<   2013年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

ワイン 269

今年の「食欲の秋」のシーズンでは、なかなか良い感じの
トライが出来ていない、僕たち「安旨ワイン探検隊」ですが、
この素晴しい秋の夜に、またワイン飲んじゃいました・・・。

今回のワイン「オテロ」2008年です。
f0182173_193393.jpg
このワインは、カリフォルニア州にある有名な一大ワイン産地
である「ナパ・ヴァレー」産のワインです!!

造り手は、超高級ボルドーワインである「シャトー・ペトリュス」を
造っている「クリスチャン・ムエックス」さんのグループです!!
このムエックス社は、カリフォルニアでも同じように超高級ワイン
「ドミナス」を造っていますが、その「ドミナス」のセカンドブランド
「ナパヌック」に続いて造った3つ目のワイン、それがこのワイン
「オテロ」なのですっ!!

「ナパ・ヴァレー」の、ムエックス社が所有する「ヨーントヴィル」と
超有名高級ワイン産地である「オークヴィル」の畑のブドウから
作られる自社畑100%のカベルネ・ソーヴィニヨン種やメルロー
種を使って醸造されます。 適度なスキンコンタクトと12ヵ月の
樽熟がなされているようですね・・・。


ワインの名前である「オテロ」とは、フランス語のシャレらしく、同じ
発音で「もう水は十分だ!→だからワインを楽しんでください!」
という意味があるようです・・・。 この安旨らしきワイン「オテロ」で
僕たちは、「クリスチャン・ムエックス」さんの片鱗!を感じることが
出来るのでしょうかっ?!、、、いざ、オープンです~~!!
f0182173_1931028.jpg
このワイン、開けてスグから濃い芳醇な香りがグラスに広がります。
煮詰めたカシスのような感じと若草のような感じがあります。味わい
は、香りの印象そのままで、少し濃いめの味わいです・・・。12ヵ月の
樽熟成なのですが、樽香の香ばしさやオーク由来ののロースト香は
あまり感じられませんでした。 とてもフラットな感じでした・・・。


これが「クリスチャン・ムエックス」さんの片鱗なのかは、僕たちには
分かりませんでした~・・・。また次回検証したいと思います~~。
またこれからも「安旨ワイン探検隊」をよろしくお願いします~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2013-09-30 02:00 | お店のご案内

機密作戦「G=Ca」の続き・・・。

夏の暑い時期からから秘かに(?)少しずつ遂行されていた
「機密作戦、G=Ca」・・・・・。 先週やっと形になってきたので
このブログで秘かに(?)ご報告したいと思います!・・・。

f0182173_1121846.jpg
各パーツをブラッシュアップして磨き上げ、再びフレームに
組み込んで行き、ギアなどをヒルクライム乗鞍用に換装して、
行きました・・・。最後にブレーキワイヤーとシフトワイヤーを
張って、ブレーキがシッカリと効くようにと、ギアが気持ち良く
カチッと変わるように調整していきます。

f0182173_1113753.jpg
最後に手を洗って、ハンドルのバーテープを巻いて仕上げて
行きました~!! スプリングバンクN の選んだバーテープは
真っ青なブルー!!!!・・・。 フレームの「GIANT」のロゴの
色に合わせたのと、自分の好みのようです。

f0182173_1123075.jpg
真っ青なバーテープが、かなり鮮やかで、カッコイイですね~!!
思ったよりも派手な青色で、それがまたイイ感じです。

f0182173_114487.jpg
これで、一応「完成」ですぅ~!! この後は試乗してもらって、
ポジションの位置を細かく修正したり、気になる箇所を修正して
行きます・・・。 

f0182173_1182918.jpg
最後に、今年新しく造った「チーム・スプリングバンク」ステッカーを
フレームに貼って、この「機密作戦、G=Ca」は一応任務達成です!
今回もまた、機密にならない機密作戦でした~~。

この「チーム・スプリングバンク」のステッカーが欲しい方は、ご来店
下さい~。 まだまだありますよ~!!よろしくお願いします~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2013-09-29 02:00 | 趣味の部屋

紅葉情報~!!@乗鞍山頂方面。

今週、乗鞍山頂方面へ紅葉のようすを見に行った人から、
「もうけっこう色付き始めているよ~!」と言う話を聞いて、
これは、一度偵察に行っとかないと~!と思って、自転車
で山頂まで行きながら、紅葉のようすを見て来ました~。

f0182173_2092956.jpg
昨日は、とても爽やかな秋晴れになって、まさに紅葉日和
という青空が広がりました~。三本滝駐車場から自転車を
組んで、朝イチからスタートです~。

f0182173_2011327.jpg
位ヶ原山荘に行くまでの途中でも、所々は赤いナナカマドが
ありました~。全体的にはまだまだこれからですが、気の早い
赤いナナカマドも見られました。

f0182173_2010015.jpg
逆光ではありますが、真っ赤に染まったナナカマドも見る事が
出来ました~!! 去年の乗鞍の紅葉は大当たりの年でした。
今年は、まだまだこれからなのですが、けっこうキレイに色付き
始めていると思います~。

f0182173_20112318.jpg
そして、位ヶ原山荘を越えて登って行き、乗鞍山頂方面の紅葉の
偵察を遂行しに向かいました~~。 位ヶ原山荘から見えるこの
景色だけでも、かなり色付きが始まっているのが分かります!!

f0182173_20102799.jpg
そして、屋根板地域~大雪渓下まで行くと、今回も素晴しい景色を
見る事ができました~!! 位ヶ原山荘周辺はダケカンバの黄色
の絨毯になっていて、その向こうには穂高連峰がと~っても綺麗に
見えました~!! 素晴しい山岳景色ですっ!!

f0182173_20115538.jpg
コチラは、いつも冬に「乗鞍バックカントリースキー」で滑っている
富士見の沢です。ここも少しずつ色付き始めていました~・・・。
でも今年は少し「赤」が少ないような気がしました・・・・。まだまだ
これからなのでしょうか??・・・。

f0182173_20105385.jpg
大雪渓方面の、上から見た「屋根板」の紅葉のようすです~~。
この辺りはダケカンバの黄色が、と~っても鮮やかに紅葉して
いますね!! なぜか、今年は少し下のこの辺りが、今一番
キレイに色付いていました・・・・。

f0182173_20121819.jpg
今回のミッションは「紅葉偵察」だったので、別に行かなくても
イイのですが、ここまで来たら、とりあえず県境まで登頂~~。
この日の朝の気温は0℃になっていて、氷も張っていて、霜柱が
出来たらしいです!! もう、3000mの世界は一気に冬へと
向かっているのです!!

f0182173_20111172.jpg
快晴の青空と、キレイに色付き始めていた山頂の紅葉の景色に
癒されながら、また自転車に乗って帰って行きました~・・・。
帰りの下りは、メッチャ寒かったですぅ~。

f0182173_20524627.jpg
この日のダウンヒルはあまりにも寒すぎましたので、帰りでは
位ヶ原山荘にて休憩。ホットコーヒーと暖かいうどんを頂いて
エネルギー補給~!! 久しぶりにゆっくりできたような気が
しました~。

これから乗鞍の紅葉は、スタートだと思います!! 山頂方面
の紅葉は、この週末から~来週ぐらいまでだと思われますので
お早めに来て見て下さい~。 乗鞍高原内の紅葉は、これから
だと思います。 コチラはまたこのブログでレポートして行きます
ので、見て下さい~。よろしくお願いします~~。
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店もお待ちしています~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2013-09-28 01:08 | 山の風景

雨の日のクライミング~~。

山で遊べない雨の日はココ!!、
大町のクライミングウォ-ルです~。
f0182173_16484635.jpg
この秋に狙っている穂高連峰のヴァリエーションルートへ
行くために、スプリングバンクN のクライミングの練習と、
ロープワークの練習をしに、大町のクライミングウォールへ
行って来ました~~。

f0182173_16481033.jpg
最初に、裏側の人工壁でロープワークの練習をしました。
ビレイしたり、カラビナを回収しながら登ってみたり・・・・。
f0182173_1649991.jpg
そして、スプリングバンクN の初ラペルダウン(懸垂下降)を
トライしてみたり・・・・、しました。

15mの人工クライミングウォールの高さの恐怖感と、離したら
墜落死してしまうビレイの緊張感で、けっこう疲れたようです・・・。

f0182173_16482873.jpg
その後、クライミングウォールに挑戦してきました~!!
とりあえず、オーヴァーハングしている所が少ない一番右側の
ルートへ、挑戦ですぅ~!! 数回登って、何とか一番上まで
完登していました~~。

f0182173_16493141.jpg
そして、少し慣れてきたスプリングバンクN のビレイで、左側の
まだ登っていない5.10bや、5.10cぐらいのルートへ僕も挑戦
してみました!!・・・。 いくつかは完登出来たルートもあるの
ですが、一番左の5.10c は登れなかったですぅ・・・。まだまだ
情けない僕のクライミングでした~・・・。

これからの秋のクライミングシーズンには、まだまだいろんな
事や所へ挑戦して行きたいと思います~。みさなん、よろしく
お願いします~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2013-09-27 01:46 | 趣味の部屋

ワイン 268

めっきり秋の気配が濃くなってきた乗鞍高原・・・・。
そんな秋の夜長に、またワイン飲みました~~。

今回のワイン「ブルゴーニュ、ミッシェル・カイヨ」2008年です。
f0182173_19342853.jpg
このワインは、フランスはブルゴーニュ地方で造られている
ピノ・ノワール種のワインです。

造り手は「ミッシェル・カイヨ」です。このドメーヌは1962年に
著名な醸造家の「ロジェ・カイヨ」さんによって設立されました。
高級白ワインの「ムルソー」や「モンラッシェ」で、高い評価を
得ているドメーヌです。 現在は息子さんの「ミッシェル」さんが
当主で、伝統的な醸造法を踏襲しつつ、有機農法に取り組み、
さらに評価は高まっているドメーヌです!!

「ミッシェル・カイヨ」のワイン造りは、有機農法で、自然酵母を
使って「ノンフィルター」でボトリングされる「自然派志向」!!、
自然酵母での発酵後、二酸化硫黄は出来るだけ使用せずに、
よりナチュラルなワイン造りを目指しています。なので、 出来る
だけ長くワインを澱に接触させ、澱引きも瓶詰め前に一度だけ。
赤ワインの場合は、基本的にはろ過も清澄も行わないようです。
新樽比率はこのクラスのワインで30~60%程の使用です・・・。
白ワインはゆっくり低温で発酵させた後にじっくり樽熟成される
ようですね・・・・。


ボーヌ地区のブルゴーニュの白ワインで有名なドメーヌである
「ミッシェル・カイヨ」の造るブルゴーニュ赤ワイン・・・、どんな味
わいなのか?!、自然派ワインの片鱗は感じられるのか??
久しぶりのワイン、オ~プンです!!・・・・。
f0182173_19341344.jpg
このワイン、開けてスグからとても爽やかな香りが広がります!
色調も薄いめですが、サクランボやルビーグレープフルーツの
ような酸味のあるフルーツ香と森林浴のような香りが良いです!
味わいもシッカリしていて薄旨です!! ロースト香などの樽の
感じはほとんどありません。 とても美味しくて爽やかな味わい
でした~。このブルゴーニュも薄旨ピノが好きな方にはオススメ
です~。 とても美味しいワインでした!・・・。

乗鞍高原にお泊りの際、ステキな夜にこんなワインいかがですか?
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店、お待ちしています~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2013-09-26 01:33 | お店のご案内

紅葉情報@乗鞍高原。

3連休が終って、ホッと一息・・・・、
昨日は一ノ瀬園地へ、紅葉の偵察に行ってみました~。
f0182173_14231345.jpg
乗鞍のサイクリングロードには、落ち葉が目立つようになりました。
早めに色付いて落葉した白樺などの葉です。今は「カサッ・・・」と
聞こえる程度なのですが、これが晩秋になると、「カサカサッ~、
ガサガサガサッ~~」と、盛りだくさんの落ち葉で路面が見えない
ほどになりますよ~。

f0182173_1422319.jpg
一ノ瀬園地から見上げた乗鞍岳は雲に覆われていましたが、
高原では青空がとても綺麗な日でした。

f0182173_14233022.jpg
県境ゲート下の山肌をズームすると、紅葉が始まっているのが
分かりますね~。 ナナカマドの赤と、ダケカンバの黄色が点在
しています。

f0182173_1422464.jpg
まいめの池の周囲では、ヤマウルシやスモモ、ヤマザクラなどが
色付いています。水面に映った光景が神秘的でしょ~~?

f0182173_1423038.jpg
そして、気になる大カエデさんのところへ・・・、

f0182173_14231671.jpg
う~~~ん・・・、やっぱりフライング気味です。2週間前に見た時に、
今年はちょっと色付きが早すぎるな~と思って、心配していたんです・・・。
昨年は少し遅めだったようで、それよりも10日ぐらい早いような印象です。
(ちなみに、昨年は10/18〜26頃に大カエデが見ごろでした。)


紅葉のピークはまだですが、日々色付きが増していくこの秋の時期の
山の景色は、とてもワクワク感がありますよ。 散策やサイクリングにも
適したシーズンです。 ぜひ爽快に遊びに来て下さい~~。
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店もお待ちしています~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2013-09-25 09:04 | 紅葉

アーサー・ギネス・デイ!!!

本日、9月24日は、「アーサー・ギネス、デイ」です!!!

f0182173_18262274.jpg
「アーサー・ギネス、デイ」とは、アイルランドの黒ビールである
「ギネス」の創始者、「アーサー・ギネス」さんの誕生日です!!
そう!、9月24日は、「ギネス記念日」なのですっ!!

1759年から、黒ビールのスタウトである「ギネス」はダブリンで
創業、以来世界中で愛され飲まれ続けています。アーサー・ギネス
さんが、アイルランドの首都である「ダブリン」郊外の、使われなく
なった「セント・ジェームズ・ゲート醸造所」を、9000年もの契約で
借り受け、ビール製造を開始したのが始まりです。それから250年
以上が経ち、ギネスビールは世界中に広まっていったのでした~。

世界の記録を集めた「ギネスブック」は日本でも有名ですが、実は
このギネスブックは、このビール会社「ギネス」が世界中の記録を
集めたのが始まりなのです。日本ではあまり知られていない有名
な話なのです・・・・。

f0182173_18263220.jpg
そして!、「カフェ・スプリングバンク」で「ギネス」と言えば、重役
役員である「お父さん」ですっ!! 最近あまりこのブログに出演
していないお父さんは、「ギネス」をゆっくりと飲んで、す~っかり
ご満悦ですね~・・・。(よかった、よかった・・・・)

そして!、今日だけは「ギネス」を¥700-→¥500-にします!
なので、今日は「ギネス」を飲みに「カフェ・スプリングバンク」へ
ご来店下さい~。みなさまのご来店お待ちしています!!

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2013-09-24 02:13 | イベント

機密作戦「G=Ca」、進行中~。

2013年、暑かったこの夏の某日・・・・、
とある所から、一台のロード自転車が急に!・・・、
「カフェ・スプリングバンク」に持ち込まれたのだった・・・・。

f0182173_1663058.jpg
その人は、裏でヤバい取引きでもしているかのように、
この古いロードレーサーをスプリングバンクへ持ち込んで、
「もしよかったら使ってくれ!!」と一言だけ言い残して!、
スグにまた、颯爽と帰って行かれたのであった!!・・・・。

その日から、この古いロードレーサー自転車をレストアする
「機密作戦、G=Ca」が始まったのだった!! もちろん、
このコードネームはGIANTの自転車のカーボンフレームの
事だったのである・・・・。

f0182173_1663899.jpg
ちょうどスプリングバンクN が、最近ちょっとロードの自転車に
興味を持ち始めていた矢先のこの出来事だったので、本当に
タイミングが丁度良かった。 サイズも小さめのフレームなので
ピッタリ!、なのでこのロードをスプリングバンクN 用にレストア
する事に決定!!、すぐに錆び錆びだったパーツを外していき、
フレームだけのストリップにして、最初に磨き倒す事一週間!!
キレ~イにしていったのであった・・・・。

f0182173_1664498.jpg
その後、ホイールもベアリングが痛んでいないかチェックして見たら、
メチャメチャキレイなままだったので、ホイールはそのまま使用する
事にした・・・。 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
f0182173_1665173.jpg
なので、ホコリと錆びをまたひたすら掃除していく事数日・・・!!!
ピカピカになるまで掃除→磨きまくってやったのだった~。


f0182173_1665929.jpg
このロードの自転車は、20年前はトライアスロン用に使われていた
ようで、リアカセットギアはかなり高速のクロスミッションだったので、
ここは乗鞍ヒルクライム仕様の小さいローギアを換装した。 これで
かなりラクに坂を登れるのではないかと思う・・・。

f0182173_1671467.jpg
ハンドル周りも中古のパーツを使って、スプリングバンクN のサイズに
合わせて行く・・・。ステムも短いモノに換装した。ハンドル周りもこれで、
かなりスッキリしてきた。

f0182173_1672317.jpg
しかし、この「Shimano 600」のコンポーネントは出来るだけ残して
レストアして行った。こんなオールドでレアなコンポは、今、なかなか
見つからないと思う!。知っている人もあまりいないのではないか?
この「Shimano 600」は、現在のアルテグラの前身なのだ・・・。

f0182173_1673158.jpg
こうして、掃除と磨く日々を坦々とこなして、やっとフレーム&ホイール、
ハンドルとサドルを取り付けて、自転車の形に戻ってきたのだった・・・。

これから後は、新しいギア類やブレーキなどのパーツを取り付けて行き、
自転車として乗れるように調整していく事になる。「機密作戦、G=Ca」は
もう少し続くのであった・・・・。 

こうご期待っ!!
・・・・・・・・・・・・・・・、、、、。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2013-09-23 02:06 | 趣味の部屋

鳥の日♪

先週末からスゴ過ぎる程の超快晴の日が続いています!!
この3連休もキレイな秋の空で晴れ渡っていますね~~~。

f0182173_1013066.jpg
昨日の午前中に観光センターで撮影した画像です。広がる秋の空、
天空の乗鞍岳がスッキリと見えていました。 そんな中、乗鞍岳で
出会った鳥さんたちを、ご紹介します~~!

f0182173_1015131.jpg
ご来光を拝んだ日、大黒岳から桔梗ヶ原に向かって進みました。
すると、登山道に何やらうごめくものが・・・!!、
雷鳥ファミリー4羽が、トコトコ~と歩いていました。

f0182173_102275.jpg
朝日を浴びて立ち止まる親子。右がお母さんで、左が子供ですね。
追い越すこともできないので、雷鳥さんたちのスピードにあわせて、
ゆっくりと進んで行きました。

f0182173_1031165.jpg
しかし、雷鳥さんファミリーは朝食の時間だったようで、あっちでツンツン、
こっちでツンツンと、登山道を右に左に寄り道しながら、実を食べている
ので、時間がかかりました・・・。これは、ハイマツの実をついばんでいる
様子です。

f0182173_103237.jpg
こうして、しばらくお供させていただきましたが、その後ハイマツの海の中に
入って行き、お別れしました~。

乗鞍岳では雷鳥の保護活動がされており、信州大学の先生による最先端の
幼鳥保護実験も行われています!! 大切にしてくださる皆さんの気持ちと
熱心な保護活動のおかげで、身近に特別天然記念物の鳥に出会うことが
できる有り難みを実感しました。


f0182173_103029.jpg
そして、同じ日に他にも鳥に出会うことができました。
口の中に実を含んだ瞬間の「ホシガラス」さんや・・・・、

f0182173_1031443.jpg
摩利支天バス停から三本滝に降りて行く登山道で出会った「サメビタキ」さん。

f0182173_1032854.jpg
淡い黄色のお腹が素敵な「メボソムシクイ」さん。
森林帯の中で「ジュリジュリジュリ~♪」とさえずりを聴くと嬉しくなりますね。


こうして、その日は色んな鳥さんとの出会いを楽しみながら、三本滝まで
歩いて降りてきました。季節ごとに咲く様々な高山植物や野鳥が待っている
乗鞍岳へ、是非遊びに来てくださ~~い。 「登りがしんどい・・・」という方は、
バスで上まで上がってから登山道をゆっくりと下って来るのがお薦めです!
乗鞍岳を歩く場合は、登山道が何度もエコーラインの車道と交差するので、
万が一迷ってしまっても、車道を歩いてくれば帰還できます。またトラブルや
不調により歩けなくなった場合でも、バス停で待っていれば、シャトルバスを
利用することも可能です。 途中に「肩の小屋」や「位ヶ原山荘」があるのも
安心ですね~~。

乗鞍岳のご来光バスは9月末まで運行されます。
シャトルバスは、10月1日からダイヤを変更して10月末まで運行されます。
バスの時刻ダイヤはコチラです。→ 「時刻表


肩の小屋は、10月14日の連休まで営業。
位ヶ原山荘は、シャトルバス運行終了と同じ10月末まで営業予定。
11月は休業し、12月21日から年末年始の冬期営業が始まります。
夏の乗鞍岳の時期はとても短いのです・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2013-09-22 11:32 | 山の風景

屏風岩クライミング~。

忙しい夏のロード期間が終わってから、9月になっても
僕はまだクライミングに行けていなかった・・・。 なので
先日の某日は絶対に!というぐらいに岩に取り付きたい
と思っていのだが、なかなかクライミング・パートナーが
見つからなかったのだった・・・。 

これは今回もダメか?!・・・、と思っていた所に!!、、、
ガイドのNJ さんから連絡が入り、「屏風岩に行きますが
一緒にどうですか??」と言う、まさかの素晴しいお誘い
が入ったのだったぁ~!! もちろん!僕は二つ返事で
「OK!!」と言い、あの「屏風岩」へクライミングに行ける
事になったのであった~!!

f0182173_1123255.jpg
前日の仕事が終わった深夜12:00から、暗い夜の中を
自転車を漕いで、一路上高地へと入って行ったのであった。
怪しくオレンジ色に鈍く照らされた釜トンネルを、深夜12:00
に越えて行くのは、さすがの僕でもちょっと怖かったです・・・。

でも釜トンネルを越えて上高地へ行くと、中秋の名月の満月
に照らされた上高地は、真っ青な一面ブルー一色な世界で、
メッチャ幻想的でした~!! ウキウキしながら歩きました。

f0182173_1124783.jpg
ガイドのNJ さんとお客さんのHDさんとは、横尾で合流・・・。
まだ暗い中、屏風岩を目指して歩いて行きます。 超極寒の
渡渉をこなして沢沿いを詰めて行き、やっと少し明るくなって
きた所に、あの屏風岩が見えて来ました~! やっとここから
僕が待ち望んでいたクライミングが始まりますっ!!

f0182173_113611.jpg
ハーネスにカラビナ、ロープにヘルメットを装着!取り付きまでの
岩場を2ピッチこなして、いよいよここから屏風岩・雲稜ルートが
始まりました~!! リードでスルスル登って行くガイドのNJさん。
さすがクライミングガイドだけあって慣れていますね、スゴイです!

f0182173_113229.jpg
2番手は、HDさんです。彼女はここ何年もこの屏風岩を登る事を
夢見てきたらしいです!、そして今回、超快晴の青空の天気の中
やっと彼女の夢の一つが叶ったのでした~。 本当にスゴイです!

f0182173_113329.jpg
そして最後に、僕のフォローでのクライミングですぅ・・・。クイックや
カムなどのギア類を回収しながら、ガイドのNJ さんの指導通りに
頑張って来ました~。 かなり久しぶりのマルチピッチでしたので、
足元が数百メートル切れ落ちている高度感で、震えるほどでした・・・。
そして、超久しぶりのクライミングがメチャ楽しかったです~!!

f0182173_114230.jpg
「屏風岩」は外から見てると垂直に聳え立っているので、テラス
何て無いのでは?と思いますが、いろいろ休憩できるテラスが
ありました~。 ここも小さいのですが、足を付いて立てます・・・。
しかし!!、 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
f0182173_114493.jpg
この上記の画像のテラスがある場所は、こ~んな所なんです~!!
真ん中奥にいる青いウェアの僕が分かるでしょうか?? あそこが
上記のテラスなのです!!・・・。

f0182173_1142489.jpg
今回の「屏風岩・雲稜ルート」には、一か所だけですが人工ピッチが
ありました。1ピッチだけ「アブミ」というスリングで造られた携帯用の
階段を使って登りました。僕はそんな事をするのが初めてだったので
「アブミ」の使い方に、かなり苦戦してしまったのでした・・・。

f0182173_1151042.jpg
ビレイ中の僕とお客さんのHDさんです。 上からガイドのNJさんが
撮影してくれました。 この画像で、どれだけ高い場所に居るのかが
わかりますでしょうか?? 足元を見ると遥か下まで切れ落ちていて
思わずゾクゾクしましたよぉ~~・・・。

f0182173_1144210.jpg
そして、最後の2ピッチのスラブ状なコーナーをこなして登り、ついに
「屏風岩・雲稜ルート」を完登する事ができました~!!ヤリりました!
みんなでハイタッチして、ここまで登って来れた事を喜びました~!!



f0182173_12362255.jpg
その後、僕たちは屏風の頭まで行かずに、元来たルートを懸垂下降で
下って降りました・・・・。懸垂下降時も、この300m以上も垂直に落ちて
いる標高差に、また思わずゾクゾクしてました・・・。

この日は、本当に吸い込まれそうな程の雲ひとつない超快晴!!!、
バックには大天井岳~常念岳~蝶ヶ岳の稜線もぜ~んぶ見えていて、
素晴しい景色で、120%満足のクライミングでした~!!

f0182173_115292.jpg
そして、帰る時に振りかえってもう一度「屏風岩」の全景を見渡せば、
もう日が傾いていてて、また落ち着きを取り戻したかのように静かで
圧倒的な威厳を僕たちに見せつけてくれていたのでした~!!・・・。


この「屏風岩・雲稜ルート」はこの屏風岩の初登ルートなのですっ!!
なので、8ピッチものマルチのルートで人工クライミングもあったりなど、
この「屏風岩」のクライミングは、僕にとっては、日本のクライミングの
歴史が感じられる素晴しい経験となりました~。 NJ さん、HDさん、
今回はどうもありがとうございました~。御礼申し上げます。

また、これからの秋もいろんな山に行って楽しみたいと思いますので、
みなさん「カフェ・スプリングバンク」をよろしくお願いします~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2013-09-21 02:58 | 山の風景