<   2010年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

自転車で乗鞍岳を走る~!

この集中豪雨のような激しい梅雨の中の、先週の晴れた日に偵察を兼ねて行っていた、
乗鞍エコーラインの自転車ヒルクライムでの、現在の状況報告をしたいと思います・・・。
f0182173_133921.jpg
今日は事情により車が無いので、お店(番所)からのスタートとなりました。
朝は良く晴れていてサイクリング日和となり、とても気持ちの良いライドでした~。
これは夜泣き峠上ぐらいの所の、乗鞍岳が正面にみえるストレートな道の所です。
(今回はセルフタイマーによる自作自演の画像なので、良くない画像はご了承下さい・・・)

f0182173_1332798.jpg
三本滝~カモシカゲレンデを越えた所です。頑張って登って行きます・・・・。
ここまで来ると、乗鞍岳山頂に雲がかかってきてしまいました・・・・。
朝はあんなに晴れていたのに、とぉ~っても残念です!・・・が、仕方がありません、
さらにペダルを漕いで前(上?)へと進んで行きます・・・・。

f0182173_1333545.jpg
冷泉小屋手前の、九十九折りの急登カーブの連続するセクションにさしかかります。
ここはかなりの登り坂で、ペダルを止めて自転車から降りてしまうと乗れなくなるぐらいです!
僕は、この九十九折りセクションが、乗鞍ヒルクライムが上手くいくかどうかのポイントだと
思っています。なので僕個人的には、ギアを軽くしてペダルを回して登って行きます・・・・。

f0182173_1335752.jpg
冷泉小屋を越えました~。山が下にみえてきて景色が開けてきます。
ここまで来ればかなり標高が高くなり、雲上の人となっていきます・・・・。

f0182173_134954.jpg
いつも冬に山スキーでお世話になる「位ヶ原山荘」に到着ですぅ~!2/3 は来たと思います。
ここで、標高2350mになりますので、息が苦しくてだんだんと空気が薄いのが感じられます。

f0182173_1341756.jpg
位ヶ原山荘を越えてもう一段階登って行くと、まだ雪の壁が残っていました~!!
大雪渓手前のここまで来ると、残雪の影響もありますが、さすがに寒いっ!寒いです!!
おまけに雲の中で真っ白なので、景色がぜんぜん見えませんでした・・・・。
でも、大雪渓の駐車場までは道路状況は大丈夫でした。自転車の偵察はこれで完了です。

明日から「乗鞍高原~畳平」間のエコーラインが開通します! まだ雪が多いので、正式には
7月3日からの夏ダイヤでの運行となるらしいので、バスの時間はアルピコにご確認下さい。




そして、明日7月1日は、スプリングバンクの11周年記念日となります~!!
1日は木曜日で定休日となりますが、2日(金)~4日(日)は創立記念日として、
日頃お世話になっているブログ読者のみなさんに感謝の気持ちとして「カクテルグラス」or
「ショットグラス」をプレゼント致します! ご来店をお待ちしていま~す!!
これからも「Cafe' & Bar SpringBank」を、宜しくお願いします。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-06-30 13:40 | 山の風景

しっとり~ジメジメ

乾燥していることが売りの乗鞍高原。梅雨の時期でも、しっとりという程度のはずですが・・・
ここ数日の湿気は何事か・・・と思うほど、じっとりしています。さぞかし下界は苦しかろう・・・・と気に病む日々です。
f0182173_2013213.jpg
雨上がりにお散歩していたら、「ホオノキ」の大きな葉の上に雨粒がコロコロと乗っていました。ガラス玉のようにキラキラ輝いて綺麗です。

f0182173_203571.jpgf0182173_2031941.jpg







「ギンリョウソウ」は半透明のその姿から「ユウレイタケ」という別名があるそうです。ジメっとしたこの時期に毎年現れます。キノコたちもすくすく伸びてきます。怖いので決して食べません。

f0182173_20111654.jpgf0182173_20113336.jpg







「ノイバラ」が咲き始めました。花数が多い木なので、こんもりと白く咲いた全体像も美しいですし、一つ一つの花をアップで見ても綺麗です。乗鞍高原の夏に欠かせないお花の一つです。

f0182173_2015485.jpgf0182173_20152240.jpg







「ササユリ」の蕾が目立つようになってきました。まだ黄緑色のものから、ピンクに色付いているものまで、個体によって様々です。

f0182173_2017324.jpgf0182173_20172086.jpg







開きかけの花も、ちょうど咲いたばかりの花もありました。
毎年楽しみにしている美しいユリです。
花色の濃いもの、薄いもの、それぞれの美しさを感じます。

f0182173_20195221.jpg
最後に先週の貴重な晴れ間に撮影した画像です。
標高1600mにある牛留池に映る残雪の乗鞍岳・・・一年で一番美しい姿かもしれません。
池の水面がピタッと止まった無風の日にしか見られません。
牛留池では「ルリイトトンボ」や「カオジロトンボ」が元気に飛び回り、姿を見せない「モリアオガエル」がゲコゲコ鳴いています。

鬱陶しいはずの梅雨にこんな景色を眺めることのできる有り難さ・・・ヒシヒシ感じます。
街の湿気と喧騒から脱出して、こんな高原で過ごしてみませんか?
たくさんの方のお越しをお待ちしていま~す。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-06-29 00:10 | お花

ワイン 84

カラ梅雨か?と思われた今年の6月初旬・・・・、しかし先週から
梅雨前線は猛威を奮い、九州地方ではまた記録的雨量らしい
ですね!・・・。ここ乗鞍高原でも、今までに無いぐらいの湿度で
ムンムンしています! 本当に異常ですね・・・・。 そんな、蒸した
雨の日に室内で出来る楽しみとして、良いワインをゆ~っくりと
飲んでみました~・・・・・。

今回のワイン、「トルブレック、ウッドカッターズ、シラー」2008年です。
f0182173_1033348.jpg
「トルブレック」は、オーストラリアの南東にあるバロッサヴァレーで
造られるワインです。

造り手は「トルブレック」ワイナリーの「デヴィッド・パウエル」さんです。
彼はほぼ独学でワイン造りを学んできて、フランスはローヌ地方の、
「ポール・ジャブレ・エネ」や、「ジャン・ルイ・シャーヴ」たちのワインの
「エルミタージュ」を飲んで感動したのが、ワインを造り始めたきっかけ
となったらしいです・・・。「トルブレック」という名前は、オーナーである
「デイヴィット・パウエル」さんがスコットランドできこり(Woodcutter)
をしていた時の、思い出深い「森の名前」に由来しているらしいです。

「トルブレック」の歴史はまだ無いようなもので、1994 年からワインを
造りをスタートしてます。 しかし、この10年と少しで「デイヴィッド」さんは
ローヌの影響を受けたオーストラリアの赤ワインの傑作を生み出す天才
として、瞬く間にワイン評論家の中でも驚きと噂の的としてその名はスグ
に知られるようになって行きます!! 彼の造る最上級キュヴェである
「ランリグ」や「レ・ザミ」などは、 パーカー氏の100点評価でも平均点で
97点にもなっている程なのです!!

今回の「ウッドカッターズ・シラー」は廉価版のワインでありながら、この
2008年に限っては最上級ワインである「ランリグ」のブドウが、ちょっと
フルーティー過ぎる、早飲みな感じという事だけで、この廉価版のワイン
「ウッドカッターッズ」に回されたモノらしいですっ!!ですので、事実上、
最上級ワイン用のブドウで造った、2千円の廉価版ワイン!という事に
なります~!!


その味わいはどうなっているのか!!! 僕たち「安旨ワイン探検隊」が
これを見逃すハズはありません!! いざ、オ~プン~~!!です・・・・。
f0182173_10334388.jpg
スクリューキャップを回してオープン・・・・、このワイン、開けてスグから
スバラシイ香りがグラスいっぱいに広がって行きます!! こんなに
強烈に立ち上がる香りは久しぶりです!とても濃い味わいで、カシス?
やチェリーなどのフルーティーさにスパイシーな感じもします。程良い
オークのニュアンスもあって、とても良いバランスでとても美味しいです~。
久しぶりに香り立つワインを飲んだ気がします。美味しかったぁ~~・・・・。

これには、僕たちも高級ワイン「トルブレック、ランリグ」の片鱗を感じれた
気がしました・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-06-28 11:04 | お店のご案内

モルトウイスキー・ご紹介

今回は、来週7月1日の「Cafe' & Bar SpringBank」の11周年日に向けて、
珍しいモルトウイスキーを取り寄せたので、ご紹介したいと思います・・・・。
f0182173_9412434.jpg
「グレンドロナック、ダグラス・レイン、14年」です。(画像が見辛くてスイマセン)

スコッチモルトウイスキーで、「グレンドロナック」という銘柄はそんなに珍しくないのですが、
このボトルは、工場が直接売り出すオフィシャルボトルではなくて、「ダグラス・レイン」社
というボトラーズ会社が売り出すボトルなのです。そして「グレンドロナック」のウイスキーは
通常は、他の会社にボトリング前に樽で売り出す事がほとんど無いので、ボトラーズ会社から
売り出される「グレンドロナック」というモルトウイスキーは非常に珍しいのです!・・・・。

f0182173_9413357.jpg
そして、ダグラスレインのボトルの、限定赤ラベルで、「パッシェンディール」戦いに捧げる
限定ボトルなのです。赤い文字のラベルがちょっと見辛い画像ですが、左下側に
「Exclusively for the Passchendaele 」と、書かれています! 右側にはケルト十字の
紋章が入っています。 そして余談ですが、日本では90本限定です!!・・・。

味わいも、やはりグレンドロナックらしく、ヴァニラクリーム、バタースコッチ、ココアバター
系の香りが良い甘さを引き出しています。クリーミーな甘さが特徴のウイスキーに仕上がって
いて、とても美味しいです~。ぜひこの「グレンドロナック」ご賞味下さい!

f0182173_9414122.jpg
ダグラス・レイン社のボトルは他にもいろ~いろあります。「Cafe' & Bar SpringBank」
では、ダグラスレインのボトルは長期熟成品が多いです。この冬に開けたタムナヴリン40年
もあります!! よろしければ、これも是非飲みに来て下さい。

f0182173_9415576.jpg
そして、今日の冒頭にも書きましたが、「Cafe' & Bar SpringBank」は、7月1日で
11周年となります!。ここまでお店が潰れずに営業できたのは、ひとえに皆様のお蔭だと
思っております・・・・。なので、7月2日(金)から7月4日(日)までにご来店頂いたお客さんに
この「アードベッグのショットグラス」を先着順にプレゼント致します!(数に限りあります)
ご来店の時に、「11周年」と言って下さい。このグラスをプレゼント致します・・・・。
(7月1日は木曜日なので定休日となります・・・・。なので2日(金)から~4日(日)までです。)

みなさんの、この日のご来店をお待ちしています。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-06-27 10:09 | お店のご案内

登山道へ

乗鞍高原温泉スキー場から始まっている乗鞍岳登山道に行ってみました~。
ずっと、どんな道なのか気になっていたのです。やっとチャンスが巡ってきました。
f0182173_12422134.jpg
鳥居尾根の斜面の途中から登山道に入ると、カラマツの植林地の中を歩いていきます。
何箇所か樹が途切れて視界が広がり、こんな眺めになります。冬にマスターがルンルンで
滑っているパウダーゾーンも見えます。

f0182173_12423758.jpgf0182173_12425472.jpgf0182173_12431293.jpg









足元には次々に高山植物が登場します。
左が「ツマトリソウ」、中央が「ジンヨウイチヤクソウ」の蕾、何度も立ち止まっては見入って
しまいます。もちろん、「マイヅルソウ」や「ゴゼンタチバナ」も咲いています。

f0182173_12432242.jpgf0182173_12531369.jpgf0182173_12534272.jpg









途中に大きな岩が並んでいる所がありました。誰かが合図をしたように、草木の植生が
変わったりする不思議な境界線を感じながら進みます。
中央が「イワカガミ」、右が「ショウジョウバカマ」、高原ではすっかり終わった春の花が
ここでは今頃咲いています。

f0182173_12435874.jpgf0182173_12441272.jpgf0182173_12442625.jpg






2時間ほど登ると、エコーラインの車道に出ます。そこからは、登山道と車道を何回も出入りしながら登ります。
以前よりずっと数が増えたように感じる「ノビネチドリ」、小さいけれど淡いピンクの花が可憐な「イワナシ」、「ウラジロナナカマド」にはもう咲いているの?と声を出して聞いてしまいました。

f0182173_12444066.jpgf0182173_12445881.jpg







この日、一番ラッキーだったのは、「クロツリバナ」を見つけられたこと。
古い書籍で乗鞍にも植生していることを知ってから、ずっと探していました。
数年前にアルバイトのYが、MTBで山頂へ行った時に撮ってきてくれた赤い実の画像が
何なのか分からずに悩んでいたので、スッキリ解決しました。

f0182173_12451564.jpg
4時間ほどかけて登山道を歩いて、位ヶ原山荘に到着でした。
天気は最高に良かったのに、岐阜県側のスカイラインが通行止めだったようで、雪渓にも
人はあまりいませんでした。
標高差約800mの登りですが、何度も行ってみたいと思う道でした。
帰りは春山バスで下山しましたが、登り足りない人には山頂までの登山道も続いています。
雪が溶けたらこちらもお薦めですよ。高原内ではお目にかかれない植物や鳥たちが迎えて
くれます。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-06-26 13:00 | お花

クライミング、再開・・・・。

いきなりでクライミングのやり過ぎなのか、仕事である料理で包丁の振い過ぎか・・・・、
原因が分からないK8 の指の痛みの手術が、無事成功してから2カ月が経ちました・・・・。
もうそろそろイケるんじゃないかな~??と思い、今回かなり久しぶりに行ってきました!
f0182173_9152833.jpg
仕事をサボって!クライミングをしに、ロックジム「 H 」さんへ行きました~。
この猫はノラ猫だと思いますが、いつも僕たちが行くときに近寄って来てジャれてきます。
愛想のないヤツで、いつもブスッと不満そうに見える猫ですが、近寄って来ては僕たちの
下手なクライミングに対して声をかけているように思えてしまいますね・・・・。

f0182173_9154249.jpg
まずはK8、かなり久しぶりなので腕ならしでボルダ~リングっ・・・・。
しかし、彼はスグにギアを上げていきます・・・・、やはり上手いですね。

f0182173_9155336.jpg
続いて僕も、かな~り久しぶりなので勘を少しでも取り戻そうとボルダ~リング・・・・。
番号の付いているホールドを頑張って追いかけるのですが、それだけでも精一杯です。
この日の僕は超久しぶりなので、スグに腕がパンプアップしそうでした!・・・ヤバイです。

f0182173_9161233.jpg
そして今回は、いつも上手い人達がいる2Fのオーヴァーハングに挑戦してみました!
登るたびに、どんどんペースアップしていくK8 !

f0182173_9162758.jpg
K8 は、難しいルートを制覇するのがとても面白いみたいです。
この日もこの難しいオーヴァーハングのルートを果敢に攻めていました・・・・。

f0182173_9163674.jpg
そして僕もヤラれっぱななしはマズイだろうと、同じルートに挑戦しました・・・・、
が、K8 と対照的に、僕はどんどん疲れて行きます・・・・。

f0182173_9165085.jpg
それでも何とか、最後の一手までは到達しましたが、ラストが最後まで掴めなかったです。
この画像では、多分クロスしている手の順番が間違っているのかな~?と思います・・・。

f0182173_9165717.jpg
そして、約2時間半ぐらいでスグに腕がパンプアップ(腕が疲れて握れなくなった状態)
してしまって、自分達がまだまだ下手なのを実感させられてしまいました・・・・。
いつも思い知らされてしまいますね!・・・・。 でも今回は「久しぶりだった!」と言う事で
言い訳しておきます。 また近いうちにクライミングの練習をしていきたいと思います。
あぁぁ~~~楽しかった!!



(追伸、今日6月25日は、マイケル・ジャクソンの一周忌の命日となりました・・・。
 僕たちは山に居て何も出来ませんですが、マイケルは永遠に伝説となりましたので、
 今日だけでも MTV などの特集で彼の曲を聞いて、偲びたいと思います。)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-06-25 09:17 | 趣味の部屋

さらに!燃えた乗鞍!!

先日、ピンク色に染まった乗鞍の夕焼けをお届けしましたが、また昨日の夕方に、
今度は文字通り、燃えるような空一面真っ赤に染まる夕焼けが出ました~!!
f0182173_10585485.jpg
お店のオープンの7:00頃に、だんだんと空が黄色~オレンジに色付いて行きます。
そして、その後約10分間ぐらい、空が真っ赤に燃えるように色付きました~!!
f0182173_1059345.jpg
f0182173_10591138.jpg
f0182173_10592281.jpg
画像の左~中央の下の方に乗鞍岳が雲に隠れて見えるでしょうか?・・・・。
今回は、とにかく素晴しい燃えるような赤~オレンジ色がでました! 感動的でした!
最近は梅雨空で、上空に薄い雲が多いみたいで、それが夕焼けになって空一面真っ赤に
なっていくみたいです・・・・。まるで赤いオーロラを見ているように雲が動いて行きます!

f0182173_1059325.jpg
そして北の空からいろんな雲が出てきで、昨日の夕焼けショーが終了しました・・・・。
雲の出方もさまざまで、雲の動き方でも色付き方が違います。思わず見とれてしまいました!

また、こんな空一面真っ赤に染まる、乗鞍の夕焼けを見に来て下さ~い。
その後は、スプリングバンクで、その日の夕焼け色のカクテルでもいかがでしょうか??
ご来店、お待ちしています。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-06-24 11:10 | 山の風景

ワイン 83

今回のワインは、ついに先週飲んでしまった、
K8 の憧れだったワインです!・・・・。

今回のワイン「モレ・サン・ドニ、クロ・ソルベ、
ジャッキートルショー」2003年です~!!
f0182173_10361425.jpg
このワインは、フランスはブルゴーニュ地方の銘醸地である
「モレ・サン・ドニ」村の1級畑「クロ・ソルベ」のワインです!!

造り手は「ジャッキー・トルショー・マルタン」さんです。 彼は
自らを「ヴィニュロン」=農家と言い、自分が耕した畑のブドウ
からしかワインを造っていません!なので、他の畑のワインも
クラス以上の味わいが感じられるらしいです。

そして、この「トルショー・マルタン」さんも、2005年を最後の
ヴィンテージに、他の人に畑を売却してしまい、ワイン界から
引退されてしまいました!!・・・。 と~っても残念なのですが、
「ジャッキー・トルショー」さんのワインは、無くなってしまえば
永遠に飲めないデッドストックワインとなってしまったのです!
なので、ワインマニアの中でこのワインは希少性の高いものと
なっているのです!

「クロ・ソルベ」という畑は、モレ・サン・ドニ村の南側にある1級
畑で、「トルショ-マルタン」お爺さんが自分でブドウ栽培をして
いる5つの1級畑のひとつです。ワインには、およそ、1/3程の
新樽を使用して、18ヶ月~24の熟成をさせます。あまり樽香を
付け過ぎないでナチュラルなワインを目指して造っていたらしい
ですね・・・・。


K8 の憧れだったこの「ジャッキー・トルショー」さんのワイン・・・、
もうすでに結構希少になってしまっていますが、現在はまだ探して
買えるぐらいの値段なので、思い切って買ってしまいました~!!
それでは・・・・、いざっ、オープンです!
f0182173_10362385.jpg
開けてすぐから、素晴しいピノ・ノワール特有のイチゴの香りがグラス
中に広がります~。森や土のような複雑な香りもあり、非常にバランス
が良く、味わいもとても滑らかです!特に!オークの樹の香りは樹の
ストレートな香りじゃなく、雨上がりの森のような複雑な香りで、それが
果実感と共に非常に良いバランスを醸し出していました!。 洗練された
ブルゴーニュワインというような、噂に負けない素晴しいワインでした。


僕たち「安旨ワイン探検隊」と言えども、今飲んでおかないと今後永遠に
飲めなくなるワインは、出来るものなら飲んでおきたいと思っています・・・。
(ジャイエは無理ですが・・・・) まあ、出来るだけ頑張ります~~。
これからもよろしくお願いします~~・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-06-23 11:09 | お店のご案内

燃える、乗鞍高原!

昨日の夕方、お店をオープンしようとして外に出てみたら・・・・、空が燃えていました!
f0182173_1011281.jpg

f0182173_1012091.jpg
空を見上げると、心が溶けて吸い込まれそうになるような、淡いピンクで染まった空!
いつもの燃えるような赤~オレンジではなく、紫とピンクの狭間のような、甘く切なく、
そして、か細く儚いような色付き方でした・・・・。

いつもの夕焼けが色付く西の空ではなくて、昨日は南側の空が焼けていました・・・・。
f0182173_1013016.jpg
オーロラのようとまでは言わないですが、見ている間にも刻々と色が変わって行きます!
そして、いつも通り約10分ぐらいの、とても短い、一瞬の「夕焼けショー」でした。
こんな乗鞍高原の空を眺めていると、とてもセンチメンタルな気分になります・・・・。

f0182173_1013892.jpg
今日のラストショットは、「飛行機雲にまで付いたピンク色」です。
実際はもっと濃いピンク色だったのですが、写真に撮るとちょっと薄いですね・・・・。
まるで、赤い龍が空を登っているような感じに見えました! (失敗ですね・・・)


年に数回、乗鞍高原では、空一面が燃えるような夕焼けになることがあります。
こんな夕焼けを見に、乗鞍高原に来てみませんか~。ご来店もお待ちしていま~す!
(前回の夕焼けの様子は、→ ココ「SpringBank」をクリック~!)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-06-22 10:02 | 山の風景

アンソニーのこだわり

この梅雨の時期、乗鞍高原は山岳地域なので、どんより
曇ったり雨が降ったり・・・・。わずかな晴れ間を利用して、
僕たちは頑張ってアウトドアな遊びを楽しんでいますが、
・・・・・・・・・・、、、。
f0182173_1015211.jpg
しかし、お店のマスコット「クマのアンソニー」は、ヒマがあれば
スプリングバンクのテラスのイスに座ってダァラァ~~~・・・・、
っとダラけて、ゆっくりしています・・・。 昨日もこんな感じ・・・・。
これが、いつもの風景になってしまいました・・・・。  が、

f0182173_10155896.jpg
しかし、普段はこんな感じのダラけ者のアンソニーなのですが、
スキーのメンテナンスと言えば、しっかりと働いてくれるのです!
この仕事だけは他のヤツには譲れませんっ!!、とばかりに
張り切って働いてくれています。

今日も、我儘なスプリングバンク店長の長い長いスキーシーズンが
最終章間近という事で、もうこの時期には使わないゲレンデ用の
スキー板をメンテナンスをして、「2010シーズンはお疲れ様~~、
来シーズンもよろしくね~!」と、ねぎらいながら、せっせと片づけて
いました・・・・。

f0182173_1016712.jpg
もちろんスキーの保管用ワックスも、指の無い手を巧みに使って
ホットアイロンを使って、頑張って塗ってくれていました!・・・・。
彼のこだわりは、大豆100%原料のワックス「Magical Go Go」
です。 やはり彼はそうはいっても動物なので、自然を大切にしよう
という精神があるみたいです・・・・。

そして、店長のスキーシーズンは、アンソニーの予想では多分もう
あと1回ぐらいだと言っています。もう梅雨なので、天気が悪かったら、
雨が降りまくって雪が融けてしまったら、前回の17日の乗鞍岳山頂
スキーで最後になるかも?! とも言っています・・・。しかし、店長は
ラストはしっかりとシメたいと言っていますので、あと1回は行くのかな?・・・。
その時は、乗鞍ローカルの皆さん、あと1回!一緒にラストスキーに
付き合ってあげて下さい。 スイマセンが、宜しくお願いします・・・・。


乗鞍大雪渓でのスキーの後は「カフェ・スプリングバンク」でコーヒー
でもいかがですか~?? アンソニーもご来店お待ちしていますので、
会いにきてやって下さい~。よろしくお願いします。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-06-21 10:36 | 日常