<   2012年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

Mt.乗鞍スキー場、早割シーズン券が発売開始です!!

今年も、早くもこの季節になって来ました!!!!!
僕達の地元でありメインゲレンデである「Mt. 乗鞍スキー場」の
早割シーズン券の発売が、明日の10月1日から販売開始です~!!

f0182173_16122058.jpg
明日10月1日から発売開始となります!、「Mt, 乗鞍スキー場」の
シーズン券!! 去年はなかなか雪が少なくてパウダーに当った人が
少なかったようですが、僕はその分来シースンに期待しちゃいます!
来シーズンの特徴は・・・・、

①今年は若者をバックアップして行くと言う事なのでしょうか?!
 今年は「ヤングバリュープラン」として学生や20歳の若者対象の
 早割がたくさん創設されているようです!・・・。これは、若い人達に
 スキー&スノーボードをしに来てもらってスキー場が盛り上がって
 欲しいな~ということだと思いますね!!
②そして!、今年もやります「雪マジ!」。今年のシーズンに19歳の
 若者は、リフト代が「完全無料」!!です! やはりこのプランも
 若者には、乗鞍で元気に滑って貰いたいと言う事だと思いますね!
③そして!、シーズン券は、今年も同じお値段の¥25000-です~!!
 今までと同じ料金で、さらにサービスも充実されていくと思います。

詳しくは「Mt, 乗鞍スキー場」の公式ホームページを見て下さい→「乗鞍

f0182173_16123942.jpg
この画像は、先シーズンの鳥居尾根~チャレンジコースのパウダー画像です!
こんなに素晴しいパウパウなパウダーが降る「Mt.乗鞍スキー場」へ、滑りに
来て下さい!宜しくお願いしま~~す! 僕達もみなさんに会える来シーズン
を楽しみにしています~!!! よろしくお願いします~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2012-09-30 01:11 | イベント

サークルライド、10周年!!

「たまには自分の限界に挑戦してみよう!!」という友人の
発言から始まり、毎年いろんな所を一周する自転車ツーリング
を開催してきて、今年でもう10年になってしまった!!・・・。

もちろん最初は乗鞍岳を一周してみようと、第一回目が始まり、
2回目は「乗鞍エコーライン→乗鞍スカイライン一周」
3回目「能登半島一周(280km)」、4回目「御嶽一周(200km)」
5回目「富士山一周(220km)」、6回目「ビーナスライン一周」
7回目「日光一周(200km)」、8回目「志賀~草津一周(150km)」
9回目「琵琶湖一周(210km)」と、ここまで来てしまった・・・・。

今年は10周年の記念の年なので、改めて初心に戻り「知らない土地を
自転車で突き進むツーリングの愉しみ」を噛みしめようと思い、距離
は短めに自転車ツーリングを楽しみ、そしてグルメも一緒に楽しんで
しまおう!という事になったのであった!!・・・。

f0182173_22162554.jpg
朝6時に乗鞍を出発。今年の10周年記念のステージは「戸隠」だ。
距離にして50~60km程で、昼食に戸隠の「うずら家」さんにて
お蕎麦を頂いてしまおうと言う魂胆である。自転車ツーリングの
用意をして、道の駅しなのをスタートだ! 画像の、目の前にある
飯綱山を一周して、ここまで帰ってくるのだ・・・。

今回の10周年記念のメンバーは、この10年間も「サークルライド」
という自転車ツーリングに付き合ってくれたTM ちゃん、そして!、
自転車レーサーであるMr. C !そして僕の3人だ。 

f0182173_22164060.jpg
スタート直後は、美しい金色の稲穂が広がる平坦な国道を走って行く・・・。
今回は、全員この10周年のサークルライドツーリングに体調を整えて
きたようで、とても快調に滑りだしていった。天気も最高で、バック
には「妙高山」や「黒姫山」などがとても綺麗に見えていた!・・・。

f0182173_22165934.jpg
1時間程走った所で「飯縄山」の麓にある「霊仙寺湖」という湖に到着。
この辺りも綺麗に刈られた芝生が広がっていて、とてものどかだったので
思わず、ちょっと休憩を入れてしまった。

f0182173_22171244.jpg
休憩時に、いつも「死人のポーズ」をするTM ちゃん。彼はいつも
こうやって倒れ込んで「もうダメだ!・・・」というフリをして、他の
メンバーを油断させる作戦なのである。でも、もうみんなこれが彼の
作戦だという事がわかっているのだが、やはり今回も倒れ込んでくれ
たのであった・・・・。

f0182173_22172696.jpg
その後は「バードライン」という綺麗な道路を、昼食の目的地である
「戸隠」へと、TM ちゃんに先頭で引っ張って頂きながらどんどんと
坂を登って行った。僕は最後のスパートでアタックを掛けて、自転車
レーサーであるMr. C に、果敢に挑戦してみたのだが、今回も敢えなく
敗退・・・。反対にチギられてしまったのであった・・・。

f0182173_22174114.jpg
そしてグルメな昼食の場所「うずら家」さんに到着だ~。「戸隠」で
お蕎麦と言えばココ!というぐらいに有名なお店で、僕の友人である
A さんが働いているお蕎麦屋さんなのである・・・。今年も久しぶりに
A さんに会えて、とても良かったのだった。

f0182173_22175651.jpg
「うずら家」さんでは、お蕎麦が来る前にこうやってワサビをすって
お蕎麦が出来るのを待つのである・・・。この生ワサビは、スーパーで
売られているチューブのワサビとは全くの別物!で、これだけ食べて
も香りも良く美味しくて、仄かな甘さも感じられて、「ワサビって、
本当はこんな味だったのか!」と驚かされるのであった・・・。

f0182173_2218918.jpg
そして、お蕎麦がキタ===!!!!! まず最初に「そばがき」を
頂き、その後に「天ざるそば」を頂いたのであった!! 「うずら家」
さんの「そばがき」のフワフワ感と香りが絶品!! この味わいには、
さすがのMr. C も絶賛だった~。

f0182173_22181934.jpg
僕と言えば、大好物のお蕎麦をお腹い~っぱいに食べてしまって、
この後自転車を漕げなくなってしまう程だったので、ゆ~っくりと
蕎麦湯を堪能しながら休憩して、お腹が落ち着くまで待たなければ
ならなかったのであった・・・。(満腹過ぎで、苦しかったです・・・。)

f0182173_221836100.jpg
その後のコースは、「戸隠」からスタート地点の道の駅しなのまで
下るだけ!なので、戸隠奥社の入口にちょっとだけ寄ってみた・・・。
相変わらず「戸隠」は人が多い。こういう人が集まっている観光地を
訪れると、いつも自分たちの乗鞍高原と比較してしまう・・・。僕達、
乗鞍高原も頑張らねば!と思うのと、羨ましいのとの半々であった・・・。

f0182173_22185882.jpg
戸隠~ゴールまでの終盤は、これまで登って来た分のダウンヒル!!
仄かに紅葉した美しい緑のトンネルを中を、スピードに載せて風を
切りながら爽やかに!、そしてどこまでも落ちて行ったのであった~。

f0182173_22191124.jpg
そして、ついに!!、記念すべき僕達の「サークルライド、10周年」の
ツーリングが、スタート地点でありゴールである「道の駅しなの」へと
帰り着いて終了となってしまったぁ~。 今回は「飯縄山」を一周して
約55kmを走って、みんな無事ゴール出来たのでした・・・。この10年間の
いろんな想い出と共に走る事が出来た、今回のツーリングだった。


これで、僕達の自転車ツーリングは一区切りついたのかな~と思って
いますが、また何か違う形で、新たな挑戦をして自分の限界のその先に
あるゴールを目指して行きたいと思っています~!!!
またみなさんよろしくお願いします!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2012-09-29 10:19 | アウトドア

今シーズン注目のスキーフィルム。

毎年の事ですが、秋深まるこの時期のもうひとつの楽しみに、
「スキー&スノーボードフィルム」の発売があります!!・・・・。
今年もいろんなフィルムの予告編が「You Tube」で流れていますが、
僕が「あぁ~、スゴイ!!」とか「いいなぁ~!!」と思ったのは、
これらの数作品ですね・・・・。

1作目はスノーボードなのですが、あの「Jeremy Jones」の新作!
「FURTHER」ですっ!!
言わずと知れた、あの「Jeremy Jones」さんの「DEEPER」の2作目
である「FURTHER」!! そして今回は僕がどうしても滑ってみたいと
思っている、白馬の「不帰ノ瞼」を滑っている画像もバッチリ入ってる
ようですね~!! スキーじゃなくスノーボードのフィルムなのですが、
それでもこれは、バックカントリースキーをしている世界中の人々が
今年一番見たいスノーフィルムだと思います・・・・。




2作目は、現在僕が憧れそして尊敬しているスキーヤーの中の一人である
「Sage Cattabriga - Alosa」さんのムービー「Light The Wick」です。

もう、このフィルムの後半は一体どれぐらいの斜度がある山で滑っているのか?
どれぐらいのありえない程のスピードが出ているのか?!、理解できないような
本当に錯覚してしまう程の見ごたえあるスキーです!!

「Sage Cattabriga - Alosa」さんは、「Teton Gravity Research」のクルー
で、とんでもない程のスキーヤーです。かといって、僕が彼に憧れてアトミック
のスキーを使っているワケではありません・・・。僕もあんなスゴイスキーをしたいと
思いますが、彼のスキーはとにかくマネできない領域のスキーですね!!・・・。




3作目は、これは去年のフィルムなのですが今シーズンいろんな所で良く見るので
僕も大好きなので、ここに載せました・・・。「Art of Skiing」です。
このスキーフィルムは、映像はいつも通りの過激なフリースキームービーなの
ですが、とても爽やかなゆったりとした音楽と流れるようなフィルムの造り方
なので、まるでタバコのマイルドセブンの爽やかなCMのような雰囲気で流れて
いきます。過激な映像とスゴく爽やかな流れのちょっと異質なスキーフィルム
ですが、またそれがとても良いのです!! 最後のジャンプシーンも圧巻!!
とても面白いですね~。


いかがでしたでしょうか??・・・・。僕もバックカントリーでこんなスキーを
したいと思って、日々精進しています。他にも今シーズンのスキーフィルム
で素晴しいモノがありましたら、「カフェ・スプリングバンク」まで、逆に
ご紹介下さい~。宜しくお願いします。

そして、みなさんと一緒に来る冬良い雪をたくさん滑りたいと思います!!
「カフェ・スプリングバンク」へご来店お待ちしています~!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2012-09-28 02:36 | 趣味の部屋

ワイン 214

「小布施ワイナリー」でブドウがたわわに実った畑を見た後、
無性にボルドー系が飲みたかった「安旨ワイン探検隊」です・・・。

今回のワイン、「レ・ザロム・ド・パヴィ」2007年です。
f0182173_1085996.jpg
このワインは、ボルドー右岸の、中世の街並みが残っている
素敵な町「サンテ・ミリオン」地区で造られているワインです。

造り手は、このサンテミリオン地区の第一級特別B に選ばれている
最高級ワイナリー「シャトー・パヴィ」で、この「レ・ザルム・ド・パヴィ」
は「シャトー・パヴィ」のセカンドワインなのです!!・・・。

「シャトー・パヴィ」は、サン・テミリオン地区の第1特別級全体の中で
最大の畑で、水捌けが良い小石の砂利質の畑なので、フランス語
の「パヴェ=砂利」から名前が付いたらしいです。ボルドーワインの
始まる前からこの辺りではブドウが植えられていたようで、とても
長い歴史がある土地です。それから~戦後の1960年代以降は、あまり
経営状態が良くなく、ワインも質を落としていたのですが、1997年に
ペレス家が買収。その後は飛躍的にワインが向上し、現在「パヴィ」は
最も高品質なサン・テミリオンの第一特別級となっています!!・・・。。

1997年以来、シャンタルとジェラール・ペレスによってワインは造られ
収量の低減、小型開放式の樽発酵槽で発酵、樽内マロラクティック発酵、
澱と接触させたままでの熟成(シュール・リー)、フィルター無しでの
瓶詰めがなされています。品種は、 メルロー=55%、カベルネ・フラン
とカベルネ・ソーヴィニヨンが=20%ほど。40%程の新樽で14ケ月もの
熟成をしています!!


と言う感じで、「シャトー・パヴィ」は手間暇かけて造られていますが、
このセカンドの「レ・ザルム・ド・パヴィ」はどうなのでしょうか??
といういつもの疑問に答えを出すべく、今日も僕達「安旨ワイン探検隊」
は、過密なスケジュールをかいくぐり、突き進んで行きます~~。
f0182173_109758.jpg
このワイン、開けてスグではちょっと硬い感じであまり香りも立って
きませんでしたが、少し時間が経つにつれて素晴しくバランスの良い
香りが広がって来ました~!! ボルドー系らしく、カシスのような
果実感と森林浴のような複雑さに、樽のコーヒーのようなロースト香が
控え目にあり、とても良い感じです。どの味わいや香りが突出している
のではなく、バランスが良い感じで、最後まで飲み飽きませんでした~。

このセカンドワイン「レ・ザルム・ド・パヴィ」は3千円程度でネット
でも見つかります!! これはかなりオススメのワインですぅ~!!
こんなワインを「カフェ・スプリングバンク」へ飲みに来て下さい~。
ご来店お待ちしています!!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2012-09-27 01:07 | お店のご案内

お蕎麦の収穫・・・。

昨日のブログでは、乗鞍の小さい秋として紅葉を少しだけ
書きましたが、今日はみなさん大好きな「食の秋」です!

乗鞍高原では、お蕎麦の収穫が一斉に行われています~!!
f0182173_10254182.jpg
つい先日には、モサモサしていたお蕎麦の畑ですが、
f0182173_1025581.jpg
昨日、自転車に乗って傍を通ったら、全て刈り取られていました!
f0182173_1026797.jpg
一気に丸刈り!!!」って感じですね~・・・・。

乗鞍高原では、これからどんどんお蕎麦の収穫が行われて行きます。
早足な秋が来て、もうそんな時期なんだなぁ~としみじみ感じてます・・・。

そして秋は、この新蕎麦や、キノコに木の実に、楽しみな季節です!!
そんな乗鞍高原で、「カフェ・スプリングバンク」で僕は、コーヒーを
淹れて、みなさまのご来店をお待ちしています~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2012-09-26 02:22 | 山の風景

秋の気配

先週末は、季節の変わり目の雨が降り一気に寒くなって
きました・・・。まだ都会は暑いのでしょうか?、でももう
乗鞍高原では、朝晩は10℃ぐらいまで冷えて来ています。

朝晩の冷え込みと日中の気温差が大きくなり、風が冷たく
なってくると、気になるのは紅葉の進み具合ですね~。
f0182173_1615322.jpg
なので、今回は乗鞍高原内をぐるっと自転車で一回りして
紅葉の色付き具合を見て回って、「小さい秋」探しに行って
みました~。 この画像は、いがやのバッハアルプ湖でです!
鏡のような池面に映った青い空!、と~っても綺麗でした!!

f0182173_16239.jpg
乗鞍高原で、最初に目に飛び込んでくる赤く紅葉した葉っぱは
「ヤマウルシ」さんです~。秋が来たら、一番最初に真っ赤に
なるのです!
f0182173_1621155.jpg
「一ノ瀬園地」の所々で、背が低く赤い葉っぱの樹を見つけたら、
たぶん、この「ヤマウルシ」さんですね~。毎年、とても綺麗な
真っ赤な色合いを魅せてくれます!!

f0182173_1621710.jpg
そして、カエデの葉っぱも少しずつ赤くなってきているモノも
ありました。カエデの木の紅葉は、まだまだ緑色をしているので
これからですね~。

f0182173_162278.jpg
そして、この秋の時期の風物詩なのは、「スキー場の草刈り」です!
「Mt. 乗鞍スキー場」のゲレンデも草刈り作業が進んでいて、着々と
準備中です~!! 

急に冷えて寒くなって来ると、別に何も起こらないのに、スキーヤー
としてはどうしてもソワソワしてしまいます・・・。自分でもバカだな~
と思っていながらも、来たる冬の足音に胸騒ぎが収まりませんね・・・。

普通の人は、それよりもまず乗鞍高原の紅葉を愉しんで下さい~!!
これから紅葉が始まります!! ご来店お待ちしています~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2012-09-25 01:00 | 日常

アーサー・ギネス、デイ!!

本日、9月24日は、「アーサー・ギネス、デイ」です!!!
f0182173_18262274.jpg
「アーサー・ギネス、デイ」とは、アイルランドの黒ビールである
「ギネス」の創始者、「アーサー・ギネス」さんの誕生日です!!
そう、9月24日は、「ギネス記念日」なのですっ!!

1759年から、黒ビールのスタウトである「ギネス」はダブリンで
創業、以来世界中で愛され飲まれ続けています。アーサー・ギネス
さんが、アイルランドの首都である「ダブリン」郊外の、使われなく
なった「セント・ジェームズ・ゲート醸造所」を、9000年もの契約で
借り受け、ビール製造を開始したのが始まりです。それから250年
以上が経ち、ギネスビール愛好家は広まっています。

世界の記録を集めた「ギネスブック」は日本でも有名ですが、実は
このギネスブックは、このビール会社「ギネス」が世界中の記録を
集めたのが始まりなのです。日本ではあまり知られていない有名な
話なのです・・・・。

f0182173_18263220.jpg
そして、「カフェ・スプリングバンク」で「ギネス」と言えば、重役
役員である「お父さん」ですっ!! 「ギネス」をゆっくりと飲んで、
すっかりご満悦ですね~・・・。

そして、もちろん「ギネス」を飲みに「カフェ・スプリングバンク」
へご来店下さい~。みなさまのご来店お待ちしています!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2012-09-24 18:27 | イベント

小布施ワイナリー訪問

先日の長野市郊外の「尼厳山」へとクライミングに行った帰りに、
もうこの季節のワイナリーはブドウの収穫時期じゃないのかな?!
という事で、ブドウが成っている畑を見れるかも!?と思いながら
「小布施ワイナリー」へと行ってきました~・・・。
f0182173_11372543.jpg
「小布施ワイナリー」は、長野県を代表する素晴しいワイナリーです!
ただ薄くて甘口の安いワインを造るのではなく、フランスや世界中の
ワインに負けないぐらい美味しいワインを日本で造っているワイナリー
なのです! 長野県の小布施町の郊外にひっそりと蔵造りのショップと
共にあり、僕たちから見ればとても素敵なワイナリーなんです・・・。

f0182173_11373357.jpg
ショップの店内は、蔵造りの建物をそのまま利用しているので古民家
のように重厚!! 古き良き時代の味わいがありますね・・・。そして!
真ん中に無造作に置かれている古樽は、何と!「フランソワ・フレール」
社製の樽ではありませんか!! とても興味のある事ですっ!!・・・・。

f0182173_11374165.jpg
いろんなワインをテイスティング出来るので、少し試飲して行きます・・・。
そして、一緒に行った「安旨ワイン探検隊」のK8 は、ここでしか買えない
品種のワインを発見!! 思わず購入していました・・・。

f0182173_11375075.jpg
その後、ワイナリーを後にして、訪問の目的であるブドウ畑を見に行って
みました・・・。 しかし小布施町はフルーツ王国なので、山手の畑は全て
リンゴやブドウ畑!!!、どこを見て回っても一面のブドウ畑!!!・・・・。
なかなか見つけるのに苦労しましたが、車で20分程回っていると、ついに!
ワイン用のブドウ樹の仕立て方をした場所を発見出来ました~!!

f0182173_11375668.jpg
このブドウはメルローかな?? カベルネかな~??・・・。 僕たちには
ちょっと分かりませんでした・・・。 でも秋のブドウが成っている時期に
畑に来てブドウを見るのは、僕たちはあまり経験が無いので、面白かった
ですね~。次回はちゃんとしたツアーに参加して、いろんな事を教えて
貰いたいな~と、思いました。また「小布施ワイナリー」の秘蔵のワイン、
「安旨ワイン探検隊」で飲みますので、ご期待下さい~。

そして「ペンション・カムス」では、この小布施ワインを取り扱っています!
ご宿泊させる方でご興味のある方は、夕食時にオーナーにご注文下さい!!
よろしくお願いしま~~す!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2012-09-24 01:36 | 趣味の部屋

今シーズン初のりんごタルト〜♥

今日の乗鞍高原は、残念ながら冷たい雨ですね・・・。
そして、「カフェ・スプリングバンク」がオープンする、今日の
朝10時の気温は11℃!!!、、、寒いですぅ~~~~・・・。
f0182173_10334137.jpg
入口の軒下でお客様を待つ、スプリングバンクのマスコットである
アンソニー君も、寒いので今日からマフラー姿に変身です~~!
夏のネクタイと違って暖かいねぇ~~~とご満悦。
そんなアンソニーがお勧めしているのが・・・・!!、、コレ!

f0182173_1033564.jpg
本日の手作りケーキ「りんごタルト」です!
先日、この秋初めてのりんごのコンポートを作ったので、今日登場です。

f0182173_1034552.jpg
スプリングバンクのタルトは、生地がパイ生地なので、サックサク感を
楽しめます。ご注文を頂いてから、少し温めなおしてお出ししますので、
今日のような肌寒い時には、ほっこりしますよ。

f0182173_10342174.jpg
そして、これから紅葉が段々と高原に降りてくると、アンソニーが眺める
景色もこんな感じになります。乗鞍岳~乗鞍高原でしっとり秋の散策を
楽しんだ後には、是非マフラー姿のアンソニーに会いに来て下さいね~~。

ご来店お待ちしていま~~~す!!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2012-09-23 10:48 | お店のご案内

ワイン 213

お店は忙しくないのですが、いろいろと行事やイベントなどで
忙しくて、怒涛のように時間が流れて行く9月です・・・。それでも
僕たち「安旨ワイン探検隊」も課題が溜まっているので、また
どんどんと突き進んで行く次第であります・・・。

今回のワイン「コルトン、ルイ・ラトゥール」2000年です!!
f0182173_10172723.jpg
このワインは、フランスはブルゴーニュ地方の、ほぼ真ん中にある
アロース・コルトン村を代表する特級畑「コルトン」で造られる
ワインです。 (久しぶりのブルゴーニュですね~。)

造り手は「ドメーヌ・ルイ・ラトゥール」です。この造り手は、
ブルゴーニュの大手ネゴシアンなのですが、もちろん自社でも
ワインを造っているのです。 「ルイ・ラトゥール」社の創業は
1797年。ブルゴーニュで唯一現在でも家族経営をを守り続けて
いる銘醸家かつネゴシアンです。もともとラトゥール家の歴史が
この「アロース・コルトン」村から始まっているので、コルトン
には50haに及ぶ畑を所有!、現在は、現当主7代目が経営する
中で、常に最高のワインを造り続けているのです!! ボーヌの
町の郊外の醸造施設クロ・シャムロワで最新のワイン造りを行う
一方、アロース・コルトンの醸造所では、現在も自社製の樫の木樽
を用いた熟成をするなど、頑なに伝統を守ってワインを造っている
のです。そして、この会社のワイン全生産量の僅か10%だけが、
自社製のドメーヌものになるのです!!そして「ルイ・ラトゥール」
の最上の畑のワインは、自然な栽培、オーク樽での10日間ほどの
比較的短い時間での軽い抽出、低い新樽比率、そして短い熟成期間
という組み合わせで、出来るだけ自然なスタイルで造られている
らしいです・・・。


こんなに魅力的なワインが、何と3千円台で埋もれていました~!
ブルゴーニュの特級畑のワインが3千円では、なかなか飲めません!
このコストパフォーマンスに惹かれて、僕たち安旨ワイン探検隊は
ついつい購入してしまいましたぁ~。 いざっ、お~ぷんです!!
f0182173_1017359.jpg
このワインは、開けて最初は、蒸れた布やシイタケのような香りが
して、色合いもちょっとレンガ色で茶色い感じで、痛んでいたのか
と思いましたが、10分ぐらい経つとあんみつのような甘さ(?)や、
オリーブのような複雑な香りもあって、どんどん変化していきます!
やはりちょっとピークを過ぎているか、保存があまり良くなかったの
でしょうか、そんな感じでしたが、味わいはまだシッカリしていて、
とても美味しく頂きました。最後まで時間が経つにつれてどんどんと
香りや味わいが変わっていくワインでした。

時には、この激動の10年を過ごしてきてここまで辿り着いたワイン、
そんな悠久のワインも良いモノですね・・・。またワイン好きのお客様の
ご来店をお待ちしています~・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2012-09-22 10:59 | お店のご案内