<   2010年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

ロードレーサーの組み立て

先日パウダーを滑りに来たMr, C の本当の目的は?!・・・・、
去年の年末に購入してあったロードレーサーを組み立てる事でした
ので、今回は1日かけてゆっくりと組み上げたのでした~~。

f0182173_10495162.jpg
自転車ヒルクライムのメッカである乗鞍高原は、冬はと~っても寒くて
雪深いので、自転車は乗れないオフの季節なのです。去年の年末に
届いていた彼のロードレーサーも組み上げる事なく、僕達はスキーで
滑り倒して冬が過ぎて行きましたが、もうスグ4月という桜が咲く季節
となって来ましたので、彼の新しい自転車ライフもやっと始動ですね・・・。

以前のブログにも書きましたが、「グラファイトデザイン」というメーカーの
ロードです。MTBに比べたら驚くほどに軽いフレーム! 彼の熱い走りに
応えてくれるでしょう・・・・。

f0182173_10501066.jpg
まずは、各パーツをグリスアップしながら、一つ一つ慎重にフレームに
取り付けて行きます・・・。パーツが付いてフレームが自転車の形になって
行くと、少しずつ実感が湧いて来ます・・・・。

f0182173_10501926.jpg
ホイールとハンドルが付くと、大体ロードレーサーの形になってきました~!
とてもカッコ良いですっ!新しい自転車を組む時はいつも「自分も欲しいっ!」
と思ってしまいますね~・・・。ここまできたら、後はワイヤーを通して微調整を
するだけです!

f0182173_10503096.jpg
ワイヤーリングが仕上がり、シフティング調整が出来あがったら、最後の仕上げ
である、ポジショニングをとって行きます。 ポジショニングは自転車を組むのに
一番大切な部分で、乗る人に合わせてサドルやハンドル、ペダルなどの位置や
高さを調整していく作業です。実際にローラー台で自転車に乗ってみてフォーム
をとり、漕ぎながらポジションを決めて行くのです。 何回も微調整が必要なので
焦らずにゆっくりと考えて行きます・・・・。

f0182173_1050396.jpg
だいたいのポジションが出たら、もう完成です! あとはグリスで汚れた手を
洗ってからバーテープをハンドルに巻いて完成~!! 久しぶりに自転車を
組んだので緊張しました・・・。

あとは彼がこのロードレーサーを乗り込んで行き、もう少しポジションを詰めて
いくことになります。これで今年の春から、彼の新しい「ロードレーサーライフ」が
始まります!・・・・。 もちろん、ここ乗鞍の「マウンテンサイクリング in 乗鞍」に
焦点をあわせて行くでしょう!! 僕たちも彼に負けないように新しい春からの
年度を、頑張って過ごして行きたいと思います。
(雪がある限りスキー滑るので、僕たちの自転車の時期はもう少し先になると
 思いますが・・・・・) 
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-03-31 11:23 | 日常

ワイン 69

今日も、先週にテイスティングしたとっておきのワインを
ご紹介したいと思います・・・・。

「ニュイ・サン・ジョルジュ、ジャン・ルイ・ライヤール」2006年です!
f0182173_10234329.jpg
フランスはブルゴーニュ地方の「ニュイ・サンジョルジュ村」で
造られるワインです。

造り手は、「ジャン・ルイ・ライヤール」さんです。ブルゴーニュの
中でも非常に小さな、1人だけのドメーヌです。でも、彼がなぜ、
そんなにスペシャルな造り手なのか!と言うと、 それは両親が
「ロマネ・コンティ社」で働いていて知り合いになって、彼が生まれ、
栽培法と醸造法をロマネ・コンティ社からから受け継いだ両親に
育てられた、ロマネ・コンティのワイン造りの全てを継承した男だから
と言われています!! ワイン業界では、「DRCで生まれDRCで
育った男が、ヴォーヌ・ロマネに創設した超ミクロ・ドメーヌ!」と、
謳われています・・・・・。(「DRC」とは、ワイン業界用語で「ドメーヌ・
ド・ラ・ロマネコンティ社」の略です。)

DRCで巡り合った両親の子に生まれ,DRCのセラーのすぐ裏手
に住み,子供のころから両親のDRCでのワイン造りの仕事を見て
育ったジャン・ルイ・ライヤールは、彼自身もDRCで働いたことが
あり、ブルゴーニュのネゴシアンでも働いていました・・・。現在は、
著名なボーヌ醸造学校で教鞭を取る傍ら、自分自身のドメーヌで
極少量のみ、自分のドメーヌのラベルを貼ったワインを造っています。
平均樹齢50年という素晴らしい古樹の畑を所有する彼のワイン
造りは、有機栽培、遅い収穫の厳しい低収量。 醸造は除梗せずに
自然高温発酵など、「DRC」から受け継いだブルゴーニュの王道を
行くワイン造りです。


しかも!、ライヤールさんは毎年ロマネ・コンティの瓶詰めにも立会い
試飲をする権利を持っているらしいです!!  そんなライヤールの
ワイン! 今回はニュイサンジョルジュですが注目のワインですっ!
いざっ・・・・気合いを入れてオ~プンです~。
f0182173_10235688.jpg
このワイン、ブルゴーニュのワインには珍しく、開けてスグから良い香り
が広がります!ピノ・ノワールらしいイチゴの果実感が爽やかで非常に
良いです!。僕個人的にはちょっとだけ乳酸菌飲料の感じもあって甘さ
も感じられるぐらいです。バランスも良くて飲みやすいです!! 時間が
経ってからも、さらに複雑さが混じり合い、久しぶりに至福の味わいと
なりました~。

ライヤール自身のワインは、ヴォーヌ・ロマネ産のものが本当だと思い
ますが、この「ニュイ・サンジョルジュ」は比較的安いので、ライヤールの
ワインを安くお探しであればオススメです!! 非常に入手困難らしい
ですが、試してみたい方はネットなどで探してみて下さい・・・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-03-30 10:44 | お店のご案内

パウダー再び・・・・

乗鞍高原温泉スキー場の営業期間が4日まで延長になったことは、以前お伝えしましたが、
延長第1日目の今日29日(月)の朝に!、キーンと冷えた昨晩から降っていた大雪が、
スキー場のラストスパートに素晴しいパウダーを提供してくれました~!!。
もちろん、スプリングバンク&乗鞍ローカル達で意気込んで出動です!

f0182173_11461189.jpg
本日の朝のゲレンデのようすです。山頂は見えなくて、まだ雪がチラチラしています。
そして、雪質はこの時期にしてはとても軽くて、フカフカの感触で最高の雪質ですっ~!!
積雪は30~40cmぐらいでしょうか?! 久しぶりのパウダーに気分も最高です!

f0182173_11464965.jpg
それでは、本日のみんなのパウパウ・ライディング画像をお届けします。
まず最初は、スキー場のゲレンデ内で働いている、乗鞍ローカルのK2 君の滑りです~!
深い雪に突っ込んで行き、素晴しいスプレーを上げていました~!!

f0182173_11481426.jpg
この日に合わせて滑りに来ていたというぐらいの絶妙のタイミングで来たMr, C です!
最近はあまり滑れていない彼ですが、本日の良いパウダーで相当嬉しそうです!

そして僕のライディング画像×2枚連続です~。
f0182173_11463566.jpg

f0182173_1148287.jpg
僕の「フィニッシュバーン」での滑りの画像×2枚連続でお届けしたいです!。
わざわざ2枚にしたのは、いかに今日のパウダーが素晴しいかをお伝えできるかな~・・・と、
思ったからです。 腰~胸にまでスプレーが上がっていますぅ~!本当に素晴しかったです!

f0182173_11484711.jpg
わさび沢コースでの、N のテレマークパウダーライディングです!!
ここのコースは、風の影響でちょっと締まった重めのパウダーでしたが、コースが長いので
スピードが乗り、素晴しいライディングが出来ました。

f0182173_1149924.jpg
同じく、わさび沢コースでの Mr, C のライディングです。彼もスピードに乗せて
重めのパウダースプレーを上げて蹴散らしながら滑っていました~!!

f0182173_11492371.jpg
そして、朝の約1時間ぐらいで描かれたラインは、スキーへの情熱の跡です。

今日も天気予報では、冬型の気圧で「雪」マークが付いています! スキーヤー&ボーダーの
みなさん、まだまだあきらめるのは早いかもしれません! 乗鞍高原スキー場は4日(日)まで
営業していますので、ラストスパートでこのパウダースノーを滑りに来て下さ~い!!
スプリングバンクへのご来店もお待ちしています。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-03-29 11:46 | 山の風景

モンベル、2010 春夏カタログ

3月の中旬に、モンベルの2010年の春夏ウェア&ギアカタログが届いてました・・・・。
f0182173_15302294.jpg
今年のモンベルの春~夏モデルのウェアは、新製品がたくさんあって良いと思います。

最近のモンベルの良い点&特徴は、他のアウトドアメーカーに比べて比較的安い価格!
という点もありますが、僕個人的な感想でモンベルの「良さ」は「軽さ」だと思います!
レインウェアやシェル、そしてインナーウェアなどでも他のメーカーのウェアに比べて、
モンベルの商品が「軽い」という事は、それだけで疲れを軽減できるので、夏山登山や
冬のバックカントリーなどのアウトドアにおいて、非常に大事な事なのでありますっ!。
そしてただ軽いのではなく、強度を兼ね備えた「軽さ」は、登山の時には最大の武器と
なります。

今年のモンベルのラインナップは、ウェアの重さにも注目してカタログを見て下さい。


f0182173_15303363.jpg
そして、僕の今年のモンベル商品の中でオススメは!・・・・、このソックスです。

画像は「ウィックロン・ハイキングソックス」です。今年のソックスのラインナップは
まず、色とデザインもカッコ良いですし、オシャレです。もちろんソックスの履き心地も、
パイル地なので履いていて気持ち良く、とても良いです!。 アウトドアウェアといえば、
ジャケットのなどに目が行きがちですが、足の中を支える「ソックス」は、登山において
快適に過ごせるかどうかが分かれる、非常に大切な部分なのですっ!。 オススメです・・・。
今年の春~夏はソックスを見直してみてはいかがでしょうか??



そして、「スプリングバンク」併設のモンベル・ショップでお待ちしています・・・・・。
f0182173_15504334.jpg
乗鞍高原内で唯一のスポーツショップとなっています。
とても小さいお店で、たくさんの商品は置いていませんが、一度立ち寄って見て下さい。
モンベルのウェア中心に、トレッキングや自転車の用品やパーツなどを置いています・・・。
こちらも、ご来店お待ちしていま~す!。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-03-28 15:44 | 趣味の部屋

乗鞍高原スキー場・ゲレンデ情報!

早くも、この2010年のスキーシーズンも、本当にラストスパートになってきました~!!

この土~日が3月最後の週末なので、しっかりと「滑り収め」したいガッツスキーヤー&
スノーボーダーの人達は、この最後の週末も頑張っていらっしゃると思います・・・・。

僕のレポートも、今年最後の乗鞍高原スキー場・ゲレンデ情報となるかと思います。
f0182173_11223864.jpg
今朝の乗鞍高原スキー場のようすです。晴れていますが、山頂は白い雲の中です・・・。
朝はけっこう寒くて-5℃。時折、冷たい風が顔に当たるとけっこう寒いぐらいでした。

気になるゲレンデの状態は・・・・・、非常に良いですっ!! 気温がしっかりと冷えていて、
固くピシッと綺麗に圧雪されたバーンは、まるでカーヴィング天国でした~!!。
今シーズン中盤~は本当に雨に泣かされたシーズンだったのですが、乗鞍高原スキー場は
標高が高いので、これだけ悪天候だったにも関わらず、一度もハゲることなく終われそうです。
そして!、この最後の週末という時期でも、固い圧雪バーンでカーヴィングできる状態です!
マニアの僕が見ても素晴しいです!・・・。 これはひとえに、ゲレンデを整備してくれている
リフトマンやゲレンデ整備の係のみなさまのおかげだと思います! 本当に感謝です・・・。


f0182173_11224737.jpg
そのコンディションの中でも、本日のゲレンデ偵察の相棒は、甥のSOです!・・・・。
彼も、今シーズン(たぶん)最後のスキーを精一杯楽しんでいました~~!!

f0182173_11225585.jpg
2月まではおもちゃのプラスチックスキーで、なんとか頑張っていましたが・・・・・、
前回のスキーから、このホンモノのスキーをボスのT さんからレンタルして滑っていま~す!
2回目にも関わらず、もう一人でロープなしで滑って行きます・・・・。子供は本当に早いです。
また彼とは、「来年も一緒に滑ろう!」と誓い合って、彼のスキーシーズンを終了しました!


しかしっ!!
僕は、これからが山岳スキーハイシーズンを迎えますっ! なのでまだまだ頑張って滑ります
ので、スキー記事読者のみなさま、これからもこのブログを宜しくお願いしま~~す!!・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-03-27 11:33 | 山の風景

パウダーフォト・ダイジェスト②

2010年のスキーシーズンも、早いものでもう残り僅かとなってしまいました!・・・。
今年の乗鞍高原スキー場のパウダーシーンを集めまして、「Photo Annual②」を、
今シーズンの終盤にかかった今日、みなさんにお届けしたいと思います!!

撮影は全て乗鞍高原です! ここまでのブログに使われなかった画像も含めて
贅沢に公開で~す。  それでは、フォト・セッションのスタ~トです!!
f0182173_925921.jpg
僕の滑りから始めるのは気がひけますが、「Photo Annual ②」スタートです・・・・。
1月のカモシカ斜面上部での、僕のパウダーライディングです。

f0182173_9253243.jpg
上の画像と同じ某日・同じ場所での、K2 君の、腰パウダーの画像です!!
この日は、素晴しいパウダーが40~50cmぐらい積もった最高の日でした~!

f0182173_92611.jpg
おそらく、最後になると思われるS 君の、鳥居尾根パウダーの画像です!!
乗鞍高原のパウダースノーを、最高に愛してくれていた彼のパウダーライディング画像を、
ここでみなさんへ贈りたいと思いますっ・・・・・!! 

f0182173_9263186.jpg
乗鞍ローカルであるAK 君の、乗鞍高原スキー場・シークレットポイントでの!、
気持ち良さそうなという言葉がピッタリの、パウダーライディング画像です。

f0182173_11285364.jpg
もう一枚、AK 君のゲレンデ下部・フィニッシュ斜面でのパウダー画像です。
彼はパウダーを滑っても「ヨダレが飛び散る派」ではなく、スーーッッ・・・と、パウダーの
上を音もなくスピードに乗って滑って行く派だそうです・・・・。

f0182173_9265450.jpg
ここから3ショットは、先日の3月某日のカモシカ斜面下部での、ボスのTさんと一緒の
「T's パウダーセッション」時の、今まで未公開だったライディング画像です。
1枚目は僕の腰パウ画像です・・・・。(手前味噌でスイマセン・・・・・。)

f0182173_927242.jpg
次はMmちゃんの、スピードに乗った、テレマークライディングです!!
非常にスピードが高いために良いスプレーが上がっていて、とてもカッコ良いですぅ~!

f0182173_92710100.jpg
3枚目のトリは、やはり我らがボスであるTさんのパウダーライディングです!
我らのボスであるT さんは、今シーズンはパウダーの日に良く出て来て頂き、僕たちに熱き
スキースピリットを見せつけて下さいましたっ!! どうもありがとうございますっ!・・・。 
(来シーズンはついに集大成のアレとなります!。頑張りますので、宜しくお願いします!)

f0182173_10323512.jpg
パウダーと言えばこの人、相棒のMr, K のテレマークライディング画像です
荒れたバーンをものともしない豪快なテレマークライディングは、もはや芸術級!?。
いつ見ても素晴しい、パウダーテレマークライディングです。



そして最後に・・・・・、来年もこんな感じの良い雪が降りますように!!・・・・。
f0182173_9271866.jpg
今年の乗鞍高原スキー場では、年末~1月は豪雪ですごい大雪が降ったのですが、
2~3月ははやり暖かくて雨が降ったりして、パウダーの日が少なかったように思います。
今シーズンはまだ終わっていませんが、良いパウダースノーがこれからも降りますように・・・。
僕はいつでも祈っています! 雪の女神さま! これからも宜しくお願いしま~す・・・。

という感じで、今シーズンの「Photo Annual ②」は、いかがでしたでしょうか??
また良い画像が撮れたら、こんな形でみなさんにパウダー画像を送りたいと思いますので
宜しくお願いします。  (Sh)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-03-26 09:30 | 趣味の部屋

スプリングバンク・新商品!

今回は、今年の3月中旬に新発売となりましたウイスキー、
「スプリングバンク18年」を、いち早く取り寄せてみましたので、
ご紹介したいと思います!

f0182173_13343917.jpg
残念ながら、もうすでに5~6年以上前に廃番商品となってしまい
ました旧21年物のボトル・・・・。 今回の、「新・18年」は、それに
代わる現在の最長期熟成品です。今年のボトリングは約9000本
程です。 毎年それぐらいしか造らないそうで、今回も売切れたら
それで終了!らしいです・・・・。なので、このボトルもちょっと貴重な
スプリングバンクの長期熟成品です・・・・。

新しいラベルは、真っ黒なラベルの中に淡い紫色の「S」マークと、
「SPRINGBANK」の文字。ちょっと斬新な感じがします。僕個人的
には伝統的なラベルが好きなのですが・・・。

味わいは・・・、バニラ香がしっかりと全面に出ていて、熟成したオーク
のニュアンスもあり、バランス良くまとまっていて美味しく、良く出来て
いると思います・・・・。(僕の感覚です)

しかし・・・、あの20年ぐらい前に出ていた伝説のダンピィボトル21年や
トールボトルの21年に比べたら、やはり全く別物です! あの時代の
スプリングバンクは格別に美味しかったので、ちょっと淋しい気もします・・・。
昔のウイスキーはどれも素晴しく美味しかったので、どうしても現在の
ボトルが霞んでしまいますね・・・・・。 無いモノねだりなのでしょうか・・・。 
昔の21年も当店「スプリングバンク」ではお飲み頂けますので、比べて
みて下さい。 

f0182173_13344960.jpg
一つ前の15年もあります。やはり当店の看板ウイスキーなので、
スプリングバンクだけは、種類は豊富に取り揃えています!・・・。 
ハーフサイズで飲み比べもOKです!!ご来店お待ちしていま~す。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-03-24 13:51 | お店のご案内

ワイン 68

今回は、ワインはバラバラですが、「3回連続カリフォルニアワイン・
テイスティング!」の、とっておきの最後の1本のテイスティング結果を
お伝えしたいと思います・・・・。

「シュグ、ピノ・ノワール」2006年です。
f0182173_1315548.jpg
アメリカ、カリフォルニア北部のソノマコースト産ピノ・ノワールのワインです。

造り手は、ワインの名前そのままで「ウォルター・シュグ」さんです。彼はあの、
超有名高級ワイン、「インシグニア」の創始者であり、造り手だった人ですっ!! 

もともとドイツ人であった彼は、名門「ガイゼンハイム」でワイン造りを学んで、
「ピノ・ノワール」に魅せられながらドイツ国内で、成功に懐疑を抱いて70年代
初頭にカリフォルニアへと渡ります。そしてナパヴァレーのカルトワインメーカー
の「ジョセフ・フェルプス」さんと奇跡の出会いします!!その後2人で協力して
タッグを組み、あの「インシグニア」をリリースするのです・・・・。
素晴しい評価をもらい、超有名カルトワインにまで大成功した「インシグニア」、
しかし・・・・!相棒であったフェルプス氏は突如ピノ・ノワールの生産中止を決定。
「ピノ・ノワール」を愛してワインを造り続けてきた「ウォルター・シュグ」さんは、
ピノ・ノワールのワイン造りを諦めきれず、1983年に独立して、念願の自身の
「シュグ・ワイナリー」を設立するに至るのです!! 現在は産地や葡萄栽培や
醸造手法、更には故郷ドイツから取り寄せた大型のオーク樽を用いるなど、
古くからドイツに伝わる種々の伝統を大切にしつつ、現在フリーハンドでワインが
造られています。

カリフォルニアのピノ・ノワールといえば、モントレーやカレラのマウントハーランが
有名ですが、この「ソノマ・コースト」も超カルトワインであるキスラー、マーカッサン
などへブドウを供給している、素晴しいピノ・ノワールの産地なのです!  


今回僕は初めてソノマコースト産の「ピノ・ノワール」を飲む事になりますっ!! 
はたしてどんな味わいなのか!!・・・・・、いざっオ~~~プン~~です。
f0182173_1316464.jpg

この「シュグ」!、開けてスグから素晴しい香りが、グラスいっぱいに広がります!
まるでベリー畑のように、イチゴ、ラズベリー、チェリーなどの香りに支配されたよう
です!! それに伴い、オークのニュアンスやロースト香もあり、バランスが非常に
良いですっ!。素直に美味しいっ!、と言えるワインだと思います。果実感溢れる
素晴しい、典型的カリフォルニアピノ・ノワールのワインでした~~!!。 
とても美味しかったですぅ~。


これで、ネットでは3千円台!!、この果実感は3千円のフランスワインでは無い
でしょうっ!! 「シュグ」、大満足のワインでした。
僕の好みで、カリフォルニアワイン3連発でしたが、ご了承ください・・・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-03-23 13:15 | お店のご案内

乗鞍岳バックカントリーツアー

今年は天候不順や雪層の不安定などで、他の山へ遠征に全く行けていませんが・・・、
今回も素晴しい晴れの日に、また地元ですが「乗鞍岳」へバックカントリースキーに
行ってきました~~・・・・。
f0182173_10395210.jpg
いつもと同じように、ゲレンデ最上部から林間ツアーコースを登って行きます。
この日も快晴の超青い空に、真っ白な乗鞍岳が聳え立っています。美しいですっ・・・。

f0182173_10402019.jpg
しかし、森林限界を越えて「位ヶ原」の雪原に出ると、やはり強風の洗礼を受けました!
かなりの強風であおられる程で、雪の粒が飛んできて顔に当たって痛いです!!
後ろの「剣ヶ峰」が陽射しを受けてテカテカと光っているように見えますが、それは!
先日の雨の影響か?、山全体が氷になっているからです!! 非常に手強そうです・・・。

f0182173_10403126.jpg
それでも頑張って、今日は山頂「剣ヶ峰」を目指しましたが、全山アイスバーンの
完全なカチカチの氷斜面で、登るのも非常に困難なうえに、滑るのも命がけになるので、
剣ヶ峰を目指すのはあきらめて敗退しました・・・・。 そのかわりに、今日も「位ヶ原山荘」
へと滑りこもうと決めて、夏道3号カーブの上から1本滑って来ました!!


そして・・・・、「僕たちはこの瞬間のために生きている!」と、感じさせてくれるような、
最高のパウダースキーイングへと、ドロップ・イン!!
f0182173_10405333.jpg
山頂まで登れませんでしたが、今日も気持ちのいいパウダーを頂きました~!!

f0182173_1041827.jpg
この日のパートナー、乗鞍ローカルのスノーボーダー、MK ちゃんです!
良くドライヴの効く雪質のパウダーに、素晴しいスプレーが上がっています!!
とてもカッコ良いっ!!

f0182173_1041236.jpg
そして、位ヶ原へと滑り込む、僕のライディングです。MK 嬢が撮ってくれました~!!
カッコイイです・・・・。どうもありがとうございました。

f0182173_1111252.jpg
滑り終わったら、自分の滑ったラインを見上げて、ニンマリとご満悦。
高揚感と達成感とにドップリと浸りましょう・・・・・。

f0182173_10415151.jpg
今日も位ヶ原山荘へと到着です。ここの山荘は、山岳スキーヤーにとっては最高の
シチュエーションにある小屋であり、まさにスキー天国にある快適安楽所でありますっ!!
今日もここで、あの!「至福のコーヒー」を頂きました~~。

f0182173_1042486.jpg
位ヶ原山荘山荘のご主人、MTJ さんと一緒に「至福のコーヒー」を頂き、いろ~んな
山の話を聞かせて頂いて、時間の過ぎるのを忘れてしまいそうになりました・・・・。

この後も、ゲレンデに帰るまではバックカントリーなので、気を付けてツアーコースを
滑って帰りました。 条件が厳しくて山頂までは行けませんでしたが、今日もパウダーを
自分が登った分は滑れて、山の景色も最高で、とても楽しかったです。


もう少し春になり、天気や雪層が安定してきたら、他のいろんな山々に遠征に行きたいと
思います。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-03-21 11:05 | 山の風景

セント・パトリック・デイ

す~~っかり忘れてしまいましたが、3月17日はウイスキー愛好家にとっても
大切は日、アイルランドのイベント「セント・パトリック・デイ」でした・・・・。

f0182173_1010751.jpg
僕が忘れていたのを、怒ってギネスを飲んでいるお父さんです・・・・。

セント・パトリックさんとは、アイルランドにキリスト教を布教した人で、この日は命日になります。
5世紀の初めにイギリスのブリテン島に生まれたのち、身売りでアイルランドに渡ります。
キリスト教を信仰していた彼はある日、夢のお告げで「アイルランドでのキリスト教布教」を
天使から命じられられ、当時ドルイド教が強かったアイルランドで布教活動に努めます・・・。
そして「ケルトのタラの大王」に、キリスト教の三位一体(トリニティ)の教義を、シャムロック
という三つ葉のクローバーのような草を用いて説明~布教したらしいです。

イギリスは現在4つの国がひとつになって出来ているユナイッテド(連合王国)なのです。
それぞれにキリスト教を広めた人が違い、イングラントは「セント・ジョージ」になります。

このアイルランドで一番のお祭り「セント・パトリック・デイ」では、世界中のアイリッシュ
み~~んなで、ギネスやアイリッシュウイスキーを飲んで、大騒ぎの日となります!!
なので、アイリッシュではありませんが、ウイスキー愛好家の当店・スプリングバンクでは、
お父さんを筆頭に役員一同も従業員である僕たちも、み~んなギネスを飲んで楽しみます。

f0182173_10102687.jpg
みなさん、今週はそんな「セント・パトリック・デイ」にちなんで、スプリングバンクで
ギネスやアイリッシュウイスキーはいかがでしょうか?? ご来店お待ちしています!。



(去年、ギネスの代理店がサッポロからキリンホールディングスに変わりました~!
 何があったかは、僕は詳しくは知らないのですが・・・・。パッケージやロゴなども
 新しくなって、ますますギネスの勢いは止まりませんね~・・・・。独り言でした・・・。)



 
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-03-20 10:13 | イベント