<   2014年 01月 ( 33 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

キリン「一番搾り」がリニューアル~。

今年になってから、「カフェ・スプリングバンク」の生ビールである
「キリン・一番搾り」が、リニューアルして新しくなっていました~!

f0182173_15475637.jpg
1990年、麦汁のろ過の行程で最初に流れ出てくる「一番搾り麦汁」
だけを使って造られて生まれた「キリン・一番搾り」ビール。これまで
何回かのリニューアルがあり、前回の4年ほど前のリニューアルでは
麦芽100%になりました。今回はそれをさらに洗練させて「麦の旨さ」
と「飲み易さ」という反比例する味わいを同時に20%アップ!させて
ホップの使用率もアップさせたようですね・・・。
(缶ビールはイメージです。 「カフェ・スプリングバンク」では一番搾り
 はディスペンサーの生ビールとなります。あしからず・・・。)

その、時代に合わせてリニューアルされた味わいはどうなのか?!
それは、お客様であるみなさまが評価してください!! 僕たちは、
「カフェ・スプリングバンク」にて、新しくなった「キリン・一番搾り」を
注ぐのを心待ちにしています~!! よろしくお願いします~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-01-31 02:46 | お店のご案内

雪が降ったらスキー!・・・じゃないよ

ある晴れた日の午後、スノーシューツアーに行ってきました~~。
「月見ナイトツアー」以来のスノーシューです。
f0182173_20423683.jpg
女10人寄れば・・・当然かしましく、賑やかに森の中を闊歩してきました。
野鳥の声が聞こえたけど、近くで観察は出来ませんでした・・・やっぱりね(^_^;)

f0182173_20421243.jpg
原生林の森の中にある「シナノキ」、枯れて佇んでいるわけではありません。
ちゃんと春には遥か上の枝に葉をつけます。空洞になった幹の中に座って
記念撮影するのが定番です。

f0182173_2043171.jpg
森の中には倒木もあって、こんな感じに木の上に雪が積もっていると・・・、
まるでリスが渡る橋かな~?、、、と思うような光景です。

f0182173_20425437.jpg
晴れた日に原生林の中を歩くと、木漏れ日が注いで、とても爽やかで
気持ちのいい空間です。冬でも森林浴~!って感じがします。

f0182173_20434514.jpg
「牛留池」に辿り着くと、この景色が迎えてくれます!
凍った池の上を歩く体験も素敵だし、午後3時を過ぎても、こ~んなに
快晴って・・・皆さんの日頃の行いですわ~~~。

f0182173_2044063.jpg
池の東屋で、女将さんが暖かくて甘いドリンクを用意してくれます。
持ち寄ったおやつと一緒に楽しみます。

f0182173_2044242.jpg
あの!「ねじねじの木」にもご挨拶。半分ぐらい埋ってましたよ。

f0182173_20443964.jpg
最後にもう一度、凍った池の上で記念撮影。
暖かい日だったので、ちょっと頑張って歩くと汗ばむようでした。
樹々に守られた森の空間と、開けた池からの大展望、こんな楽しみ方が
できる乗鞍高原、滑っても歩いても最高に楽しい冬の時間が過ごせますよ。

スノーシューをお持ちでない方は、のりくら観光協会に加盟するお宿に泊まると、
スノーシューと靴とストックのセットを1日500円でレンタル可能です。
一ノ瀬園地やいがや周辺を歩くのもいいでしょう。

歩き疲れたら、「カフェ・スプリングバンク」でランチやケーキセットをどうぞ~!
ご来店、お待ちしています!! よろしくお願いします~~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-01-30 07:40 | アウトドア

ワイン 288

マイナス気温が続く、乗鞍高原の厳しい環境の中でも、
僕たち「安旨ワイン探検隊」は、山積されたミッションを
遂行していくのですっ!!・・・。

今回のワイン
「ヴォーヌ・ロマネ、ヴァンサン・ジラルダン」2009年です。
f0182173_9493999.jpg
このワインは、フランスはブルゴ^ニュ地方の名醸地である
ヴォーヌ・ロマネ村で造られるワインです。

造り手は「ヴァンサン・ジラルダン」です!! このドメーヌは
比較的新しく、ヴァンサンさんが1982年に父から自分の相続
分の2haの畑を引き継いで独立したところから始まりました。
その後「ムルソー」という白ワインの特級畑を購入して白ワイン
造りに目覚めます!!  彼のワイン造りの哲学は、ブドウ畑
は手を加え、ワイン醸造は出来るだけ自然に、という事らしい
です。以前から農薬は使わずブドウを栽培していて2011年に
ビオディナミ(特殊有機農法)にしています。ワイン醸造では、
近代設備のワイナリーで、すべて手摘みで収穫されたブドウを
その年の天候に合わせて除梗します。ステンレスタンクで天然
酵母を使った醗酵。その後フリーランとプレスジュースを合わせ、
500Lの樽で最大16ヶ月間熟成します。新樽比率は30~60%。
清澄もろ過もしません。「ヴァンサン・ジラルダン」では、ブドウの
樹の樹齢50年以上の葡萄樹を使っているワインに、このラベル
のように「ヴィエイユ ヴィーニュ=古い樹」の表記をしています。


最近の雑誌やワインジャーナリズムから、高い評価を得ている
「ヴァンサン・ジラルダン」なので、僕たち「安旨ワン探検隊」も
ここはやはり、抑えておかなければ!と言う事で、少し高かった
のですが、「ヴォーヌ・ロマネ」に挑戦です~。白ワインが有名な
ヴァンサン・ジラルダンの赤ワイン、いざっ、オ~プンですぅ~~。
f0182173_9494898.jpg
このワイン、開けてスグはとても硬い感じです・・。2009年なので
まだまだ早過ぎるのは分かっています。でも、30分ぐらい経つと
ダークチェリーのような果実感と爽やかな樹木のようなオークの
ニュアンスがバランス良く合わさっていて、とてもイイ感じです!
酸味も少し強くて、チカラ強さも感じます! 2時間ぐらいかけて
飲んでみましたが、最後はとても複雑で美味しいブルゴーニュに
なっていきました~~。

やはり、良いブルゴーニュワインはボトル熟成が必要なのだと、
改めて僕たちの不甲斐なさを露呈させた、今回のテイスティング
だったのでした~~・・・・。

こんなワインを飲みに「カフェ・スプリングバンク」へのご来店を
お待ちしています~~!! よろしくお願いします~~。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-01-29 02:47 | お店のご案内

【号外!】、乗鞍岳がテレビ放送されます!!

【号外】ですっ!!

来週の2月2日の日曜日にNHK総合で
朝7:45〜7:59に、さわやか自然百景、
「北アルプス 乗鞍岳 厳冬」が放送され
ます~!!

f0182173_1046965.jpg
お正月が明けた10日間ほど、乗鞍岳位ヶ原にNHKスタッフさんが
籠って、厳冬期の真っ白な雷鳥の様子を追う取材がありました。
乗鞍ローカルの僕たちでも、普段はなかなか見る事の出来ない
厳冬期の「雷鳥」の冬の生活をじっくりと撮影して下さったそうです。


f0182173_10453327.jpg
ちょっと朝早い時間の番組なのですが、ぜひ!この貴重な真っ白な
冬の雷鳥の映像を見て下さい~~!! 

番組のホームページはコチラです。→「さわやか自然百景・乗鞍

f0182173_10454623.jpg
そして、撮影当日は天気にも恵まれたようで、美し過ぎる乗鞍岳の
映像もかなり見る事が出来るようです~~。 15分間の短い番組
なのですが、感動すると思います。

f0182173_1046534.jpg
この取材には、僕も含め乗鞍ローカルみんなでお手伝いをさせて
頂きました~。もちろん僕たちの姿はテレビには映っていませんが、
その分、いろんな美しい景色や白い雷鳥さんの映像をたのしんで
下さい~~。

ぜひ!ご覧下さいね~~。
よろしくお願いします!!

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-01-28 11:07 | イベント

Mt.乗鞍スキー場、ゲレンデ情報~。

日曜日は全国的に気温が上がり、雨になったようですね・・・。
ここ乗鞍高原でも、久しぶりのプラス気温だったのですが、
さすがは乗鞍!、ギリギリでしたが何とか雪でした~!!

そして週明けのゲレンデは、その降雪でどうなったのか?!
ゲレンデの状態を偵察しに、滑りに行って来ました~~。
f0182173_1164257.jpg
昨日の月曜日のようすですが、朝イチは雲ひとつない紺碧の
超快晴となりました~!! ですが、気温はまた超極寒の!、
マイナス17℃。ゲレンデではマイナス20℃にもなったらしい
ですっ!!・・・・。

f0182173_1171398.jpg
朝イチのゲレンデの圧雪バーンは、文字通り最高!の状態
でした。スキーでエッジングすると「キュッキュッ」と音が鳴って
何でも出来そうな程素晴しい雪質でした!!! あの暖かい
気温と降雪→次の日の極寒の気温、のせいでアイスバーン
状態ではないかと、ちょっと心配しましたが、そんな気持ちは
全くの杞憂でした。最高過ぎて、光悦感満点な程でした!!

f0182173_1164575.jpg
なので、面白いようにカービングターンが「キュウゥィィィ~~ン」
と決まります!!! 気持ち良過ぎでしたっ!!!!

現在、圧雪バーンは最高なMt.乗鞍スキー場です~~!!
カービングターン大好きなゲレンデスキーヤーのみなさん!、
「滑るなら、今でしょ!!」と言いたくなる程なので、ぜひぜひ
今このMt.乗鞍スキー場へ滑りに来て下さい~~。
パウダーフリークな方々は、次回の降雪をお待ち下さい~。


そして僕は「カフェ・スプリングバンク」にて、皆様のご来店を
お待ちしています~~。 よろしくお願いしますぅぅ~~~。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-01-28 03:05 | 山の風景

スペシャルビールのご案内~!!

年末年始用にいくつか取り寄せたスペシャルなビールが
もう売り切れに近い状態になってしまいました・・・。最近、
巷では海外の濃い味ビールが人気なのでしょうか?!・・。
なのでまた、違った感じの珍しいビールを取り寄せました~。

「ホフブロイ・ハウス、デュンケル」です~~。
f0182173_1114015.jpg
「ホフブロイ・ハウス」とは、ドイツはミュンヘンにある世界一
有名なビアホールの事です!! このビールは、ホフブロイ
ハウスのオリジナルビールなのです~~。

「デュンケル」とは、ドイツ語で「濃い」という意味で、ドイツ南部
最大の都市「ミュンヘン」の特産ビールなのです。 ピルスナー
(日本のような味の薄い淡色ビール)が開発される以前では、
ほとんどすべてのビールがこの「デュンケルような濃い茶色の
ビールだったのでドイツ古典的ビールと言えるかも知れません。
色合いは「茶色~焦げ茶」ぐらい。ローストした麦芽を使っての
下面発酵ビールなのです。

f0182173_11141284.jpg
ラベルには、「ホフブロイ・ハウス」の建物の絵と「HB」の紋章が
誇らしげに描いてありますね! やはり、世界最古であり現在も
現役に世界一のビアホールである!と言う事は素晴しい事だと
思います!!! この世界一のビアホールのビール!って!・・・、
これだけでも飲んでみたくなりますね~!!
f0182173_1115193.jpg
コチラは、現在の「ホフブロイ・ハウス」の画像です。
「ホフブロイ・ハウス」は、1589年にバイエルン公・ヴィルヘルム
5世の命によりブルワリーとして開設しました。 当初は、茶色い
エール・ビールだけが醸造されていたらしいですが、これがこの
ビールの始まりだったのだと思います。その後2度の世界大戦を
生き抜いて、現在は世界一のビアホールとして君臨しているの
です~!!

f0182173_11141553.jpg
コチラは、むか~し昔のその昔に、僕が旅行でホフブロイ・ハウスに
ビールを飲みに行った時の画像です・・・。もう酔っていますね!・・・。
ビールグラスには「HB」の紋章があるので分かります。しかし、この
グラスのビールでも、小サイズなのです!! 小サイズでも1L程も
あるのですっ!!・・・。大サイズのジョッキは2L以上もあり、とても
飲みきれませんでした・・・。


僕にとってはヨーロッパ旅行が懐かしく感じる、世界一のビアホール
である「ホフブロイ・ハウス」のオリジナルビール、ぜひこの機会に
「カフェ・スプリングバンク」へ飲みに来て下さい~!!ぜひご来店
お待ちしています~~!!  よろしくお願いします~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-01-27 02:11 | お店のご案内

モーグルコース!@Mt.乗鞍スキー場。

先週ぐらいから、Mt.乗鞍スキー場に「モーグルコース」が
オープンしています~!!
f0182173_12415544.jpg
この「モーグルコース」、実は乗鞍出身の!全日本モーグル
チームのコーチであるKYS君が作っているのですっ!!!
(全日本チームですよ!、全日本っ!!!)

なので、とてもちゃんと作られているので、スゴ~く滑り易く
楽しいです~! コースも、ビギナーと上級に分かれていて、
イイ感じです。

f0182173_12204571.jpg
今週になって、やっと僕もこのモーグルコースの試滑走を
する事が出来ました~。なんせ、僕は朝イチだけしか滑る
事が出来なくて、逆にこのモーグルコースは9:30オープン
なので、雪が降ってしまうと整備がタイヘンらしく、なかなか
オープンの時に滑れなかったのですぅ・・・。

でも、一度コースがしっかり整備されてからオープンすると、
と~っても滑り易くて楽しいコースでした~。コブコブが苦手な
僕でも、「楽しい!!」と思えるぐらいでした。


f0182173_12205989.jpg
Mt.乗鞍スキー場にあるこの「モーグルコース」は、全日本の
コーチが作っているので、もちろん!全日本クラスの選手が
たま~にコースを滑ったり&飛んだりしているのですっ!!
なので、もしかしたら!超絶技なエアとか滑走が見られるかも
知れませんっ! もし選手の滑り&エアが見る事ができたら
アナタはラッキーですね~~。

なので、興味のあるみなさん!、ぜひMt.乗鞍スキー場の
このモーグルコースに、選手の素晴しい滑り&超絶技な
エアを見に来て下さい~~!! 感動する程ですよ~~。


そして僕は、「カフェ・スプリングバンク」にて、みなさまの
ご来店をお待ちしています~~。よろしくお願いします~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-01-26 09:25 | 山の風景

乗鞍ダウンヒルスラローム大会!!

今年で47回目の開催となる、伝統的なアルペンスキーレース、
「乗鞍・ダウンヒルスラローム大会」が開催されます~!!

f0182173_13241085.jpg
<大会概要>
・開催日時 2014年3月8日(土) 午前10時スタート(予定)
・会場   Mt.乗鞍(松本市安曇乗鞍高原)
・競技内容 個人競技(※団体での競技・表彰はありません)
      Aコース(1,500m、6クラス)、
      Bコース(1,000m、6クラス)
・入賞   1位~6位
・参加料  小・中学生:2,000円、高校生以上:4,000円


・申込締切 2014年2月20日(木)必着 ※インターネットでも同じです。
・送付先   〒390-1513 松本市安曇4294-3
       乗鞍高原スキー学校内 ダウンヒルスラローム大会受付係

・問い合せ 乗鞍高原スキー学校 電話:0263-93-2747
      松本市山岳観光課  電話:0263-94-2307

詳しく&申し込みはコチラのHPからどうぞ~。→「乗鞍・大会!」


f0182173_13261377.jpg
ダウンヒル・スラロームって、どっちなの??と、思われる人が
いらっしゃると思いますが、基本的には「GS」のレースです。
Mt.乗鞍スキー場の名物ロングコースである、「鳥居尾根」の
ダウンヒルコースを使ったダイナミックなコース設定らしいです。
コースは本格的ですが、とても和やかな乗鞍の雰囲気もあり、
初心者の方でもぜ~んぜん大丈夫ですよ~~、ぜひご参加
下さい~~。 よろしくお願いします~~。


そして僕は、「カフェ・スプリングバンク」にて、皆様のご来店を
お待ちしています~~。 コチラもよろしくお願いします~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-01-25 02:21 | イベント

乗鞍岳バックカントリースキー!!

やはり、僕の普段の「おこない」が良いのだろうか?・・・、
今週のカフェ・スプリングバンクの定休日である木曜日も、
雲ひとつない完璧な紺碧の青空が広がったのだ~!!

f0182173_20211838.jpg
これは、行くしかない!という事である!!・・・。 なので、
今回も行ってしまったのだ、乗鞍岳バックカントリースキー!

今回のパートナーは、極巧テレマーカーのMr.K である。
百戦錬磨の彼と2人で行くBCスキーはかなり久しぶりだ。
なので今回は2人だけの精鋭特攻Aチームなので、山の
コンディションがよければ、乗鞍岳の裏側まで攻めに行って
みようと思って、気合い十分で登って行きました~~。

f0182173_20213550.jpg
2人でラッセルを交代しながらガンガン登って行く!!・・・・。
ツアーコースを抜けるのに、1時間しかかからなかった!
Mr.K と一緒に行くと、いつもフルアクセル登攀でないと
付いて行けないのであった・・・・。

f0182173_20212931.jpg
しかし、位ヶ原の雪原に出ると、かなりの強風で、極寒の
気温とのダブルパンチに合い、立って居られない程だった!!
これには、さすがの僕たちも心が折れそうになっていたの
であった・・・。 が、しかし!、行くしかないのである・・・。

f0182173_20214635.jpg
立っていられない程の超強風に煽られて、僕達はターゲットを
裏乗鞍から、いつもの富士見岳の斜面へと変更してしまった。
ほっぺたが凍傷になりそうだったので!、これ以上のリスクは
負えないという事で、仕方なくの変更なのであった・・・。
なので、本日もここからドロップインだ!!!!!

f0182173_20214119.jpg
富士見岳の沢へと、ドデかい高速ターンでMr.K が滑走する!
今回も素晴しい薄パウダーで、素晴しい程のスピードが出る!
2人で、文字通り「最高」のライディングが出来たのであった~。

f0182173_202207.jpg
富士見岳の急斜面をボトムまで一気に滑り切った僕たちだった
のだが、せっかくのMr.K と2人だけのAチームなので、このまま
帰ってしまっては勿体ないかな~という事で、富士見岳の沢の
端っこを登り返して、3号カーブ下の急斜面をもう1本滑ろう!と
突き進んで行ったのである・・・。バックには今日も真っ白に輝く
穂高連峰が美しく聳えていたのであった。

f0182173_202154100.jpg
そして、乗鞍エコーラインの3号カーブのガードレールを越えて
そのままノールになった斜面へと、僕がドロップ・イン~!!
が、しかし!!!、、、
f0182173_20221182.jpg
僕が滑り初めて3~4ターンしたぐらいで、足元の雪がオカシイ?!
感じがした・・・。 左側を振りかえって見ると、思いっきり雪崩て
いてるのが分かった!!!! 一瞬ゾクッとして、スグに右側へと
出来るだけトップスピードで回避!!思いっきりスピードに乗せて
いたので、何とか雪崩に巻き込まれる事にはならずにすんだので
あった!!!・・・・。 (メチャビビりました・・・。)
f0182173_2022547.jpg
破断面からデブリ末端までは200m程、幅は40m、深さ50cm。
堆積したデブリはかなり大きく、一番多く堆積した所では2m以上
もあり、僕の背丈よりも高かった!!・・・。 こんなに大きな雪崩に
巻き込まれたら、ひとたまりも無い・・・。

人生に「もしも」は無い。
しかし!、、、もし、あの雪崩に巻き込まれていたら、今の自分は
ここに居なかったかも知れない!!・・・。と思うと、背筋がゾクッと
して、とても身近な死を感じて、怖い想いが心を貫いてしまった。
生きてて良かったと思い、これからももっともっと注意してBCでの
スキーを楽しんで行きたいと強く思うのであった・・・・。



(*トップの破断面は50cm程。その下の斜面の真ん中程にも
 2段目の破断面があり、そこは推定70~80cm程もあります。
 富士見岳の斜面でもピットチェックを行いましたが、50cmの
 所に「弱層」が見られました。今後乗鞍岳BCを滑られる人は、
 行かれるなら、細心の注意をして行って下さい。)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-01-24 03:20 | アウトドア

ワイン 287

今シーズンのここまでの極寒な日々がやっと少し落ち着いて
過ごし易い気温になってきた乗鞍高原・・・。それでも、気温は
マイナス5~6℃ですが、先週に比べたら暖かく感じます・・・。
人間の感覚はとても不思議ですね~。「安旨ワイン探検隊」も
やっとワインを普通に飲める気温になって来たので、久しぶり
の出動でした~!!

今回のワイン
「フルゴーニュ・パストゥグラン、トプノ・メルム」2002年です!
f0182173_1128352.jpg
このワインは、フランスはブルゴーニュ地方のワインです。
「パストゥグラン」というワインは、ブルゴーニュのブドウ品種の
ピノ・ノワールにガメイ種を混ぜて造ったワインなのです・・・。

造り手は「ドメーヌ、トプノ・メルム」です。1963年にジャン・トプノ
さんとドゥニーズ・メルムさんの2人の造り手が結婚して生まれた
ドメーヌです。現在は娘&息子さんがワイン醸造&経営をされて
います。娘のヴィルジニーさんは現在、ブルゴーニュの女性の
ドメーヌの組織の会長をされていて、息子のロマンさんが、この
ドメーヌのワイン醸造責任者として大活躍されているのです!

2001年からは完全にビオ・ロジック(有機)農法でブドウを栽培
していて、手摘みによるブドウ収穫→厳しい選別を経て100%の
除梗がなされます。その後、4~5日間の低温浸漬、天然酵母の
2週間ほどの発酵→20~40%の新樽での熟成となるようです・・・。


比較的新しいドメーヌなのですが、最近非常に注目を集めている
ドメーヌなので、「パストゥグラン」ですが、試してみようという事に
なりました~。 オ~~プンですぅ~~。
f0182173_11273680.jpg

このワイン、開けてスグから良い感じの香りが広がって来ます!
酸っぱいイチゴのような果実感と、ほんのりと香るロースト香が
イイ感じです。味わいは、さすがに低価格クラスのワインなので
薄いですが、酸味が少し強いですね・・・。

でも「パストゥグラン」の中では良くできている美味しいワイン
だと思いました~。大体¥1500-程なので興味のある方は
お試しください~~。

そして、こんな面白いワインを飲みに「カフェ・スプリングバンク」
へご来店下さい~。よろしくお願いします~~!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-01-23 03:26 | お店のご案内