<   2010年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

春山バスの下見ツアー・・・

早いもので明日から5月になりますが、明日から「乗鞍岳・春山バス」が
開通なので今日は試運転が行われます・・・。

これはぜひ取材に行かねばならぬっ!!という事で、急遽仲間を集めて、
「位ヶ原山荘」へ行ってきました~・・・・。
f0182173_14936100.jpg
で、せっかく位ヶ原山荘へ行くなら、やはり1本滑ってから行くでしょう!!
という事で、朝5:30に三本滝を出発~。 今日の朝は良く晴れて山頂も
キレイに見えていました~!! かなり寒い朝で、三本滝駐車場までの
道路も凍結していて運転が怖かった程でしたが、登り始めると陽が昇って
来て暖かく快適な登りとなりました。

f0182173_1494832.jpg
しかし・・・、登って行って森林限界に辿り着いたら・・・、急に山が真っ白に
なってきた・・・。白い雲に覆われて来て、ファ~~っと雪まで降って来ました!
もう明日は5月なのに!!・・・・・。

f0182173_1410110.jpg
一瞬で、風と雪で真っ白になって行きました!・・・・。ので、これはヤバい!
という事で、山頂まで目指していたのですが、3号カーブの斜面へ予定変更。
急いで滑る準備をしてここからドロップ・インです!

f0182173_14102348.jpg
今日の仲間、Sb さんの滑り! 今日はスノーボード中心のオーダーです。
真っ白になった急斜面を果敢に攻めていらっしゃいました~!

f0182173_14103271.jpg
同じく仲間の、Ao くんの滑りです。 彼は乗鞍バックカントリーツアーは、
今回が初めてなのですが、三本滝から頑張って登り、歓喜の声を上げて
滑って行きました!

f0182173_14104694.jpg
やはり最後は、僕の滑りです・・・・。 今日も頑張りました・・・・。
1ターンに数回ぐらい、カチカチのアイスバーンと吹き溜まったプチパウダー
が変わる非常に難しい斜面だったのですが、頑張って攻めて来ました。

f0182173_14111863.jpg
「位ヶ原山荘」に着いて、みんなで一緒に記念写真!!・・・。今年は残雪が
とても多く、雪の壁が10m以上もありました!!スゴい迫力です!まだまだ
除雪作業は途中なのですが、立山にも負けないぐらいの「雪の壁」です・・・・。

f0182173_14134951.jpg
「位ヶ原山荘」に到着です。 なんと!雪は深々と本降りになってきました!
本当に寒くて、雪は吹雪になって来ます!・・・・・。まるで真冬のようです!・・・。
明日がバス運行開始なので、位ヶ原山荘周辺も除雪はけっこう進んでいました。 

f0182173_14112899.jpg
山荘でいつもの、滑った人にしか体験できない、「至福のコーヒー」を頂きました~。
このコーヒーを飲みながら、いつも仲間と今日の滑りの談議にハナが咲きます・・・。 
楽しい話は尽きません!・・・・。

f0182173_14113595.jpg
そうこうしているうちに、今日のメインのミッションである「春山バス」が到着です。
急いで写真を撮りました・・・。 危うく、本日の本業を逃すところでした・・・・。

f0182173_14115549.jpg
バスが「位ヶ原山荘」に到着するところを、長野のテレビ局や新聞社、雑誌など、
いろんなメディアの人々が撮影されていました。 この一瞬だけは山荘周辺が
大勢の人で賑わっていました・・・・。 僕たちはメディアの取材の邪魔になるので
イソイソと退散です~~。

f0182173_1412435.jpg
帰り道も、「雪の壁」の道を、ゆっくりと見ながら歩いて帰りました~。
「雪の壁」は現在のところ、平均7~8mぐらいで、高い所は10mぐらいあります。
今年は4月が寒くて雪がたくさん降ったので、残雪がとても多いと思います・・・・。

f0182173_14121219.jpg
そして、最後もツアーコースを滑って、楽しんで帰りました~。今日の3人で
「やっぱりスノーボード&スキーは最高!」と悦に浸りながら、ハイタッチ!

このように、まだまだ滑りたい全国のコアなスキーヤー&スノーボーダーの
みなさま!、残雪がい~っぱいの乗鞍高原にこのゴールデンウィークに滑りに
来て下さいっ!! スプリングバンクへのご来店もお待ちしています~~。

(あっ、しかし今日は、これでも偵察&取材の仕事です。 くれぐれも遊びでは
 ありませんので、あしからず・・・・。) 
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-04-30 14:12 | 山の風景

千間淵の遊歩道が開通しました~

スプリングバンクのお店から徒歩5分程で行ける「番所大滝」の上流を歩く「千間淵遊歩道」が半年の長い眠りから目覚めました。冬期は、積雪や凍結で危険なので、通行止めになっているのです。
f0182173_10393169.jpg
良いお天気だった昨日の午後、そろそろ歩けるようになったかな~?と行ってみたら・・・
なんと、ちょうど安曇支所の担当の方が規制解除のためにいらしてました~
グッドタイミングです!冬期通行止めのロープを外してもらったところで、一番乗りで偵察に
潜入しました。

f0182173_1040297.jpg
遊歩道は、落差40mの番所大滝として落ちるすぐ上流域を清流沿いに歩く道です。
階段や橋が整備されていますので歩きやすく、途中には「番所小滝」や上の画像の「千間淵」
があります。「千間淵」は、ドーム型をした岩肌の奥に小さな滝がある神秘的な光景です。
周囲の木々の間から射す木洩れ日がキラキラと反射して、とても美しく
ホッと一息したい場所です。

f0182173_10402675.jpg
雪融けしたばかりなので、まだお花はあまり咲いていませんが、「ショウジョウバカマ」を
見つけました。

f0182173_1040405.jpg
「千間淵大橋」を渡った辺りでは、「ヒメイチゲ」がたくさん咲いていました。
乗鞍の中では、1~2位の群生ぶりではないでしょうか?
f0182173_10421338.jpg
小さな小さな「ヒメイチゲ」、蕾はほのかなピンク色がさして可愛いらしいです。
踏んでしまわないように気を遣いながらの撮影です。

f0182173_1042319.jpg
もちろん、「番所大滝」も見逃してはいけません・・・・。なんと言っても雪融け水をたたえた
この時期は水量が豊富で、圧倒されます。滝見台からは、正面に滝を眺めて水しぶきが
飛んできます。マイナスイオンたっぷり~?!な感じです。
このゴールデンウィークに春の目覚めの高原を見にいらっしゃいませんか~??
ご来店もお待ちしています。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-04-29 11:06 | 山の風景

ワイン 74

今日は、昨日からの冷たい雨が降り続いています・・・、
なので、最近の僕達のライフワークとなっています、
先日テイスティングしたワインを書きます・・・・。

今回のワイン、「シャトー・ラフォン・ロシェ」2004年です。
f0182173_10135180.jpg
このワインは、シャトーと付く名前の通り、フランスはボルドーの、
サンテステフ村のワインです。そして「シャトー、ラフォン・ロシェ」は、
ボルドーの格付け第4級のワインなのです!。

「ラフォン・ロシェ」は、ポンテ・カネを所有するテスロン・ファミリーが、
サン・テステフ村に所有するシャトーです。 この「ラフォン・ロシェ」は、
ポイヤック村の第1級のワインである「シャトー・ラフィットロートシルト」
と小川を挟んで隣り合わせているのに、あまり名声が無く評価も低く
見られていました・・・。 しかし!、1960年からポンテカネの所有者の
「テスロン家」が購入して以来、資金を投入して畑と荒廃したシャトーを
徐々に復活させていきました・・・。それ以降、~90年代と改革の成果が
めざましく、安定して素晴しワインを生み出すようになって、現在は高い
評価を受けるシャトーとなりました。

テスロン家の「ギー・テスロン」さんは、従来のカベルネ・ソーヴィニョンの
比率を抑えて代わりに穏やかなメルローの比率を高めにをブレンドして、
新樽の比率も比較的抑えめ・・・。優しいく柔らかいワインを目指している
みたいです。

このシャトーを訪れると、全面黄色一色のシャトーに、まず驚きます!!
この派手な黄色のワインラベルと同じような黄色です。まるで「ウイーンの
シェーンブルン宮殿のハプスブルクイエローのよう!」だと形容されるぐらい
です!!



なので最近、評論家やメディアの中では評価がとても上がって来ている
「ラフォン・ロシェ」ですが、ボルドーの格付けワインの中では比較的安い
ので、取り寄せてみました~。  いざ、オープンです・・・・
f0182173_1014073.jpg
このワイン、開けてスグからとても良い香りがしてきます。 オーク樽の
ニュアンスのロースト香と、なめし皮のような皮革の香りが特徴あります!
しかしこのワイン、フランス産のワインにしては珍しく、開けてから時間が
経っても香りは変わらずで、ず~~~~っと同じ香りで、最後まで香りは
そのまま変わらずでした・・・・。 味わいは、ボルドー産ワインなのですが
とても軽い感じで、スルスルと飲んでしまいました。

しかし、「シャトー・ラフィット」と「コスデステゥルネル」という2大ワインの畑に
挟まれている、この「ラフォン・ロシェ」は、現在は4千円台ぐらいで買えるので、
かなりオススメです! たまには「カフェ・スプリングバンクで」ボルドーの格付け
ワインなどはいかがでしょうか??
ご来店お待ちしていま~~すっ!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-04-28 10:14 | お店のご案内

上高地・開山祭!

本日は「上高地・開山祭」に行ってきました~!!

上高地開山祭が河童橋のたもとで行われました。 ここから山の季節が始まります。
f0182173_1381014.jpg
せっかくの開山祭の日なのですが、今日は冷たい雨が降っていて、穂高の山々は
稜線が雲の中に隠れていました・・・・。ちょっと残念ですね・・・。去年も天気は悪くて、
雪が降り、なんと4月下旬なのに5cm程の積雪で、かなり寒かったのを覚えています。

f0182173_1381811.jpg
行事としてはいつも通り、毎年恒例の神事と来賓の方々のお言葉いろいろ・・・・。
今年もオープニングセレモニーとして、「乗鞍高原アルプホルンクラブ」のメンバーによる、
アルプホルンの演奏がありました~!「プォ~~~~ポ~~~~~」とアルプホルンの音色が
山々に響き渡ると、会場前の大勢のお客様から、盛大な拍手が巻き起こっていました~!。
このアルプホルンの音色は、山岳風景にピッタリ!。雰囲気には最高の立役者になります。
乗鞍高原は旧安曇村の頃から、スイスのグリンデルワルトと提携して、スイスの文化交流も
行われていました。 その一環としてアルプホルンのクラブがあり、地域の山のイベントでは、
こうやってアルプホルンの音色が聞く事ができます。このアルプホルンを聴きに来るだけでも、
イベントに来る価値ありで、とても面白いと思います。 アルプホルンを聴いた事の無い人は
乗鞍高原でのイベントに来て、一度アルプホルンの音色を聴いてみて下さい。

f0182173_13830100.jpg
そして、スプリングバンクの超常連である KAZU さんも、アコーディオンの演奏で、
アルプホルンの演奏と一緒にヨーデルチロリアンを演奏していらっしゃいました~!!
KAZU さんは、アコーディオンでこの「乗鞍アルプホルンクラブ」に参加されています。
これまた山岳風景に良く合うチロリアンの演奏で、拍手喝采でした~。

f0182173_1384044.jpg
雨の中の開山祭にも関わらず、会場が見えないぐらい大勢のお客さんが河童橋前に
集まっていらっしゃいしまた~! やはり上高地の開山祭は北アルプスの開山祭とあって
世間の注目度が違いますっ!・・・・。スゴイ人数のお客さんでした。 登山の人だけでなく、
バスツアーの方も多かったですね~。 

ゴールデンウィーク後には、次は「乗鞍・開山祭」があります! もちろんアルプホルンの
演奏もあります! 改めて全国の乗鞍ファンの皆さんのご来場、お待ちしていま~~す!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-04-27 13:09 | 山の風景

モルトウイスキー、ご紹介

本日は、久しぶりに新入荷の「アイラモルト・ウイスキー」をご紹介致します!

「ボウモア16年(1991年)、ポート樽熟成(限定品)」です。
f0182173_12493516.jpg
この「ボウモア」と言うモルトウイスキーは、スコットランドの西端に浮かぶ、
アイラ島という、小さな島で造られているウイスキーです。 このアイラ島で造られる
ウイスキーは、ほとんどがスモーキーな煙やヨードの香りがします!。この「ボウモア」
もやはりスモーキーな香りがしますが、この限定品は、ポートワインと言う甘いワインで
使った古樽を使って16年間熟成させているので、ハチミツのような甘い香りがスモーキー
さとバランス良くマッチしていて、とても素晴しい香りと味わいになっています~!。 
そしてヴィンテージも入った限定品です!。ぜひこの機会にお試し下さい。

f0182173_12494527.jpg
スプリングバンクでは、今回のこの「ポート樽熟成限定品16年」の他にも、
昔のオフィシャル12年、シェリー樽熟成のダーケスト、54度のカスクがあります!。
今回のポート樽熟成16年と飲み比べてみて下さい。一度に比べてみると味わいの違いが
明確に分かり、とても楽しいと思います。 ご来店お待ちしていま~す・・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-04-26 13:01 | お店のご案内

水芭蕉が見頃です!

昨日、乗鞍高原内「水芭蕉偵察」に行って来たので、ご報告を送りたいと思います!

まず、乗鞍高原の中で最初に咲きだす場所である、「宮の原群生地」です。
f0182173_10112733.jpg
乗鞍高原の中に小・中学校があるのですが、その校門前から入ってスグの所です。
乗鞍高原の最下部になるために標高が低く、ここが咲きだすのが一番早いのです・・・・。

f0182173_10114383.jpg
先週の寒波~大雪で、どうなっているのかな~?と、心配していましたが、
茶色くしおれていなくて、ちゃんと白く綺麗なままでいてくれました!!。
咲きだした後に雪や霜の影響を受けると、茶色く変色してしおれる事があるのですが、
まだ咲きだす前だったようで、殆んどの株が何とか持ちこたえていました。

「水芭蕉」は、湿地帯に群生して咲くサトイモ科の多年草本。白い花びらのような所は
実は花ではなく「仏炎苞」と呼ばれる苞なので、仏炎苞の中央にあるのが、小さな花が
集まった「花序」らしいです。

f0182173_10115635.jpg
こちらは先週の「一の瀬園地・まいめの池」です。こちらも出て来ています!
一の瀬園地は、先程の「宮の原群生地」よりも標高が高いので、まだまだこれからです。
たぶんゴールデンウィークの連休には、ちょうど満開となるような気がします!

f0182173_1012458.jpg
ここ一の瀬園地では、満開となる頃は水芭蕉だらけになるぐらいになります!
生え過ぎて、ちょっとありがた味がなくなるぐらいです・・・・。
奥の方の「女小屋の森」や「オソメジッケ」も観賞ポイントとしてお薦めです。


この時期の、山に春が来て最初に咲きだす花である「水芭蕉」を見に乗鞍高原に来て下さい!
晴れた日には、乗鞍岳をバックにした水芭蕉の綺麗な写真も撮れたりします!。
スプリングバンクでもご来店お待ちしていま~す。


そして最後に、偵察時に出会ったヤツ、
f0182173_10145316.jpg
「カモシカ」さんです・・・・。 
このカモシカさんも、実はシカではなくてウシ科の動物なんです・・・・。
出会うと、こちらを見てジッ・・・と動かなくなりますが、近寄らないで、ソッとして
おいてあげて下さい。 森の中の穏やかで愛らしいヤツなんです・・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-04-25 10:12 | 山の風景

クライミング indoor

昨日までのスプリングバンクの定休日は雨・・・・。
この春はなぜか僕たちの休日である木曜日に限って
雨なんです・・・。雨では山に登って遊べないので、一路
松本市へ下山してクライミングジムの壁を登って遊びました・・・。
f0182173_11135632.jpg
松本市にあるボルダーリングパークの、「エッジ&ソファ」です。
ここはロープを使うような高い壁は無いのですが、奥に広~くて
いろんなルートがあり、早い時間は混み合うことがないので、
僕たち初心者には良いです。

f0182173_11141249.jpg
前回は、オープンしてスグの3月下旬に行きましたが、敢え無く敗退
したルートがあるのです・・・。なので今日は、前回完登出来なかった
ルートに、腕が疲れていない最初から挑戦してきました~!

f0182173_11143122.jpg
K8 の、オーヴァーハングへの挑戦です・・・・。キノコ正面という場所の
ルートのオレンジラインは前回登れないところがありましたが、今回彼は
全て完登していました!!!

f0182173_11143956.jpg
なぜかボディバランスが良くて、スルスルっと簡単そうに登って行くK8 !。
天性のセンスですかね?!・・・・。僕が苦労して登れないルートも完登して
ました・・・・。どこかで習った彼曰く、オーヴァーハングでは、足が離れない
のがポイントらしいです。

f0182173_11145841.jpg
負けじと、僕もオーヴァーハングのルートに挑戦ですっ!!
彼と同じルートに無理やりですが登ってみました・・・。何とか今回はチカラ技
を使って完登出来ましたが、本当はもっと綺麗に登りたいと思いました・・・。

f0182173_111567.jpg
約3時間程いろんなルートに挑戦していました。 楽しすぎて、アッという間に
時間が過ぎてしまいました~。少しぐらいは上手くなっているのでしょうか??
本当は一度ガイドさんなどに教えてもらいたいと思う、僕たち初心者でした・・・。

たぶん、また雨の休日となったら、「エッジ&ソファ」に行ってると思います。
みなさん、また宜しくお願いします~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-04-24 11:22 | 趣味の部屋

ワイン 73

今日は、今週テイスティングした珍しいワインをご紹介
したいと思います・・・・。

「パイパースブルック、ピノ・ノワール」2007年です。
f0182173_102804.jpg

今回は、いつもの僕たちが好んで飲んでいるブルゴーニュや
カリフォルニアとは違い、オーストラリアの南東に浮かぶ島!、
タスマニア島産のピノ・ノワールのワインです。

ピノ・ノワールというブドウ品種は、デリケートで栽培や醸造が非常に
難しい品種なのでどこの地域でも良いワインが出来るというワケでは
ないので、世界中のどこでも栽培されているわけではありませんが、
最近は気候変動のせいなのか、ニュージーランドやこのタスマニア島
で栽培が始まっていて、醸造技術の発達もあり、ここ近年は素晴しい
ピノ・ノワールのワインが生まれています。

この「パイパースブルック」社はタスマニア島では大手会社で、この島の
ピノ・ノワールワイン総生産量の約半分程をも造っている会社なのです!
ピノ・ノワールには最適な、冷涼な気候の「パイパース渓谷」で造られる
ブドウから殆どのワインが醸造されているので、このパイパースブルック
のワインは、常に専門家の間では評価が高いのです!・・・。そしてこの
会社を立ちあげた「アンドリュー・ピリー」博士が基礎を作ってきているので
難しいピノ・ノワールの栽培&醸造にも慣れたもの。そんなタスマニア産
のピノ・ノワールです。
(現在はピリーさんはパイパースブルックにはいません・・・・。'98年に
 退社されています~。あしからず・・・。)


僕たちには珍しいオーストラリアワイン、しかもタスマニア産のピノ・ノワール、
一体どんな味わいのピノ・ノワールなのか?! いざっオ~プンですぅ~。
f0182173_10281041.jpg
最近流行りのスクリューキャップで、カチッとオープンです・・・・。(とても簡単
ですが、ちょっと物足りない気がします・・・・。) 開けてスグからこのワインも
非常に良い香りがします! オークのニュアンスが全面に出ているワインで、
ロースト香がバランス良く合わさっています~。 時間が経ってもあまり香りの
変化が無くて、開けてスグから良い香りで、そして最後までしっかりとオークの
ニュアンスのあるワインでした。 これで3千円! とても美味しかったです~。


オーストラリアのワインも最近は素晴しいワインが生み出されて来ています!
これからは僕たち「安旨ワイン探検隊」も、オーストラリア産などのいろ~んな
地域のワインも飲んで行きたいと思っています。これからも宜しくお願いします。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-04-23 10:40 | お店のご案内

アースデイに桜咲く!

本日、4月22日は、「アースデイ」です!!
(松本市では、5月1日に市内の公園でイベントが行われるらしいです・・・・。)
f0182173_22312585.jpg
「アースデイ」とは何か?というと、"地球の日"、地球との繋がりを通じて
自然環境を考える日という、世界規模の環境保護イベントなのです。

アースデイの詳しくは去年のブログをご覧ください!→「アースデイ」
「アースデイ」とは、だれもが自由にその人個人の方法で、地球環境を守る意思表示をする
国際連帯行動、ということらしいです。 別に何も難しいことはなく、自然環境考えるという
キッカケみたいなことだと思います・・・・・。

それならば、僕達にも出来ます!!
まずは自然について考え、知って、エコに行動すれば良いのだと思います・・・・。
という事で、今日の雨の休日に山には行けないので里山の桜を見に行きました。
f0182173_22313647.jpg
松本市と乗鞍高原の間にある里山地域である「島々」という地域では、
今、桜が満開となっています!! 桜並木全部が満開で、すごく綺麗です~!!

f0182173_22314540.jpg
川沿いの桜並木が本当に綺麗で、思わず見とれてしまいます・・・・・。

f0182173_22315345.jpg
乗鞍高原内の「山桜」の開花は、ゴールデンウィークぐらいとなりますので、その時期に
どこかに遊びに行こうと考えていらっしゃる方は、都会で終わった桜の花をもう一回見に、
乗鞍高原にいらっしゃいませんか~?!

スプリングバンクでは、いつでもご来店お待ちしていま~す!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-04-22 22:32

アンソニー君、屋外へ登場

今日は気持ち良く晴れて、やっと春のように暖かい日になりました~!!
f0182173_21435296.jpg
昨秋に撤収しておいたテラス用のテーブルセットを出しました。
半年ぶりに外に出るチャンスがやってきたアンソニー君、嬉しそうです。
今年もママの手作りケーキセットのご案内をする係に任命されました。
日光浴が大好きなゼラニウム達も店内から出動してきました。

f0182173_21441230.jpg
地元の組合でお花を植えている歩道の花壇では、スイセンの蕾が膨らんできました。
黄色い花が、乗鞍高原の幹線道を染め上げる時期になりました。

f0182173_21443276.jpg
オオイヌフグリも咲き始めました。
里でも山でも、可憐な姿で咲いているのでお馴染みですね。

f0182173_2145164.jpg
お店の駐車場のタラノキの芽もちょっと膨らんできたかな~? 
トゲトゲしさは一年中変わりませんが・・・・。これからは山菜の季節ですね~。

f0182173_21464084.jpg
マユミの新芽が登場です。
春は木々の葉がこんな風に広がっていく途中の姿を見るのが大好きです。
新鮮で力強くて、頼もしい・・・そんな感じです。

f0182173_21465684.jpg
よ~く見ると、葉の奥に花芽も顔を覗かせています。
丸い小さな玉状の赤ちゃん達です。

f0182173_21471956.jpg
一の瀬園地のまいめの池の方へ行ってみました。
この間降った雪のせいでしょうか? 水芭蕉はちょっと元気がなかったようです。

f0182173_21473730.jpg
でも、GWにはたくさんのお客様を楽しませてくれそうですよ~
開花のタイミングは、今年もピッタリではないでしょうか?
GWには、まだまだ真っ白な乗鞍岳と水芭蕉、木々の芽吹きが眩しい乗鞍高原に
是非お越し下さい。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-04-21 21:45 | 山の風景