<   2011年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

島々谷の桜が満開!

ゴールデンウィーク直前のスプリングバンクの定休日は、あいにくの
曇り空でした・・・。山に登ってスキーは出来なかったので、今が満開と
なっている「島々谷」地域の桜並木を見に行ってきました~・・・。
f0182173_928417.jpg
毎年ここの桜並木は、満開の時期には素晴しく綺麗な満開の花を
見せてくれます!! いつもは通り過ぎるだけなのですが、今回は
ちゃんと止まって、この川沿いの桜並木を歩いて見てきました・・・。

f0182173_9281814.jpg
この川沿いの桜並木は、上高地へ通じる「徳本峠」の登山口に
なっています。昔はここから上高地や奥の徳沢へと入ったらしいです!

f0182173_9282636.jpg
この辺りの桜は、本当に今がちょうど満開となっています~!!
とぉ~っても綺麗で、時間を忘れて奥の方まで歩いて行ってしまいましたが、
このまま奥まで歩いて行ってしまうと上高地まで行っちゃうので、買い出し
の仕事もあるので、ある程度のところで引き返して来ました・・・・。

乗鞍高原の桜の花が満開になるのはもう少し遅くて、毎年ゴールデンウィーク
明けぐらいの時期になりますね・・・。4月に都内で花見をしてもう一回山で花見!
という粋なお花見を、乗鞍高原のバーベキューと一緒にいかがですか?・・・。

f0182173_9283440.jpg
こんな僕でも、サクラの花が綺麗に感じられるのは、日本人の
DNAに組み込まれているんですかねぇ~・・・・。


そして、桜の花見散歩の後は、約半年ぶりの「お蕎麦」を食べに行きました。
f0182173_9284198.jpg
いつも行く山形村のお蕎麦屋さんの「根橋屋」さんです。
かなり久しぶりにお蕎麦を食べましたので、とても美味しく感じました・・・。
画像は僕のいつものヤツで、「天ざるそば」です・・・。天ぷらの盛り合わせが
山盛りになってくるので、食べきれない程なんです!・・・。

f0182173_9284982.jpg
そして、僕が大好きな最後のお愉しみである「蕎麦湯」です。
僕はこれが大好きで、お蕎麦を食べてお腹が満たされた後に、
ゆっくりとこの蕎麦湯を愉しむ時間が好きです・・・・。

乗鞍高原に来て、美味しい信州のお蕎麦を愉しみませんか~??
スプリングバンクへのご来店も、お待ちしていますぅ~~!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-04-30 09:28 | 山の風景

乗鞍高原、春山バス開通!

ついに!今日からゴールデンウィークが始まりますが、みなさんいがが
お過ごしでしょうか? ここ乗鞍高原では4月29日から、山スキーヤー
のみなさん待望の「乗鞍・春山バス」の運行が開始されました~!・・・。
f0182173_12584042.jpg
今朝は、またかなり冷え込んでいて、朝の最初のバスは、路面凍結の
ために運休となりましたが、次の10:45発のバスは通常通り運行開始
となりました~。 観光センター前のバス停では、待ち焦がれていたスキー
やスノーボードのお客さんが、春山バスに乗り込んで行かれていました・・・。

f0182173_12584754.jpg
今朝の乗鞍高原はかなり寒くて、山頂方面も雲に隠れてしまっていて
見えませんでした・・・。それでも現在の終点には「位ヶ原山荘」があるので、
吹雪になっても避難できますので、バックカントリースキーヤーのお客さんは
取りあえずバスに乗って行かれていました!  「出発進行っ!!」

f0182173_13142.jpg
こちらは春山バスの終点である、標高2350mの「位ヶ原山荘」のようすです。
下界とはまるで別世界。ここではまだまだ冬のよう?!で、一面雪に覆われて
いるのです! この位ヶ原山荘からスキーヤーや登山のお客さんは、それぞれ
の目的のルートを目指して登って行かれるのです・・・・。
(画像は去年のモノです、あしからず・・・)


ここから乗鞍高原は、気持ちのイイ春の山のシーズンが始まります!
残雪の春スキーを楽しむのも良し、除雪されて出来る「雪の壁」を堪能する
のも良し、春の山菜を愉しむのも最高ですし、高山植物を見るのもイイです!
春~初夏にかけての乗鞍高原は、本当に自然が綺麗な時期を迎えるのです。
そしてスプリングバンクでは、みなさんのご来店をお待ちしていま~す。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-04-29 13:01 | イベント

ワイン 129

今回は、このゴールデンウィーク前に飲んだ、噂の安旨ワインです。

今回のワイン「シャトー、サン・ドミニク」2006年です。
f0182173_8142138.jpg
このワインは、ボルドーの右岸と言われるジロンド河の東側の地域
にある「サンテミリオン」と言う有名なワイン産地で造られるワインです。

この「シャトー、サン・ドミニク」を造っているのが、あの超有名ワイン
ボルドー1級の最高級ワイン「シャトー・ラフィット・ロートシルト」の
「バロン・ド・ロートシルト」さんと、1本数十万円もする超高級ワイン
「ル・パン」などを手掛けている「ミッシェル・ロラン」さんの、タッグ
なのです!! ボルドーで最高級ワインを造っている2人が手を合わせて
サンテミリオン地区で造ったワインが、この「シャトー、サン・ドミニク」
なんです! ワイン造りはミッシェル・ロランさんなので、高い新樽比率、
バリック内での発酵、ブレタノマイシス、などなど・・・だと思います。


ボルドーで最高級ワインを造る2人が造る安旨ワイン!・・・、どんな味わい
なのか?! 気になるので1本取り寄せてみました~。 オープンですっ!
f0182173_8142947.jpg
このワインは、開けてスグからボルドーらしい濃い香りです~!!
ダークフルーツの香りと酸味が感じられます。味わいもタンニンの渋さが
樽香と一緒に感じられ、酸味もあり濃い感じですが、やはりバランスの部分
がもうひとつ良くないような感じです。ボルドーらしい感じで価格も2千円
しないぐらいなので、この味わいにすれば、コストパフォーマンスは最高
だと思います。 買って損はない安旨ワインでした~!!

ミッシェル・ロランさんが造る安旨ワインでは、「シャトー、モン・ペラ」と
言うワインがありますが、そちらの方がバランスがイイかな~と思います。
(個人的見解)そちらもオススメです。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-04-28 08:14 | お店のご案内

上高地・開山祭!

今日、「上高地・開山祭」が河童橋のたもとにて、開催されました~!!
今年もここから山のシーズンが始まりますっ・・・。

f0182173_15414438.jpg
去年は雨が降っていて、かなり寒い中行われた上高地開山祭でしたが、
今年は雲は多かったですが晴れて、穂高連峰も見える中での開催でした。

天気が良いせいか分かりませんが、今年もこの開山祭には大勢のお客さんが
いらっしゃっていました。 やはり上高地の開山祭は、みなさん待っていた
と言う感じで、スゴイ人数のお客さんが集まっていましたね~・・・。

f0182173_15415475.jpg
そして、「開山祭」といえばコレっ!最近の開山祭の恒例となっている
「アルプホルン」の演奏です! 演奏はもちろん!「乗鞍高原アルプホルン
クラブ」のメンバーさんです! オープニングセレモニーでアルプホルンの
音色が「プゥィィ~~~~ポォォォ~~~~~・・・」と、山々に響き渡ると、
会場前の大勢のお客様から、盛大な拍手が巻き起こっていました~!!
やっぱり山岳観光地には、この「アルプホルン」の音色が似合いますね!
とてもスイスチックでアルペン的。 山岳風景にピッタリです。

f0182173_154262.jpg
そして!! 今年の上高地・開山祭のビッグサプライズはっ!!!
映画「岳」の宣伝として、主演俳優の「小栗旬」さんと「長澤まさみ」さんが
いらっしゃっていまして、映画の挨拶をされましたぁ~!! この瞬間だけは
この上高地・開山祭に来ていたお客さんは、一気に盛り上がっていました~!
さすが、うれている俳優さんたちです。スゴい勢いでした・・・。
僕個人的には「長澤まさみ」さんのあまりのスタイルの良さに、ついつい目が
行ってしまっていましたが・・・・。 と~ってもカワイかったですぅ~。

f0182173_15421461.jpg
そして、映画「岳」のラッピングバスも走っていました! このバスは
新宿~松本間を高速バスとして走っているらしいです。都内に住んでいる方は
このバスに乗って、映画「岳」の舞台となっている北アルプス(乗鞍高原にも)
に来てみて下さ~~い。

f0182173_1542222.jpg
何とか雨が降らなかった、今日の上高地・開山祭でした。今日は一日中、
山が見えたり雲の中に隠れたり・・・・。それでもビッグ・サプライズもあって
とても楽しかった上高地開山祭でした。

次は5月中旬の「乗鞍高原・開山祭」の番ですね。コチラの方が僕たちには
メインとなりますので、みなさんのご来場をお待ちしていま~~す!
宜しくお願いします。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-04-27 15:42 | イベント

乗鞍高原、春山バス

乗鞍高原のゴールデンウィークは、「山ガール」や「アウトドア~な人々」
にとって最高な景色やイベントなどが、盛りだくさんですっ!

その①は、「乗鞍・春山バス」です!
f0182173_9504432.jpg
今年もゴールデンウィークの初日である、4月29日から運行開始
されます「春山バス」。乗鞍高原観光センターから、標高2350mの位ヶ原
山荘までを走ります。 詳しくはコチラをクリックして下さい。「春山バス

f0182173_951374.jpg
そして、春山バスに乗って行き、この時期の終点である位ヶ原山荘
から残雪の上を歩いて行くと、「雪の壁」が見ることができます!!
(この画像は去年の5月中旬のモノです。雪の壁の状況は除雪の進行状況や
 残雪の量など自然の状態により変化しますので、ご了承ください・・・・)

f0182173_9511189.jpg
春山バスに乗って、こんな幻想的な「雪の壁」の風景を見に、乗鞍高原へ
いらっしゃいませんか~?! 晴れた日は、槍・穂高連峰まで見わたせて、
本当に最高の景色を見ることが出来ます!! ぜひぜひ来て見て下さい~!



その②は、「Norikura, Spring Park 2011」です!
f0182173_9512815.jpg
まだまだ滑り足りないというスキーヤー&スノーボーダーの人たちの為に、
残雪のカモシカ斜面にロープリフトを張って、パーク中心のゲレンデをGW中
限定でオープンしま~~す!!

f0182173_9513573.jpg
アイテムはキッカーやレールなどがいろいろ設置される予定みたいです。
その他にもコブコブのモーグルコースも、スキーヤーの皆さんが作ったり、
普通にスキーやボードを楽しむ圧雪ゲレンデもあります。ぜひぜひコチラも
滑りに来て下さい~!! 詳しくはコチラです→「Spring Park



そして、その③・・・・・。昨日の乗鞍高原は大雪でした。
f0182173_9515888.jpg
昨日の乗鞍高原は、朝から大粒の雪が深々と降って来て、スゴい勢いで
積もって行き、お昼前ですでに3cm程も積ってしまいました~!!・・・・。

山の上はパウダースノーに覆われている事だと思います!スプリングバンク
としましては、ブログの読者のみなさまにお伝えしないといけないので、今度
晴れたら偵察に行って来たいと思っていますので、しばらくお待ちください!
宜しくお願いしますっ!・・・・。(偵察は、あくまで仕事ですよ、仕事・・・・。)
僕より前に、誰か山頂方面へ行かれた方がいらっしゃいましたら、雪の状況を
僕に伝えて頂けると助かります。コチラも宜しくお願いしま~す。

こんなゴールデンウィークの乗鞍高原、お店へのご来店もお待ちしています!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-04-26 09:52 | イベント

カナダ・ウィスラーツアー(総集編)

今日は、今回行った「ボスのTさんと行く、カナダ・ウィスラーツアー」の
総集編として、僕の滑り画像を中心に書きたいと思いますっ!・・・・。

f0182173_8294677.jpg
長かったようで短く感じた、夢のようなウィスラーでの一週間・・・・、
僕たちは、ただ、ただ滑り倒してきた・・・。僕らはこのカナダ・ウィスラーで
果たして、ボスのTさんを満足させられるトラックを残し、納得させられる
滑りが出来たのだろうか?!・・・・。(僕の、ドロップ・インの瞬間!)

f0182173_8295747.jpg
ボスのTさんは、エレガントで優雅な滑り!・・・。やはり彼のなめらかで
優雅な滑りは、このウィスラーという地でも、全く変わることが無かった!
(Whistler Bowl の白い霧の岩場での、ボスのTさんの滑り!)

f0182173_830657.jpg
僕の滑りは、まだまだ力任せ・・・。ボスのTさんの曰く、雪とケンカを
しているエッジングらしい・・・。もっといろんな雪を滑れという事か・・・。
(40°ほどの急斜面にトップスピードのパウダーラン! これぞドリーム!)

f0182173_8302255.jpg
そして、日本では滑れないようなロックバンドのシチュエーションも
自分の持っている技術を最大限に使って、思いっきり攻めた・・・。

f0182173_830404.jpg
真っ白な霧だった「スパンキーズ・ラダー」コースの超急斜面も
日本ではありえないシチュエーション!ここもスキーはフォールラインへ・・・。
(Spanky's Radder 下部のDiamond Bowl で、僕の滑り。)

f0182173_8305392.jpg
でも、シビれる程の急斜面での力一杯のスキーばかりでは無くて、
いつもは、柔らかい圧雪バーンでメロゥなカービングを楽しんでいた・・・。

f0182173_8311279.jpg
そして、気が付けば・・・、もうウィスラーでの最後の夜になり、
ブラッコムマウンテンに碧い夜がかかってきて、夢の時間が更けて行った・・・。

f0182173_8312517.jpg
滑り倒した僕たちだったが、まだまだ滑って無いエキスパートコースや
広大な斜面があり、まだまだ滑り足りない・・・。やはりウィスラーは1週間では
滑り切れない程広大で、とても大きすぎる・・・・。あっと言う間のツアーでした。

「グッバイ、ウィスラー!」。でも、また腕(足)をみがいで来ようと思う!



「おまけ!」
f0182173_8314089.jpg
最後の夜に現れたのは、ブラックベア君です。ホテルの僕たちの部屋の
真ん前に出て来てくれました~・・・。(ボスのTさんは一応満足そうでした・・・)


ちょっと長く書き過ぎたので、今回の(総集編)でウィスラーツアーの事は
一旦終了にします。長い間お付き合い頂いて、ありがとうございました~。

「了」
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-04-25 08:31 | イベント

咲いてきました〜

乗鞍高原内の雪も解けて、三本滝までの道路も開通しました~。
善五郎の滝あたりまでは、殆どの遊歩道が歩けるようになっています。
高原の植物たちも、次々と姿を現す季節です。

f0182173_10291390.jpg
雪が解けて最初に枯れ草の下からグググ〜イと出てくる「ふきのとう」。
今年は地元の方自家製の「蕗味噌」をいただいたので、アツアツご飯に
のせて春一番の味覚を堪能しました~~。 この「ふきのとう」には、
雄株と雌株があって、慣れた人はすぐに見分けられるらしいのですが、
うちはまだ・・・・?????

f0182173_10295237.jpg
この時期、見逃せないのが「水芭蕉」ですね。
今は、地元の学校近くの「宮ノ原水芭蕉群生地」が見頃になっています。
群生地には駐車場が無いので、スプリングバンクから歩いて見に行くのもOKです。
散策路をご案内しますので、お気軽にお尋ね下さい。
一ノ瀬園地の「偲ぶの池」あたりは、もう少し先になりそうです。

f0182173_1030123.jpg
黄色いお花は「ダンコウバイ」です。
細い枝にまとわりつくように咲いています。小さなお花の集合体、可愛いですよ。

f0182173_10304397.jpg
少し前まで、美しい毛並みを見せてくれた「ヤマネコヤナギ」、「バッコヤナギ」
とも言うそうです。フサフサの毛並みで、思わずさわってしまいます・・・。
この樹は、葉っぱが出るより前に花を咲かせるんですね~。今では・・・・、

f0182173_1031444.jpg
花が咲きました〜。これが雌花だそうです。緑がかった地味な感じです。

f0182173_10312053.jpg
そしてこちらが雄花、黄色い葯が鮮やかです。
鳥もそうですが、雄の方が見た目がお洒落で綺麗なんですよね・・・・。
雌の方が飾り立てるのは、人間だけでしょうか????・・・・。

今日の乗鞍高原は、青空で晴れているのに、山頂方面で降っている雪が飛んで来ています。
暖かくなったと思うと、ちょっと逆戻りしてみたりしながら、少しずつ春が山を登って行きます。
GWは、高原の春の息吹を感じに来て下さ〜い。
ご来店をお待ちしています!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-04-24 10:55 | お花

ワイン 128

カナダ・ウィスラーの旅行記ばかりで、このブログでなかなか乗鞍高原の
春のたよりが届けられていませんが、明日まとめて書きたいと思います。
それより先だって、今回は今週に飲んだワインを書きたいと思います・・・。

今回のワイン「ジュヴレ・シャンベルタン、モーリス・ミシェル」2009年です。
f0182173_9275894.jpg
このワインは、フランスはブルゴーニュのジュヴレ・シャンベルタン村で
栽培された、ピノ・ノワール種のブドウで造られたワインです。

造り手は、「ドメーヌ、モーリス・ミシェル」さんです。 このドメーヌは、
サン・トーバン村に本拠地があり、コート・ド・ニュイ、コート・ド・ボーヌ、
などのいろ~んな地区に70haものブドウ畑を有する老舗ドメーヌなのです。
ドメーヌの設立は1885年にまで遡り、現在はセバスチャンとマチュー兄弟が
ブルゴーニュを代表するドメーヌの一つとして経営しています。特級ワインは
白ワインが得意で、リュリー、ムルソー、コルトン・シャルルマーニュなどを
持っています。そして赤ワインもヴージョ、ジュヴレ・シャンベルタンなどの
ワインも生産しています。老舗なのでワイン造りは伝統的らしく、ブドウを
一粒一粒丁寧に手摘みしてるらしいです・・・。


このワイン、ブルゴーニュの著名な村名ワインなのですが、価格が激安!の
2千円台なので、1本購入してしまいました~。白ワインが得意な生産者の
ピノ・ノワールの赤ワイン、どうなんでしょう?いざ、オ~プンです~・・・。
f0182173_928654.jpg
このワインは、開けてスグは少し固い感じがして香りもいきなりは
立ち上がって来ませんでしたが、時間が経つにつれて、ダークチェリーや
プラムのような柔らかい果実香が出てきました~。味わいは、若いワイン
なのか、最初は酸味がちょっと強くて飲みにくいと感じましたが、これも
時間が経つにつれて少し柔らかく納まって来ました・・・。また2時間以上
経った最後の1杯がバランスが取れて来て美味しく感じました。もう少し
置いておけばよかったのかも知れません・・・。 最初の酸味が強かったよう
に、僕たちは感じました。


K8 の後ろに見えるたくさんのワインは、昨日4月22日の「アースデイ」
に、「謎の提供者」さんからのご提供がありました高級ワインです~!!
なのでこの日は、スプリングバンクの重役役員のように、地球環境問題や
自然環境保護の事を考えながら、ワインを飲んだアースデイでした・・・・。
そして、今年も「安旨ワイン探検隊」は、これからもいろんなワインという
現代に残る最後の「秘境」を探検していきたいと思いますので、ブログの
読者のみなさん、宜しくお願いしま~~す・・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-04-23 09:28 | お店のご案内

明神東稜、スキーツアー

去年からずっと温めていたルートがあります。去年は、天候が悪くて
行くことすら出来なかった「明神岳東稜壁をミックスクライミングで登り、
~明神岳登頂、~明神沢を岳沢へスキー滑降!」と言う、アルパイン的
で、ハードなルートです・・・・。
f0182173_85084.jpg
今年も4月になったら行こう!と、山岳ガイドのNj さんと一緒に秘かに
狙っていました・・・。そしてこの週の某日、その日がついに来ました!

f0182173_841579.jpg
朝5時の上高地・大正池の景色です。素晴しい快晴に朝日が上がって
来ます!! 大正池に映っている「逆さ穂高連峰」も超綺麗です!! 
素晴しい一日になりそうな予感がします!・・・・。

f0182173_8413163.jpg
上高地から登山道を歩いて行き、明神からは一路、明神東稜壁を登る
クライマーの拠点である「ひょうたん池」を目指して登っていきます。
バックには、明神岳5峰が、青空を突き刺すように聳えています・・・。

f0182173_8415341.jpg
ひょうたん池の地点に到着です~。ガイドのNj さんのバックには
前穂高岳が見えます!!素晴しい眺めです。

f0182173_842222.jpg
ここからは明神東稜に取りつきますので、手に持つ装備をストック
からピッケルとアイスバイルに持ち替えて、ハーネスにロープを結びます!
いよいよここからクライミングが始まります! 僕の後ろには雪で埋まって
しまって何も無い「ひょうたん池」です・・・・。

f0182173_8424077.jpg
ザクザクザク・・・・、Nj さんのリードで、僕は後ろを登らせて貰います。
正直、僕はこんなアイスクライミング的な斜度と高度差の所を登った事が
ありません!・・・。ちょっとビビッていたぐらいでした・・・・。

f0182173_84316.jpg
リードして行くNj さんは、それでもドンドン先で進んで行きます!
しかし、ここまで来ると雪がかなり緩んで来ていて、一歩踏み出すたびに
膝ぐらいまで埋まってしまい、厳しいラッセルを強いられてしまいました。

f0182173_8434477.jpg
そして時間が経つに連れて、クライミングをするにはあまりにも雪が柔かく
なって来て、何度も踏み抜いたり、作った足場の雪が崩れてしまったりと
斜度がキツくなるにつれて、なかなか登れなくなっていきました・・・。周り
では、雪崩が「ドドォォ~~~~~ン!!!」という轟音と共に、ガンガン
落ちて来ています!! 晴れて気温が上がり過ぎて、雪の状態が緩み過ぎて
しまっていたのです!・・・。なので、これ以上は危険だと言う事で、今回は
ここまでにしようというNj さんの判断で、終了としました・・・・。

f0182173_844268.jpg
これから登って来た所をロープで懸垂下降して、スキーが出来る斜度の
ところまで降ります・・・・。 さよ~な~ら~~・・・・、 シュ~~~~・・・・、
(ロープ懸垂下降の音っ・・・・)

f0182173_8441651.jpg
そして、登って来た斜面を、スキーで滑って帰ります・・・・。
今年もここまで来ましたが、目標が達成出来なかったので、ちょっとだけ
悔しさと残念さが心の中に残りました。でも無事に帰るのが大切ですので
雪のコンディションが悪い時は、無理して行かないのが大事なんだと思い
ました。

f0182173_8443998.jpg
そして、明神東稜の僕の滑りです。
1ターンごとに足元から雪が崩れて雪崩っぽくなっていく、難しい雪質
でしたが、何とか下まで滑って降りることが出来ました。 デブリにも
(雪崩の跡のボコボコ)かなり手こずりました・・・。

f0182173_8445851.jpg
ガイドNj さんのテレマークライディングです!!
さすがは山岳ガイドのNj さん、難しい雪質にも関わらず、テレマーク
ターンをしっかりとキメて気持ち良さそうに滑って行かれました~。


目標である「明神登頂~岳沢スキー滑降」は成りませんでしたが、僕には
素晴しすぎる経験でありました~!! ちょっとだけビビッていましたが、
とぉ~っても楽しかったです!! このリベンジは、またいつかしたいと
帰り道でNj さんと話しながら上高地を後にしました。 
(久しぶりの僕の挑戦でした・・・・。)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-04-22 08:45 | 山の風景

松本城の桜

今週の半ばに、松本城近くにて、ちょっとした用事があったので
寄り道をして、松本城周辺の「桜」を見てきました。満開でした!
f0182173_21552935.jpg
いわずと知れた「松本城」は、松本市のシンボルで、国宝にもなっています!
松本城の周りには桜並木がたくさんあって、その桜がお城の佇まいと重なって、
と~っても綺麗なんです。 この日はちょうど満開となっていた桜の花並木を
見ながら、ゆっくりと周りを歩いてみました・・・・。

f0182173_21554067.jpg
この日はちょうど満開となっていた桜の花を見ながら、ゆっくりとお城の周りを
歩いてみました・・・・。毎年この時期は、バックカントリースキーに忙しいので、
ここ最近は桜の花も見ていませんでしたが、今回は少しゆっくりと見て歩く事が
できました。やはり桜の花は、日本人のDNAに刻み込まれているのでしょうか?
こんな僕でもとても綺麗に感じられて、感動しちゃいますね・・・。

f0182173_21554887.jpg
もうあと数日もすれば、散っていってしまうサクラの花・・・・。
儚くも美しい、何だかキュンっと切なくなってしまう、お城周辺の散歩でした・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-04-21 09:07 | お花