<   2011年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

Mt,乗鞍のシーズン券販売開始!

ついに!、遂に!!、明日の10月1日(土)から、「Mt, 乗鞍スキー場」の
シーズン券が、発売開始となります~!!
f0182173_9121162.jpg
もうそんな時期になったんですね~・・・。明日から発売開始となります!、
「Mt, 乗鞍スキー場」のシーズン券。 2012シーズンの「Mt, 乗鞍」は
運営会社が変わり、新たなシーズンにはさらに良いスキー場になって
行くと思っています! 
まずは、①2シーズン故障で動かなかった「鳥居尾根ダウンヒルコース」は
      今年から再開されます!
 僕の一番お気に入りのパウダー滑走
      が出来るコースだったので、とても楽しみです~!!
そして、②このシーズンに19歳の若者は、リフト代が「完全無料」!!です!
      やはり若者には、乗鞍で元気に滑って貰いたいと思いますね!!
しかも、③シーズン券は、お値段据え置きの¥25000-です~!!
      今までと同じ料金で、さらにサービスも充実されていくと思います。

詳しくは、「Mt, 乗鞍スキー場」の公式ホームページを見て下さい→「乗鞍

f0182173_9122895.jpg
さらにさらに!新会社は、来シーズンから乗鞍のバックカントリーツアーの充実を
計って行くらしく、キャット(雪上車)でのバックカントリーツアーもする予定です!
とても楽しみな来シーズンとなってきました!・・・。

上記の画像は、先シーズンの鳥居尾根~チャレンジコースのパウダー画像です。
そして、僕たちと一緒に、こんなに素晴しい乗鞍のパウダースノーを滑って下さい!
宜しくお願いしま~~す! みなさんに会える来シーズンも楽しみにしています~!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-09-30 09:12 | イベント

ワイン 148

この秋はなかなか前進できていない、僕たち「安旨ワイン探検隊」
なのですが、今回はいきなりイタリアの秘境ワインの探検です!

「レ・クーポレ・ディトリノーロ」2008年です!
f0182173_9273432.jpg
このワインは、イタリアのトスカーナ地方のワインです。始まりは、誰も
目もくれなかった「サルテアーノ」という荒れた土地。そこを開墾して
ワインを造っているのは、奇才「アンドレア・フランケッティ」さんです。
彼は、たまたまこの「サルテアーノ」を訪れた時に、自分の理想である
イタリアの田舎をそこに見つけます。そしてローマでの都会生活を捨てて
移り住み、それ以来は自然と一体となった生活を営みつつ、ワイン造り
を行っています。

そして、この新鋭機新のワイナリーがなぜ注目されているのかというと、
アンドレアさんがワイン造りを見習ったのが、あのフランスのシンデレラ
ワインである「ヴァランドロー」の「ジャン・リュック・テヌヴァン」さん
なのです。当時は全く無名だったこの「クーポレ」を抱えてフランスへ
行き、テヌヴァンさんの教えを請うたらしいです。現在は技術協力をして
いるらしく「ヴァランドロー」で培われた技術も使われているようです!!
なのでブドウ品種もカベルネフラン種やメルロー種を使い、熟成用の樽も
フランス産を使っています。ブドウも出来るだけ自然栽培でオーガニック、
その土地の個性も出せるように、その地でのブドウを最高の形で栽培して
いるらしいです!


と!、ここまでの注目株のイタリアワインで、しかも2千円台とくれば!、
僕たち「安旨ワイン探検隊」が見逃すハズはありませんっ!! いざっ、
オ~~プン~~!!ですっ・・・・。
f0182173_9274139.jpg
開けてスグから、素晴しい!、ちょっと濃い目の香りが広がります!
樽のニュアンスが全面に出ていて、オークとロースト香が抜群ですっ!!
K8 曰く「コーヒー飴のように甘く香ばしい香りだ!」らしいです。でも
その通りの感じで、最初に樽の香りが全面に来て、後に複雑なブドウ由来
のワインの味わいが来ます・・・。 ゆ~っくり飲んで行ってもあまり香り
は変わらず、最後まで同じように、樽の良い香りに包まれていました・・・。
こんなワインも美味しいな~!と思わせられた、樽香のワインでした・・・。


これからも、いろんなワインという秘境を探検していく所存でございます。
なので、「安旨ワイン探検隊」宜しくお願いしま~す。このブログの読者
のみなさんのワインライフのご参考になれば幸いです・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-09-28 09:27 | お店のご案内

赤いそば畑

朝晩の冷え込みがグッと身にしみるこの頃・・・
必ず目にする乗鞍高原の秋の風景と言えば、
f0182173_20403328.jpg
赤いそば畑です〜
9月下旬頃に刈り取りが始まり、こんな風に赤い茎が残された畑が
あちらこちらで見られるようになります。

f0182173_20401187.jpg
8月中旬には綺麗な白い絨毯のように輝いていた同じ畑とは思えない、
大変身ぶりですね〜

f0182173_20405370.jpg
そして、刈り取り前のそばの実はこんな感じです。
小さな茶色の実がたくさんついています。これがそば粉になって、
やがて美味しいおそばとして登場するわけですね。

f0182173_2041983.jpg
夕方5時でも、こんな綺麗な空が広がっています。
秋の空とそば畑は、とってもいい組み合わせですよ。
カメラがご趣味の方は、紅葉と併せて、是非撮影にお越し下さい。
ちょっと寒くなったら、スプリングバンクのコーヒーでほっこりして、
素敵な写真を撮って下さい。
ご来店お待ちしています。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-09-27 01:00 | 山の風景

ついに自動ドアが・・・!

長い間、すこぶる調子が悪かったスプリングバンクの入口の
自動ドアの開閉センサー・・・。いつか修理したいと夢見て
きましたが、ついに、ついに今回!、ある出来事から修理を
することができました〜!!

f0182173_9594691.jpg
修理が出来るとなれば、ことは素早く進んで行くのでした〜!!
まず、自動ドアの業者さんに来ていただき「見積もり」・・・。
そのあとスグに修理開始です。

f0182173_1001746.jpg
以前から思っていたのですが、「センサー開閉式」の自動ドアは
開かなくてもイイ時にも誤作動でつい開いたりしていたので、
今回は押しボタン式の自動ドアにしてもらいました・・・。
これで誤作動はなくなり、側を通ってもドアがガタガタと開い
たりしなくなります!・・・。

f0182173_1004750.jpg
修理は、約1時間程度で終ってしまいました〜!スバラしい!
この修理のオジサン、一気にカタづけて行かれました・・・。
さすがプロ!と思わせられてしまいました・・・。

f0182173_101476.jpg
なので、これから「カフェ・スプリングバンク」に入店する時には、
この自動ドアのボタンを押して下さい。宜しくお願いします〜。

やっと新しくなった、新生スプリングバンクの自動ドア!!
ぜひ是非、くぐり抜けに来て下さい。ご来店お待ちしています。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-09-26 10:01 | 日常

秋の散策

台風の影響で雨が多かった先週でしたが、天候が回復してから滝の様子を
見に行ってみました〜。
f0182173_22334726.jpg
三本滝は特に増水している様子もなく、いつも通り人気の少ない静かな空間。
春夏秋冬、どの季節も訪れたことがありますが、ここはいつ来ても滝との
距離感がちょうど良い感じで落ち着きますね〜・・・。
(番所大滝は豪快過ぎて、何だかちょっと落ち着かないのです・・・)

f0182173_2321748.jpg
三本滝の駐車場に戻って、かもしかゲレンデを見ると・・・
「ミヤマニガイチゴ」の葉が赤く色付いていました。小雨が降った後だった
ので、ツヤツヤして発色が綺麗です。

f0182173_2234260.jpg
そろそろ車道沿いの「ナナカマド」の葉も紅葉してきましたよ。

f0182173_22344185.jpg
こちらは善五郎の滝見台からの眺め。山は見えませんでしたが、気分爽快!
こうして見ると、駐車場から数分歩いて簡単に見ることのできる滝とは思えず、
山奥の秘密の滝を発見したような気分になるのです。スキー場の第3駐車場の
奥に駐車すると、本当にすぐに辿り着く展望台なんですけどね〜。

f0182173_22345669.jpg
鈴蘭から第3駐車場までの車道沿いには、ミズナラやシラカバに混じって
「ミズキ」の木も多くあり、今ちょうど実をつけています。このカラフルな
ビーズのような実が毎年楽しみです。

f0182173_22352587.jpg
「オオツリバナ」の実は日に日に濃く染まっていきます。この木は特に
実がたくさんぶら下がっていて、背景がピンクに染まりそうなぐらいです。
パカッと割れるのは、もうそろそろかな〜?

秋のお花もそろそろ終盤、実や葉の色付きが目立つ時期になってきました。
23日から朝の冷え込みが厳しくなっています。この時期の本来の気温に
なってきたようで、これがちょっと遅れ気味だった紅葉を進めてくれそうな
感じです。紅葉の様子はこれから随時ご紹介して行きますので、天気の良い
日を狙って、是非「乗鞍高原&スプリングバンク」にお越し下さいね〜!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-09-25 01:00 | 山の風景

ギネス アーサー デイ

今日9月24日は「ギネス・アーサーズデイ」です!!
f0182173_23251651.jpg
毎年このブログに書いて来ていますが、本日はギネスの日です。

ギネスビールもだんだんと日本の中に浸透してきたと思います。
今日9月24日は、ギネスの創始者である「アーサー・ギネス」
さんの誕生日なので、「ギネスの日」とされているのです。
約250年以上も前の1759年、アイルランド人のアーサー・ギネス
さん は、当時使われなくなっていた「セント・ジェームズ・ゲート
醸造所を年45ポンドの対価で向う9000年間の契約で借り受けたのが
ギネスビールの始まりです。 それから250年もの間、世界中で
ギネスは愛され続けています。

f0182173_23254735.jpg
スプリングバンク重役役員代表である「お父さん」も大のギネス
愛好家でありますっ! この日はみんなでギネスビールを飲んで
「アーサー・ギネス」さんの功績を讃え祝うことにしました・・・。
もちろん、僕たち「カフェ・スプリングバンク」でギネスは飲めます!
みなさんのご来店をお待ちしていま〜〜す!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-09-24 10:00 | お店のご案内

ピスラボ・サマースキー

この画像がどこなのかスグに分かる人は、相当コアなスキーヤー&
スノーボーダーの方だと思いますっ! これは「ウィングヒルズ白鳥」
という岐阜県のスキー場です・・・。そうなんです!、ついに行って
しまったのです・・・!!

f0182173_2244599.jpg
「ファットスキー」→「パウダースノー至上主義」であるこの僕が
なぜ?!この岐阜県のスキー場に来てしまっているのか?! まさか、
トチ狂ってしまったのか?? という事ではありません。 ここには、
最近巷で噂になってる新世代ブラシシート「ピス・ラボ」というモノを
敷き詰めたサマーゲレンデがあるのです。なんでも、かなり本物の雪の
滑走感覚に近いとか・・・。

f0182173_10212396.jpg
これが「ピス・ラボ」のブラシシートです。一見だと何の変哲も無い
今までと同じ普通のサマーゲレンデ用のシートに見えます・・・。本当に
雪の滑走感覚に近い感じでスキー出来るのか?!果たしてこの「ピス・ラボ」
の威力やいかに?!〜〜。いざっ滑走です!!

f0182173_10215155.jpg
まずは、今回一緒に付き合っていただいたYS さんのテレマークターン
です〜!! 彼は筋金入りのテレマークスキーヤー!。僕なんて足元にも
及ばない程のスキー歴。しかし、この「ピス・ラボ」の上でのテレマーク
ターンは非常に難しいようで、かなり手こずっていらっしゃいましたね。

f0182173_10221886.jpg
僕も滑ってみました・・・。最初の1本目は、初めてスキーを
した時のように、滑り出しが非常に怖かったですが、3〜4本滑って行く
と少しずつ慣れて行きました・・・。カービングターンも決まってきますが
やはり本物の雪の感覚とは全然違い、エッジングがとても難しいです・・・。
ターンしていても、何とかバランスを保つのが精一杯でフラフラしてしまい
ますね・・・。最後の方は一応普通に滑っているようになりましたが、凄く
エッジがツルッと滑らないようにバランスを取るのが大変でした。

もう少し簡単に考えていた僕たちには、ちょっと難しく感じてしまいました。
でも本当に久しぶりにスキーで滑る事が出来て、と〜っても楽しかったです!


f0182173_2232876.jpg
滑った後は、スキーの滑走面にこのようにブラシが融けたモノがビッシリ
くっ付いていました・・・。 あと、よく滑るようにスプリンクラーで水を
撒いているので、1本目から土砂降りの雨で滑ったようにズブ濡れになって
しまいます。 これから行こうと思っている方は、上下カッパの完全防備で
行くのをオススメします。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-09-23 10:23 | 趣味の部屋

モルトウイスキーご紹介。

台風で大雨の被害が、全国各地から聞えて来る今年の秋ですが、
これからの秋の夜長にゆっくりと飲みたい、閉鎖蒸留所のレアな
モルトウイスキーのご紹介をします。

1本目は「グレンユーリー・ロイヤル」1976年です。
f0182173_9561319.jpg
このシングルモルトウイスキー「グレンユーリー・ロイヤル」は、
「ロイヤル」の称号が与えられた数少ない3つの蒸留所のひとつで、
昔から非常に入手困難なウイスキーだったようですね・・・。もともと
地主で国会議員だったロバート・バークレイさんが1825年に創業。
創業者が国会議員だったので皇族とも親交があったので、時の国王
「ウィリアム4世」から「ロイヤル」の称号を授かったようです。
しかし、長引く不況により1985年に工場閉鎖・・・。なのでその後は
一滴のウイスキーも造られていませんし、今後も造られる事はない
ので、ストック分だけの貴重なウイスキーとなるでしょう。

2本目は「グレンアルビン」1973年です。
f0182173_9562255.jpg
このシングルモルト「グレンアルビン」も閉鎖して今は無い蒸留所の
レアモルトです。スコットランドの北の玄関口、工業都市「インバネス」
にあった3つの蒸留所のうちの一つで、創業は1846年。昔のビール工場
を改造してこのウイスキー工場「グレンアルビン」が造られたようです。
世界大戦中は軍の施設として利用されていた経歴もありますが、1983年
閉鎖。このインバネス市には現在モルト蒸留所は一つもありません・・・。
現在この「グレンアルビン」の跡地はスーパーマーケットになってしまっ
ているようです。なので、このモルトもその後は一滴も造られていません
し、今後も造られる事はないので、ストック分だけの貴重なウイスキーと
なってしまうでしょう・・・。

f0182173_9563223.jpg
どちらも「ゴードン&マクファイル」の「コニッサーズチョイス」の
シリーズのボトラーズものです。10年以上前のラベルのボトルです。

この台風が去った後の、風流な秋の乗鞍高原の夜をこんなモルトと共に
ゆっくりと過ごしませんか?! ご来店お待ちしています~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-09-21 09:56 | お店のご案内

フォトフェスタの審査員になって下さ〜い!

今年で3回目になった乗鞍高原の写真コンテスト、「フォトフェスタのりくら」
の応募が8月末で締め切りとなりました。
f0182173_11522371.jpg
観光センターの1階では、8月まで第2回の入賞作品がこんな感じで展示されていました。

f0182173_11535636.jpg
9月になって、各施設に集まった応募作品が一同に集められました。
全作品を展示するための、準備作業をしているのです。
係の方のお話によると・・・素敵な写真ばかりで、ついつい手を止めて
見入ってしまうので、作業が進みませ〜ん・・・とのことでした!

f0182173_11562596.jpg
現在はこんな風に展示されています。
そして、肝心なのはここから・・・・・

f0182173_11571677.jpg
会場に備えられた投票用紙にあなたのお気に入りの作品を記入して、
投票して下さい。つまり、あなたも「しんさい〜ん」なのです!
作品を「春夏秋冬」の各1点ずつ選ぶ方式です。

f0182173_1158549.jpg
この箱に投票すると・・・
主催している「のりくら観光協会」からプレゼントのチャンスがあります!
最優秀賞に選ばれた作品に投票した方の中から1名様に、「目利き賞」として、
施設利用券5000円分が当たります。
又、投票した方の中から抽選で100名様に「湯けむり館入場券」が当たります。

展示と投票は、10月31日まで行われています。
乗鞍高原に紅葉見物にいらした際には、是非観光センター1階の展示場に
お立ち寄り下さいね。

f0182173_1285373.jpg
そして入賞した作品は、乗鞍高原のオリジナル絵はがきセット(6枚入り)と
なって販売されることもあります。
今年のこの6枚の中にスプリングバンク撮影の牛留池の写真も1枚含まれています。
(特にいい写真ではないのですが、水辺の景色が必要だということで提供しました。)

今回の応募には、スプリングバンクをご利用いただいたお客様の中からも
写真を送っていただいた方がいらっしゃいました。ありがとうございます。
写真の好きな方は、是非次回の応募にむけて素敵な画像を撮って下さいね!
これからの紅葉の時期は、特に撮影にピッタリなシーズンですよ。
たくさんの方のご参加をお待ちしていま〜す。

「フォトフェスタのりくら」の詳細については、こちらをご覧下さい。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-09-20 12:16 | イベント

ヒューガルデンの新ラベル

世界最大のビールのイベント、「オクトーバーフェスト」が、この
週末にドイツのミュンヘンで始まりました~!! なので今日の
ブログ記事は、スプリングバンクで扱ってるビールの話です!!

この2011年の夏!、約5~6年ぶりぐらいに!、お店の定番ビール
になっている「ヒューガルデン・ホワイト」が新ラベルになりました!
f0182173_9231080.jpg
「ヒューガルデン・ホワイト」は、ベルギーのヒューガルデン村を
発祥とする、原料に小麦を使った上面発酵で醸造されるエールビール。
苦味は少なくて、コリアンダーやオレンジピール漬浸の製法による、
ほんのりスパイシーでさわやかな飲み口が特徴。 瓶内二次発酵をする
ためにビールが白濁しているので、ホワイトビールと言われるのです。

このヒューガルデン村ではビールが14世紀から造られていましたが
20世紀に起ったピルスナービールのブームに押されたのと、2回の
世界大戦で20世紀半ばまでは閉鎖されていました。しかし、その後
ヒューガルデン村出身で当時牛乳屋だった「ピエール・セリス」さんが
廃業したレモネード工場を買い取って、ビール醸造所として再開!!
村の名前にちなんで『ヒューガルデン・ホワイト』と名づけて販売し
昔の味わいが現在の人々には斬新な味として人気を得るようになるの
です! そして現在は大手「インペブ」社によって醸造されています。

f0182173_9231974.jpg
右がこれまでのラベル、左が新しくなったラベルです!
でも新しいラベルの方が、僕には古典的&伝統的に感じられてとても
良いと思っています・・・。この「ヒューガルデン・ホワイト」ビールは
僕たち「カフェ・スプリングバンク」にて、いつでも飲んで頂けます!
この3連休の週末に、ドイツでは世界最大のビールのイベントである
「オクートーバフェスト」が始まりました! こんな海外のビールを
高原で爽やかに飲んでみませんか~?!
ご来店お待ちしています~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2011-09-19 09:23 | お店のご案内