<   2011年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

花豆まめまめ〜

このブログの読者のみなさんは、乗鞍高原の地元の特産品である
「花豆(ハナマメ)」というのをご存じでしょうか??・・・・。
f0182173_10372662.jpg
現在乗鞍高原を、歩いたり自転車に乗ったりしてゆっくりと散策
してみると・・・・、高原内の畑には、高い蔓(つる)になってこんな
オレンジ色の花が目につきます・・・。これ、乗鞍高原の特産品である
「花豆」の花なんです!!

f0182173_1037497.jpg
綺麗なオレンジの花の後、普通の豆と同じように「さや」になって
豆として収穫されるのですが、この「花豆」が普通とは違うのは!、
ここからなんですっ!!!

f0182173_1038348.jpg
なんと!!さやの中の「花豆」は、こ~んなに色彩鮮やかで、
と~っても綺麗なんです! こんなに綺麗な豆、見たことありますか?
食べてしまうのが勿体無いぐらいですよ!!

f0182173_10382323.jpg
でも、食べないでいるのも勿体ないので、地元のお母さんたちの
愛情たっぷりの味付けでコトコト煮ちゃいます・・・。煮ると残念ながら
あの色鮮やかな「花豆」の色彩は消えてしまいました・・・。


f0182173_103942.jpg
そして美味しく煮られた花豆は、長野県の名物である「おやき」の
中身になっていくのでした~。

f0182173_10405872.jpg
この「おやき」を販売しているのは、乗鞍観光センターの正面に
店舗がある「乗鞍うまいもの工房・やいや」です。HPを一度ご覧下さい。
この「おやき」のことを、ここ乗鞍高原の方言で「やいや」と言うのです。
乗鞍高原の地元の女将さん達が、伝統の味を残すために手作りの味を
お客様にご提供しているのです。 ちょっとした散策途中のおやつに、
お土産に、是非ご利用してみて下さい!!

f0182173_10413011.jpg
「花豆」のマスコットもいますよ~! 夏の浴衣バージョンです。
(でも名前は無いそうです・・・・アンソニー君のライバルか??・・・・)

「花豆」の散策を楽しんだ後は、コーヒーなどで、スプリングバンクへの
ご来店をお待ちしていま~~す! 宜しくお願いします・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-07-31 10:40 | お花

LOOK 566 のレポート②

今年の冬に組み上げて、乗鞍高原で5月から乗り始めているロード、
「LOOK 566」ですが、ここまで3ヵ月が過ぎてやっとポジションが
決まって来ました・・・。 なかなか乗れてはいないのですが、今回は
ボトルゲージを取り寄せてみました。
f0182173_9335963.jpg
グラファイトデザインのボトルゲージです!!
今までボトルゲージがなかったのがオカシイのですが、なかなか僕が
使いたいと思うようなカーボンのボトルゲージが無かったのです・・・。
あったとしてもゲージだけで8千円とか超高価で手が出ませんでした。

しかい今春から、グラファイトデザインというメーカーからパーツが
いくつか新たに販売されて、その中に手頃なボトルゲージが出ました
ので、早速取り寄せてしまいました~!

f0182173_934696.jpg
レポートするまでもないのですが、ボトルゲージ取り付けです・・・。
ボルト2本だけで終了です・・・・。

f0182173_9341418.jpg
取り付けた感じは、こんな感じになります。
今回は、カーボン製の軟らかいボトルゲージにして、ボトルが取りだし
し易いモノにしようと思っていたのですが、このグラファイトデザインの
ボトルゲージは、適度に軟らかくてイイ感じです!!

f0182173_9342138.jpg
そして最後に、この3ヵ月間この「LOOK 566」に乗って来て
やっとポジションが決まって来たので、コラムカットをしてしまいました。
これでハンドルのヘッド周りがスッキリしました・・・。これからの夏、やっと
ボトルも積めるようになったので、また遠くまでツーリングで行ってみたい
と思っています。次回は200kmは走破したいですね!・・・。でもクライマー
のライダーたちにとっては、このノリクラの夏が始まります! あと1ヶ月、
8月の「マウンテンサイクリング in 乗鞍」に向けて頑張って下さい!!

また僕は、たま~にこの「LOOK 566」のレポートを送りたいと思います。
宜しくお願いします・・・・。

それでは、サイクリストさんたちのご来店、お待ちしていま~す!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-07-30 09:34 | 趣味の部屋

夏のミーティング・・・・。

梅雨が早々に明けて猛暑の夏か?!と思いきや、最近なんだか下界でも涼しい
ようで、乗鞍高原はちょっと肌寒いぐらいになってきています!・・・・。
それはそれでとても爽やかで気持ち良くて、快適なんですが、避暑に乗鞍高原に
来るお客さんは来なくなってしまうのは困るな~とか、考えてしまいます・・・。
なので最近涼しくなってダラダラしていて、ミーティングしていない重役役員を
招集して、この夏に向けての会議を開いてもらいました~・・・・。
    (話し合い中↓)
f0182173_946190.jpg
議題はいろいろ~・・・・・。
「この夏の乗鞍高原の営業について」(お客さんが来ないと → 僕たちのお店が困る!)
「自然保護、環境問題について・・・」(福島原発がヤバイ!→これは地球規模問題だ!)
「今年の乗鞍に山ガールは来るのか?」(僕達もオシャレにしないと振り向かれないぞ!)
「中国は列車事故のもみ消し出来ない?」 (人権的反政府運動に僕たちも参加する??)
「日本の政治はダメな政治家ばかり?」(このミーティングもってしても解決できないか!)
「8月にもなれば夏山が綺麗な季節~!」(それっ!みんなを集めてハイキング~!)

どれもこれも地球規模の目が回るぐらい大変な問題?・・・です・・・。(えっ?違う??・・・)
・・・・・・・、、
・・・・・・・・・。



この7月にデジカメが壊れたとお父さんに報告したら、「デジカメが
壊れたらこのブログの更新が出来ない!→僕たちの活躍がブログ読者
の皆さんにお届け出来ない!」という事で、スグに全員一致で、新しい
デジカメを購入してくれました~・・・。 どうもありがとうございます。
f0182173_9463187.jpg
「ペンタックス、RZ10」です。
前回も「ペンタックスWPi」だったので、同じメーカーの同じような
カメラが欲しかったので、同じペンタックスのカメラにしたのです。
でも同じ機種はもう廃番となっていて、現行モデルのこの「RZ10」を
購入したのですが、唯一の不満は前回のモデルよりもボディが大きい
のと少しだけ重いのです・・・。たぶんレンズが広角の良いモノになって
少し大きくなり重量も少し多くなってという事なのだと思います・・・。
でも僕はバックカントリースキーや山での使用が多いので、サイズや
軽さはとても重要なのです!・・・・。

まあ、もう売ってないのなら仕方が無いので、これからはこの「RZ10」
をパートナーにして、どんどん良い画像を撮って、みなさんにブログで
お届けしていきたいと思います。これからも宜しくお願いしま~~す!
(スプリングバンク重役役員も、これでホッと一安心でした・・・。)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-07-29 09:46 | 日常

原生林の森へ

今日の乗鞍高原は雨が降っていて、山は全く見えません。
このところ、とても涼しくて、長袖を着て窓を閉めて寝ています。
f0182173_1151447.jpg
昨日の朝、牛留池まで行ってみましたが、やはり乗鞍岳は雲の中・・・
水面に映る姿がとても綺麗なんですけどね〜
でも、カッコウやホトトギスが鳴いているこの空間は気持ちいいですよ。

f0182173_11521284.jpg
昨年初めて覚えたお花「ウメガサソウ」、開きかけのタイミングでしたが、
結局一度も花を見れずに終った昨年に比べると、今年はチラホラと花を
見ることが出来て嬉しかったです~。イチヤクソウの仲間なのですが、
他の種類のように背高のっぽでなく、コジンマリした小さなお花なので
場所を覚えていても、見つけるのがちょっと大変なぐらいです。

f0182173_11552648.jpg
休暇村の木道から入る原生林の森の中は、しっとり苔むした緑の絨毯に
小さなキノコが生えていました。

f0182173_11554324.jpg
これは「ベニテングダケ」かな〜?
これから傘が赤くなるんだと思うけど、キノコワールドには立ち入れない・・・。

f0182173_11555913.jpg
「タケシマラン」の実がもう赤い実をぶら下げていました。
他にも「ミヤマナルコユリ」の黒い実もありましたよ。

f0182173_11562896.jpg
一番会いたかったのが、この「アリドオシラン」。
コケの背丈と比べてもその小ささが分かります。
繊細な花の造りに感心することしきり・・・

f0182173_11564490.jpg
「ギンリョウソウ」の時期が終わると、何となく見るものが無くなってしまう
感じのする「原生林の小径」ですが、深い森林の中を歩いている感じは、
いつ訪れても素敵です。車道が見えてきた時の、この景色と安心感も何だか
いいものです。 もちろん、念のため熊鈴は持って行って下さいね~。

あまり時間が無い方は、東大ヒュッテまで登らずに車道を歩いて休暇村に
戻ってきてももいいでしょう。 沿道には、「キバナノヤマオダマキ」や
「ヤマホタルブクロ」「ゲンノショウコ」「ウツボグサ」「クルマバナ」
などがちょうど見頃になっていますよ。

ゆっくり散策を楽しんだら、スプリングバンクでケーキセットはいかがですか?
今日は午前中に「紅茶のシフォンケーキ」の焼きました。
熱が冷めたら型抜きです。アールグレイの香りに包まれて午後のティータイム、
雨の高原の過ごし方もお洒落にいきましょう!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-07-28 11:58 | 山の風景

ワイン 145

今回は、とっておきの安旨ワインのご紹介ですっ!!

今回のワイン「ブルゴーニュ、ミシェル・マニャン」2007年です!
f0182173_9245419.jpg
このワインは、いつも通りのブルゴーニュ地方の赤ワインです・・・。

造り手は、最近の注目株であるドメーヌ「ミシェル・マニャン」です!

ドメーヌ「ミシェル・マニャン」は、モレ・サン・ドニ村に拠点を置く造り手で
現在は5代目のフレデリックさんがワインを造っています。彼は1993年
から実家であるこのドメーヌを引き継ぐまでは、白ワインで世界一有名な
モンラッシェ村の「ガニャール家」でも働き、カリフォルニアの「カレラ」や、
オーストラリアの「バノックバーン」、などにも醸造研修に出かけいます。
そしてそれまではネゴシアン業だったワイン造りから、自社で元詰めする
ドメーヌへと改革していきました!

ワイン造りは、「テロワール」を最大にワインに反映させる事をモットーに
して造られるために、基本的に「ビオディナミ」という特殊な有機農法で
ブドウ栽培を行っています。更に、カリフォルニアの「カレラ・ワイナリー」
と同じようにワインへのストレスを避けるために、出来るだけ自然重力を
利用し破砕、圧搾、発酵までを行う「グラヴィティ・システム」(重力移動
システム)を採用しています! 除梗された葡萄は破砕せず、野生酵母
でそのまま発酵。その後バリックの小樽での熟成へ移されます。そして
ノン・フィルターでボトリングされます。

このドメーヌ「ミシェル・マニャン」を語る上で一番重要なのは、「バリック」
という熟成に使う小樽でしょう!!サン・ロマン村にあるクーパー(樽業者)
である「フランソワ・フレール」社製の特注バリックは、世界中から注文が
殺到の最高級のものであり、供給しているのは極僅かな選ばれた生産者
のみだけ!! 中でも、このフレール社製のバリック樽を100%使用して
いるの「ロマネ・コンティ」社と、「コント・ラフォン」、「ルロワ」!、そしてこの
「フレデリック・マニャン」だけなのですっ!!・・・。樹液の下がる乾燥した
冬期のみに限定されて伐採された木材を使って、通常は2年のところを
3年間乾燥熟成させたスペシャルバージョンのバリック小樽!!それが、
このドメーヌ「ミシェル・マニャン」に使われているのです!!


こんなに手間ヒマをかけて造られている、素晴しいドメーヌのワインなのですが、
ブルゴーニュクラスのこのワインは、なんと!¥2800-程!! このチャンス
を、僕たち「安旨ワイン探検隊」が見逃すはずはありません! いざ、オ~プン!
f0182173_925235.jpg
このワイン、開けてスグからとてもエレガント~な香りに包まれます!!
香りの広がりもスゴイです! 爽やかなラズベリー系のフルーツ香と、心地よい
オーク樽のニュアンスのバランスが素晴しいです!! 味わいも穏やかな酸味と
この香りが重なってきて、と~ても美味しいです! ブルゴーニュクラスの若い
ワインなのでそんなに期待していなかったのですが、若いワインなりの爽やかさ
があり、とても美味しいです!! 良い意味で期待を裏切られた(?)素晴しい
味わいのワインでした!!

このミシェル・マニャンのブルゴーニュ、久しぶりに安旨ワイン探検隊としては
メッチャメチャお薦めの、コストパフォーマンス120%のワインでした~!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-07-27 09:25 | お店のご案内

乗鞍高原でEV カーのレンタル開始です!

今シーズンの夏から、乗鞍高原でEV カー(電気自動車)のレンタルが
始まりました~!! 

f0182173_22483063.jpg
自然豊かな乗鞍高原では、いろんな自然保護の活動が行われています。
乗鞍エコーラインのマイカー規制もそうなのですが、今回は時代の先取りで
電気自動車のレンタルが開始されます! 昨日、地元の方々での試乗会
が行われたので、そのようすをお伝えしたいと思います!・・・。

f0182173_22513025.jpg
レンタル開始される電気自動車の車輌は、最近巷で話題となっている
日産の「リーフ」です! 乗鞍高原ではこのブルーとホワイトの2色の2台が
レンタルできます。

f0182173_2256663.jpg
一応ボンネットも開けてみました。エンジンらしき形のモノがありますが、
これはモーターなのです。 僕は一応元レースメカニックなのですが、エンジン
じゃないこの物体がどうなっているのか、もうさっぱり分かりません!・・・・。
真ん中に「ゼロ・エミッション」の文字が誇らしげに見えますね・・・。

f0182173_2257070.jpg
そして試乗会なので、このリーフを乗鞍高原内で運転してみました~!!
エンジンはかける必要が無く、ボタンをおして電源オンにするだけです!・・・。
走り出すと、とても快適です!! エンジンのように加速にタイムラグが無く
モーターなのでスグにスーッと加速していき、とても速く感じましたね!!
ちょっとこの加速感は驚きでした! 音も無く加速していくので、その辺りは
違和感ありました。とても静かで震動もなくて、不思議な感じでした。



そして今年から乗鞍高原では、EV カー用急速充電スタンドが設置されました!
f0182173_22562785.jpg
乗鞍高原・観光センターの前にある充電ステーションです!!
今年から、これからの需要に応えるためにEV カー用に新しく建てられました。

f0182173_22564640.jpg
今回の試乗会でも、ちょっとこのEV カーの充電を体験してみました。
充電はこの機械を給油口のような所に差し込むだけなので、僕にとっては、
セルフのガソリンスタンドよりも簡単だと感じました・・・。

そして!、この乗鞍高原の充電スタンドは、現在は無料で充電できるのです!
料金は市の補助金で賄われる為、電気自動車で乗鞍高原に来て頂くと、充電は
無料となります!! ぜひぜひ電気自動車を持っていらっしゃる方は、乗鞍に
来て下さい。 そして今までのエンジンの普通車に乗っていらっしゃる方でも、
このEV カーをレンタルして頂くと、レンタル料はかかりますが、燃料代は無料
なので、ぜひご利用してみて下さい! 宜しくお願いしま~~す!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-07-26 22:48 | イベント

白馬岳~杓子岳~鑓ヶ岳、下山

白馬岳登山の2日目。前日あれだけの夕焼けだったので、
晴れるモノと思っていたのですが、真っ白な霧の中!・・・。
ご来光も期待したのですが見れず・・・。あとは下山のみです。

f0182173_9313072.jpg
白馬山荘を6:20に出発・・・。真っ白な霧で何も見えません。
稜線の登山道をルートを頼りに歩いて行きます・・・。

2日目は別行動です。スプリングバンクN とMm ちゃんは、栂池で
高山植物を見て回りたいというので、白馬岳~栂池へと下山!
僕は白馬山荘から~杓子岳~白馬鑓ヶ岳を通って猿倉へ戻り、
車をピックアップ!して、栂池へ迎えに行くという予定です・・・。

f0182173_9313743.jpg
杓子岳~白馬鑓ヶ岳までは、全く視界が無く真っ白な霧でしたが、
白馬鑓ヶ岳の山頂に着いてからは一気に霧が晴れて来て、青空が
広がって行きました~! スゴイ風でメチャ早い雲の流れでした!!

f0182173_9314452.jpg
そしてまた、雲海の上に出て、素晴しい景色が見えました~!!

f0182173_9315116.jpg
真ん中チョイ左の突起が「白馬鑓ヶ岳」山頂です。素晴しい景色です!
この南山稜を来シーズンにスキーで滑ってみたいと、強く思いました!

f0182173_932096.jpg
この後、また雲の中に入ってしまい、霧の中を歩いて「白馬鑓温泉」に
8:20頃に何とか到着です~。ここまで2時間程で着きました・・・。
ここまで来て何もしないでスルーは無いだろうと言う事で、「足湯」に、
30分ほど浸かって休憩していました・・・・。

f0182173_932729.jpg
その後は、濃い霧の中をいくつもの雪渓の沢をトラバースして進み、
後半は出来るだけ頑張って、黙々と下山しました・・・・。

f0182173_9321475.jpg
標高が低くなり雪渓が無くなった所からは、いろ~んな高山植物が
たくさん咲いていました。特にこの「ニッコウキスゲ」が綺麗でした!・・・。


そして、車の置いてある「猿倉」に11:00ちょっと前に到着でした。
だいたい4時間ぐらいで下山できました。
f0182173_9322291.jpg
あとは、栂池へ車を廻して女子2人をピックアップして任務完了です!
いやぁ~、とても疲れましたね~・・・・。

今回の白馬岳登山、景色も見れて雲海の夕焼けも見れて、とてもラッキーだと
思いました。 次回はスキーで、白馬大雪渓か、白馬鑓ヶ岳・南山稜を滑りに
来たいと思いました~!! ひとつ登って夢が叶うと、またひとつ夢が広がる!
そんな山やスキーは愉しみが尽きません! 
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-07-25 09:32 | 山の風景

どーも君、乗鞍岳に登る!!

今日は「白馬岳登山」の続きを書こうと思っていましたが、
昨日、NHK のマスコットである「どーも君」が乗鞍岳に登山に
来ていたので、それを号外&速報として載せたいと思います!!

f0182173_9133498.jpg
昨日、たぶんNHK 番組の撮影で、あの!「どーも君」が!!
ここ乗鞍岳に登山に来ていたのです!!・・・・。 ネットの知り合い
から連絡があり、スグに画像をもらっていろんなところにアップして
しまいました!・・・・。 

「どーも君」は、「どーも、どーも!」と言いながら、あの短い脚で
乗鞍岳の岩場を何とか登って行ったらしいです・・・・。

いつのどの番組なのかは分かりません・・・・。でも放送されるのがとても
楽しみです!! このブログの読者の皆さん!、もしこの撮影のように
乗鞍岳を登っている「どーも君」をテレビで見たら、ぜひ教えて下さい!
宜しくお願いしま~~す!・・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-07-24 09:15 | イベント

雲海に沈む真っ赤な夕日!!

昨日の「白馬岳登山」の続きです・・・。

夕食後に、雲海に沈む夕日を見に白馬岳山頂まで登って行きました。
f0182173_9584397.jpg
山頂に到着です。夕日が落ちてしまう前に到着出来てよかった~。
(今日のブログだけ、画像は500Mの大判でお届けしたいと思います!)

f0182173_9585668.jpg
山頂に着いて少しすると、少しずつ太陽の色が変わって来ました~。
雲海は、雲の水平線の奥までこれ以上ないという完璧な雲海でした!! 
まるで舟を浮かべたら、プカッと浮いて進んで行きそうでした!・・・。

f0182173_9591421.jpg
360°見渡しても、モコモコの雲海以外何も見えませんでしたが、
この「剱岳」だけは例外で、島のように浮かんでいました。突き上げる
ように聳えていて、と~ってもカッコ良かったです!!

f0182173_9594386.jpg
そしてまた少しすると、一段と夕焼けの色が濃くなってきました~!!
雲海もオレンジ色になってきて、幻想的ですっ!!

f0182173_100277.jpg
最後の沈む直前は、この日の全てのパワーを出し尽くすようにして
真っ赤に色付いて行きました~!! 

f0182173_1002287.jpg
そして深紅の光を放ちながら、焔のように揺らめいているような雲を
纏って、雲海の水平線の彼方にゆっくりと沈んでいきました・・・。
今までに見たことが無いぐらいの、本当に真っ赤な夕日でした!・・・。

f0182173_1003117.jpg
夕日が終わって帰り道を歩いていると・・・・、終わったと思っていた
夕日の奥から、紫色の空に放射線のようなスジが付いていました!!
まるでカナダで見たオーロラのように、とても神秘的で綺麗でした!
白馬山荘の方も「こんな空は見たことが無い!」と言ってました。

f0182173_1004097.jpg
そして、夕日の落ちた赤い空を横目に見ながら、ヘッドライトで
すっかり暗くなってしまった登山道を歩いて帰りました・・・・。

今回の「白馬岳登山」、この雲海と夕日を見ただけでも、来た価値が
ありました!! それぐらい美しい夕焼けでした!!・・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-07-23 10:00

白馬岳登山

夏真っ盛りのこの時期、長い夏のロード前の休みを愚かにも連休にして
行ってしまいました!「白馬岳」。夏の登山では初めての「白馬岳」と
なりました~!
f0182173_20195169.jpg
でも1日目の朝はどんより曇りで、時折雨がサラサラと降ってくる
イヤらしい天気・・・。天気予報では晴れる予報だったのに。でもせっかく
来たので、「明日に期待をして!」と、取りあえず今日は白馬山荘まで
登って行きます。画像は大雪渓の登り初めです。気分が乗らない感じが
アリアリですね・・・・。

f0182173_20195967.jpg
真っ白な雲の霧の中を、黙々と登って行きます・・・・。でも、そんな中、
時々「ガラガラガラ~~~!!」と、落石の音が!!・・・・。落石なんかに
当ったら、タダでは済みませんっ! なので霧の中でも上を向いて落石に
出来るだけ注意しながら登っていました・・・。チョ~怖かったです!!・・・。

f0182173_2020671.jpg
しかし!!大雪渓の登り切った所で、いきなり!!一気に!!
雲海の上に出て、思いっきり青空の超快晴となりましたぁ~!!!
このスんバラしいシチュエーションに、テンションは一気に最高に!!

f0182173_20201595.jpg
今回一緒に行った、乗鞍ローカルのMm ちゃんです!!
冬はテレマーカーの彼女は、夏には珍しい、貴重な、高山植物の花を
画像に収めるのに情熱を燃やす、花ハンターなのです!! この日も
乗鞍高原では見かけない高山植物の花を、必死にシャッターを切って
いました・・・。高山植物の花を前にしたらイケメンでも目に入らない!
ぐらいに、花に見入ってましたね!

f0182173_20202440.jpg
そして上部の小雪渓を越えたら、稜線までもう少しです!
後ろには「杓子岳」の岩峰が切り立って聳えています! とても綺麗です。

f0182173_20203968.jpg
朝の雨の天気ではどうなるかと思いましたが、ついに!やっと!
稜線に到着です~!! 後ろには泊る「白馬山荘」と、その左側に尖った
「白馬岳山頂」が見えてきました!雲海の上の快晴で、最高の景色です!

f0182173_20205536.jpg
本日宿泊する「白馬山荘」です。とても大きな山荘なので
ちょっとビックリしました! なんと千人も泊れるとか?!・・・。

f0182173_20204697.jpg
ここまで歩いて来た疲れを癒すために、テラスでちょっと休憩・・・。
ビールとおつまみ、沸かしたコーヒーにチョコレートなどなど・・・・。
バックには、ちょっとやそっとじゃあみられないぐらいに完璧な雲海!
最高の気分でした!!・・・・。

f0182173_2021177.jpg
どこまで見渡しても、雲の水平線の向こうまで雲海でしたが、
ちょっとした雲の切れ間に、なんと!「剱岳」が浮かんできましたぁ~!!
スバラシイ山容です!! 感動的にカッコ良かったですね!

f0182173_2021834.jpg
そして夕食後・・・・、この日のハイライトになる「夕日」を見に、
白馬岳山頂まで行きました・・・・。


雲海に浮かぶ、完璧な夕日は、
明日のブログに「つづく!!!」・・・・・
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-07-22 20:26 | 山の風景