<   2010年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

本の虫

今日は、スプリングバンク内で禁断と言われる、僕の「趣味の部屋」の扉を
開けて皆さんに少しご紹介したいと思います・・・・。

実は僕はかなりの「本の虫」で、本を読むのが大好きなのです!・・・。なので、
今回の「趣味の部屋」は、最近読んだ本の事を書きたいと思います。

f0182173_1346592.jpg
1冊目は「世界のビール図鑑」です!
これはスゴイですよ!! 世界中のビールが日本未入荷のモノまで全ページカラーで
掲載されています~!! うぅ~~スゴいっ!! 飲みたくなってしまいます!・・・。
僕はこのブログでワインをいろいろ書いていますが、実はビールも大好きです!!
海外旅行に行ったら必ずその土地のビールを探しますね。スプリングバンクでも、
いろんなビールを出して行きたいと思っているので、この本は本当に助かります!
お店のバイブルになりそうです!!

f0182173_13471285.jpg
2冊目は「となりのツキノワグマ」です!
今年は本当に全国でクマの出没被害が多かったのですが、僕はいつもそのニュースを
みるたびに、まことしやかに専門家が言う「山で食べ物が少なくて里に出る」と言う
話や「里山の間伐をしないから境界線が無くなって来た」という話を、本当かな~??
と疑って思っているのです!で、この本は写真家の方が同じ疑問を解決しようとして
5年もの歳月と言うを某大な時間をかけてクマの観察をして、事実と結論に至ります! 
この本によると、実は、今まで皆さんが思っているクマの常識は通用しないらしいです! 
これ以上詳しく知りたい方は、この本を読んでみて下さい。お店にあります。

f0182173_13472468.jpg
3冊目は、雑誌「SPRAY」です。
バックカントリースキーを愛して止まない僕達は、この手のパウダースキーの雑誌が
大好物ですっ!! それだけでも買うのですが、今回は「雪崩事故」の記事で、去年
起きた乗鞍高原~乗鞍岳の雪崩事故の記事が出ていまして、そこに使われている写真は
僕が事故の次の日に行って現場調査して撮って来たモノです!。 冬山登山をする方や
バックカントリースキーヤーの人は、ぜひ一読してみて下さい。

(偶然にも、今日11月30日の朝に「立山」で大規模な雪崩事故があり、死亡者も
 出ているらしいです・・・。みなさんもお気をつけて冬山を楽しみましょう。詳しくは
 コチラをご覧ください。→ 「雪崩」

f0182173_13473480.jpg
最後の4冊目は「一歩60cm で地球を廻れ」です。
これはみなさんも御存じの、吉本の芸人「間寛平」さんが地球を走って廻るという
偉業「アースマラソン」に挑戦されている事のいろんな裏話が載っている本です!
僕も、いつも「アースマラソン」のホームぺージを見て寛平さんを応援しています。
そして、まるで人生の中を走ってるかのように、地球一周をリアルに走っている
寛平さんをスゴイと思います!・・・・。それはたぶん羨ましいんだと思います。

狂気のようなまでの純粋さに導かれて、いとおしい程の情熱で、彼は走っています!
人は、そうやって一瞬一瞬を生きるのだと、この本を読んで僕は思わされています。
一つの出会い、一つの想い、一つの歓喜、一つの挫折、そして一つの別れ。
それらの一瞬一瞬は宝物となって人の人生を彩るのだと改めて気付かされてます。
そんな風に、やりたいことをやらずには済まなくて、それに賭けられる人の人生は
くるおしい程に幸せなのだろう、と僕は感じるのです!・・・・。

間寛平さんのアースマラソンの公式ホームページはコチラ→「アースマラソン」

スイマセン、僕の「趣味の部屋」での、禁断の独り言でした・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-11-30 14:14 | 趣味の部屋

雪、キタ=--=!!

昨日からの寒波&低気圧のおかげで、ここ乗鞍高原にも雪が降って来ました=!!

f0182173_1064151.jpg
今朝のお店のようすです。分かりにくいのですが、屋根の上にうっすらと1~2cm
程度だけですがうっすらと積もって、少~しだけですが白くなりました・・・。
気温は-2℃で、雪は現在も降り続けていてだんだん大粒になってきていて、
深々と降っています! とてもイイ降りです!! 明日も期待できそうです。

f0182173_106532.jpg
お店の裏口からは、一面真っ白になっていました。落ち葉の上にはよく積りますね・・・。

f0182173_1071111.jpg
昨日の夜のスプリングバンクのテラスのようすです。フラッシュを使ったので
反射して、良く分からないですが、少~しだけ積もっています。昨日の夜は風が
強かったので、吹き飛んでしまっていてあまり積もらなかったみたいです・・・・。

f0182173_1072887.jpg
そして!、今日の朝からスプリングバンクのマスコットである「アンソニー君」は、
なんと!マフラーをしていました~!・・・・。寒くなってきたのでN から巻いてもらった
みたいです。「とても暖かい~~、カワイイしオシャレ~」と、大喜びでした~・・・・。


たぶん今日~明日にかけて、もう少し積もりそうですね! 僕は大いに期待しています!
雪の女神さま、僕の全てをあなたに捧げますので、大雪をお願いしま~~すっ!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-11-29 10:23 | 山の風景

ワイン 105

今日は朝から雪が舞っている乗鞍高原ですが、先週飲んだワインの
ご紹介です。

今回のワイン「カスターノ・ヘクラ」(10周年記念ラベル)2005年です。
f0182173_953694.jpg
このワインは、スペイン南東部のバレンシア郊外にある、ムルシア州の
「イエクラ」という地区で造られているワインです。

造り手は、「カスターノ家」です。世界的ワイン評論家のロバート・パーカー
さんが、このカスターノ家をベタ褒めしたのをキッカケに、この「ヘクラ」と
いうカジュアルワインは一躍世界に名が知れたらしいです・・・。 自社の
単一畑で栽培されている、「モナストレル」というブドウ品種で造られて
います!・・・。この品種はフランスでは「ムールヴェードル」という品種で、
スパイシーな感じがするワインが出来るようです。ステンレスタンク発酵
させて、50%のフレンチ・オークで熟成させているようです。

'95年から造られているこのワイン、2005年のヴィンテージで、ちょうど
10周年になり、このラベルも10周年記念の特別ラベルで販売されました。
こんな噂の安旨ワインは僕達としては調査しないワケには行きませんっ!
いざ、テイスティングです!!、、オ~プン~~~。
f0182173_9531554.jpg
開けてスグから非常に濃い香りがグラスい~っぱいに広がっていきます!
とてもパワフルな感じがします! 香りはブルーベリー系のジャムのようで
カシスのようでもあります。焦がしたようなロースト感もありますね。味わい
は酸味が良く出ていてやはりモナストレルと言う品種なのか、スパイシー感
もあります。バランスはまあまあで、それほどピッタリしているようではなく、
それぞれの香りや味わいが主張してくるので、濃いワインが好きじゃない人
にとっては、かなり重く感じられるかも知れません。

でも、これで¥1000-ぐらい! コストパフォーマンスは最高のワインでした。
濃い香りのチーズが良く合って、美味しかったです・・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-11-28 09:54 | お店のご案内

立山バックカントリースキー、②

今日のブログは、昨日の立山バックカントリースキーの続き、
「滑走編」です!!

f0182173_9512824.jpg
今年もここから、今シーズンのバックカントリースキーが
始まります!!・・・。山頂で少し休憩したあと、国見岳から
パウダーに覆われた斜面へと滑り込みました~!!

f0182173_9515317.jpg
まずはAK 君の、今シーズン初のライディングです!!
初スキーで初バックカントリーの立山、しかもパウパウの
パウダースノーですっ!!最初は久しぶりのスキーの感覚を
ゆっくりと確かめながら滑っていましたが、しかし!!っ
         ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
f0182173_9521530.jpg
その後の、ノールになっている程のパウダーの超急斜面では、
スピードに乗った気持ち良さそうなターンを刻んで、一気に
滑り下りていました~!! さすがはパウダージャンキーの
AK 君ですね~!! 美味しい所は外しませんっ!・・・。

f0182173_9522952.jpg
そして僕の滑りです。奥大日岳をバックにドッカ~~ンと
滑りました~!! メッチャメチャ気持ち良かったです~!!
BC初滑りからサラサラのパウダーで、こんなに気持ち良くて
イイのか?!と思うぐらいに本当に良い雪でした!!・・・・。
(その分、後で悪いことが起らないかな・・・?と勘繰ってしまう
ぐらいでした・・・・。) 

この画像は、AK 君が決死の覚悟でその超急斜面に張り付いて、
撮ってくれました~! ありがとうございますっ・・・・。

f0182173_9524773.jpg
素晴しいパウダーライディングの後は、風避けを作って、
楽しいランチタイムです~・・・・。

この日は時間がたくさんありましたので、お湯を沸かして
ゆっくりランチを楽しみました。ミネストローネのスープ、
おにぎり、チョコレートとコーヒーのフルコ-ス! なので、
今回の立山ツアーのガイドの「カエサル君」も大喜びして
ました~~?!・・・・。

f0182173_953893.jpg
そしてグルメのAK 君は、アルファ米でカレーライスを作って
いました!、素晴しいっ!! 「カモシカスポーツ松本店」で
オススメ品として売っていて以前から気になっていたあの!
「戸隠小舎のオリジナルヒマラヤンカレー」です!・・・・。
味わいはラベルに書いてあるように、スパイシーで辛口。
日本の一般的なカレールーのような味わいとは違いますね・・・。

この立山でパウダーをドッカ~~ンと滑って、その後この
雄大な景色を見ながらのランチ!! 本当に最高の気分で、
まさに僕たちへの神様からの贈り物か?、という感じでした・・・・。

f0182173_9532931.jpg
そして!、ランチの後も、まだまだ残っているノートラックの
パウダーを目指して登り返して行きますっ!!! もったいない
ですもんね~~!!・・・・。と言いながら、計3本も滑ってしまい
ました~。本当に最高に気持ち良かったんですよぉ~!!


次回はもう少し雪が積もったら、乗鞍岳バックカントリースキーも
始まります!! そしてこれから、スキーシーズンが始まります。
また滑り倒す日々がまた始まります!!
みなさん今シーズンも宜しくお願いしま~す!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-11-27 09:54 | 趣味の部屋

立山バックカントリースキー、①

今年は先週ぐらいから、いろんな知り合いの人たちから
「立山最高だった~!!」という話を聞いて、悔しさに
ギリギリと歯軋りばかりしていました・・・、が、やっと
僕も昨日の定休日に立山へバックカントリースキーに
行くことができました~!!
f0182173_10112238.jpg
毎年恒例となっている「立山初滑りツアー」・・・。今年も
快晴の天気で、最高に素晴しい雪に囲まれた立山の景色を
見ることができました! もちろんこれから準備をして、
スキー滑走のために頑張って登っていきます・・・・。
今年の立山ツアーがスタートですっ!!

f0182173_10121227.jpg
今回一緒に行ってくれたのは、相棒のAK くんです。
去年のこの立山スキーツアーから始まってこの1年、
いろんなバックカントリースキーツアーにお付き合い
頂いています~。クールな彼なのですがハートはかなり
アツいです!!今年の「立山スキーツアー」にも喜んで
付き合ってくれました~。

f0182173_10122453.jpg
そして本日のガイドは、スプリングバンク重役役員である
「カエサル」君です! 彼は今年から他の役員のみんなに、
僕たちスプリングバンクの付き合いでみんなが行くツアーの
ガイドを任命されて、夏の登山から今回の冬のスキーツアー
までを頑張ってガイドしてくれる事になりました・・・。今回の
立山ツアーも、カエサル君はスキーは出来ませんが、一緒に
付いて来てくれました。(頼りになるかどうかは、ご想像に
お任せします・・・・)

f0182173_10124894.jpg
年々スキーヤーの入山が多くなってきているこの時期の立山。
この日もたくさんの人たちが来ていて賑わっていましたので、
僕達は賑わいを避けて、「国見岳」の方へとパウダーを求めて
登っていきました・・・。バックに、立山の象徴である「雄山」を
見ながら、黙々と歩いて登っていきます。雪質はサラッサラの
パウダースノー!!、否が応でも滑りに期待が高まりますっ!・・・。
息が上がりますが楽しく登っていきました・・・。

f0182173_1013065.jpg
そして、1時間半ぐらい登って行くと、「国見岳」という峰の
山頂に到着しました~!!本日もヤリました~!! この日は
ここからいろんな斜面へと滑る事にしました。 

f0182173_1013135.jpg
山頂からは、見渡す限り、広大で最高の雪山の景色が360°の
パノラマで広がっていました~!! 正面には雷鳥沢~別山。
左バックには秋に登った剱岳も見えました~!!晴れた日の、
雪山の山頂から見る山岳景色は、本当に最高ですねっ!・・・・。

そして本日はここからこの景色を見ながらスタートします!!
雪質もこの時期にしては良い、サラッサラのパウダースノーを
これから滑るということもあり、高揚感はMAX ですっ!!
本当に最高の気分でした~。

「つづく!!」



スキー滑走&立山ツアーの続きは、明日のブログ「その②」で・・・・。
この後のスキー滑走はどうなるのかっ?!・・・・。乞うご期待っ・・・・。
宜しくお願いします・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-11-26 10:33 | 趣味の部屋

白い誘惑!

最近の乗鞍高原は雲ひとつない快晴の日が多くて、僕は毎日誘惑されています・・・・。
f0182173_14291395.jpg
何に誘惑されているのか??? 
それはこの白い雪を纏った乗鞍岳にです!!・・・・。
こんな青い空に白く浮かぶ美しい「乗鞍岳」が見えてしまう!と、この時期の
「滑りたい禁断症状」が出て、全身が震えてしまいますね!・・・・。
ヤバイですね・・・。滑りたくてたまんないですよね・・・・。

f0182173_14292147.jpg
もう滑りに行って来たという声も、チラホラ聞いています・・・・。
そりゃ当然ですよね~・・・・、
こんなに美しい雪山が近くにあって快晴の日が続くと、
衝動に駆られて滑りに行ってしまいますよね~・・・・。


僕は、ある理由から、これまで滑りに行けなかったのです・・・・。
が、しかし!!、、その戒めももうスグ解けます!・・・。
明日は、やっと「立山」に初バックカントリースキーに行ってきま~~すっ!!
こうご期待下さい! またこのブログでレポート致しますっ!

f0182173_14293022.jpg
真ん中の沢が、僕達がいつも滑る「富士見の沢」です。
もう滑れるぐらいに雪はあるみたいです!!
あそこまで高原の下から登る体力とちょっとの運があれば行けます・・・・。
僕は、来週ぐらいには行こうかな~と、考えています・・・・。


乗鞍岳のバックカントリーでシーズンインを迎えるのもいかがですか~?
で、スキーで乗鞍高原にお越しの際には、ご来店もお待ちしていま~~す!





(今日はあまりにも抗いがたい誘惑について書いてしまいました・・・・。)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-11-24 14:41 | 山の風景

大樋銀山の歴史探索ツアー・・・

今回は「歴史探索ツアー」。地図に載ってはいるが、山の奥深くで道はすでに廃道となって
入る人もいなくなって、建物も在るのかどうかも分からない・・・・。そんな乗鞍高原周辺の
気になる「歴史の史跡」を探索しようというものです!!・・・・。

今回の「歴史探索ツアー」は、乗鞍高原の中でも埋もれつつあるある歴史スポット
「大樋銀山」の事を書きたいと思います! このスポットも、乗鞍高原のファンの
皆さまでも知らない人、行ったことのない人も多いのではないかと思いますので、
今回はその歴史を探索しに行ってみました・・・・。 歴史探索の第3弾ですっ!
f0182173_10555659.jpg
この鉱山跡の石碑は、乗鞍高原から~白骨温泉に行くスーパー林道の料金ゲートの
手前右手にある芝生の公園にあります。その昔は、この辺り一帯が鉱山だったらしく、
その鉱山の歴史の事が書かれています。今回はここからスタートです・・・・。

f0182173_10561145.jpg
そして、本当の鉱山の炭坑跡は、上記のスーパー林道白骨線を料金ゲートから上がり
カーブにして3つ目の所に大きな木杭があり、登山道のような踏み後程度の道があります。
その登山道のような道を少し登って上がると、このような廃墟のような炭坑跡が出てきます!

むか~し昔・・・、時は戦国時代の頃・・・。甲斐の武将「武田信玄」によって、この「大樋銀山」
は開かれたと言い伝えられています。銀山となっていますが、その頃は主に「鉛」が産出して
いたらしいです。 その後には松本藩主「水野忠恒」の編集した「信府統記」に、「享保9年
には(中略)~迄の間繁盛して諸国より金掘外商人も入り込み町屋も余程ありて・・・(後略)」
と書かれています。その頃は「鉱石」が良く取れて、よほど繁盛していたのでしょう!・・・。
その後には「銀」が良く取れて、名前が銀山となったらしいです。 そして最後は、戦前の
昭和19年までは炭坑の穴が縦横無尽に掘られていたらしいので、この辺り一帯の山々の
中は炭坑の穴だらけだと言います・・・・。 


f0182173_10562574.jpg
そして戦後からは廃坑となり、現在はこんなボロの廃墟になってしまっています・・・・。
少し前まではちゃんと歴史的観光名所として保存&整備していたらしいのですが、現在は
朽ち果てたようになってしまっています・・・。今回の歴史探索はちょっと寂しいですね・・・。
スーパー林道から登って行って「廃坑跡」は見れますが、他は何も無く、中も見れず、ただ
残念な感じがしますが、それでもこの地の始まりである鉱山跡の雰囲気が感じられます!
歴史探索にご興味のある方は、ぜひどうぞ~!・・・・。


このブログで乗鞍高原の歴史スポットの事をたくさん書いていきたいと思っていましたが
今回もやっと、乗鞍の発祥かもしれないこの「大樋銀山」の事を書くことが出来ました!
このブログの読者のみなさんや乗鞍ファンのお客さま、こんな乗鞍高原の歴史的スポット
である「大樋銀山」の観光はいかがですか~?? 


僕はスプリングバンクでコーヒーを淹れて、みなさんのご来店お待ちしていま~~す!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-11-23 10:56 | 山の風景

ワイン 104

なかなか雪が降って積もらない今年の秋の乗鞍高原・・・・。
雪が待ち遠しくていつもソワソワしてしまう夜ですが、昨日の
夜は青白い月明かりがとても明るい月夜で、まるで海の底に
いるような神秘的な夜でした・・・・。

そんな月夜に飲んだワイン、「ブルゴーニュ、アンヌ・グロ」2008年です。
f0182173_1026227.jpg
このワインは、フランスはブルゴーニュ地方のピノ・ノワール種で
造られるワインです。

造り手は「アンヌ・グロ」という女性です。彼女はブルゴーニュ・地方
ワインの中心地である、ヴォーヌロマネ村の一大ワイン醸造家の
グロ家の一人で、1995年から父の「フランソワ」さんからドメーヌを
引き継ぎました。それからは伝統を重んじる一方で革新的な技術を
使い、ブルゴーニュでは珍しい女性の醸造家ということもあり、一躍
有名になっていきました!

ブドウ畑に出て、栽培から自分で行っています。農薬などは最小に
抑えるようにしているらしいです。 (ビオディナミ農法などの特殊な
農法には否定的な所が僕は好きです・・・)赤ワインの発酵はセメント
発酵槽を使い、期間は12~15日間程・・・。14~16ヶ月の樽熟成が
行なわれた後、瓶詰め前にステンレスの大桶に戻されてブレンドの
後にボトリングされます。 新樽使用比率は、ワインのクラスごとに
30~80%らしいです。


うわさのアンヌ・グロさんのワインは、一度は飲んでみたいと思って
いましたが、人気があって、なかなか手に入らなかったのです。今回
この「ブルゴーニュ」もスグに完売でしたが、何とか今回は手に入りま
した~!! さぁ、いざ、テイスティングですっ!
f0182173_10263130.jpg
開けてグラスに注ぐと、色も香りもとても薄いです・・・・。が、しかし!、
しばらくすると・・・・、グラスの中から素晴しい香りが、むせ返る程に
これでもかっというぐらいに立ち上がって来ました~!! ウットリ
するような果実感でイチゴ~ラズベリー系です。 そして土のような、
森林浴のような複雑さ! 酸味とのバランスも非常に良く、と~っても
美味しいワインでした! 時間が経つにつれて、どんどんバランス良く
なっていくようでした・・・。 ちょっと薄い&軽い感じですが、とても良い
香りで、このブルゴーニュクラスなら素晴しい出来栄えだと思います!
とても美味しい安旨ワインでした!! 


このワイン、「安旨ワイン探検隊」としては、珍しくかなりのレベルで
オススメです!!見つけたら即買いしてくださいっ!! というぐらい
に美味しかったです。 また、違うヴィンテージなら僕たちにも情報を
下さい。宜しくお願いします!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-11-22 10:30 | お店のご案内

初冬のミーティング・・・・

1年は本当に早いもので、今年ももうあと一ヶ月と少しだけが残るのみとなりました。

スプリングバンクの重役役員たちは、9月に秋のミーティングをして「ひこにゃん」を
新規採用した後は、忙しい紅葉の時期にな~んにもしていなかったので、これはイカン!
という事になり、食欲の秋に明け暮れていてダラ~デレ~・・・していた役員たちを集めて
秋を通り越して、年末に向けてのミーティングとなりました・・・・。
f0182173_1044515.jpg
議題はいろいろ~・・・・・。
「この年末の乗鞍高原の営業について」 (お客さんが来ないと → 僕たちのお店が困る!)
「自然保護、環境問題について・・・」(何かできないか?→最近流行りのエコカーにする?)
「乗鞍も寒くなってきたので、ワインも旨い?」(スプリングバンクでボージョレーは??)
「アジア経済がスゴい勢いで発展しているが?・・・」 (とりあえずミーティング頑張る・・・)
「日本の政治はさらに問題だらけだが!?」 (この重役会議をもってしても正せないのか!)
「スプリングバンクの年末商戦はどうするのか?」 (それっ!この時期は新蕎麦だっ!・・・)
などなど・・・・。

どれもこれも地球規模の目が回るぐらい大変な問題?・・・・です・・・・。(えっ?違う??・・・)
・・・・・・・、、



このミーティングにしては珍しくいろんな意見がでましたが・・・、なかなかまとまらないので
とりあえずスプリングバンクのこの重役ミーティングのブログでも、乗鞍高原の現在のようす
を皆さんにお伝えして営業して行こう!と言う事で、役員代表であるお父さんと最近ガイドで
頑張っているカエサル君と2人で、高原内を歩きに行ってきました~・・・・。
f0182173_1051665.jpg
乗鞍高原の遊歩道には、先日チラッと降った雪がうっすらと残っていました!
その日陰に残った雪を踏みしめながら、「こんな小さな四季を感じられる自然の中の生活は
とても良いもんだな~・・・・、」と改めて感じていました・・・。できればこのブログでもこんな
自然から感じる小さな感動をお伝えして、都会のお客さんにも乗鞍に来てもらいたいと彼らも
思ったらしいです!・・・・。

f0182173_105271.jpg
山を見上げれば、紅葉はもう終了で、カラマツの黄色い針葉が落ちてきていました。

これから雪が降って、一気に冬になり年末へと近づいていきます。また、雪が積もったら
スプリングバンクのマスターは勝手にスキーに行くと思うので、雪の情報がお伝え出来ると
思います。 どうぞご期待下さ~い!!

これからもスプリングバンクの重役役員会議は、さらに世界中の深刻な問題を検討していく
所存でございますので、ご来店頂き、応援宜しくお願いしま~~す・・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-11-21 11:56 | イベント

戸隠、奥社

昨日の戸隠の記事の続きです・・・、。
うずら家さんでお蕎麦を食べて、大満足の後には
戸隠・奥社まで行ってみました~。僕は、戸隠には
何回も来ているのですが、奥社までは行ったことが
無かったのです。これはイケませんね~、今回は初挑戦です・・・・。
f0182173_10455975.jpg
夕暮れ迫る、戸隠山脈です。切り立っていて荘厳な雰囲気を
湛えています・・・。ここから奥社までは、約2kmの杉並木道の
参道を歩いて行きます・・・・。

f0182173_10461777.jpg
杉並木道の参道は、こんな感じで両側にかなり巨大な杉の樹が
立ち並んでいて、とても美しいと感じてしまいます!・・・。 
この参道の画像は、みなさん「見たことがある!」と思われるかも
知れませんが、JR東海の「大人の旅」シリーズのCMで使われていて、
「吉永小百合」さんが出たので有名になった場所です。
 
f0182173_10462935.jpg
杉並木の参道の、丁度真ん中程には、こんな社(門?)が立っています!
非常に雰囲気があり、ジブリの映画に出てきそうな、素晴しい「社」です!!
思わず、トトロがどこかにいないか探してしまいました・・・。(僕には見えないか?・・・)

f0182173_10465053.jpg
最後の急な階段を登り切ると、一番奥にはこんな感じで奥社が
建っていました~!やっと到着しました・・・・。右の一番奥が「奥社」で、
手前一番左が「九頭龍社」です!

古い言い伝えによると、この「戸隠・奥社」は紀元前から密教の社が
建っていたらしく、書物では日本書紀にも出ているらしいのです!・・・。
その後長野の善行寺との関連が強まったみたいです。「奥社」の祭神は、
「天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)」という神で、天照大神が
隠れた天岩戸をこじ開けた大力の神らしいですね!・・・。日本の神話では、
この「天手力雄命」が投げ飛ばした天岩戸が現在の戸隠山であるとされて
いるらしいです・・・・。

f0182173_1047519.jpg
ここが「戸隠、奥社」です! やっとここまで来れました~! 感慨深いです。
もちろん、しっかりとお参りしてきましたっ!・・・。お祈りの中でお願いするのは・・・、
「家族の健康」、「商売繁盛」、そして僕は「良い雪がたくさん降りますように!」・・・。
やはりスキーヤーとしては、これしかないでしょう!! (えぇっ、違う??・・・・)

f0182173_10472019.jpg
そして、歩いて登って来た杉並木の参道を、また歩いて帰りました・・・・。
平坦な杉並木の参道でも、往復で4kmちょっと歩くと、以外と疲れました。

「戸隠、奥社」。とても気持ちが引き締まるような感じがして、良い参拝と
なりました。 戸隠の天手力雄命さま、どうか雪の女神さまによろしくと
お伝えくださいね~・・・。 お、お願いしますぅ~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2010-11-20 10:52 | 日常