<   2014年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

今シーズン2回目の立山BCスキー!!

ここ数年行けていなかった「立山初滑りBCスキー」に、
今シーズンは行く事が出来てとても良かったのだが・・・、
その時は快晴の青空にはならなかったので、もう一度
「紺碧の青空に真っ白な山々!」というコンディションを
狙って、天気予報をチェックして!、この初滑りシーズン
2度目の立山へ滑りに行ってみたのであった!!・・・。


f0182173_21403690.jpg
今回はちょっとトラブルがあったのだが、ギリギリ何とか
それをクリアし、早朝から乗鞍を出発して立山へと走って
行ったのであった・・・。富山市内からは快晴の青空の中
「剱岳」の雄姿が大きく見えていた!! なので、今日は
バッチリ「青い空に白い雪山」という絵が期待出来る!!
この時はそう思っていたのであった・・・・。

f0182173_21403311.jpg
が、しかし?!・・・
立山駅からケーブルカーとバスを乗り継いで、室堂に到着
すると・・・・、そこは真っ白なガスガスの世界になっていた
のであった・・・・。 先週と同じパターンなのであった・・・・。
この真っ白コンディションは、一体誰のせいなのだ?!?!


今回のパートナーは、急遽というか予定通りというか、乗鞍
ローカルのAK君です。 彼も快晴の青空の立山を期待して
いたのだが、ガスガスで真っ白な立山を前にして、あんなに
はしゃいでいたのにモチベーションは低下・・・・。


f0182173_2140579.jpg
しかし、そうは言ってもここまで来たのにスキーをしないのは
ありえない!、、なので、ガスの切れ間を狙って1本だけでも
滑ろう!と言う事で、いつも通り用意をして真っ白いガスの中
ハイクアップしていったのであった・・・・。

(この後、今回2度目のアクシデントが発生・・・・。でも詳しい
事はここでは書くことは出来ません~・・・。)

f0182173_21405760.jpg
長いウェイティングの後、やっと少しガスが切れてきた瞬間を
狙ってドロップ・イン~!! AK君の今シーズン初滑降だ!!
こんな霧のコンディションでも「初滑り」はスキーヤーにとっては
何とも嬉しいものなのだ。 

雪質はこの暖かさなので乗鞍ローカルな僕たちにすればとても
重い感じだったのだが、何とかそこは技術でカバー!(?)・・・。
重パウの雪を堪能していったのだった~!!


f0182173_21413394.jpg
そして、その後は先週と同じように時間の許す限り、登り返し
合戦が続いたのであった・・・。時間と言うか、モチベーションと
言うのか?・・・、初滑りにも関わらず、すでにいつもの僕たちの
耐久スキーツアーとなりそうな感じであった・・・。

f0182173_21412672.jpg
ドロップ・ポイントに到着して、ガスが晴れてくるのをウェイティング
するというルーティンを繰り返す・・・。そして、本当に一瞬のガスの
切れ間を狙って、僕もドロップ・インしていった。 ピーク・トゥ・ボトム
を信条にしている僕は、僅かなチャンスも逃さず一気に滑り下りて
いったのであった~!!・・・。

f0182173_21414726.jpg
この日3本目のAK君のライディングだ!! 自然地形が大好きな
彼は、バンクに当て込みも魅せてくれた~!! さすがです~~。

という事で、ガスで真っ白にも関わらず、数々のアクシデントを乗り
越えて・・・、この日も計3本の滑走を、室堂周辺の斜面で頑張った
のであった・・・。 


f0182173_21414432.jpg
ラストショットは、なぜかAK君と一緒の写真ではなかった・・・・。
偶然!3本目を同じラインで滑ろうとしていた団体ツアーがあり
良く見ると、白馬の超有名ガイドカンパニー「カラー・スポーツ」の
舎川朋弘さんだったのであった!! 一緒のラインを滑ったので、
ミーハーにも、一緒に写真を撮って頂いたのであった・・・。

2回目の立山も、いろんなアクシデントがあったのだが、何とか
乗り越えられて、生きて帰る事が出来たのであった~。これを
教訓にして、今シーズンもなるべく安全にBCスキーを楽しんで
いきたいと胸に刻み込んだのであった・・・・。





そして、エキストラショット!!
f0182173_2142527.jpg
立山に十数年通っていて、初めて「りんどうテラス」に入店!!
しかも!生ビールを頂いて帰りました~~。あぁ、贅沢・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-11-30 07:39 | アウトドア

信州登山案内人のガイド講習。

先日の某日、長野県が認定するガイド資格である
「信州登山案内人」の講習を受けてきました~。

f0182173_19321351.jpg
「信州登山案内人」とは、上記のとおり長野県が認定する
長野県内の山々を案内するためのガイド資格なのです!
最近とても多くなった北アルプスを含む長野県内の山々を
歩るきに来る登山者の要望に対応するために、長野県が
認定しています。 僕も2年前にこの「信州登山案内人」の
ガイド資格を所得しました・・・。

f0182173_1931562.jpg
この講習は、いろんな山の知識を学んでいつものガイドの
仕事に活かしていこうと言う講習です。講習の内容は2つ
あり、1つはもちろん「安全」に対する講習で、もう一つは
お客さんに楽しんで頂けるようにする「山の蘊蓄」のような
知識です。

f0182173_19322426.jpg
1つ目の講習は、長野県環境保全研究所という所の主任
研究員でいらっしゃいます「富樫均」先生の講習で、「山の
かたちと山のみどころ」という講習でした。山の形には意味
があり、山の形を見れば成り立ちや歴史、どんな山なのか
という事が分かる!という面白い講習でした。


そして2つ目は安全講習で、長野県警察山岳遭難救助隊の
岡田嘉彦さんの、遭難救助の現場の話を聞かせて頂きました。


f0182173_1932679.jpg
そして3つ目は、先日の御嶽山噴火事故の時に、御嶽山火口
付近に居て、無事下山された、信州登山案内人のガイドさんで
ある、小川さゆりさんの話を聞かせて頂けました!! 御嶽山
噴火直後の状況や、メディアの報道では全く伝わっていない
現場の話、死に物狂いで地獄のような中を生き抜いた話には、
僕の心にジ~ンと響きました・・・・。


山は、時には楽しくて美しく、時には危険で非常に厳しいと言う
2つの顔があります。今回のこの講習で学んだ事を活かして、
僕もこれからも山に登って行きたいと思います~~。みなさん
よろしくお願いします~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-11-29 06:31 | イベント

高山平の歴史探索ツアー~。

今回は、乗鞍高原の歴史の跡を探る「歴史探索ツアー」・・・。
乗鞍高原近辺の、忘れ去られようとしている「歴史の史跡」を
探索して→このブログで紹介しようというものです・・・・。
今回の「歴史探索ツアー」は、ここ乗鞍高原・「一ノ瀬園地」の
最奥地である「高山平」です~~!!

「歴史探索ツアー」とは、地図に載ってもいない、山の奥深くで
道はすでに廃道となって、入る人もいなくなって、ターゲットが
存在するのかどうかも分からない・・・。そんな乗鞍高原周辺の
気になる「歴史の史跡」を探索しようというものです・・・・。


f0182173_12361911.jpg
今回は、とある「一ノ瀬園地」での作業のついでに、その奥まで
続いている登山道を歩いて行き、奥の奥の方まで行って見たの
でした・・・・。 積雪で真っ白になった乗鞍岳が、青空に映えて
と~ってもキレイでした!!

f0182173_12362310.jpg
そうは言っても、僕の「歴史探索」にはいつもあまり時間が無い
ので、トレイルランニングスタイルでサッと走り、行き帰りの時間
を短縮していきました~。トレーニングにもなるしねッ・・・。
落ち葉でフカフカの絨毯のような道を走るのも、気持ち良かった
です~~。

f0182173_12363348.jpg
そして一ノ瀬園地の最果ての奥地まで進むと・・・、ありました!!
「大山祇神社」です!!

この、大木と言うより巨木という程大きなカツラの樹と、その根元
にある小さな祠だけという質素な神社は、明治28年に建てられた
ようです。むか~し昔、その昔、野麦峠や安房峠を越えて岐阜県
高山市に抜ける峠越えは、ここ乗鞍高原を経て「番所越え」という
道もあったらしいです!! なので、ここを通る人達の安全祈願と
して建てられ、その後は蕎麦の豊作を願ったり、このカツラの樹は
根元が枯れて新しい新木が生えてくる事から「子孫繁栄」のご神木
として祀られているようです・・・。


f0182173_12363525.jpg
カツラの巨木は、本当に大きくて!、樹齢約300年以上は経って
いるようですね!!・・・。 木の廻りには柵がしてありました。

f0182173_12364367.jpg
そのカツラの巨木の根元に、小さな「祠」が祀ってあります・・・・。
この「祠」とその前にある朽ち果てそうな「鳥居」が、ここが神社だと
分かる人的建立物ですね。 キレイな神社ではなく、山奥の奥地
にある古い感じが、何だかとても荘厳な雰囲気でした。


f0182173_12364658.jpg
一ノ瀬園地のこんなにも奥地に、神社がある事が驚きでした!・・・。
昔の人は、ここ乗鞍高原・一ノ瀬からこの登山道を通って飛騨へと
歩いて越えたのだと思うと、本当に昔の人はスゴイと思いました~。
そして、いつか僕もこの峠「番所越え」を通って、岐阜県まで抜けて
みたい気がしました~・・・。 またいつか挑戦してみたいと思います。



*注意!!
今回のこの「高山平」は、地元乗鞍高原の地主さんの私有地です!
なので、ゲートがあり勝手に行く事は出来ません! 地元の乗鞍の
人や、宿のご主人さんや女将さんと一緒に行って下さい。 よろしく
お願いします~~。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-11-28 07:34 | 趣味の部屋

また一段と白くなりました~。@乗鞍岳。

昨日までの雨が、2200~2300mぐらいから上は雪で
乗鞍岳山頂がまた一段と真っ白になりました~!!!

f0182173_984876.jpg
乗鞍高原内では昨日も4~5℃ぐらいあり、とても暖かくて、
スキーヤーにとっては、悲痛な雨がザーザー降っていたの
ですが、3000m峰の山頂方面ではやはり雪だったらしく
ようやく真っ白になってきました~~。


f0182173_991653.jpg
いつも滑っている蚕玉岳の大斜面は、もう滑れるのでは??
と、思ってしまいますね・・・。 来週ぐらいに一度行ってこよう
かな~と思っています。その成果は、またこのブログで書いて
お伝えしたいと思いますので、よろしくお願いします~~。


暖冬のシーズンインなのですが、みなさん乗鞍へも滑りに来て
下さい~~。よろしくお願いします~。「カフェ・スプリングバンク」
へのご来店もお待ちしています~~!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-11-27 09:09

またまた、おニューのギア、ゲットん~~。

今年も普通に寒くなってきて、クライミングのシーズンも
もう終了となりそうなのですが・・・そんな時期なのですが、
クライミング・ギアをまたまた買ってしまいましたぁ~!!

「マムート、クラッシック・エキスプレス」、クイックドローです~。
f0182173_14321254.jpg
先日、今シーズン最後かもしれないクライミングに行ったの
です。 今シーズンはいろいろなルートにトライしていたので
すが、僕たちは今までクイックドローを10本ぐらいしか持って
なかったので、1ルートにトライすると、クイックドローが足り
なくて他のルートには同時に挑戦することが出来なかったの
でした・・・・。 

そして先日、いつもお世話になっている「カモシカスポーツ」
松本店に行ったら「岳楽多市」という大セールをやっていて
そこに欲しかったクイックドローが数モデルあったのでした!
ギアを買う時は出会いとインスピレーションは大事です!・・・。
このタイミングで、この価格で、出逢ったらしょうがないです!
お~か~い~あ~げ~!!・・・。

小さめのサイズのカラビナが、僕たちにはゲートを開く時に
使いやすくて、スリングの中にカラビナが動かないようにと
ゴムが内蔵されてて、良い感じです~!



f0182173_14322644.jpg
そして、今シーズンはもう終了(かも知れない?)なのですが、
これで来シーズンは、もっともっといろんなルートへ挑戦して
来シーズンこそは5.11aのグレードを完登したいと思います!
岩場のルートで早く使ってみたい衝動にかられますね~・・・。


これからのスキーシーズンはもちろんスキーが始まりますが、
またみなさんよろしくお願いします~!!乗鞍高原にお越しの
際には「カフェ・スプリングバンク」へご来店お願いします~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-11-26 06:31 | 趣味の部屋

ワイン 331

この3連休は快晴でポカポカ陽気になった乗鞍高原~。
青空から降り注ぐ陽射しがとても気持ちイイ週末でした。
そんな中でも、僕たち「安旨ワイン探検隊」はちゃんと
ミッションを遂行するのでありました~・・・。

今回のワイン「コトー・ブルギニョン、メゾン・ルロワ」2011年です!!
f0182173_2072043.jpg
このワインは、フランスはブルゴーニュ地方で、2011年に新しく
認められたアペラシオンの、「コトー・ブルギニョン」という地区で
造られたワインです~。

造り手は、泣く子も黙る!(と言われている)「メゾン・ルロワ」です!!
「メゾン・ルロワ」は1868年からネゴシアンとして創業している老舗の
メゾンです。 そして「ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ」の株式の50%を
所得している共同経営者でもあります!! そして現在の当主である
「ラルー・ビーズ・ルロワ」さんが1988年にドメーヌを立ちあげてからは
常に最高のワインしか取り扱わない程の完全主義なドメーヌとなって
いて、父から受け継いだサンヴィヴァンやリシュブールなどの特級畑
から珠玉のような完璧な程素晴しいワインを造っています!!まさに
ブルゴーニュの頂点に立つドメーヌですっ!!

「ラルー・ビーズ・ルロワ」女史のワイン造りは、これもまさに完璧主義!
奇才「ニコラ・ジョリィー」さんの元で修行して、当時のブルゴーニュでも
ほとんど見られなかった「ビオディナミ(有機栽培)」によるブドウ栽培を
して、驚く程の低収量を貫いています。また、彼女は天才的なワインの
テイスティング能力の持ち主と言われていて、厳しい品質管理のもとで
造られるワインは、他に類を見ないブルゴーニュワインとなっているの
です!! 「メゾン」モノのワインは、契約農家にブドウを栽培して貰い
そこから供給されるブドウで造ったワインです。でも「ルロワ」を名乗る
ためには非常に厳しいブドウ栽培をクリアしなければならないらしい
です!! やはり「ルロワ」のワインは特別なのです!!・・・。


「ルロワ」のワインは、「ドメーヌ」なら通常の村名クラスでも10万円!!
「メゾン」でも3万円ぐらいはします!! 非常に高額なのですが、この
「コトー・ブルギニョン」は現在一番安いので2千円台前半なのです!!
これを僕たち「安旨ワイン探検隊」が見逃すハズはありません~。
今回のミッションへ!、いざっ、突入です~~。オ~プン~~。
f0182173_2062997.jpg
このワイン、開けてスグはちょっと硬い感じがしていましたが、少し
時間が経つと良い香りが広がって来ました~。濃いラズベリー系の
果実感の中に土のような複雑さがあります。味わいも若いワインの
強い酸味は全く無く滑らかです!こんなに安くて若いワインなのに
良くまとまっていて美味しいです~!! 飲み飽きない、バランスの
良いピノ・ノワールでした。


いつかはドメーヌ・ルロワ・・・、夢見てます・・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-11-25 06:05 | お店のご案内

さとやまエネルギーの間伐作業~。

一昨日の夜、長野県北部で震度6の大地震がありましたが、
乗鞍のある安曇地域は少し揺れたぐらいで全く大丈夫でした。
国道158号線もダメージ無しで、乗鞍高原は大丈夫です~~。


なので僕は予定通り、昨日の早朝に、「さとやまエネルギー」
さんの地域の間伐作業に参加してきました~~!!
f0182173_12575157.jpg
さとやまエネルギー」とは、ここ安曇地域を自分達のチカラで、
自然エネルギーだけで!賄えるようにしていこう!という新しく
興された会社なのです。火力や原発などの環境に良くない発電
ではなく、再生可能な自然エネルギーだけでこの地域を賄って
行こうと言う事なのです!!

もちろん、エコに生きたいと思っている僕も二つ返事で参加して
います! そして将来的には太陽光発電や小水力発電などの
自然エネルギーで、自分達の使う電気も自分達で再生可能な
自然エネルギーで発電して行こうと思っていますが、今はまだ
発電事業には至っていません・・・。 しかし、とりあえず現在は
間伐した木材を薪にして、暖房のエネルギーを賄って行こう!
という事を進めています!!・・・。 詳しくはコチラ→「さとやま

なので今回は、寒い冬が来る前に、薪の確保として間伐作業に
行って来ました~。


f0182173_12583395.jpg
今回は、安曇地域の某地区にある「土場」の整備作業でした~。
広い材木置き場を確保するために、荒れている土地をキレイに
するために、大きな木をチェーンソーで切って行きます。

でも僕は、間伐作業が森を再生させる作業だと分かっていても、
木を切る事に対して、何だか罪悪感が胸の中にモヤモヤとして
しまいますね・・・。

f0182173_1258163.jpg
切った木は、ちゃんと大きさを揃えて行き、薪ストーブ用にしたり
畑用にしたりとなるようです。 僕は林業の事は全く分かりません。
人間、40歳越えても、まだまだ知らない事ばかりです・・・。なので
一口に「エコ」と言ってもまだまだ勉強しなければイケませんね~。


f0182173_12584989.jpg
冒頭にも書きましたが、22日夜に長野県北部で大地震があり
ましたが、乗鞍高原は全く被害は無くぜ~んぜん大丈夫です。
みなさん、安心して乗鞍へ遊びに来て下さい~~。

とてものどかでポカポカ暖かい日になっています~。 なので、
スキーヤーにとって大切な雪がなかなかまとまって降りません。
雪が無いのはちょっと困りますね~・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-11-24 06:56 | 日常

立山BCスキー、初滑り~。(その②)

この3連休に立山へ入られているスキーヤーの人も
かなり多いと思います。 僕たちは一足先に初滑りを
してきたのでした~。 昨日の続き(その②)です~!

f0182173_1132681.jpg
午前中はガスっていて、寒くて暗くて斜面も良く見えない
状態だったので、初滑りなのにちょっとモチベーションが
下っていたのですが、昼過ぎから一気にガスが抜けて
くれて、立山の雄大な景色がドオォォーン!!と見えて
きましたぁ~!!! バックには立山の主峰「雄山」が、
暗い灰色の空にも関わらず光り輝いで見えました~!!

これで僕たちのモチベーションは一気にMAXへ~~!!


f0182173_1133644.jpg
昼から登攀開始だと、時間が無いので雄山や別山などへは
行く事が出来ないので、近くの国見岳へ登って滑ろう!と言う
事になりました~。バックには「剱岳」も見えて来て、期待して
無かった分、気分はもう最高ですぅ~!! 「剱岳」はやっぱり
メッチャカッコ良かったです~!!

f0182173_11322038.jpg
そして、約1時間程で、「国見岳」の山頂に到着しました~~。
一応、3人みんなで記念撮影をしました・・・。 


そして国見岳の稜線へと上がってみると・・・、
!!!、、。
f0182173_11332239.jpg
何と!北アルプス全体に掛かっていた雲が全部取れていて、
穂高連峰~槍ヶ岳、笠ヶ岳、一番奥には我らが「乗鞍岳」も!
ぜぇ~~んぶ見渡すことが出来たのでした~!!!
雲の隙間から時々光の矢のように差す陽射しもあり、ちょっと
感動的なぐらいの景色でした~!!!

f0182173_11323427.jpg
特に「槍ヶ岳」には光が射していて輝いて見えて、感動的に
美しかったです!!! 遠くにあるハズの槍ヶ岳が、近くに
感じられました・・・。

f0182173_11334111.jpg
ここから、この日3本目のパウダーライディングが始まります!
一番手は、やはりSZ君です~!! 少し雪庇になっている
稜線からパウダーに覆われた急斜面へドロップインです!!

f0182173_1133141.jpg
同じく、稜線から果敢にドロップ・インしていくAMさんです!!
かなりの急斜面なのにも関わらず、素晴しい角度でターンを
キメて行ってくれました~!! 攻めてますね~!!
f0182173_1134499.jpg
そして、そのまま「奥大日岳」をバックに、広大な「国見岳」の
激パウの斜面を、「イェ~ハァ~~!!」と奇声を上げながら
一気に滑って行きました~!!

f0182173_11331964.jpg
そして最後に僕が、AMさんのラインをトレースるすようにして
この時期に立山で初滑りが出来る喜びを、かみしめながらの
ドロップ・インですぅ~!! 膝パウダーぐらいのちょうどイイ
感じです~!! いつも通りエレガントのつもりですが・・・・。
f0182173_11342385.jpg
僕も、左に「奥大日岳」、右端に「剱岳」をバックにして思いっきり
大きなターンでトラックを刻んでいきました~~!!


f0182173_11333429.jpg
毎年初滑りは、ドキドキと、ちょっとの不安とが入り混じった
とても嬉しい特別な気分に包まれるのですが、今年も立山に
滑りに来れた事を、そして無事に帰って来れた事を、3人で
喜びあいました~~。 

今シーズンもここから始まりますっ!
みなさんよろしくお願いします~!!









エキストラ・ショット!!・・・・。
f0182173_11343396.jpg
富山と言えば、やはり「きときと寿司」でしょう!! 
そしてこの時期と言えば、やはり寒ブリでしょう!!

と言う事で、BCスキーを終えて、温泉に浸かって、
その後は、富山のお寿司を食べに行っちゃいました・・・。
BCスキー後のハラペコな僕たちには超旨でした!!
メンバーの一人は、今回のツアーのメインイベントは
BCスキーでは無く、この富山のお寿司だったらしいです・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-11-23 06:27 | アウトドア

立山BCスキー、初滑り~。(その①)

乗鞍岳も雪で真っ白になってきていて、先週ぐらいから、
いろんな知り合いの人たちから「立山最高だった~!!」
という、アップロードされたパウダーの画像を見ていると、
悔しさにギリギリと歯軋りばかりしていたのでした・・・、が、
やっと僕も、先週の定休日に、立山へ初滑りBCスキーに
行くことができました~!!

f0182173_1061397.jpg
朝5時に乗鞍高原に集合して、安房トンネルを越えて行き、
富山県側の立山駅から出る始発を目指します~・・・。

そして、ついに!、ここから僕たちの今冬のスキーシーズン
が始まるのですっ!! この日の天気予報は「晴れ」です!
ケーブルカーに乗ると、この先に待っている真っ白な立山の
雪景色がドォォ~ンと広がるのに、期待が高まります~。

f0182173_105255.jpg
が、しかし・・・、立山駅に着くと、なぜが雲が低く漂っていて、
曇っていると言うか、ガスっていると言う感じ・・・・。でもまあ、
ここまで来たので、アルペンルートに乗ってきた分は滑ろう
と言う事で、とりあえず立山ホテル近くの斜面を足慣らしに
1本滑りに行きました~。(ちょっと予定の天気と違うぅ・・・。)

今回のパートナーも、最近僕のBCスキーによくお付き合い
頂いているSZ君と、その友人のAMさんです~。この2人は
メチャ若いので、今回のかなり若手なチームに僕が付いて
行けるのか?・・・。 が、頑張りますぅ・・・・・・、、、。

f0182173_1062415.jpg
スキーにシールを付けて登って行き、標高が上がって行くに
つれて、どんどんガスが濃くなって行きます・・・。3人一緒に
「なんで~?!・・・。」、「誰の行いが悪いのか!?」、という
感じで、罪のなすりつけ合いをして、気晴らし(?)をしながら
ガンガン登って行ったのでした・・・。


そして、ガスの中に入ってしまうギリギリのライン手前から、
軽く滑ってみようと言うことになり、いよいよ今シーズンの
初滑りとなりました~!!
f0182173_1055545.jpg
まずトップバッターはSZ君です~!! パウダー至上主義
な彼は、溜まっていそうな場所を狙ってドロップイン~!!
f0182173_1065613.jpg
初滑りなのに!、非常に軽くて良いパウダーを滑れたので、
「イィ~~ハァ~!!」と奇声を連発していました~!!


f0182173_106834.jpg
そのSZ君の滑りに続くのは、友人のAMさんです~!! 
SZ君の隣のラインをトレースして行き、ファットスキーで
良いスプレーを上げていきました~!!
f0182173_1071291.jpg
初滑りに派ちょうどイイ感じの「脛パウ」でした~~。


f0182173_1062654.jpg
そして、僕の滑りですぅ・・・。 初滑りに立山へ来れたのは
かなり久しぶりだったので(3年ぶり?)、超嬉しいです~!!
f0182173_1072516.jpg
若者2人の滑りに何とかついて行かなければ!と言う感じで
30cm程の脛パウを美味しく頂いていきました~~。


f0182173_1063768.jpg
それぞれのシェプールを、それぞれの性格で、それぞれの想い
で描いて行きました~!! 雪質は予想どおりの脛パウダーで
メチャ気持ち良ったです。 でも、まだ雪は少ないかな~と思い
ました。いつもは滑れる斜面でも岩がまだ結構出ていました・・・。
(画像真ん中滑走中なのはAMさんです。)


今日はこんな感じかなぁ・・・。と半ば諦めモードだったのですが、
この後!、奇跡のように一気に晴れて行ったのでしたぁ!!
その②へ続くっ!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-11-22 07:04 | アウトドア

LOOK 566 の2014年最終レポート~。

先月の「標高差3000m自転車ツーリング」で、真っ白な
灰になるまで燃え尽きていた僕ですが、また冬になれば
バックカントリースキーがあるので、少しでもトレーニング
をしておかなければ、他の皆さんについていけなくなって
しまうので、自転車トレーニングは少しずつ続けていたの
です・・・。
が、しかし!、
先週、またもやパンクを喫して
しまったのでした!!・・・。


f0182173_205668.jpg
これまで「LOOK 566」に4年間乗って来て一度もパンク
したことが無かったのに、今年のツーリングで2回、先週に
1回の、計3回もパンクしたのです!! ちょっとと言うか、
もうかなりショックで、モチベーションガタ落ちですぅ・・・・。


でも、まあパンクはロードレーサーの自転車にはつきもの
なので、しょうがないと言う事で気分を入れ替えて、愛車
の「LOOK 566」のチューンナップと言うか、軽量化を図る
パーツ交換=チューブ交換にしたのでした~~。
f0182173_205420.jpg
今回交換したチューブ、「パナレーサー、R-Air」です!!
このチューブは、通常のロードチューブよりかなり軽量で、
1本=65gです。今まで使っていたモノが110gだったので
タイヤ1本で45g!、2本で90gの軽量化がチューブ交換
だけで出来たのです~!! 


f0182173_2052099.jpg
しかし、乗鞍高原は、もう外はマイナス気温で雪が降り積もり、
自転車シーズンはもう終了ですぅ~・・・。この軽量化の効果は
来年に持ち越しですね・・・。

でも、僕と言えば、来たるこの冬に、召集がかかるであろう、あの
「ラッセルマシーン・ツアー」に向けて、 少しでもトレーニングして
おかなければと思い、パンク修理が出来上がった「LOOK 566」で
ローラー台に乗って、汗ダクになる程!、窒息しそうな程にまで!、
ペダルを回しまくったのでした~!!・・・。






「ラッセルマシーン・ツアー」・・・・、
それは、「ラッセルマシーン」という称号を拝命した人達の、熱く
屈強な激ラッセルツアーなのである!!普通では入れない程
厳しくも遠くの山域にまで、気の遠くなる程延々と続く永遠とも
思える深いラッセルを繰り返して辿り着く、山スキーの境地の
アツい!熱いツアーなのである!!・・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-11-21 07:04 | 趣味の部屋