0182173_10382351.jpg
そして、この「グレンモーレンジー18年」も、現在は廃番となっているオールド
ボトルで、デッドストックです。現在は新しいシリーズが出ていて、美味しいん
ですが、やはり香り・味わい共に違います。 この18年は、素晴しく柔らかい
味わいでとても美味しくファンも多かった旧ボトルです。この機会に、こんな
ウイスキーをスプリングバンクでゆっくりといかがでしょうか??

ちなみに左側のボトルもヴィンテージグレンモーレンジーで、珍しいボトルです。
もちろんデッドストックで、18年同様今後無くなれば永久に飲めなくなるボトル
なのです!! (この1971ヴィンテージは参考品ですが、飲めるかどうかは
お客さんしだいです・・・・。)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-10-21 10:53 | お店のご案内

乗鞍山頂の雪情報!

昨日の「晴れ」の日に、スプリングバンク情報特捜班である
S 君が積雪の乗鞍岳へ登ってきてくれましたので、山頂方面
の雪の情報を送りたいと思います・・・・。

もう真っ白な乗鞍岳です!!!・・・・。
f0182173_1523953.jpg
ついこの前(10月初旬)に、乗鞍岳の紅葉情報をお伝えした
ばかりのような気がしますが、3000m級の山の上は、もう雪が
降って真冬の様相になっています。乗鞍岳山頂へ向かう登山道は、
先週末の降雪により5~10cm程度積もっていました。
辺り一面、真っ白な静寂の世界だったらしいです!・・・・・。

f0182173_1525078.jpg
いつも冬にBCスキーで滑り始めるドロップ・ポイントである「蚕玉岳」の
山頂~稜線は、思ったよりも積雪があり、もう数回降雪があれば滑れる
んじゃない??と思うぐらいの雪があったようです!! 今秋初めての
足の裏で感じる雪の感触は、とても気持ちよかったらしいです。

f0182173_153021.jpg
こちらは「鶴ヶ池~畳平」のようすです。鶴ヶ池がちゃんと鳥の形になって
いて、とてもきれいです。 その奥に白く光る山が「槍・穂高岳」です。
3000m級の山々は、どこも真っ白でした。

もうあと1ヵ月で、また待ちに待ったスキーシーズンが始まります!!
このブログにて、11月には「初滑り」のレポートもしますので、ご期待
下さ~~い。 また、コアなスキーヤー&スノーボーダーのみなさん、
これから始まる2009~2010の冬のスキーシーズンも宜しくお願いします。
(ご来店もお待ちしていま~~す!!)



そして、乗鞍高原はまだまだ紅葉真っただ中でございます!!
f0182173_1548182.jpg
このモミジはスプリングバンクの店の前にありますが、毎年非常に
綺麗な赤色になります!! 素晴しい紅葉で、感動的です。今週が
ラストチャンスぐらいですので、紅葉を見たい人、まだ見ていない人は、
ぜひ乗鞍高原に来て観て下さい。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2009-10-20 15:09 | 山の風景