<   2011年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

番外ウィスラー、(看板編)

今日は、前からず~~っと書きたいと思っていた、ウィスラーの
オシャレ~な看板だけを集めて(番外・看板編)として送りたいと
思います~!

最初の5枚はゲレンデ内。 あとの5枚はヴィレッジ内の看板です。
f0182173_10135523.jpg
まずは、「Whistler & Blackcomb」のロゴ看板です!!
「Peak to Peak」ゴンドラの建物の、石造りの看板です! とても
重厚でオシャレですね~! ここまで来ると、高級リゾートの域です!

f0182173_10142478.jpg
こちらは、ゲレンデ内の案内看板です。ウィスラーのゲレンデは
日本では想像出来ないぐらいに広大なんです。「Mt, 乗鞍スキー場」
の60~70倍もあります!! なのでこのようなコースマップと看板が、
必要不可欠なのですね~・・・。 これもオシャレです。そしてコースは
難易度が色で分かれています。一番難しいコースは、有名な「ブラック
ダイアモンド」と呼ばれている黒コースですね・・・。

f0182173_10145697.jpg
こちらは、ブラッコム・マウンテンのゲレンデ最上部にある看板です。
ここまで辿り着いた人たち用の記念撮影用でもあり、ここから
エントリーする「Blackcomb Gracier」コースのポイントを表す看板でも
ありますね・・・・。 乗鞍スキー場カモシカコースの最上部も、ツアーコース
の入口になっていますので、こんなオシャレ~な看板が欲しいと思います。

f0182173_1015715.jpg
こちらは、「Blackcomb Gracier」コースの終点に立っている
看板です。思わず「日本はどっち?? 何キロある??」とか
探しちゃいますね・・・・。

f0182173_10152221.jpg
こちらは、言わずと知れた「ダブルブラックダイアモンド」の最難関
コースの看板です! これ以上先は、斜度45°以上、ゲレンデ整備
無しの、まさにエキスパートオンリーのコースという事です!! そして
「アバランチコントロールのダイナマイト不発弾が落ちてるかもしれない
 けど、見つけたら触らないで連絡下さいね~。」と書いてます・・・・。
(それって、どうなんでしょうか?!・・・・。)


ここからは、ヴィレッジ内のステキな看板たちです。
f0182173_1015415.jpg
最初は、ヴィレッジ内の至る所にあった、場所を表す看板です。
ウィスラーヴィレッジはこれまた結構広くて、マップが無いと迷ってしまう
ぐらいです。なので、そこがどこなのかを表すこんなステキな看板が電柱に
あるのです。これは「Town Plaza」の看板です。

f0182173_10155395.jpg
もう一枚同じ看板ですが、こちらは「Market Square」の看板です。
この他にも、「Village North」、「Blackcomb Village」、「Main Street」
などなど、少しずつ絵柄が変わってていろいろあり、楽しいです。


f0182173_1016963.jpg
ウィスラーヴィレッジにはオシャレで素敵なお店がい~っぱいあります。
そのどれもが、スゴ~くオシャレな看板を持っているのです。どれも載せたい
のですが、今回はこの「Whistler Clothing. Co」の看板を選びました・・・。
レストランでもカフェでもオミヤゲ屋さんでもとてもオシャレで、ヴィレッジ
内を歩いているだけでも楽しいですね~。

f0182173_1016312.jpg
そして、リサイクルゴミ用の看板にも!「Whistler & Blackcomb」の
ロゴが!!! こんな所にまで。 こだわるという事なのか、遊び心というか、
ウィスラーのプライドとオシャレさを僕は感じてしまいます・・・。

f0182173_1017098.jpg
最後になりまして、看板ではありませんが、木彫りのクマさんを乗せて
しまいました。みんながスキーやスノーボードを「ちょっと見ててくれよ!」
という感じで置いて行ってます。 集合場所みたいなところには、必ず何か
モニュメント的なモノが立ってますね~。こんな所もオシャレに感じてしまい
ます。

(看板編)、いかがでしたでしょうか?? 他にもいろ~んなオシャレ~な
看板はた~くさんありましたが、ブログの都合上10枚に厳選しました・・・。
看板までオシャレなというか、こんな看板だらけだからオシャレなヴィレッジ
なのか?!・・・。 だからまた行きたくなってしまいます。




そして、地元「Mt, 乗鞍スキー場」も、こんな感じでオシャレ~にならないか
なぁ~~・・・・。と、いつも思ってしまいますね~・・・。 僕も頑張らねば・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-06-29 10:17 | 趣味の部屋

夏に向かって

最近雨の日ばかり続いていますが、レンゲツツジが気になって
ほんの僅かの晴れ間を狙って一ノ瀬つつじ園に行ってみたら・・・
f0182173_10474861.jpg
まだ咲き残っていて、青い空をバックに朱色の花が鮮やかに映えていました。

f0182173_10473799.jpg
サイクリングロードで見つけた「キバナノヤマオダマキ」。
周囲の5枚の萼片が太陽光に透けて綺麗でした。
毎年入道雲がモクモクと見られる頃に登場します。
いよいよ夏か〜と感じさせてくれるお花です。

f0182173_10472781.jpg
「カンボク」もチラホラと咲き始めているようです。
似た感じの「ノリウツギ」より一足先に開花します。

f0182173_1047177.jpg
風に揺られる背高のっぽの「キバナハタザオ」に必死に掴まっていたのは「ウスバシロチョウ」。
「シロチョウ」って名前についているのに、シロチョウ科じゃなくて・・・
アゲハチョウ科だそうです!??

f0182173_10464164.jpg
スプリングバンクの周囲では、「ニシキウツギ」が咲いています。

f0182173_10463292.jpg
駐車場に毎年咲いてくれる「バイカウツギ」。
真っ白な花がこぼれるように咲く姿は、涼しげですよ。


全国的に蒸し暑いようで、さすがの乗鞍も若干湿気を感じます。
でも、下界から登ってきた方には、涼し~いと感じていただけるようです。
こんな時期こそ、素晴しい高原の涼しさを体感して下さい!
このところず~~っと焼き続けてきた「リンゴのパウンドケーキ」も、
コンポートが残り僅かになってきたので、そろそろ終盤です・・・。
ご来店お待ちしていま~~す。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-06-28 11:10 | お花

国道158号線、通行止め解除。

たった今、広報がありましたので、速報で国道158号線の土砂崩れによる
通行止め解除のお知らせを、お伝えしたいと思います!!
f0182173_1752996.jpg
6月24日に大雨による土砂崩れで通行止めになっていた国道158号線、
沢渡~上高地~平湯間は、明日28日の正午から通行止め解除となります!

また、釜トンネルから上高地に入る、県道上高地線は、29日の午前7時から
の通行止め解除となります!! どちらもとりあえず片側通行です。

f0182173_1753813.jpg
とりあえず仮復旧みたいですが、通行可能になるようでよかったです!
被害は大きかったですが、夏の観光シーズンの前に通行可能になって
よかったです~!! 


引き続き、乗鞍高原は全く被害は無く、普通に車で来ることができますので、
ぜひぜひこの暑い夏は、とても涼しい乗鞍高原に涼みに来て下さ~~い!!
スプリングバンクのご来店も、宜しくお願いします~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-06-27 17:12 | 日常

ワイン 141

今回は、久しぶりに「謎の提供者」さんからの高級ワインです!!

今回のワイン「エル・プンティード」2006年です!
f0182173_95615100.jpg
このワインは、スペインの有名なワイン産地「リオハ」のワインです。

造り手は、スペインの巨星「マルコス・エグレン」さんファミリーです。
このブログのワイン記事を読んで頂いている方は、聞いた名前だと感じる
かも知れませんが、「ワイン122」記事の「ヌマンシア」というワインを
造っている方と同じ人なんです。(ヌマンシアの事は上記をクリック!)
その「マルコス・エグレン」さんが、「リオハ・アラベサ」という畑で
2001年より造り始められたワインが、この「エル・プンティード」です。

このワインに使われる葡萄を収穫する畑はスペイン固有のブドウ品種の
「テンプラニーリョ」で、それ以前までは他の畑の葡萄と混醸されていて
別の名前のワインとして販売されていました。しかしこの2.5haの小さな
畑から産み出される葡萄のポテンシャルの凄さに気づいた醸造責任者の
「マルコス・エグレン」さんが、「クリュ(単一畑)ワイン」として他とは別に
リリースする事を決断!!・・・。「エル・プンティード」として、2001年
ヴィンテージから瓶詰めされてます。

スペインワインで初めて「テルマンシア」というワインで、100点満点の
ワインを造った「マスコス・エグレン」さんのワイン造りはお墨付き!!
「テンプラニーリョ」と言うブドウを100%使用して、ステンレスタンク
にて高温で発酵。フレンチオークのバリック(樽)にて18ヵ月の熟成。


ペンション・カムスでも扱っている「マルコス・エグレン」さんのワイン
ですが、これは最高級リオハです! 否が応でも期待は高まります~!!
いざっ、、、オォ~~プン~~~ですゥ~~!!・・・・。
f0182173_956222.jpg
このワイン!、開けてスグから強烈な素晴しい香りが広がります!
コーヒーなどのロースト香が強く感じられ、カカオや皮製品のような複雑な
いろ~んな香りが来ます!! 強烈なと言うぐらいに力強いワインです!
味わいは、力強いながらと~っても滑らか!! 酸味が濃厚な果実味を包み
込み、スパイシーでミネラル感もあります。 とてもフルボディなワイン
なので、いつも安ワインに浸っている僕たちには、最後は疲れるワインなの
でした・・・・。 でも、それでも素晴しく美味しかったです!! 強烈な印象
のワインでした。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-06-27 09:56 | お店のご案内

かもしか出た!

この前、車から荷物を降ろそうと外に出てみたら・・・・、
いきなり至近距離でバッタリと鉢合わせ!!!
f0182173_9593482.jpg
かもしかさんです!!・・・・。今年は本当によく見かけます。
今年はこの辺りに住んでいらっしゃるのでしょうか??・・・・。

f0182173_9594188.jpg
チラッと僕の方を見てから、「フ~~~ン・・・・」という感じで、
別に気にもせずに、スタスタとした足取りで優雅に歩いて、
僕の横を通り抜けて行かれました・・・・。

f0182173_9594859.jpg
僕の方は、なるべく動かずにカメラを取り出して、この画像を
数枚撮らせて頂きました~・・・・。彼(彼女?)の方は
全く関係ないという感じでスルーしていき、またガードレールの
向こう側のヤブの中に、ゆ~っくりと入って行かれました・・・・。

ほんの一瞬の、アンニュイな彼との遭遇でした・・・・。


(本当は、こんな事書いてても、今回の彼は比較的大きめだったので
 ちょっと怖かったですぅ~・・・・。)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-06-26 09:59 | 日常

松本市長、表敬訪問

今週の某日に、僕が委員になっている「安曇地域協議委員会」があり、
松本市内で地域の振興のための会議に参加してきました~。
f0182173_11102244.jpg
松本市庁舎です。この日は松本市内を、乗鞍高原がある安曇地域の
協議委員のみなさんと一緒に視察、市内の観光推進の企画などの説明を
受けて、勉強して来ました・・・。この日の松本市はタイヘン暑く、32℃
ぐらいあったらしいです! 暑さに慣れていない乗鞍の僕達には、かなり
暑くて、山に登って来たときよりもバテバテでした・・・。

f0182173_11103298.jpg
そして会議・・・。 乗鞍高原を含む、安曇地域の観光産業に関する
いろ~んな議題が話し合われました!・・・・。 ここでも徹底した節電が
行われているので室内はかなり暑くて、会議をしているだけでも汗ダク
でしたが、エコな視点でも節電は良いことだと思います・・・。行政の役員
のみなさんもクールビズがお似合いでした~。

f0182173_11104097.jpg
そして、この日の最後に「市長表敬訪問」が行われました~!!
ちょっと画像が小さいのですが、一番奥の方が菅谷松本市長さんです!

松本市の「菅谷昭」市長さんには、僕は初めて面と向かってお会いしたの
ですが、穏やかで落ち着いた方ですが、内に情熱を秘めたような感じを
受けました!・・・。話は、菅谷市長さんが以前チェルノブイリ原発事故の
時に、支援で現地に行かれた経験がおありなので、やはり東北震災と原発
放射能被害の問題になりました。 松本市でも、被災された東北の方々を
受け入れたいとも話されてました・・・・。 そして僕達は乗鞍高原を含めて
安曇地域の観光産業振興をお願いして来ました~。 

市長さんは非常に忙しくて、約20分ぐらいしかなかった訪問でしたが、
ちょっとでも僕達の安曇地域の事をアピール出来てよかったです。
そんな僕の、初市長訪問でした・・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-06-25 11:10 | イベント

クライミング in 乗鞍高原

梅雨の豪雨の中の、束の間の晴れだった今朝を利用して、K8 と一緒に
行ってきました~。乗鞍高原某所にある岩でのクライミングです・・・。

f0182173_18143888.jpg
アプローチは、約30分ぐらいカラマツ林の中を歩いて行きます・・・。
雨上がりで、新緑が眩しいぐらいに綺麗に見えました~!!・・・。

f0182173_18145058.jpg
そして、ハーネスを腰に付け、ロープをセットし、カラビナを用意!
久々のこのルートでのクライミング、いざっトライです~!!

まずは、K8 のクライミングです。今日は昨日までの豪雨により、岩が
少し濡れていましたので滑り易くてちょっと苦労しましたが、それでも
去年よりもスイスイ登っていました!! 自分たちでも、ちょっと上達
した感がありますね!・・・。 (でも本当はどうか分かりませんが・・・)

そして、比較的簡単なラインで先日買ってきたカムのビレイデバイスを
使って、リードスタイルで登るのも挑戦してみました~! カムが岩に
セットされる感触も心地よく、いろいろ楽しめました・・・。


f0182173_1815350.jpg
岩の上部で濡れているので、足のスリップには手こずりましたが
手のホールドがしっかりとれて、今日は何回も完登することが出来ました!
この達成感が気持ちイイのですぅ~~!!

f0182173_18151158.jpg
そして僕のクライミングです。僕は去年の秋にちょっとした怪我を
していたので、乗鞍高原のこの岩場は初めてなのです・・・。初挑戦です!

f0182173_18151984.jpg
でも今日は、先日の錫杖岳のクライミングに鍛えられているのか、
去年よりもスイスイ登れてとても楽しかったです~。 岩に手をかける
感触が心地よく、手をかけるホールドを見つけるイメージが楽しかった
ですね~。 また次回も、スグにでも行きたいです。


この某岩場は、午前中とかで十分行けるので、また行って練習したいと
思っています~。みなさん一緒に行きませんか~。ご連絡下さ~~い。
そして気持ち良く乗鞍高原で遊んだ後は、スプリングバンクでコーヒー
でもいかがでしょうか?! ご来店お待ちしています~~。




そして、昨日の上高地線の土砂崩れの情報&画像です。
f0182173_19143585.jpg
そしてクライミングの後・・・、昼からは地元乗鞍高原の消防団の
緊急招集により、昨日起きた国道158号上高地線の土砂崩れの復旧作業に
行ってきました・・・。 作業と言っても、上高地に取り残されたお客さんが
歩いて脱出するのを誘導する係だけだったのですが、雨に濡れたのでとても
寒かったです・・・。

気になる土砂崩れの被害状況ですが、道路全体が崩れてしまったワケでは
ないので、スグに片側通行だけでも戻せるように懸命な作業がされてます。
場所は釜トンネルと坂巻温泉の間なので、乗鞍高原には全く問題なく来れ
ます。みなさん安心して!乗鞍高原には来て下さ~~い。

夏の山シーズンに、上高地に入山出来ないんじゃないかと心配されている
お客さんは、どうぞご安心ください!! たぶん大丈夫だと思います。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-06-24 18:15 | 趣味の部屋

ワイン 140

梅雨の雨粒したたる乗鞍高原・・・・、その雨をモノともせずに突き進み、
僕達は、インドアで文化的なワインという秘境を探検して行きます・・・。

今回のワイン「ナーリーヘッド、オールドヴァイン・ジン」2009年です。
f0182173_2214952.jpg
このワインは、アメリカはカリフォルニア州で造られたワインです。
この「ジンファンデル」というブドウ品種は、カリフォルニア固有の
ブドウ品種なのです。

造り手は、イタリアからの移民である「デリカート・ファミリー」です。
彼らはこの「ナーリーヘッド」というブランドのワインを、いろ~んな
ブドウ品種で造っています。今回のこの「オールドオ・ヴァイン・ジン」
は、なんと!!、52週もの間アメリカでNo, 1 の販売量を記録した程の
安旨ワインなのです!! その他にも「U.S 生産者オブザイヤー」とか
「U.S ワインオブザイヤー」とかも受賞ありで、「ロングビーチ・ワイン
コンペティション金賞」も受賞していますっ!!こんなに数々の記録を
持つワインは、他にはなかなかありませんっ!!
そして、35年から85年という古木を使っている凄いワインなのです!


と、いろんな賞ばかり目立つワインなのですが、肝心の味わいはどうな
のかっ?? 今回僕たち「安旨ワイン探検隊」がテイスティングです!
いざっ、、オ~~プンですゥ~~!!・・・・。
f0182173_2215747.jpg
このワインは、開けてスグから甘~い樹液のような香りが広がります・・・。
なぜか、後から取って付けられたような甘さです。その中にもほんの少し
緑茶のような苦味(渋味)が残ります。 しかし、全体的には飲みやすい
ワインで、スイスイ飲めてしまいます・・・・。 僕には「?」マークが多い
ワインの味わいです。安いワインを美味しくしようと醸造での操作がある
ように感じてしまいますが、かなり安価でほどほどに美味しいワインなので
こんなモンかな~と思ってしまいます。 最後は僕達には、その甘さが重く
残ってしまったワインでした・・・・。

まだまだ梅雨中に進むべきワインはたくさんあるのです! 
どんどんとミッションを遂行して行く「安旨ワイン探検隊」であった・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-06-23 01:00 | お店のご案内

乗鞍のレンゲツツジ満開!!

今朝目覚めると、梅雨の合間の、久しぶりの快晴の青空・・・・!
これは行くしかないでしょう~!という事で一ノ瀬のつつじ園へ!
f0182173_1029138.jpg
一ノ瀬園地の奥にあるビューポイントからの景色です。
残雪の乗鞍岳と緑が濃くなってきた山肌、手前の朱色のレンゲツツジの
組み合わせはとても美しく、ポスターやハガキなどにも採用される景色です。
レンゲツツジが満開の時に来たいと!思いつつ・・・、もう何年もタイミングを
逃してきたので、今日はとてもラッキーでした!

f0182173_10282134.jpg
「一ノ瀬つつじ園」には車でレンゲツツジを見に来たお客さんがたくさん
いらっしゃいました~。いいポイントにはスゴ~イカメラを持ったおじさんが
必ず陣取っているものですね・・・。

f0182173_10275680.jpg
アップで見ると華やかさを実感!
雨に降られたこともあり、落ちた花弁が地面にたくさんありました。
その一方でまだ蕾も少し残っています。
もうしばらくこの景色を楽しんでいただけそうです。

f0182173_1027020.jpg
すぐ近くのどじょう池からはこんな景色が望めます。
手前の大きな葉は水芭蕉です。開花後にすくすく伸び続けた葉からは、
あの可憐な花は想像できませんね・・・・。

f0182173_10261567.jpg
レンゲツツジと同じ頃に咲くキンポウゲも綺麗です。
群生していると黄色い絨毯のように見えます。
日差しを浴びると、ツヤツヤの花弁が輝くお花です。

f0182173_10253766.jpg
大カエデを見に行く時に通る道沿いにあるウラジロモミの樹には・・・、
こんなに可愛い藍色のマツボックリが生まれています。
今は細身でスラッとしていますが、これから肥えて?立派な松かさに
成長しますよ・・・・。。

乗鞍高原・一ノ瀬園地のレンゲツツジは、今が見頃です!!
梅雨の晴れ間を狙って、是非見に来て下さい。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-06-22 10:30 | お花

お蕎麦とお花とセミ

先日行って来た高山植物の花探索で、高原内を歩き回った後、
スキー学校のNo先生が打つお蕎麦を食べてきました~!

f0182173_2247268.jpg
ちょうど山菜の季節、もちろん迷わず天ざるを注文。
これは女性用にそばの盛りを普通にしてもらいましが、本当は
普通が大盛りサイズなのです! お蕎麦はもちろん、天ぷらも
美味しかったですよ~。「そば処 合掌 みはらし」さん、スキーと
同じぐらいそばに打ち込むNo先生と優しいご両親の心を感じる
おそばです。是非、お立ち寄り下さい。
No先生の春の乗鞍岳スキーの様子はこちらを。

f0182173_2363027.jpg
そばで満たされた後は、すぐ前にある地元のおじさんの畑へ!・・・・。
乗鞍高原の、あのブルーベリーが花を咲かせていました。今年も
美味しい実を期待してます!ブルーベリーパウンドケーキ、早く食べた〜い。

f0182173_2315990.jpg
高原のあちこちで咲き始めた「ヤマボウシ」。
始めは少し黄色を帯びた花弁は、真っ白になり、涼しげに高原を彩ります。

f0182173_23174876.jpg
スプリングバンクのすぐ先にある筒木商店の前にある「ナナカマド」も
綺麗に咲いていました。山の上部でもこれから「ウラジロナナカマド」
が開花しますよ。そして秋には真っ赤な紅葉になるのです。

f0182173_2324445.jpg
高原を散策していると、足元には「テングクワガタ」を発見。
この白地に青紫の筋が入った花の美しさに毎年見とれてしまいます。

f0182173_23241872.jpg
半透明の怪しいアイツも登場してきました。
ユウレイタケとも呼ばれる「ギンリョウソウ」、去年の画像もご覧下さい。→こちら

f0182173_23232271.jpg
草むらで見つけたのは、「エゾハルゼミ」の抜け殻。

f0182173_23234156.jpg
カエデの葉の上にじっ〜と乗っていたのは、脱皮した後の「エゾハルゼミ」。
ミィ〜ンミィ〜ンではなく、シャワシャワ〜という感じで、今高原中で賑やかに
鳴いています。

初夏のお花がどんどん咲き始めている乗鞍高原。
都会、街ではたいそう湿気を感じる暑さのようで・・・、「ここは涼しいのね〜」と
お客様に褒めて?頂いてます!・・・。半袖だけで来ると、朝夕はもちろん肌寒くて
震えるぐらいですよ〜。
梅雨でありながら、実はこの6月が一番お花と景色を楽しめる時期でもあります。
晴れ間を狙って、是非お越し下さい。 宿も空いていますので、直前での予約も
取りやすいですよ~。

そして高原の花を観賞した後は、スプリングバンクへのご来店お待ちしています。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-06-21 00:03 | お花