<   2011年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

ワイン 121

今回は、先週に新入団員の美人Ay 嬢が持ち込んできた、イタリアワインの
2本一気に飲み比べテイスティングです~!!

1本目「ネッビオーロ'ダルバ、ブルーノ・ジャコーザ」2008年です。
f0182173_10134578.jpg
このワインは、イタリア、ピエモンテ州ネイヴェの、代表的生産者である
「ブルーノ・ジャコーザ」が造っている「ネッビオーロ」と言うブドウ品種の
ワインです。 この「ブルーノ・ジャコーザ」という造り手は、イタリアワイン
の5大ワイン生産者の中の一人で、このピエモンテでは2大巨匠と言われている
程のワイン生産者なんです! このピエモンテ州にはイタリアワインでも超有名
な「バローロ」と「バルバレスコ」というワインが造られる土地で、この2つの
ワインが造られるブドウ品種が、この「ネッビオーロ」というブドウなんです!
なので、このワインは「ブルーノ・ジャコーザ」さんが造る格下の安旨ワイン
という事になるのです!! 現在のピエモンテ州では、いろんな造り方をする
造り手がいますが、「ブルーノ・ジャコーザ」さんは昔ながらの伝統的な造り
方をするドメーヌですが、古いという事ではなくて、それがネッビオーロという
ブドウ品種の個性を生かせるかららしいです・・・。


2本目は「バローロ、モンファレット」2000年です!!
f0182173_10135584.jpg
これも上記のワインと同じピエモンテ州のワインですが、こちらは「バローロ」
と言う高級ワインで名高い地区で造られるワインです!!

造り手は、1340年から歴史のある由緒ある貴族ワイナリー「モンファレット」です。
「バローロの父」と呼ばれた「パオロ・モンテツェモロ」さんの後、「エンリコ」と
「ジョヴァンニ」の兄弟が18代目当主を務めているドメーヌです。(ちなみに、あの
フェラーリの社長ルカ・ディ・モンテツェモロとは親戚関係らしいですっ!) 畑は、
ラモッラの近くに位置し、バローロに珍しくひとまとまりで畑を所有!していて、特に
この日当たりの良いモンファレットさんの畑は、何と斜度40°!もあるらしいです!
歴史と由緒ある生産者である「モンファレット」ですが、ワイン造りは「革新派」で、
完熟させたネッビオーロを使い、マセラシオン4~5日間とバローロではかなり短くし
ステンレスタンクでの発酵10~12日間 フランス産の樽で樽熟成2年、瓶熟1年もする
らしいです!


と、同じ地域「ピエモンテ州」産のワインですが、この2本を飲み比べるのは、どう
考えても高級ワイン「バローロ」の方が美味しいだろう!と思いながらのテイスティ
ングとなりました・・・・。価格も2倍以上! さて、どうなるのか??・・・・。
f0182173_1014616.jpg
2本一気に開けてのテイスティングです~!! 久しぶりに酔っちゃいますね!
1本目の「ネッビオーロダルバ」の方は、酸味と渋みがあり、それでもスッキリして
いる若いワインです。ネッビオーロと言う品種の感じが良く出ていて、土や革製品の
ような香りがします。時間が経つにつれてバランス良く爽やかになっていきました。
2本目の「バローロ」は、開けてスグの感じは「バローロ」とは分からないぐらいに
甘く感じられます!! ベリー系ジャムのような甘さです! 僕はいままでこんなに
甘く感じられる「バローロ」を飲んだことが無かったので驚きでした~!! 香りも
スパイシーな感じもありながら樽香がバランスよく合わさっていて、とても美味しい
と思いますっ!!
しかし、この2本はあまりにも違いすぎて比べるのは難しいですが、どちらが好きか
という事になると、安旨の「ネッビオーロダルバ」の方も爽やかな酸味が美味しくて
一概に高級ワインの「バローロ」の方がイイ!とはなりませんでした・・・・。ここが、
ワインの面白さでもありますね。高級ワインの「バローロ」の方は味わいが濃いので
飲み飽きてしまう感じがありますね・・・。(僕たちだけかも知れませんが・・・)

という、久しぶりの2本飲み比べテイスティングでした。3~4人いれば、こんな
テイスティングも出来ますね~!! これからもいろんなワインを試して行きたい
と思いますので、「安旨ワイン探検隊」を宜しくお願いしま~~す!
こんな、スプリングバンクへのご来店もお待ちしていま~~す・・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-02-28 10:14 | お店のご案内

テレマーカーの集会、「てれのり」

昨日26日の、快晴の「Mt, 乗鞍スキー場」で、なにやら不思議な集まりが・・・・。
集まってくるのはみんな、ヒールフリーなテレマークスキーで、山用のウェア・・・。
f0182173_9571243.jpg
これは、Mt,乗鞍スキー場の「てるま~く.COM」TAJ指導員のテルさんが、
「テレマーカーを集めて交流を深め、友人を増やして一緒に滑ろう!」と言う
感じで発信して、ゲリラ的にゆる~~く集まった集会「てれのり」です・・・・。

ここ数年、本当にテレマークスキーヤーが急激に多くなった「Mt, 乗鞍スキー場」。
同じ日にゲレンデで滑っていても、なかなか交流が出来なくて、互いに見てるだけ
なんて事も多いのです。なので一度こんなイベントをして一緒に滑り、みんな友人に
なれば、「乗鞍に滑りに来れば、誰かしら知りあいが居る」という状況を作れると
思って始められました!・・・・。

f0182173_9572166.jpg
この日集まったテレマーカーは、総勢17人!!予想を大幅に上回りました!
そして実際には、一緒に滑るのももちろんですが、自己紹介やお互いに話が出来る
時間が多く取られていて、テレマークスキーを通じて楽しく交流出来たと思います。
一緒に楽しく滑ったり、時には上手い人からレッスンをしてもらったりと、いろんな
スキーが出来たようです! 

f0182173_9573087.jpg
この日は快晴。ゲレンデではとても快適で楽しいぐらいの日となりました~!
でも山を見ると、山頂方面のバックカントリーでは、風が強い感じがしますね・・・・。

この「てれのり」のイベントは、3月19日(土)にまた「Mt, 乗鞍」で行われます!
詳しくは、テルさんのホームページをご覧ください~!→「てるま~く.COM
これからもどんどんテレマーカーが増えて行ってくれて、「Mt,乗鞍スキー場」が、
テレマークスキーの「メッカ」にならないかな~?! とか言う夢を想ってしまい
ますね・・・・。 このブログを見たテレマーカーの人、次回の「てれのり」に参加
してテレマークスキーの輪を広げてみませんか~?? 宜しくお願いしま~~す!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-02-27 09:57 | イベント

紅・乗鞍

今日はスッキリ晴れ渡りましたので、久しぶりに朝焼けを撮ってみました~!
f0182173_8342755.jpg
昨日の朝~昼は雨が降りましたが、夕方からは再び雪になりました。
そして今日の朝は、また雲ひとつない素晴しい快晴となりました。 最近は
ブログのネタ切れ気味なので、朝早くに起きて「紅乗鞍」を撮ってみました!

f0182173_8343534.jpg
今回の朝焼けは、燃えるような赤色じゃなくて、綺麗なピンク色でした!
朝焼けや夕焼けは、時期によってかなり色が違いますね! 前回の時の色は
オレンジっぽかったのです。今日のピンク色は、染まっている時間は短いの
ですが、本当に綺麗な色合いでした~! 本当にこの朝焼けの赤い乗鞍岳は
葛飾北斎の「富嶽三十六景」のひとつの「凱風快晴」という題名の「赤富士」
の画じゃないですが、これは「赤・乗鞍」と言いたくなりますね~!!・・・・。


f0182173_8344380.jpg
本日のラストショットは、乗鞍高原「いがや」にある立て看板です。
スイスまでの距離と方向が書かれています・・・。 乗鞍高原は旧安曇村だった
ときから現在もスイスのグリンデルワルトと姉妹都市提携をしていますので、
スイスにちなんだ場所も多いのです。 オシャレですね~。 スイスの山々も
素晴しい山岳風景ですが、この乗鞍の山々も負けてはいません!と言うような
そんな山の風景を、僕はこのブログでお伝えして行きたいと思っています!!
そして実際に!、スイスに負けない乗鞍の山々の風景を見に来て下さ~い!!
乗鞍にお越しの際には、「スプリングバンク」へのご来店もお待ちしています。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-02-26 08:34 | 山の風景

乗鞍バックカントリースキー

今週は、天候が良ければ他の山域にスキーに行こうかと考えていたのですが、
北部は冬型の気圧配置であいにくの天気・・・。なのでまた天気の良い、今週の
某日に、乗鞍山頂へパウダーを求めて行ってきました~!!・・・・。
f0182173_1032273.jpg
今週はなぜか、本当に快晴の日が続いています!! なので雪が全く降って
いません・・・。ここまで晴れの日が続いてしまうと、パウダースノー中毒者の
僕たちは、パウパウを滑れないイライラ中毒症状が出てしまうのです!・・・。
これではイカン!と言う事で、乗鞍ローカルメンバーに招集をかけて、晴れた
日を狙って登って来ました~。

f0182173_1033234.jpg
今回は、「てるま~く.COM」のテレマークスキー指導員であるテルさんが
一緒に行ってくれました!テルさんと一緒だと下手な滑りは出来ませんっ!
なので、今回の滑りには気合いが入りまくりですっ!!

f0182173_1034745.jpg
ガシガシと気合いだけで登っていき、スタートから2時間ほどで稜線まで
到着しました~・・・。稜線に出ても、この日は快晴の無風で、とても気持ちの
良いぐらいのポカポカ陽気でした。 景色もとても綺麗でした!!

f0182173_103594.jpg
そしてこの日もドロップポイントに到着です!! 本日もここから滑ります!
みんなの意識を統一して、3,2,1、ドロップ・インです!!

f0182173_104871.jpg
今回は、一番に滑った僕のライディングからです~!! いつも滑る広大な
富士見岳の沢を、ノンストップで一気にボトムまで、ドッカァァァ~~~ン!
と滑ってしまいました!! 2時間の登りが、約30~40秒の滑りに集約
されて行く、快楽の極地に至る瞬間です!!

f0182173_1041940.jpg
2番手は、TAJ指導員であるテルさんのテレマークライディングです!!
穂高連峰をバックに、華麗なテレマークターンをいつものようにビシィッっと
決めてくれました!! 素晴しい滑りでした!!

f0182173_1043281.jpg
今回最後になりました、Mr K の滑りです! 最近彼の滑りはキレてきています!
この日もウィンドパックされた少し硬めの斜面にも動じずに、キレたターンを
刻んでいました! テレマークスキーとは思えない程のスピードと走破性です!

f0182173_1045134.jpg
そして、今年初めて「位ヶ原山荘」へ寄りました。今年はここまでタイミングが
合わず、なかなか立ち寄れませんでしたが、今回やっと「至福のコーヒー」を
頂くことが出来ました! 晴れた日はもちろんですが、天候が悪くなった時の
避難場所としても、とても助かりますし心強いです!

f0182173_105272.jpg
この日は外のテラスで、自分たちの滑ったシェプールや、他の人の滑りを見ながら、
自己満足に浸れる「至福のコーヒー」を頂きました~。とても美味しかったです。

f0182173_1051390.jpg
そしてまた、この日も無事に滑れた喜び、無事に帰れた喜びなどを、みんなで
山に感謝しながら、あまりにも美しい乗鞍の山々をバックに見ながら、満足感
いっぱいで、帰っていきました・・・・。

(これでまたしばらくの間は、中毒症状がおさまってくれると思います・・・・。
 よかったよかった・・・・。)

乗鞍にバックカントリースキー&スノーボードをしに来たら、スプリングバンク
に、ぜひぜひお立ち寄り下さ~い。ご来店お待ちしていま~~す!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-02-25 10:05 | 山の風景

アイスクライミング、再び・・・

ザクザク・・・ザクザク・・・・、漆黒の闇の中に、雪の上を歩く足音が響く・・・。
キンッと良く冷えた2月の某日の早朝、何処からともなく集まってきた男たち。
f0182173_13422529.jpg
もちろん、彼らは秘密特捜部隊ではない。彼らはストイックにただ凍った氷壁を
登る事だけに人生を捧げたクライマー!!これは、ただ自分のスキルを磨く為に
行われている、CCC のアイスクライミングの早朝練習会なのだ!

f0182173_13423869.jpg
また同じように、いつものルーティンを黙々とこなしていく・・・・。
アイゼンとアイスバイルを出してきて、ハーネスを腰に装着。ロープを出して
カラビナ通し、ビレイ器具を取り付け、完了! まだ真っ暗な中から頼りない
ヘッドライトの明かりを頼りに、今回もまたアイスクライミングが始まった!!
「クライミング・オン」だ!!

f0182173_13424892.jpg
2月の中旬になって暖かい日が続いていて、今回は滝の氷具合が心配だった
のだが、乗鞍高原の「善五郎の滝」は僕たちの期待を裏切らずに硬く凍っていて
くれたのだった! 

f0182173_13425954.jpg
まずは最初に、リードスタイルで、ガイドであるNj さんが、ヘッドライトで
氷の壁を照らしながら、暗い中をクライミング・オンッ!!・・・。流れるように 
美しいムーブで確実にアイススクリューを打ちこみ、カラビナにロープを掛けて
スイスイと登って行く・・・・。 

f0182173_13431171.jpg
そして、トップロープで、一番乗りは、今年のCCC の常連さんのIさん。
こちらも最初は暗かったので、ヘッドライトを照らしながらのクライミングだ!

f0182173_13432530.jpg
こちらは、熟練者のMR さん。さすがは経験者という感じで、MR さんも
バイルを突き刺す感じ、レスティングのタイミング、アイゼンの蹴り込み
などなど、手慣れたブームで確実の登って行っていた・・・。

f0182173_13433343.jpg
そして最後に登らせて頂いた、僕のクライミングだ・・・・。 今回は、今年で
2回目だから、以前よりは登り方が分かってきたので、突き刺すアイスバイルの
伝わる氷の感触や、体を持ち上げるための、足にかかる体重の分散のバランス
など、いろいろ考えながら登れたと思う! そしてやはりクライミングは楽しすぎて
ただ、ただ、僕だけが口元が緩みながら登っていたのだった・・・。

f0182173_13434391.jpg
そして今回は、何回も何回も、こんな僕でも完登できたのだった!!・・・。

そしてまた、彼らは準備の時と同じように迅速にクライミング・ギアを回収して、
ギリギリの時間を見計らって、失敗が無いように素早く迅速に、ここ乗鞍高原を
去っていったのであった!・・・。

(Nj さん、I さん、MR さん、今回はどうもありがとうございました~! 
 今回もとても楽しかったですぅ~! また次回も宜しくお願いしま~す!!)




(このブログ記事を見て、やってみたいと思われても、決して自分達だけでは行か
 ないようにして下さい。必ず十分なギアとガイドさんと一緒にされるようにして
 下さい。よろしくおねがいします。今回のガイドも、いつもお世話になっている、
 「やま工房」さんです~!! 「やま工房」さんの詳しくはコチラをクリックして下さい。)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-02-23 13:43 | 趣味の部屋

ゲラさん

f0182173_110335.jpg
今朝も乗鞍高原は良いお天気です~。と、空を眺めていたら・・・、
スプリングバンクの駐車場にある、カエデの樹に何やらお客様が・・・・、
慌ててカメラを向けるも・・・望遠がないので綺麗に撮れな~い!
でも、白と黒の礼服のような姿に赤いアクセントが目立つ「アカゲラ」
さんだと裸眼でも分かります!

f0182173_1111120.jpg
こちらは4年程前にお店の入口に倒れていた「アカゲラ」さんです。こんなに近くで
野生の鳥を見れるのは滅多にないことです。 お店のガラスに激突して、たぶん
脳震盪のような状態?・・・。しばらく段ボール箱にいれてお休みさせたら、動き
だしたので、裏の畑の方に放してやりました。きっと元気に人生を全うしたはず・・・。
実はスプリングバンクでは2年に1回ぐらい、鳥がガラスに向かって突進してくる
事件があります。最初の「キジバト」の時には大変でした。上へ下への大騒ぎ!、
珍しい鳥だったらどうしようと自然保護センターに電話して聞いてみたりしました。
結局は裏庭に埋葬することになりました。当然写真を撮っておこうなんて気付きませ
んでした。

f0182173_1113420.jpg
2月になって天候が安定したせいか、最近鳥のさえずりをよく耳にするようになりました。
少しじっと立ち止まって探すと、小さな鳥でも姿を発見することもできます。
こちらはお店前の道路の向い側にやってきた「コゲラ」です。日本で一番小さな
キツツキだそうです。

f0182173_112663.jpg
何だか「アカゲラ」と違って地味な感じですね。でも、同じキツツキの仲間ですから、
行動パターンはよく似ています。くちばしで樹の幹、樹皮を突ついています。

鳥のことを知り出すと一眼レフが欲しくなるぞ〜と誰かが言っていましたが、
本当にそうでした。せっかくのチャンスをものに出来ないもどかしさ・・・・。
いつかは「デジタル一眼レフ」かな~~~?!

これからの春めいてくる時期~新緑が生い茂るまでが、鳥の観察にはよい季節
かもしれませんね。葉がたくさん芽吹いてくると鳥の姿は見付けにくくなります
から。 乗鞍高原で自然観察&撮影をお楽しみ下さ~い。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-02-22 11:20 | 山の風景

月見のナイトツアー

本日のブログは、先週のちょうど満月に近い日に友人と一緒に行ってきました
「月見ナイトツアー」をご紹介したいと思います! 歩いて行く先に、小さい
満月が浮かんでいるのが見えますでしょうか??・・・・。
f0182173_919564.jpg
今回は地元乗鞍の女の子5人で行ってきました。(最近流行りの女子会?・・・)
夕方5時ぐらいに集合して、5時半に出発!。一路、雪の平原がある一ノ瀬園地
を目指して、スノーシューで歩いて行きます・・・・。キンッと冷えて来た気温が、
厳冬期の夜が近付いている事を感じさせてくれます。 サクサクと雪の上を歩く
足裏の感触も気持ちイイですね。

f0182173_9191380.jpg
一ノ瀬園地の入口に到着です。ちょうど乗鞍岳の夕焼けが始まっていました!
なんて素敵なんでしょう! 細く揺らぐような雲が夕焼け色に色付いて、まるで
オーロラのように見えます!! 一瞬の出来事でした。

f0182173_9192955.jpg
そして、一ノ瀬園地の奥まで歩いた頃には、すっかり真っ暗になりました。
月は真っ青なぐらいに明るくて、辺り一面も真っ青に染まります!! 海の底に
いるような感じの幻想的な雰囲気になります! しかし、月をコンパクトカメラで
撮影するのは非常に難しくて、明るすぎる月は、白い丸にしか写ってくれません。
改めて、夜の撮影の難しさを実感しました・・・。

f0182173_919379.jpg
月夜の乗鞍岳です。コチラはMk 嬢が一眼レフで撮影してくれた画像です!・・・。
夕暮れ直後の碧すぎる空に、漆黒のシルエットで浮かぶ乗鞍岳。実際に自分の
目で見ると、色が濃くてもっともっと幻想的で綺麗なんです! 

f0182173_9194776.jpg
そして、ひととおり撮影が済んだ後には、女子会ならではの「おやつタイム」です!
バーナーでお湯を沸かして淹れたコーヒーや、甘く味付けしたホットワイン!
そしてお互いに持ち寄ったケーキやチョコレート、ワインに合うチーズなどなど
いろ~いろな美味しいモノがたくさん出ました。さすが女の子ですね~!
(画像がすぐれませんが、高感度撮影でもこれが限界でした・・・)

f0182173_9195744.jpg
そして、真っ暗になってしまった道を、スノーシューで歩いて帰りました・・・。

大自然は、その時のシチュエーションでいろんな姿や顔を見せてくれます!。
天気が良ければ、夜には夜の色を見せてくれるのです。今回のナイトツアーは
満月の夜のツアーでしたが、星を見るツアーでも綺麗だと思います!・・・。
ぜひ、自然の中でのいろんな体験をしに「乗鞍高原」に来て下さい~! 

そして、スプリングバンクは深夜12時まで営業しています! ナイトツアー
の後に、暖かい飲み物はいかがでしょうか? ご来店お待ちしています!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-02-21 09:20 | 山の風景

スキー子供の日 in 乗鞍

本日の「Mt, 乗鞍スキー場」は、イベント「スキー子供の日」です~!!
f0182173_11274751.jpg
冬の毎月第3日曜日は、「Mt, 乗鞍スキー場」では「スキー子供の日」
としてイベントを開催しています! 今日は小学生以下のリフト券が無料!!
なので、お子さん連れのファミリーのお客さんたちで賑わっていました~!!
オフィシャルマスコットの「さんぞくっく」も、張りきって一緒に写真を撮って
もらっていました・・・。バックには乗鞍岳が入り、とても絵になります!

f0182173_1131185.jpg
Mt, 乗鞍スキー場のイベントと言えばコレっ!!、恒例になってきました
「100人山賊ハンバーガー」です!! 直径約80cmもある!見たことも
無いほど超巨大なハンバーガーです!!

f0182173_11275828.jpg
いつも乗鞍のイベントでは、この巨大ハンバーガーを少しずつ切り分けて
お客さんに無料で振舞っています! こんなに大きなハンバーガーは、あの
マクドナルドでも作れませんっ!! ぜひぜひ「Mt, 乗鞍スキー場」に来て
ご賞味下さい! 見るだけでも価値ありますよ~。

f0182173_1128775.jpg
そして、コチラも恒例になってきました「スノーモービルの乗車体験」です。
今日は良く晴れて、お客さんがとても多かったので、スノーモービルの乗車も
順番待ちの長い列が出来ていました!子供たちは大声を上げてはしゃいでいて
とても楽しそうでした~!!

次回の3月の「スキー子供の日」は、3月20日(日)に開催されます!
次回が今シーズン最後の「スキー子供の日」となりますので、お見逃しない
ようにご来場お待ちしていま~す!! そして、子供たちと一緒にスキーを
楽しんだ後は、スプリングバンクへのご来店をお待ちしていま~す・・・。
宜しくお願いします。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-02-20 11:28 | イベント

ワイン 120

最近のブログ記事は、パウダースキーや冬の乗鞍の風景などスノーな事ばかり
載せていましたが、お店はちゃんと営業致しておりますよぉ~! 今回はまた、
「謎の提供者」さんのご提供による、ブルゴーニュの高級ワインのネタです!!

今回のワイン、「クロ・ウージョ、ジャック・プリュール」2001年です!
f0182173_110152.jpg
これは、フランスはブルゴーニュ地方の特級畑である「クロ・ド・ウージョ」で
造られる、特級クラスの高級ワインですっ!!・・・。(ス、スゴいです・・・)

造り手は、老舗のドメーヌ「ジャック・プリュール」です。白ワインで有名な
「ムルソー」村に本拠地を持ち、「シャンベルタン」や「ミュジニィ」などの
超が付く程の特級畑を各地に持っています! ドメーヌの歴史はなんと
18世紀から始まっているらしいです。そして1988年にアントナン・ロデ社が
提携してさらにクオリティーの高いワインを生産しています。このドメーヌの
指揮をとるのは天才女性醸造家「ナディーヌ・ギュブラン」さんと言う女性で、
フランスの有名ワイン雑誌「レヴュー・ド・ヴァン・ド・フランス」で1997年に
女性で初めてベスト・ワインメーカー・オブ・ザ・イヤーに輝いた実力者です!

テロワール(土地ごとの個性)を重視してワインは造られていて、ここ近年は、
ビオロジック(有機栽培の方法の一種)で栽培されています! そして木桶での
24日間の長い醗酵の後、100%の新樽で20カ月間の熟成がされるらしいです!


と、ここまで書くと、いかにこのワイン「クロ・ウージョ」がスゴいワイン!
なのだと分かるでしょうか?・・・。僕たちには通常買えない程のワインなので
最近ワインに激ハマっている美人Ay嬢を、また誘ってのテイスティングです。
いざっ、オ~~プン~~!!
f0182173_1103379.jpg
このワイン、開けてスグから素晴しい芳醇な香りが立ち上がりますっ!!
香ばしいような香り、ラズベリー系の濃いフルーツ香、オーク樽ニュアンスの
森や木の香りが素晴しいバランスで融け合っていて、まさに幸せの香りです!
味わいも、一切の嫌味が無くとても滑らかでスムーズ!飲むと心地よいぐらい
です! パワフルさはあまり無いですが、香りは素晴しいバランスで良く立ち、
とても優しい感じの、とても美味しいワインでした~!・・・。今回も参加した
Ay嬢は、「こんなに美味しいピノ・ノワールのワインは飲んだことが無い!」
と、驚きのコメントを連発していました!・・・・。


これだけの高級ワインなので、美味しいのは当たり前だと言う気がしますが、
老舗の「ジャック・プリュール」さんの造るワインを堪能出来て、僕たちも
幸せでした~。(謎の提供者さん、今回もありがとうございました~。)

こんないろんなお酒があるスプリングバンクです。ぜひぜひご来店下さい!
みなさんのご来店をお待ちしていま~~す!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-02-19 11:00 | お店のご案内

「雪うさぎ」の雪上車ツアー

乗鞍高原「いがや」で去年から運行されている、雪上車の「ゆきうさぎ」に
乗って雪に埋もれた冬の森奥深くへ行くツアーが、今年は盛況みたいです!
f0182173_10593520.jpg
この雪上車「雪うさぎ」は、もともと自衛隊の軍用雪上車だったモノです。
現在は、乗鞍高原「いがや」から、~雪の雪原となっている「一ノ瀬園地」間を
ガイド付きツアーとして走っているのです! 

f0182173_10594651.jpg
時間は往復で約1時間ぐらいでしょうか・・・・。普段は行けない冬の森の
奥深くまで、ゆっくり走って連れて行ってくれます・・・・。


f0182173_10595434.jpg
森の一番奥まで辿り着くと、木が無くて広々とした「日本一平」という所に
出ます!そこでお客さんは外に下りることが出来ます。何も無い、誰も来ない
という、都会では出来ない贅沢を味わうことが出来るのです!

f0182173_110384.jpg
この日のように晴れると、一面広大な雪原の向こうに「乗鞍岳」が
ドォ~~ンと見えて、素晴しい山岳景色が楽しめます。ここでカメラマンの
人たちは一斉にカメラを持ち出してシャッターを切っていらっしゃいました。

時間に余裕のある方は、2時間後の次の便で帰るガイドツアーも可能です!。
お弁当やおやつを持って「雪上ランチ」、「スノーシュー」や「クロスカントリ
ースキー」などで、さらに奥の森などを散策するのも、とても楽しいですよ。



乗鞍高原に来て、是非めったに出来ない「雪上車」体験をお楽しみ下さい。
良いお天気でも、必ず暖かい冬用の服装でお出掛け下さい。雪上車には暖房が
ありませんし、「雪原」では風があると意外と寒く感じることもあります!
防寒具、手袋や帽子、日焼け止め、サングラス、もちろんカメラもお忘れなく。

それではご来店をお待ちしていま~~す!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-02-18 11:00 | 山の風景