<   2014年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

行者ニンニク餃子パーティー。

今週の「カフェ・スプリングバンク」の定休日は、久しぶりに
ボスのTさんが乗鞍入りされたので!、餃子パーティーを
みんなでしました~!!!

f0182173_1336594.jpg
僕は餃子が大好物なのです!!・・・。しかも今回のこの餃子、
山菜「行者ニンニク」を使ってMr.K & Mmちゃん夫妻が作って
くれた、手造り「行者ニンニク餃子」なのです!! この時期に
しか食べられないこの「行者ニンニク餃子」!!、かなり期待が
高まりますっ!!・・・。


f0182173_13365724.jpg
そして今回!、明日7月1日の僕達の「カフェ・スプリングバンク」の
オープン記念日に合わせて、ボスのTさんが来てくれたのです!!
これはスゴい事なのです!! わざわざボスのTさんが、僕たちの
ために来てくれているのです~~。

餃子を焼いている間にも、ビールやコーラを飲みながら話は進み、
やはりボスのTさんがいると、スキーや山の話になってしまい・・・、
「マスターの、春のバックカントリースキー3連発は良かったよ!」
とか、「今年も乗鞍岳BCには、よく雪が残ってよかった!」とか、
良い評価を頂きました~。 が、しかし、「自転車ヒルクライムでは
タイムが落ちているな!、練習不足だ!」とか、「雨の多い今年の
この季節は、焦ってクライミング行くと事故になる、もっと慎重に」
という注意も頂きました・・・・。Tさん、どうもありがとうございます!
これからも気を付けて、山で遊びたいと思います~~。


f0182173_1337123.jpg
そして、「行者ニンニク餃子」が焼き上がりました~!! 見た目は
もちろんですが、味も最高でした!! 山菜の行者ニンニクの味が
効いていて、メッチャ美味しかったです~。K&Mmちゃん、今回は
ありがとうございました~。またよろしくお願いします~~。



f0182173_13505042.jpg
そして!いよいよ明日は「カフェ・スプリングバンク」のオープン記念日
です~!! 夜のバータイムにご来店のお客さまには、このグラスを
プレゼントしますよ~。ぜひみなさんご来店下さい!お待ちしています。

そしてこれからも「カフェ・スプリングバンク」をよろしくお願いします~。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-06-30 04:34 | 日常

ワイン 313

6月は、不安定な雨の天気にヤラれてばかりでした・・・・。
雨でお客さん少ないし、雨だと山にも遊びに行けないし・・・。
そんな中出来る事と言えば、ヤケ酒しかありませんね~。
でも今回は、謎の提供者さんからの高級ワインミッション!
なので僕達「安旨ワイン探検隊」はウキウキで突入です~。

今回のワイン「ロングボード、カベルネ・ソーヴィニョン」2007年です。
f0182173_22131262.jpg
このワインは、アメリカはカリフォルニア州にある一大名醸地
ソノマ・ヴァレー産のカベルネ・ソーヴィニョン種のワインです!

造り手は「ロングボード・ワイナリー」です。ソノマ・ヴァレーの中でも
最高の畑が連なる「ロシアン・リヴァー・ヴァレー」にて、ワイン造りを
しているのは「オデッド・ジャック」さんです。彼の出身地はイスラエル!
カリフォルニアへの移住後、世界最高峰のワインシンクタンクである
UCデイヴィス校で醸造学を専攻し、機会を見てはナパやボルドーを
始めとする様々な銘醸地に趣き、ワイン造りの研鑽を積んできました。
そして、ソノマ・ヴァレーの緩やかな土壌や気候に魅せられて、この
地に、サーフィン好きな自分のワイナリー「ロングボード」を立ち上げ
たのでした~。

そして、この「ロングボード、カベルネ・ソーヴィニョン」の何がスペシャル
なのか?と言うと、「ロキオリ・ヴィンヤード」のカベルネ・ソーヴィニョン
のブドウを使ってワインを造っている事ですっ!!!


現在のカリフォルニア・ピノ・ノワールのNO.1とも言える銘醸地である
ソノマは、「ルシアン・リヴァー・ヴァレー」。その中でも最高のブドウを
造っているのが、この「ロキオリ」なのです!!もちろんプライヴェート
の「ロキオリ」はカリ・ピノファンの中では最高のワインですが、他にも
「ウィリアム・セリエム」、「ゲアリー・ファレル」、「バニスター」などなど、
トップワインがズラ~りと並びますっ!!それだけ「ロキオリ」のブドウ
は「別格」なのです!! その最高のピノ・ノワール種のブドウを造って
いる「ロキオリ」が造っていた!幻のカベルネ・ソーヴィニョン種のブドウ
を使って造られているのが、この「ロングボード」なのですっ!!!

なぜ、造っていたと書いたのかというと、この「ロキオリ」のカベルネ・
ソーヴィニョン種のブドウは、この2007年を最後に全て引きぬかれて
しまい、現在は「ロキオリ」の畑にカベルネ・ソーヴィニョン種のブドウ
は無くなってしまったからです!・・・。なので、この世から無くなって
しまえばロキオリ産のカベルネは永久に飲めなくなるのです!・・・。
そんなスペシャルなワインなのです。

この「ロングボード」は100%ロキオリの貴重なブドウを使って造られ、
他品種のブレンドは一切していません。ワイン造りは、上部開放槽を
使い、手動によるパンチングダウンによりデリケートな風味と色調が
抽出されています。樽熟成も程々のようですね・・・。



またこんなに面白いワイン、謎の提供者さん、どうもありがとうです!
雨にもマケず「安旨ワイン探検隊」、いざっ、お~ぷんデス~!!
f0182173_22122918.jpg
このワイン、開けてスグから素晴しい香りがグラスに広がります!!
強烈なナパ産のカベルネとは違い、全てのバランスの取れた程良い
感じの素晴しい香りです。カシスジャムのようなフルーツ香と森林浴
のような複雑さ、奥の方にオゾンのような感じもあって、美味です!
バランスがイイ感じなので、カリフォルニア産のカベルネの疲れる
感じはしないで、最後まで飲む事が出来ました~。

このバランスが最高の美味しさという所に、「ロキオリ」のスゴさが
垣間見れたような気がしました~・・・。

こんなワインを「カフェ・スプリングバンク」でいかがですか~?!
ご来店お待ちしています~。よろしくお願いします~~。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-06-29 03:11 | お店のご案内

今シーズン初の小川山クライミング~。

今シーズンの僕のクライミングは、少しだけイイ感じで
登れてきているのです・・・。 でも、今シーズンは春から
ここまで、忙しかったり天気が悪かったりと、まだ一度も
聖地・小川山へ行けていなかったのです・・・。 なので、
今回は満を持して、まだ一度も小川山へ行った事が無い
スプリングバンクN を連れて行ってみました~~。

f0182173_15481832.jpg
朝7時に乗鞍高原を出発して、一路クライミングの聖地!
小川山へ~・・・。10時前には廻り目平に到着しました・・。
今回登りに行ったのは、この画像の「屋根岩・3峰」です~。
到着したこの時は、青空がキレイだったのです!・・・。

f0182173_15473927.jpg
今日の川上村の天気予報も「不安定な天気」と出ていたので、
いそいそと3峰の取り付きまで登って行き、ロープとハーネス、
カラビナなどを用意して、早速クライミング、オンですっ!!

初めての小川山で屋根岩・3峰を登るスプリングバンクNです。
1ピッチ目なのですが、素晴しい高度感が楽しめます~!!
が!、しかし!!・・・、1ピッチを登っている短い時間の間に、
急に黒い雲が湧いて来て、いきなりポツポツ、、、パラパラ~、と
雨が降って来てしまいました!!・・・・。

f0182173_15482874.jpg
せっかくここまで来たのにぃ~・・・・、と言っても、天気ばかりは
しょうがないですね・・・。岩壁が濡れてしまうとクライミングは
出来ませんので、マルチピッチはここで止めて、ラペルダウン
して行きました・・・・。でもまあ、1ピッチ目で良かったです・・・。
これが2~3ピッチ登っていたら、雨で濡れ濡れになっていたと
思います。 バックの2峰がカッコよく見えました。
 

f0182173_15474830.jpg
その後、このままで帰っては悔し過ぎる!という事で、まだ雨に
濡れていないルートを探して、「ソラマメエリア」周辺のスラブで
登ってみました・・・。 僕は5.10cグレードのルートに一撃加え
たいと思いましたが、雨に濡れていて断念・・・。また次回です。

f0182173_15483867.jpg
スプリングバンクNの小川山初スラブです~。小川山と言えば
花崗岩のスラブ!、らしいです・・・。 トップロープですが、初の
スラブ完登です~~。やはり完登は嬉しいですね~~。


これから夏になり山のシーズンになっていきます。7月にかけて
乗鞍高原も忙しくなるので、どれだけクライミングに行けるのか
分かりませんが、もう一回ぐらいは小川山行きたいですね~!
またみなさん、よろしくお願いします~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-06-28 03:46 | アウトドア

カフェ・スプリングバンクのオープン記念日!!

先日も書きましたが、もう早くも来週に迫って来ました・・・・。
「7月1日」は「カフェ・スプリングバンク」の
オープン記念日です~~!!

f0182173_10265550.jpg
1999年の7月1日から、「カフェ・スプリングバンク」は乗鞍高原で
お昼はコーヒーやケーキと軽いランチ、夜は本格的なバーとして
洋酒やカクテルが飲めるカフェ&バーとして始まりました・・・。

それから、スキーにどっぷりハマり、アウトドアな遊びで山にハマり、
北アルプスが目の前のにある乗鞍高原から抜けられなくなってしまい、
気が付いたら、もうスグ15年になってしまうのでした!!・・・・。



なので今年は!、このオープン記念ウィーク期間中にご来店頂いた
お客さまに、メーカー協賛のお酒ロゴが入った「オリジナルグラス」を、
プレゼントしたいと思います~!!!!
f0182173_10273215.jpg
ウチのお店でも使っている、お酒のメーカー協賛のバー専用グラス!
もちろん非売品です!!これを今年はお一人様=1コ、プレゼント~。
期間は、いつも通り、7月1日(月)~7月7日(日)の1週間の間です!


ぜひみなさん!このオープン記念の期間のご来店お待ちしています~。
よろしくお願いします~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-06-27 02:27 | イベント

スペシャルなビールのご案内~!!

今回は、夏に向けてスペシャルなビールを数種類ほど
取り寄せてみましたので、その第一弾のご紹介です!!

「ヴェルデンブルガー・クロースター、ドゥンケル」です!!
f0182173_1532512.jpg
この「ヴェルデンブルガー」というビールは、ドイツ南部にある
ケルハイムを流れるドナウ河の河畔に建っている、世界最古
のベネディクト派の「ヴェルテンブルグ修道院」で造られている
ビールです!! この「ヴェルデンブルグ修道院」は7世紀頃
に、ユースタティックとアルギスという2人の修道士達によって
創建されました。この2人は、ビールの守護聖人の一人である
聖コロンバヌスの従者らしいです・・・。そして、ビールの醸造は
西暦1050年から行っていたとの記録があり、現存する修道院
醸造所としては世界最古のビールなのです!!

約1000年もの伝統のある修道院醸造所ですが、現在は至って
ハイテク&オートメーションなビール工場らしく、現在のブリュー
マスターの「アントン・ミラー」さんが、その中で伝統的なビールを
造り続けています。地元バイエルン地方の農家から大麦を供給
されていて、ホップも地元のハラタウ・ホップを使用しています!
そして、この「ヴァイスビア・ドゥンケル」のビールは、小麦を50%
も使用して、上面発酵で造られます。そして「ドゥンケル」タイプの
このビールは、ラガーリング=「熟成」がスゴくて、地下40mにある
熟成庫で3ヵ月もの熟成がなされているのですっ!!


f0182173_19371449.jpg
コチラは、このビールを造っている「ヴェルデンブルグ修道院」です!
約1000年もビールを造り続けている修道院の伝統的なビール!!
この美しい修道院と、1000年の伝統、これだけでも、このビール、

「ヴェルデンブルガー」を味わってみたいと思いませんか?!!
今回も極小の入荷、しかも!もうすでに飲んでしまった人もあり、
もう残りあと僅かとなっています!!・・・。ぜひこの機会にご来店
して頂き、「ヴェルデンブルガー」を飲んでみて下さい~~。

そして僕は、「カフェ・スプリングバンク」で皆様のご来店をお待ち
しています~~!! よろしくお願いします~~。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-06-26 05:31 | お店のご案内

久しぶりに夕焼けた~!!!@乗鞍高原。

先日の、「カフェ・スプリングバンク」の夜のバータイムの
オープン時間である7:00頃・・・。外の看板を「OPEN」に
しようと出て見たら、空が淡いムラサキ色になってきた・・・。

f0182173_12322294.jpg
これは!久しぶりに焼けるかも知れないなぁ~、と思って、
急いでカメラを持ってお店の前の広い畑の向こう側に行って
みた・・・・。 すると、、、
f0182173_12323036.jpg
ちょうどイイ感じで、空がオレンジ~ピンク~紫色の夕焼けに
染まっていきました~~。今年になって、こんな感じに色付いた
のは初めてでしたので、かなり久しぶりでした!!

f0182173_1232361.jpg
そして、やはり5分ぐらいで、もう淡い色になっていって、元の
暗い空の色になっていきました・・・。空全体が夕焼けに染まる
のは、本当に一瞬なのです。

今年は本当に天気が不安定で、朝カラッと晴れてても昼や夕方
には雨が降り出すような感じです・・・。夕方に晴れないと夕焼け
で染まりませんので、今年の梅雨の時期はなかなか難しいです
ね~~。 でも、こんな夕焼けを見に、晴れた日を狙って、乗鞍
へ来て下さい~。「カフェ・スプリングバンク」へのご来店もお待ち
しています~~。よろしくお願いします~!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-06-25 04:31 | 山の風景

乗鞍・天空マラソンが開催されました~。

一昨日の日曜日に、乗鞍・天空マラソンが開催されました~。

「天空マラソン」とは、「マウンテンサイクリング in 乗鞍」と並んで、
乗鞍高原~山頂方面がフィールドの標高差1100mの2大レース
イベントの一つです。大雪渓地点では、標高が2600mにもなる
乗鞍岳の中を走るので、素晴しい山岳風景が楽しめるのです!!

f0182173_19313069.jpg
今年は残念ながら、生憎の雨の寒いコンディションだったのですが、
それでも、参加者は2千人以上!もいらっしゃって、スゴい熱気に
包まれていました~!!

スタートは朝7時。雨なのでまだかなり寒い中、スタートしていかれ
ました~~。

f0182173_19314366.jpg
僕はこのイベントには取材に行ってないので、画像があまり無いの
です・・・。なので、いきなり大雪渓の「折り返し地点」まで上がります!
大雪渓・折り返し地点は、深い霧で真っ白! 今年は景色は見えま
せんでした・・・・。雨は非常に残念ですね~・・・。 でも、それでも!
ランナーの方々の黙々と走る姿には、感動しますね~。 


f0182173_19311980.jpg
そして、この「折り返し地点」にはエイドステーションがあり、給水は、
もちろんですが、その他にもお菓子、おにぎり、煮物、バナナなどが
用意されていたようです~。 ここまでの1100mの標高を登ってきた
疲れに補給して、三本滝のゴールまでの下りも頑張って下さい~~。

最近のランニングブームにも合わさって、毎年大勢のランナーの方に
参加して頂いている「乗鞍・天空マラソン」・・・。来年は晴れて欲しい!
と思うのでした・・・。 


そして、乗鞍エコーラインが開通すれば、いつでも練習に走ることが
できるので、ぜひ!素晴しい快晴の時に来て下さい~。そのあとは
「カフェ・スプリングバンク」でケーキ&コーヒーでもどうぞ~~。
ご来店おまちしています!!、よろしくお願いします~~。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-06-24 02:31 | イベント

ワイン 312

今回もかなり素晴しいワインが、K8からが届きました~。
なので、緊急ミッションを極秘に遂行ですぅ~~。

「シルバーオーク、アレキサンダー・ヴァレー」2002年です!!
f0182173_10504533.jpg
このワインは、このブログ記事の「ワイン100」と同じワインです。
「アメリカ・カリフォルニアにある、ナパヴァレー産のワインです。

造り手は「シルバーオーク・セラーズ」のオーナー「レイ・ダンカン」と
カベルネ種の魔術師「ジャスティン・メイヤー」です!!現在彼らは、
「ミスター・カベルネ」と称され、カベルネソーヴィニヨンと言うブドウ
品種のワイン造りに生涯の全てを捧げています!「人生はカベルネ!
(Life is a Cabernet)」と言う言葉は、ファンの間ではつとに知られ
ている名言となっている程なのです!

1972年、普通のワイン好きビジネスマンであったレイ・ダンカンさんは、
理想のワイン造りを求めてナパヴァレーに赴き、それまで牧師であった
ジャスティン・メイヤーさんと共に、自らの理想を具現すべくワイナリーを
興します!!彼らによる理想型とは、当時のナパ・ワイン産業において
大半が模倣したボルドーワインとは明らかに違うスタイルの造りでした。
その中でもアメリカの樽会社とのパートナーシップにより、使用する樽は
全てアメリカンオークにしてしまいます!! それまでのワイン産業の
歴史で、ワイン熟成には不向きだとされてきたアメリカンオークを100%
使い、最高の長期熟成で約30ヵ月もの樽熟成を施します!!・・・。そして
全てのワインは、最高級キュヴェとしてリリースされるのです!!しかも
そのほとんどが顧客リストの人たちの手に消えてしまい、市場に出てくる
のは極僅かというカルトワインの先駆者なのですっ!!


そんなカルト的なワインなのですが、日本ではあまり知られていないよう
ですね・・・。「ワイン100」の時はナパ・ヴァレーでしたが、今回のこれは
「アレキサンダー・ヴァレー」です。この「シルバーオーク」はこの2種類の
ワインしか生産していません! この「アレキサンダー・ヴァレー」はどう
なのかっ?!、緊急ミッション、いざっ、、オープンです~~。
f0182173_10505650.jpg
このワインも、開けてスグから素晴しい香りがグラスいっぱいに広がって
来ます~! 濃いカシスジャムと、アメリカンオーク樽由来のコーヒーの
ようなロースト香が合わさってきて、素晴しいです! でも、以前飲んだ
「ナパ・ヴァレー」の強烈な思いでが残っているのか、前回のナパよりも
なぜか大人しいく控え目な感じですね・・・。最後まで変わらずで、美味し
かったのですが、前回のナパヴァレーようなドッカ~ンと強烈な美味しさ
はありませんでした・・・。 ヴィンテージの違い?、それともテロワールの
違いか??・・・。せっかくのミッションでしたが、謎は深まるばかりでした・・・。


でも、これでK8が購入して来たのは6千円程。これなら文句なしです!
「シルバーオーク」、やはりとても素晴しく美味しいワインでした~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-06-23 04:49 | お店のご案内

さらに!追撃のクライミング~。

先週、やっと僕達の一番の課題である「オー・ルージュ」という
ルートを完登できて、久しぶりに歓喜に満ちていたのだった!
でも、去年から登れていない課題のルートは、あと一つ残って
残っているのだ!・・・。それは先日の「坊抱岩」で登れなかった
「ピナクルダッシュ(5.10c)」というルートである・・・。

この「ピナクルダッシュ」にもう一撃加えて、どうしても完登したい!
という事で、忙しい中、クライミング部隊長であるK8にお願いを
してお付き合い頂き、もう一回坊抱岩へ行ったのであった~。
f0182173_20271771.jpg
先日登った時にインスペクションを完璧にして覚えていたので、
この一週間の間、目をつぶればこの「ピナクルダッシュ」の岩の
ホールドが浮かんでくる程だったのだ!! なので今回は最初
から「ピナクルダッシュ」に必殺の一撃でトライ!!!・・・・・、
そしたら、、、、、
完登出来たぁ~!!
今回も、腕の保持力がギリギリだったけど、何とか完登する事が
出来たのであった~~。 う、嬉しい!!!、メチャ嬉しい~!!
これで去年から残っていた課題のルートを、3つとも完登できた!

とは言っても、グレードはまだまだ5.10c・・・。初心者レベル・・・。
でも、ほんの少しだけだけど墜とし方が分かってきたような気が
するのであった。インスペクションをちゃんとして→ムーブを完璧
に固めて→一撃必殺のトライ!・・・。保持力が無くてスグに腕が
パンプする僕達はコレですね!!・・・。

f0182173_20273376.jpg
僕の後に、この「ピナクルダッシュ」にはあまり登っていないK8の
トライだ~~。偶然だが、上記の画像の僕と全く同じ場所での全く
同じムーブになっていた! 彼は最後のセクションでフォール・・・。
惜しい!!、かなり惜しいっ・・・。だが次回は仕留められるハズで
ある。 

f0182173_20273619.jpg
その後、まだ少し時間があったので、オーバーハングしていない
腕に優しいルートへトライしてみた。 「桃(5.10a)」というルート
を登ってみたのだが、隊長のK8はサクッと完登~!!ここでも、
少しは上達しているのが感じられたのであった~・・・。

f0182173_20274625.jpg
その後、僕もスルッと完登。 5.10aのグレードは去年はスグには
登れなかったが、今年は快調に登れてきているのであったぁ~!・・・。
今年は5.10cのグレードのルートがいくつか登れていているので、この
良い調子で5.10c~dが登れれば、5.11のグレードがターゲットになる
かも知れないので、兼ねてから目標であった5.11を目指してこれからも
頑張って行きたいと思います~~。


やっと少し形になってきている、僕達「チーム・スプリングバンク」の
クライミングなのであった~・・・。みなさん、これからもよろしくお願い
します~~。ご来店もおまちしていますぅ~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-06-22 03:25 | アウトドア

救急講習を受けて来ました~~。

先日、登山案内人という長野県のガイドの資格の総会で
「救命救急講習」があったので、受けて来ました~。

f0182173_11271822.jpg
登山中はもちろんですが、乗鞍高原という山岳観光地での
生活では、何があるか分かりません。 何かが起こった時に
病院はかなり遠いので、何も出来ないのは困る!と言う事で、
また「救命救急の講習」を受けてきたのでした~。

f0182173_11271942.jpg
今回も「救命救急講習」では、前回と同じように、「AED」と言う、
簡単に言うと、心臓の心室細動の際に必要に応じて電気的な
ショック(除細動)を与えて、止まった心臓の働きをもとに戻す事
を試みる医療機器の使い方と、心臓マッサージ(現在は胸骨圧迫
と言う)のやり方を教わりました。

今回も、相手はこのオレンジの救命救急人形のAさんです!・・・。
このAさんは非常に精巧に造られていて、ちゃんと心臓マッサージ
や人工呼吸ができていないと反応しないようになっているのです。
いつもこの「救命救急講習」では、この「Aさん」が出て来るのですが
「Aさん」はスゴいんですね~!

f0182173_11273121.jpg
そしてこれが「AED」という電気ショックを与える装置です。これも
最近いろんな人が集まる場所に備え付けられている「AED」ですが
扱え無ければタダの箱なので、「救命救急講習」を定期的に受けて
少しでも役に立つようにしたいと思いました・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-06-21 02:25 | 日常