<   2015年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

朝焼けの乗鞍バックカントリースキー!!

先日の西穂高岳BCスキーツアーで敗退してしまった僕は、
あまりの悔しさに、その夜眠れなかったのであった・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・。

でも!、
この敗退した悔しさをモヤモヤ引きずったまま、ず~~っと
一週間も過ごすなんて、あまりにもイヤ過ぎるっ!!・・・・。

これは何とかしなければ、この一週間の仕事に差し支える
と思って、バックカントリースキーでヤラれた借りは、やはり
バックカントリースキーでしか返せない!! ガッツリと登り
気持ち良くドッカァ~~んとスキー滑降したい!!という事で、
急遽無い時間を何とかひねり出し、また早朝の「ご来光」の
時間に、乗鞍岳バックカントリースキーへ行ってしまったので
あった~!!

f0182173_8421094.jpg
と言う事で、西穂高岳BCツアーで一緒だったNJさんにまた
お願いをして、早朝3時に乗鞍高原に集合!、真っ暗な中
3:30に休暇村ゲレンデからスタートしていったのであった~。

しかし!、この日の朝3時の乗鞍高原の気温は-19℃!!
少しでもグローブから手を出せばたちまち凍りついてしまう
程の極寒の気温であった!!・・・。 しかし、行くしかない!

f0182173_8422587.jpg
この日は月が無い全くの闇夜!!・・・。本当にヘッドライトを
付けていないと文字通り何も見えない真っ暗闇なのである。
しかし、マイナス20℃程の極寒の闇夜の中を、快心の滑りを
イメージしながら、黙々とゲレンデからツアーコースを歩いて
登って行ったのであった・・・。

f0182173_8422831.jpg
全くの闇の中を歩いてツアーコースを越えて、位ヶ原の雪原
に上がると、一気に明るくなって来て、世界が幻想的な蒼さ
に包まれていったのであった~!!

この瞬間にこの場所に居たことがある人でないと分からない
素晴し過ぎる蒼さである!! まるで海の底?!、宇宙の底
に自分達が居るような不思議な程蒼い色合いであった~!!
宇宙を感じられる瞬間なのであった。

f0182173_8424451.jpg
後ろの山の稜線が真っ赤な線が引かれて明るくなってくる中、
どんどん登って行く! 稜線までもうあと少しの所まで来た!

f0182173_8424434.jpg
最初は真っ暗闇の空が、宇宙の蒼さに色づいて明るくなり、
東側の山の稜線が、真っ赤な線が引かれていって、
f0182173_8431290.jpg
摩利支天岳の稜線まであと50mぐらいの所で、ついに!!、
ご来光が上がってきた~!!!!

今回は、雲が全く無い超快晴の天気だったので、真っ赤に
色付いたご来光が、本当に光の矢を全方向に向けて発射
したように美しかったのであった~!!!

f0182173_8431632.jpg
そのご来光を背に受けて、ピンク色?&紫色!に染まった
ドロップポイントである稜線へと、ラストスパートして登って
行ったのであった~。

この日の乗鞍岳の稜線の気温は、マイナス23℃!!!!
極寒過ぎてグローブが外せないので、カメラ操作が上手く
いかず、撮影にはちょっと苦労した・・・。

f0182173_843384.jpg
そして、ついに!摩利支天岳の稜線に到着したのであった。
今回はここから思いっきり滑って敗退した悔しさを晴らそう!
という気合いで、何とかここまでこれたのであった~。

f0182173_8434095.jpg
バックの乗鞍岳・剣ヶ峰も、この世のモノとは思えない感じの
ピンク~ムラサキ色に染まっていたのであった~!!・・・・。
この素晴し過ぎる色合いの景色だったので、手が凍りそうでも
カメラのシャッターをたくさん切っていったのであった~。


そしてここからドロップ・イン!!
f0182173_843586.jpg
まずは、ガイドのNJさんの渾身のテレマークライディングだ!!
穂高連峰をバックに!朝焼けの乗鞍岳BCの斜面に、素晴しい
テレマークターンをキメて行く!!! もうキマり過ぎな程に
カッコイイ~!!!!

f0182173_8435762.jpg
そして僕も、敗退の悔しさを晴らすように、ピンク色に染まった
乗鞍バックカントリーの斜面に、思いっきりパウダーのスプレー
を上げて滑っていったのであった~!!!



(今回も素晴しいライディングが出来て、これで何とかこの一週間
 モヤモヤとせずに過ごす事ができると思います~・・・。中毒症状
 も少しは収まりそうで・・・、 よかった、よかった・・・・・。)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-01-31 08:41 | アウトドア

冬の三本滝へ

乗鞍高原の観光名所「三本滝」。冬は雪に閉ざされた空間となります。
今年もシーズン中に1回は行ってみよう!ということで、行ってきました~。
f0182173_2171843.jpg
今回はテレマーカー3人組で行ってきました~。
三本滝レストハウスまでは、いつもの板と靴で行き、ここで持参した
スノーシューに履き変えます~。テレマークのブーツは、アルペンの
靴のように硬くないので、歩きやすく、スノーシューをそのまま履ける
ので、とても便利なのです。いざ、出発です!

f0182173_2173199.jpg
ゲレンデの兎待ちコースを進んだら、夏道と同様に森の中に入ります。
気持ちの良い空間が続き、場所によって変わる色んな雪質の感触を
楽しみながら進みます。

f0182173_2174591.jpg
この手前にある吊り橋は、こんな風になっています。降雪量が多い
今シーズンは、特にモリモリと雪を乗せていました! スゴイです!
ここを通過する時が一番気を遣います。

f0182173_218020.jpg
万が一、下流側に転落すれば、こんな所に落ちてしまうのです。
神秘的な火口湖のような滝壷が待っています・・・。

f0182173_2181872.jpg
そして、いよいよ三本滝に到着です~!!!
夏と同じく、「クロイ沢」の下から眺めを楽しみました~~。天候や
積雪量により、いつも違う表情を見せてくれる冬の滝ですが、今回は
このところの厳しい冷え込みで凍りつつも、水の流れの美しさも残した
イイ感じでした。青い空が一段と引き立ててくれました。

f0182173_2183188.jpg
コチラは真ん中の「本沢」。 一度は全面が凍ったのかもしれませんが、
中央部分が落ちてしまったような感じでした。でも、それが氷のブルーと、
針のように尖った1本1本の輝きを一層美しく魅せてくれているようでした!

f0182173_2184368.jpg
左手に見える「無名沢」。この滝だけは冬の方が存在感を発揮すると
思います~。 中央に細い川のように流れを残しつつも、下の氷柱は
見事な出来栄え。長く伸びた先は、地面に積もった雪と繋がっている
ようです。

こうして今年も迫力ある冬の三本滝の風景を楽しむことができました。
これを眺めながらのコーヒーとおやつは、最高のブレイクタイムです。
乗鞍高原に滞在すれば、ゲレンデスキーだけでなく、こんな氷瀑見学も
素敵な体験として、楽しむことができます。

冬は、コースを案内する看板などが雪に埋もれていますし、夏に行った
ことがある方でも、一面の雪に覆われた山の中で、迷うこともあります。
そんな時サポートしてくれるのが、地元のガイドさん「ODSS」
スノーシューのレンタルはもちろん、履き方のレクチャー、現地への案内、
冬の森の遊び方、色々な要望に応えてくれる頼もしいスタッフ達が待って
いますよ~~。 ぜひ一度こんな自然見学ツアー、体験して見て下さい~。
その後は、「カフェ・スプリングバンク」へのご来店、お待ちしています~。
よろしくお願いします~~>

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-01-30 08:19 | 山の風景

西穂高BCスキー→完璧な敗退~。

1月の「カフェ・スプリングバンク」の定休日である木曜日は、
ここまで全部天気が悪くて、まだ一回もちゃんとBCスキーで
山にはイケていなかったのでした!!・・・。

僕はもうバックカントリースキー中毒で、禁断症状が出て来て
稜線からドロップインする幻想を見たり、膝がガクガクと震え
てきたりしていたのでした!・・・。(ご想像にお任せします・・・)

なので、今週晴れたら、絶っっ対に山スキーに行ってやろう!
フトモモさんがお亡くなりになるまで激ラッセルしてやろう!!
そう思っていたのでした!・・・・。

f0182173_1330331.jpg
そして!、ついに!!、
その「晴れ」の日は、突然昨日訪れたのでした~!!!

そして、その晴れの予報に呼応してか、いつものパートナー
であるNJさんから山スキーへ行く連絡が入ったのですぅ!!
これは行くしかない!!、と言う事で、急いでBCスキーの用意
をしてスキー板と用具一式を車に積み込んで!、早朝3:00の
真っ暗闇の中へ出発していったのでした~~。

今回のターゲットは、西穂高岳です。岐阜県側の新穂高温泉
から、~西尾根を登攀して~小鍋谷スキー滑降をキメよう!
という計画だったのです・・・。


f0182173_13303174.jpg
ザクザク・・ザクザク・・、と前日に降り積もった重い雪をラッセル
しながら、林道を穂高平まで進んで行きます・・・。
が、しかし!!、
まだこの時は、久しぶりのバックカントリースキーに行ける!と
言う事でウキウキ喜んでいて、モチベーションは最高潮!!、
この先に待ちかまえている恐怖は微塵も感じてはいなかった
のでした!!・・・・。

f0182173_1330235.jpg
約1時間時程で「穂高平」に到着しました~~。 この時はまだ
体力&モチベーション共に、今回の西穂高をゲットしてやろう!
という感じで最高潮だったのです・・・。 ここから昔牧場だった
穂高平の広大な雪原の真ん中を進んで行きました~。

f0182173_13304769.jpg
穂高平の奥からは、少しずつ傾斜が出て来て登攀スタートです。
疎林なブナ林が美しくて、「帰りのスキーが楽しみだなぁ~!!」
とかのん気に思っていたぐらいでした・・・。この辺りから少しずつ
明るくなって来たのでした~。


f0182173_13304438.jpg
が、しかし!!、
進むにつれて、どんどん、どんどんと斜度が上がって行き!、もう
この辺りではスキーのシールでは登れない程になってきていたの
です!・・・。 オマケに雪の斜面の表面は、アイスバーンのように
カチカチなのですが、スキーを脱いでツボ足になると踏み抜いて、
腰まで埋まってしまう中がスカスカのモナカ雪だったのです!!・・・。 

f0182173_13311326.jpg
スキーにシール、ツボ足、どっちにしても全く登れない程ディープな
激深モナカ雪地獄」にハマってしまったのでした・・・。

これはヤバイ!!・・・、僕たちの直感がそう言っていました!!
かれこれ1時間以上も埋まったりもがいているのに、全く距離が
進みません・・・。 ズボズボ、モゴモゴしているだけです!・・・・。
こんなに難しい雪質は初めてなぐらいでした・・・。


f0182173_1331739.jpg
これ以上、このキツい斜度のトラバース登攀を繰り返していては
時間だけが過ぎていって全く進めないアリ地獄状態だったので、
一旦スキーからシールを外して沢に下りて、沢をスキーシールで
登って行こう!という事にしました・・・。 ここまでで、もうすでに
3時間も最悪なモナカ雪の中をもがいていたのでした~・・・。

でも、この「小鍋沢」も地図に載っていない新しい堰堤がたくさん
あって、何度も行く手を阻んできて、真っ直ぐには登れません・・・。


日も上がってきているのに山は白く雪がけっこう降っています・・・。
4時間近くラッセルを繰り返しても、まだ標高は1700m・・・。山頂
まではまだ1100m程もあり、この状況では登頂する時間はもう
無いだろう・・・、と言う事になり、2人であっさりと「敗退しよう。」と、
悔しいけど、意見が一致してしまいました~・・・。 本当に悔しい
ですが、今回は久しぶりの敗退ですぅ~・・・。


f0182173_13313361.jpg
その後は、「小鍋谷」の奥に見えた新穂高ロープウェイのロープを
見ながら、林道や激モナカ雪の急斜面を、スキーで下っていったの
でした~・・・。 今までで一番滑りにくい最悪な雪質で、ターンなんて
全く出来ませんでしたが、それでもビシッとテレマーク姿勢をキメて
くれるNJさんだったのでした~!!

f0182173_13312585.jpg
やっと新穂高ロープウェイの乗り場が見えると、激モナカ雪地獄から
やっと抜けて帰って来れた~!という安堵感と、久しぶりの完璧な程
の敗退を余儀なくされた悔しさが、心の中に広がって行ったのでした・・・。

f0182173_13315065.jpg
悔しいっ!!!、
いやぁ~、久しぶりの敗退、本当に悔しいですね!!・・・・。

でも今回は、これまででも一番難しい最悪の激モナカ雪だったのと、
最近全くBCスキーに行けて無かった焦りと、中毒症状による慌てた
感じが、イケなかったのだと反省でした・・・。やはり、バックカントリー
スキーや冬山登山は、雪の状態がかなり重要なファクターだと痛感
しましたね!・・・。そして、ちゃんと計画して、天気予報を読みきって、
万全の態勢で挑むべきだと思いました・・・。 

でも、いつかまた機会を作って、「西穂高岳・西尾根」に
リベンジ!!を果たしたいと、
2人で誓いました!!・・・。 いつか必ずリベンジしますっ!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-01-29 06:29 | アウトドア

超激レアでスペシャル過ぎるビール~!!

僕たち、乗鞍高原のバー、「カフェ・スプリングバンク」では、
今までも、レアでスペシャルなビールを仕入れて皆さんに
ご提供してきたのでした!・・・。
が、しかし!!、
今回のビールは、激レア中の激レアなビールですっ!!!
しかも!、モルトウイスキーの「スプリングバンク」のロゴが
入ったビールなのですっ!! ワンオフなのでこんな機会は
今までも、これからもありませんっ!!!!(たぶん・・・・)

「ファイン・バンク、ピート・スモークド・ゴールデンエール」です~。
f0182173_1155659.jpg
「ファインエールズ」は、スコットランドの西岸に、細長く深く入り
組んだ「ロッホ・ファイン」湾の入江に面した美しい醸造所です。
「インバーラレィ」の町の少し南西の「Achadunan,」という集落に
2001年に設立されました。手造りで少量生産の丁寧な造りと、
期待を裏切らない品質の高さで、地元はもとより世界のビール
愛好家に支持されているビールです。→「Fyne Ales

と、ここまでは、ヨーロッパにある普通のマイクロブリュワリー系の
ビールなのですが・・・、この「ファイン・バンク」と言う唯一無二の
エールは、このブリュワリーの近くにあるシングルモルトの蒸溜所
「スプリングバンク」とのコラボレーション・ビールなのです!!

「スプリングバンク」では、今でも職人による昔ながらの伝統的な
「フロアモルティング」で製麦芽を行っており、麦乾燥時にピート=
「泥炭」を焚き込み、すこしスモーキーな大麦麦芽をつくっています。
今回は、モルトウイスキーの蒸留所「スプリングバンク」で造られた
モルトの他に3種のモルトと2種のホップを使い、スモーキー風味を
生かしたゴールデンエールを造ったのでした~!!!

モルトウイスキーの蒸留所で造ったピーティーなモルトを使った!
こんなビールは他にはありません!!



f0182173_117532.jpg
なので、エール・ビールなのに、ラベルには「SPRINGBANK」の
ロゴが入っているのです!! これを「カフェ・スプリングバンク」の
僕たちが取り扱わないワケには行きませんっ!!急遽連絡を入れ
スクランブル注文で取り寄せてみました~~。

香りは、いろんなホップが効いたスパイス香や、ドライオレンジなどの
シトラス香もあり、麦の香ばしい感じとバランス良く調和しています~。
味はビターオレンジ系ですがとても爽やか!、そしてアフター香には、
ピーテッド麦芽由来の土っぽいスモーキーさが深みを与えています。
メチャ旨いです!!
ビールファンのみならず、モルトウイスキーファン、スプリングバンクの
ファンな人は必飲ですね!!!!


この機会に、ぜひ!この「ファイン・バンク」飲みに来て下さい~~。
ご来店お待ちしています~~。よろしくお願いします~~。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-01-28 07:04 | お店のご案内

2015パウダーフォト・ダイジェスト!Vol.2

2015年シーズンは、シーズンイン当初から良い雪がたくさん
降ってくれて、1月も結構イイ感じのパウダーライディング系の
画像が撮れましたので、またパウダー画像をこのブログから、
パウダー写真集=「Photo Annualその②」として、皆さまに
贈りたいと思います~!!

ここまで、このブログに使われなかった未公開の画像も含めての
公開です!!それでは、フォト・セッションのスタ~トです!!
f0182173_1523086.jpg
まずは、鳥居尾根パウダーな僕の画像からスタートです~~。
パウダースキーは雪の日のセッションが多いので、なかなか
快晴の青空の下ノートラックの斜面にシェプールを描く!と
言う感じの画像は撮れませんが、この1枚はそんな感じの
画像になりました~~。

f0182173_1533622.jpg
コチラは2015年一発目のパウダーを頂いた時の画像です!
年末年始も良い雪がたくさんふりましたね~~。でも、ちょっと
荒れ過ぎだったという声もあったり無かったり・・・・。

f0182173_153855.jpg
コチラは、先日もブログに掲載しました、カモシカパウダーの
画像です~!! 1月中旬もまとまって大雪が降りました~。
ノートラックにオーバーヘッドのパウダーライディング!!!
文字通り最高の瞬間ですっ~!!

f0182173_154811.jpg
上記のカモシカ・ディープ・パウダーの時の、同じく僕の画像
です~~。スプレーで見えなくなっていますが、右端の方に
少しだけストックが見えているので、コケずに滑っているのが
分かりますでしょうか?? 決してコケてはいませんよ・・・。

f0182173_1532758.jpg
上記の同じ日の同じリフト線下の、AK君のパウダー画像です。
ギャップに当て込んだり、ジャンプしたりと、果敢に攻める彼は
一緒に滑っていて撮影のし甲斐がありますね~~。

f0182173_1544455.jpg
コチラは、スノーボーダーのA1君のパウダーボード画像です!
さすがはスノーボードという感じのビッグなスプレーです!!!

f0182173_154514.jpg
コチラも上記のA1君と同じ時の、スキーヤーAK君のパウダー
ライディング画像です~。スキーのライディングの方が、写真
としては雪の中を潜るので、ディープに見えますね~・・・。

f0182173_155484.jpg
コチラは、上記のカモシカパウダーの日の、無名のスキーヤー
の画像です。オーバーヘッドなディープ・パウダーを頑張って
滑っていらっしゃいました~~~。

f0182173_1573351.jpg
そして!最近のスプリングバンクのパウダー画像と言えば!、
乗鞍ローカルのパウダー好きなスキーヤー、MO君です~!!
彼はメッチャスキーが上手いので、僕のどんな要望にも応えて
くれて、素晴しいスプレーを上げて滑ってくれます!!本当に
スゴいヤツなのです~~。

f0182173_1573416.jpg
今回のラストは、MO君の友人であるスノーボーダーのATさん
のライディングです~。 コチラの画像もスプレーに埋まり過ぎ
だったので、ブログではボツになっていた画像です~~。



みなさん、「パウダーフォトダイジェスト②」は いかがでしたで
しょうか?! 降雪後の「Mt,乗鞍スキー場」は、ほぼゲレンデ
全面がこんな感じの素晴らしい至福のパウダーエリアになるの
ですっ!!・・・。 なので、みなさんもこのパウダー画像を見て、
こんな素晴しいパウダーを滑りたくなったら「Mt,乗鞍スキー場」
に来て、一緒にパウダーセッションして下さい!!
みなさんをお待ちしています~~!!

そして!「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています!
スキーヤー&ボーダーのみなさん、宜しくお願いします~~!!

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-01-27 07:00 | 山の風景

さんぞくっくの日はコスプレで!!

この週末は、土日ともに素晴らしいピーカンでした~!!
f0182173_12204317.jpg
甥っ子のSo君とスキーの約束をしていたので、日曜日のゲレンデへ
出動してみると・・・、夢の平クワッドリフトで、この絶景が迎えてくれ
ました~!! 「気持ちいいね~!」と言いながら、滑り始めると・・・・、

f0182173_12231211.jpg
「あぁ~~っ!!」、 なんと!、可愛いコスプレ団が滑っています~!
そうです、毎月第4日曜日はMt.乗鞍スキー場で「さんぞくっくの日」を
設けているのです。 全身仮装で来てくれたお客様には、リフト1日券が
無料になるというイベントなのです~~。

f0182173_1223318.jpg
リフトに乗っている姿も微笑ましい・・・望遠で撮らせてもらいました。
声をかけたら、快く「いいですよ~!」と了解してくれました~。

f0182173_12234515.jpg
このコスプレ団、以前にもMt.乗鞍に滑りに来てくれているのですが、
とにかく仮装が楽しいだけでなく、滑りも上手くて速いので、カメラで
撮影しながらだと、追いついていけません・・・。(^^;)

f0182173_1223599.jpg
こんな風にハーフパイプでカッコ良く飛んだりしてみせてくれました!!

f0182173_12241531.jpg
5人が勢揃いすると壮観ですね~!!
リラックマ、プルート、ガチャピン、ティガー、デールですね!(たぶん)
こうやってゲレンデを賑やかにしてくれるのは、本当に嬉しいです~。
ありがとうございます~!!

f0182173_12282363.jpg
こちらは、ちょっとくたびれちゃった感じのスティッチー君。
大丈夫かな〜???

f0182173_12244339.jpg
リフトの上からの撮影で失礼・・・・。愉快なかぶりものを身につけた方も
いらっしゃいました~。 こちらはレルヒ少佐ですね!!


このMt.乗鞍スキー場の仮装イベントは、毎月開催されます~!!
午後には、さんぞくっくとの撮影会やじゃんけん大会もあるそうです。
2月は、22日(日)が次回の開催日ですから、コスプレ好きな方は
ぜひ!次回参加してくださ~~い。
 自分は仮装しなくて、見るのが
好きという方も是非お出掛けください~。 お子様連れの皆さんにも、
楽しんでいただけることでしょう。→ 「さんぞくっくの日」

そのコスプレのまま「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちして
います~~。 ぜひどうぞ~~。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-01-26 12:20 | イベント

バーンズナイト!

1月25日、今宵は「バーンズ・ナイト」でございます・・・。
「バーンズナイト」、一年で一番ウイスキーな夜なのです。
バーンズナイトとは、スコットランドの国民的詩人である
「ロバート・バーンズ」の誕生日です。

f0182173_1965824.jpg
「ロバート・バーンズ」って誰なの?? と、思う方は多いと思いますが、
実は日本人み~んな知っている歌、あの「蛍の光」の作詞者なのです。
原作名は「オールド・ラング・サイン」といって、有名なスコットランドの
民謡で、「旧友が再会を果たし、互いに酒を酌み交わす」という内容の
歌なのです。 彼はスコットランドの国民的詩人で、庶民や農民の詩が
多く、ウイスキーが大好きなためにウイスキーの詩も!たくさん書いて
います。そのため、「バーンズ・ナイト」という宴ではスコッチウイスキー
は必需品になりますので、熱狂的ウイスキーファン達にとっては、この
「バーンズ・ナイト」は特別な意味を持っているのです。

f0182173_197747.jpg
この日は、世界中でロバート・バーンズさんを偲んで、バーンズが愛した
スコッチウイスキーを飲みながら、歌や詩を朗読し、バーンズを讃える
スピーチを披露しあうのです・・・・。当店のオフィシャル・マスコットの
アンソニー君も、たぶん今日は、カウンターでウイスキーのグラスを
傾けていると思います~~。


「Cafe' & Bar SpringBank」でもこれに倣ってスコッチウイスキーを
みんなで飲みたいと思います~。ぜひスコッチウイスキーに興味の
ある方は、ご来店下さい~。 ロバート・バーンズさんやウイスキーに
ついて語りましょう~。 

そして、ウイスキーの夜は更けていくのであります・・・・。
カフェ・スプリングバンクへのご来店、お待ちしています~。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-01-25 07:20 | イベント

【号外!】訃報!デイヴ・ローゼンバーガーが死亡!

あの!、ビッグマウンテンスキーヤーのレジェンドであり

Patagonia」のスキーアンバサダーとして活躍していた、

デイヴ・ローゼンバーガーが雪崩で亡くなった!!・・・。

モンブランでの滑走中に雪崩に巻き込まれたらしい・・・。

去年のJP オークレアでもかなりショックだったのだが、

去年から今シーズンにかけて事故が多く、ショックだ!・・・。


f0182173_1451798.jpg
去年から今シーズンにかけて、プロスキーヤーたちの、

雪崩で亡くなっている事故が続いています・・・。

僕も、明日は我が身なのか?!・・・、とショックです・・・。

レジェンドである、ダグ・クームス、JP オークレア、

クレイグ・ケリー、そして今回のデイヴ・ローゼンバーガー。

プロ中のプロである彼らも、雪崩で亡くなってしまうのです。

シロウトな僕が同じように雪崩に会えば、どうしょうもありません。

そんな、淋しさと虚無感を感じています・・・・。 




ひたすら、デイヴ・ローゼンバーガーの冥福を祈ります・・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-01-24 14:51 | アウトドア

ジブリのキャラクターが出現!!@Mt.乗鞍。

今週の木曜日も、南岸低気圧のお蔭で大雪の天気に
なってしまい、山へはイケませんでしたぁ!!・・・・。 

これは由々しき事態ですっ!!・・・・。
2015年になってからカフェ・スプリングバンクの定休日
である木曜日は、全て大荒れの悪天候!!・・・なので、
バックカントリースキーには全く行けていないのです!!
山&パウダー中毒の禁断症状がヤバいですぅ・・・・。

f0182173_14151010.jpg
もう、しょうがないので、いつも通りMt.乗鞍スキー場の
ゲレンデのパウダーを滑っていると・・・、夢の平リフトの
乗り場に「トトロ」が!いました~!!

f0182173_14143021.jpg
トトロ~!!
リフト係の人が作ってくれているようですが、かなり上手い
ので、やたらリアルですね~!! Mt.乗鞍スキー場へ
来たら、ぜひ見に行ってみて下さい~~。

f0182173_13421226.jpg
ねこバス~!
なんかもう、色を塗ってしまいたいぐらいです~!!・・・。


f0182173_14152322.jpg
コチラは、製作中のナウシカの「王蟲」ですね・・・。
この王蟲もこれからリアルな感じになっていくのでしょうか?
トトロがやたらリアルなので、ちょっと期待しちゃいますね!

f0182173_14144087.jpg
この木曜日も思い雪がドカッと降り積もっていました~~。
乗鞍高原では基本的に、雪が軽くて本当に粉のようなので
降ってもあまり木に付かないのですが、南岸低気圧の雪は
湿った重い雪なので、木に着雪していて辺りが真っ白!に
なっていました~~。 でもMt.乗鞍スキー場までの道路は
完璧な除雪のお蔭で何も無くスイスイ来れますよ~~。


来週は晴れて山スキーに行けるのでしょうか?!・・・・。
こう、ご期待ぃ~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-01-24 07:13 | 日常

新年のミーティング・・・・。

2015年の新年になって、もうすでに3週間が経ったの
ですが、未だにお正月気分が抜けきれないでダラダラ
と、お店のカウンターでいつも通りに惰眠を貪っている
カフェ・スプリングバンクの重役役員のみんなですぅ・・・。

1月のスプリングバンクの定休日である木曜日は、全て
天気が悪くて山に行けて無いマスターも、そろそろ爆発
しそうな感じ・・・。 なので、そんな不安定な雨の天気と
マスターの機嫌を何とかしようと、またお父さんにお願い
をして、重役役員たちにミーティングを開いて頂きました~。

f0182173_15391042.jpg
議題はいろいろ~・・・・・。
「今冬の乗鞍高原の営業について」(お客さん来ないと → 僕達のお店が困る!)
「自然保護、環境問題について」(世界中でエネルギーの経済革命が起こってる)
「そしてエネルギー革命といえば水素?」(マフラーから出る水を飲むのはイヤだ)
「イスラム国の日本人拘束問題はどうなる?」(安部総理はまた嘘で責任回避?)
「フリースタイル世界戦が開催されている」(スキーの報道されない選手も応援!)
「異物混入問題は続くのか?」(ファーストフードはもうすでにシステム的限界か?)
「冬の旬といえばやはり牡蠣!」(それっ、Tさん御用達の店でカキフライ~!!)

どれもこれも地球規模の目が回るぐらい大変な問題?・・・です・・・。
(えっ?違う??・・・)
・・・・・・・、、、
・・・・・・・・・。




そんな会議(?)の中、マスターがまた持ち込んできた情報は、
コレまた過激というぐらいにいきなりの、エコ規制なのでした~。
f0182173_10591372.jpg
それは、「アメリカ、ニューヨーク市で、発泡スチロール製の食品や
飲料容器の使用が禁止される公算が高まっている!!
」という事
なのですっ!!・・・。

これは、露店などで出される発泡スチロール製の食品トレーを
使わないようにしよう!という事で、法律での規制なのです・・・。
現在アメリカでは、発泡スチロールの大半が埋め立てられており、
コスト効率的なリサイクルの方法が確立されなければ、同法は
今年7月から施行されるらしいです!・・・。もし施行が決まれば
サン・フランシスコやシアトル、サン・ノゼ、ポートランドに続いて、
ニューヨーク市でも発泡スチロール容器が規制されることになる
のです!!

情報の詳細はコチラです!!→「CNN News

今までアメリカの人々の生活は、「使い捨て」が多すぎたのだと
思います。 でもこれからはゴミ問題、環境保護問題、エコ問題
などなど、いろんな問題に対して「使い捨て」を規制して、止める
方向性へ進む事を決めたのだと思います。 サン・フランシスコ
から始まったこの動きは、とても面白いと思います。アメリカは
これまでの「使い捨て生活」をシフトして、モノを長く使い続けて
ゴミを出さないようにする生活を選んだのだと思います。なので
これから日本も、生活スタイルを見直すべき時期に来ているの
だと思います~~。

全てが完璧にとはいきませんが、出来るだけ「エコ」な生活を
僕達もしていこう!と、このミーティングでは久々の満場一致の
終わりとなりました~~。 これからも僕達スプリングバンクの
重役役員もよろしくお願いしますぅ~、ご来店お待ちしています~。









(あれ、マスターの山に行けない問題は??・・・、まあ、イイや)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-01-23 07:56 | イベント