<   2015年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

旧アライ・大毛無山バックカントリースキー(その①)

「PJ」=パウダージャンキーなスキーヤーを自称する僕だが、
その昔に閉鎖されてしまって一度も滑ったことが無い憧れの
伝説的スキー場が、僕の心の中に空白として残ってしまって
いたのであった・・・・。

その伝説のスキー場とは、長年スキーをしていてパウダーが
好きなスキーヤーなら誰でも知っている、、あの!、
「アライ・マウンテン&スパリゾート」
なのである。 旧アライスキー場は、妙高の少し北に位置して
いて、大毛無山の山一つ全部がスキー場なのと、超豪雪地帯
なので、雪が降った日は伝説になる程のパウダー天国だった
らしいのだ!!・・・。圧雪整備とかも無かったらしいのだ!・・・。

しかし、2005年に閉鎖されてしまい、僕はその頃に山スキーを
始めてパウダーに傾倒していったので、このアライスキー場を
一度も滑ったことが無かったのであった・・・。昔のスキーヤーの
人たちから「アライスキー場は凄かったんだよぉ~。」という話を
聞くたびに、アライを滑った事が無い僕の心では「キュンっ!」と
何かが切なく響いていたのであった・・・。

f0182173_1114385.jpg
それから時は流れて、僕もいろんな山を自分で登って滑ってきて
ここまで来ていた・・・。その間にも、妙高方面の晴れる日を狙って
いたが滑れずに、早10年が過ぎていったのであった・・・。しかし!!
ついに!その日は
キタのであった!!

先日の北部の超快晴の日に僕の休みがブチ当たって、いつもの
パートナーであるガイドのNJさんの都合もつくと言うので、これまで
夢に見ていた旧アライスキー場へ向かって行ったのであった~!!

そして今回は、旧「アライ・マウンテン&スパ」の建物の前から、少し
右奥に見える「大毛無山」へとスタートだぁ~~~。


f0182173_112167.jpg
スタートしてからしばらくは、昔のゲレンデの中の、登って右側にある
「妙高ロングラン」コースから登り始めていった・・・。 誰かのトレース
が1本延びていたので、地形を見ながらではあるが辿って行って見る
ことにした・・・。 こんな閉鎖したスキー場にも、他にも滑りに来る人は
居るのだな・・・。

f0182173_1122149.jpg
山麓リフトの降り場の横を抜けていく・・・。 リフトなどの索道機器も
10年経てば朽ち果てているのかと思っていたのだが、ちゃんと整備
が入っていて、錆びもあまりなくシッカリしていたのには驚いた!・・・。
所有している会社が「いつかは再開させたい!」と言っているという
噂は本当だったのか?!・・・。そして去年の秋には、中国系の会社
への売却→再開!という噂も耳に入っていたが、果たして本当なの
だろうか??・・・・。

f0182173_1124242.jpg
妙高ロングラン・コースの上は、林道沿いに尾根を上がっていく・・・。
キャットやスノーモービルの走った跡が、縦横無尽にたくさんあった。

改めて、旧アライのスキー場を見渡せる位置に来ると、このゲレンデ
を昔のスキーヤーの皆さんが「素晴らしい!!」と言うのが理解できる。
これが全てパウダーで埋め尽くされたら!、ドリームランが楽しめる事
間違いないだろう!!・・・。 そして今回は僕たち2人占めできるのだ
と思いながら、ウキウキしながら登っていった~。

f0182173_113266.jpg
妙高ロングランコースの尾根の一番上の小峰(最初の画像の左の峰)
を越えていくと、また一気に眺望が広がった!! バックに見えるのは
妙高市内の平野と、その向こうに広がる真っ白な山脈は、谷川岳連峰
から~苗場山の辺りだった。 1時間半ほどでこの眺望は素晴らしい!

f0182173_113781.jpg
そして!目の前には、妙高山~火打山~焼山の頚城連山のパノラマが、
思いっきり近くに圧倒的な大きさで、見えてきたのだった~!!!

f0182173_1131361.jpg
尾根上の小ピークを越えると、やっと今回の僕達のターゲットである
「大毛無山(1429m)」が、左奥に見えてきた~!! ここまで来れば
あとはもう少しである。

f0182173_113193.jpg
最後の雪庇セクションを難なくこなし、尾根を登り上げる。上記の画像
のポイントからは、素晴らしい山岳景色を楽しみながらサクサク登って
行けたのであった~。 もう春の陽気こ超えて、初夏の暑さだったので
2人共、汗ダクになりながらの登攀であった。

f0182173_1133914.jpg
そして!、スタートしてからちょうど3時間ほどで、大毛無山の山頂に
到着したのであった~!!! 今回もヤリました~~!!
大毛無山・山頂からの、この妙高山~火打山~焼山の山岳景色は
快晴の天気のお陰もあるが、本当に美しく、最高にキレイだった!!


今回は、長い間、あそこはPJなら滑っておかなければイケない場所
だと思っていた、!憧れというよりはPJスキーヤー必須の斜面である
旧アライスキー場をやっと滑れるという、単純な嬉しさがこみ上げて
きていたのであった。 これで僕もやっと、一応「アライを滑った!」と
言えるのである。 でも、(滑走編)は明日に
つづく!!ですぅ~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-03-31 07:00 | アウトドア

ワイン 349

今回のワインは、今まで僕たち「安旨ワイン探検隊」も
手を出さなかった、禁断の!超激安旨ワインです~!!

今回のワイン「デル・スール、カベルネ・ソーヴィニョン」2013年です。
f0182173_10292633.jpg
このワインは、南米チリの中央渓谷地方にある「マウア・ヴァレー」
で造られている、カベルネ・ソーヴィニョン種のワインです~。

造り手は、チリで1825年に創業の一番の老舗の中の一つである
「ヴィカール社」です。 それから7代も家族でワインを造ってきて
いて、もう190年にもなるのです!! 広大なマウア・ヴァレーに
素晴らしい畑を持ち、造っているワイン全てが自社畑産のブドウ
100%=エステイトなのです!!

ワイン醸造の詳細は分かりませんが、海岸沿いにある自社畑産
のカベルネ・ソーヴィニョンを100%使い、ステンレスタンクで醗酵、
アルコール分はカベルネにしては優しい12.5%となっています~。


リアルワインガイドなどで、「安旨賞」を受賞するなど、世界各国の
メディアが最近こぞってこの「デル・スール」を絶賛しています!!
鳥の絵で有名になった(?)デル・スールですが、これは「アカゲラ」
に似ている「ムネアカシルスイキツツキ」というキツツキのようです。
あまりの人気安旨ワインだったので、僕達が取り上げてもイイのか
ちょっと悩んだぐらいでしたがやっと今回突入の決心がつきました。
いざっ、オ~~プンですぅ~~~。
f0182173_1029391.jpg
このワイン、開けてスグからフルボディで芳醇な香りが広がります。
カベルネ・ソーヴィニョンにしては青いピーマンのような苦味は無く
甘ささえ感じられます。カシスジャムのような果実感とロースト香が
心地いい感じでとても美味しいです~~。熟成感は無いのですが、
若めの美味しい安旨ワインという感じでした。

こんなワインを飲みに「カフェ・スプリングバンク」へご来店下さい。
お待ちしています~~。 よろしくお願いします~~。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-03-30 07:16 | お店のご案内

モーグル・チャレンジのイベント!!@Mt.乗鞍。

Mt.乗鞍スキー場の今シーズンの営業は5日(日)までなので、
あと1週間を残すのみとなり、いよいよ!ラストスパートです!!

今シーズンもMt.乗鞍スキー場の最後、フィナーレを飾るのは、
モーグルのイベント「2015 Mogul Charenge」です~!!!


f0182173_10413674.jpg
このイベントは、Mt.乗鞍スキー場が誇るモーグルコースを
使って、トップ選手もコブコブ初心者の方も、そして観戦する
だけの人も!、気軽に楽しめたり、アドバイスをもらったり
出来るイベントのようです・・・。イベント当日の5日(日)は
全日本ナショナルチームのモーグルスキーヤーが来て!、
一緒に滑ったりアドバイスを貰ったり出来るイベントです!
その他にも、「Moment」のスキーの試乗会や、参加者へ
プレゼントも用意されているようです~!! この機会に、
モーグルやコブコブを滑るのに興味のあるお客様は、ぜひ
参加して見て下さい~。

日時:4月5日(日)。 時間も大体です・・・(多分10:00頃から)
場所:Mt.乗鞍スキー場、モーグルコース。

参加費もエントリーも要りません。お気軽にどうぞ~。





今年も、ヤバイ!!、
モーグルというスキーは、
超カッコイイです!!


「モーグル」という競技の凄さ!!、とてつもないカッコよさ!!
ありえない程のテクニック!!・・・。このMt.乗鞍PVビデオの
「モーグル・ヴァージョン」を見て、改めて「モーグル」のスゴさに
感動してしまいますね~~。

ぜひ、明日5日(土)はこのMt.乗鞍スキー場のラストイベント!、
「2014 Mogul Charenge」へ遊びに来て下さい~!! そして
もちろん「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~。
ぜひ!お立ち寄りくださいね~。 よろしくお願いします~~!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-03-29 07:22 | イベント

乗鞍バックカントリースキー!!

やっと!!、ついに!!!・・・、

今年に入って初めて、スプリングバンクの定休日である
木曜日が晴れたのでした~!! これは山へ行かないと
後悔する!!・・・、と言う事で、今シーズン初のBCスキー
である、スプリングバンクNと一緒に、我らが乗鞍岳へと
上がったのでした~~!!

f0182173_21204475.jpg
いつも通り、朝9時のカモシカリフトに乗り、ゲレンデトップ
からツアーコースを登って行きます・・・。足元には先日の
降雪で20~30cmのパウダーがフカフカです!!なので
ウキウキしながら登って行きました~~。

f0182173_21205584.jpg
位ヶ原の雪原に出ると、槍・穂高連峰がドオォォ~~ン!!
と素晴らしい眺望で見えていました!! まさに雲ひとつ無い
超快晴のコンディションですっ!!

f0182173_2121610.jpg
逆側には乗鞍・剣が峰が、いつも通り圧倒的な存在感でした!
でも、剣が峰方面は風でパウダーが飛ばされていて、雨の縦溝
がカチカチのアイスバーンになったままでした・・・。

f0182173_2121134.jpg
そんな状況だったので、今回の僕たちのターゲットはもちろん!
富士見沢のパウダーです!! もしかして、今シーズン最後の
パウダーライディングになるかも知れません!・・・。 

f0182173_21211953.jpg
あともう少しで稜線に到着です~~。バックには、中央アルプス、
南アルプス、八ヶ岳など、ぜ~んぶ見渡せていました~!!

f0182173_21212495.jpg
そして!、スタートしてから約3時間15分程で、ドロップポイント
に到着しました~! 今回もヤリました~~。 コチラもバックの
麻利支天岳のコロナ観測所がキレイに見えていました。

f0182173_21214281.jpg
そして、テカテカの剣が峰をバックに、パウダースノーが溜まった
富士見の沢へ、ここからスキー滑降が始まります~!!
ドロップ・イン!!

f0182173_21214781.jpg
今回はもちろん、スプリングバンクNのライディングからです~。
パウダーに覆われた広大な富士見の沢に、テレマークターンが
決まります~~。
f0182173_21215138.jpg
今シーズンの集大成のように頑張って滑って行きました~!!
今回は雪の状態が良かったので、テレマークターンがしっかりと
決まっていました~~~。


f0182173_2122315.jpg
そして、僕の滑りですぅ・・・・。 かなり珍しいことなのですが、
今シーズン初の富士見沢滑走となりました~・・・。 
f0182173_21221143.jpg
なので、思いっきりスピードに乗せて、一気にドッカァァ~~ン!!
と滑って行きました~。 久しぶりのBCスキーでのパウダーだった
ので、穂高連峰をバックにパウダー!、メッチャ快感でした~!!


f0182173_21221966.jpg
富士見沢を滑りきった後は、やらなければならない事といえば、
位ヶ原山荘にて、自分の描いた美しいシェプールを見ながら飲む
「至福のコーヒー」を頂く事だけです!!・・・。 なので、厳冬期に
雪に覆われた冬ヴァージョンの「位ヶ原山荘」へ寄ってきました~。

f0182173_2122242.jpg
位ヶ原山荘に入ると、偶然にも、そこには「テレのり」のテル先生が
いらっしゃいました~。お客さんと一緒にツアー中だったらしいです。
何も連絡は取り合っていなかったので、ちょっとビックリでした・・・。

f0182173_21222982.jpg
「至福のコーヒー」を美味しく頂いたあとは、またツアーコースから
滑って帰っていきました・・・。 帰りのツアーコースはもうボコボコで
雪が腐っていて、かなり滑りにくかったですぅ・・・・。


今回は、スプリングバンクNの乗鞍BCスキーに行くことが出来て、
今シーズンラストパウダーかも知れない(?)パウダーを滑れて、
大満足の乗鞍バックカントリースキーだったのでした~~!!

こんな良い雪のコンディションを滑りに、乗鞍バックカントリーに
来て下さい~~。そして「カフェ・スプリングバンク」へのご来店
もお待ちしています~~。よろしくお願いします~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-03-28 07:19 | 山の風景

さとやまエネルギーさんの除雪作業~。

去年の秋から、乗鞍高原のある安曇地域で動いている、

「大自然美しい北アルプスの山中に住んでいるのだから、
なるべくエコに生活したい!→やはりエネルギーも自然
エネルギをー使ったモノでいきたい。→原発で起こした
電気や化石燃料から脱却して、自分達で造った再生可能
自然エネルギーだけで過ごして行きたい!!」

という事を実際にやってしまおう!!という会社、
さとやまエネルギーさんの
作業をしにいってきました~~。

f0182173_10253227.jpg
去年の秋から僕たちも参加して、エネルギーの地産地消を
目指して活動している「さとやまエネルギー」さんです・・・。
去年までは、ワークショップや勉強会などをしていましたが、
今年からは、いよいよ本格的に動き始めているのです!!
その本丸である、「小水力発電」の発電システムを作るべく、
設置する堰堤の測量が行われるので、その地点の除雪作業
をしてきたのでした~~。

f0182173_10253985.jpg
堰堤周辺の除雪といえども、自分たちの手だけで除雪作業を
すると、とてもタイヘンなので、除雪機を持ち込んだのですが、
河原は広大な砂利のグラウンドのようなところなので、除雪機
に石が入ってしまい、なかなか上手くいきません・・・・。

f0182173_1025448.jpg
なので、やはり最後は人の手で、少しずつ除雪をしていったの
でした・・・・。 もぅ、腰が腰痛でヤバイですぅ~・・・・。

でもこれで、4月にかけて雪がドサッと降らなければ、測量が
されて「→設計→申請→設置→試運転→発電開始!!」と、
順調に行けばイイなぁ~と思いました。


僕がアウトドア~なスローライフに憧れて乗鞍高原に住んで
早15年・・・。その間に経済も目まぐるしく変わりましたが・・・、
いよいよ「地方=田舎が最先端!!」と言う時代になりそう
です!! 「人間の本当に豊かな人生とは?!」という永遠の
テーマの答えが、田舎のスローライフにあるような気がして
います~~。これからも「カフェ・スプリングバンク」をよろしく
お願いします~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-03-27 07:24 | 日常

Mt.乗鞍スキー場、ゲレンデ情報~。

今週も月~火曜日と吹雪になり、また雪が降り積もり
ました~! これが本当の今シーズンラストパウダー
になるのか?!と思って、またゲレンデの状態の偵察
も兼ねて、パウダーを滑りに行ってきたのでした~~。

f0182173_11351192.jpg
昨日は快晴の青空が広がったのですが、気温はかなり
寒くて風もあり、早朝はマイナス10℃以下だったようです~。
それでも、乗鞍岳山頂が青空に浮かんで見えて、とても
美しかったです~!!

f0182173_11353117.jpg
Mt.乗鞍スキー場のゲレンデは、先週の春の陽気の暖かさ
&雨の影響は完全にリセットされていて、春とは思えない程
完璧で最高の状態ですっ! 圧雪バーンはもちろん最高!!
未圧雪コースは、薄パウダーが積もっていました~!!!


今日は誰が滑りに来ているのかなぁ~?・・・とカメラを持って
待っていたら、この日の知り合いはテレマーカーばかりでした~。
が、その中に!、何と!!、
f0182173_11354753.jpg
僕のスキーの師匠である、ボスのTさんがいらっしゃいました!
紺碧の青空に、完璧な一枚バーンのノートラックパウダーに、
思い切りの良いエレガントな滑りでした~~。 今シーズン僕は
なかなかボスのTさんと一緒に滑ることが出来なかったのですが、
久しぶりにアドバイス頂けて良かったです~~。

f0182173_1136841.jpg
そして!コチラは、乗鞍ローカルの新星!、何と!中学2年生
テレマーカー、TK君のパウダーライディングですっ!! 薄い
パウダーの中を、もうすでに円熟の技を見につけている彼は
素晴らしいライディングでスプレーを上げていってくれました!!


Mt.乗鞍スキー場は、3月末だと言うのに、現在は最高の状態
になっています!!! この素晴らしいコンディションを滑りに
来てください~。 そして「カフェ・スプリングバンク」へのご来店
お待ちしています~。 よろしくお願いします~~。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-03-26 07:34 | アウトドア

バーボンウイスキーのご案内~。

今回は超久しぶりに、バーボンのご紹介です~!!

「エライジャ・クレイグ、12年」(オールドボトル)です~!!
f0182173_19321992.jpg
バーボンの事、意外と知っている人は少ないのかも知れませんが、
正式には「ケンタッキー・ストレート・バーボン・ウイスキー」と言って
アメリカはケンタッキー州で造られている、「トウモロコシ」が原料の
ウイスキーです。

この「エライジャ・クレイグ」という銘柄は、「バーボンの父」と言われて
いる「エライジャ・クレイグ」牧師さんの名前なのです!! この人は
アメリカのバプテスト派の牧師さんで、バーボン・ウイスキーを最初に
製造したと伝えられており、ケンタッキー州の町「ジョージ・タウン」の
創設者としても有名なのです。牧師をしながら副業としてウィスキーの
製造にも手を付け、1789年にはジョージタウンにウイスキー蒸留所を
建設しました~。 エライジャ・クレイグさんは蒸留できたウイスキーを
内側の焼けた樽に入れたまま放置してしまい、数年後に開けてみると
赤みがかった芳醇な液体になったと伝えられており、これがバーボン
の原型になったといわれています。


f0182173_19322811.jpg
そして!このバーボンの創始者の名前がついた「エライジャ・クレイグ」は、
昔彼が造っていた「レッドリカー」とか「リキッドルビー」と言われた、最初の
バーボンのように、赤味がかった液体が特徴的。グラスに注いだ時に香る
甘く濃厚なブーケが、バーボン通の人たちから高い評価を受ける商品です。
そして!!、英国「ウィスキーマガジン」誌の「ベスト・オブ・ザ・ベスト」にて、
2年連続でバーボンの最高得点を獲得しているのです~!!


この抜群に完成度の高い「ベスト・テイスティング・バーボン」、この機会に
ぜひご賞味下さい~!! カフェ。スプリングバンクへのご来店お待ちして
います~~。 よろしくお願いします~~。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-03-25 07:31 | お店のご案内

春の花第1号「マンサク」~~。

ここ乗鞍高原で、早春に一番最初に咲く花「マンサク」が
咲いてきています~~。
f0182173_14345997.jpg
まだまだ雪だらけで、木々にも葉っぱが無く淋しい感じの
乗鞍高原なのですが、この「マンサク」の黄色い花だけは
鮮やかに咲いてきていました~~。

f0182173_14351641.jpg
東北の方で「まんず(まず)、最初に咲く花」だから「マンサク」と
いう名前になったとか・・・。本当かどうかは分かりませんが・・・。
でもこのちょっとちぢれて伸びている黄色い四角長の花びらが
とてもカワイイのです。 この時期に乗鞍高原に来て、雪の森の
中を散策したら出会うことが出来ますよ~~。

 
f0182173_14352880.jpg
コチラは、「ヤマネコヤナギ」です。(別名バッコヤナギ)
小さな動物のようにフサフサな形なのですが、これは「花」
らしいです!・・・。植物って本当に面白いですね~~。


スキーや温泉だけでも良いのですが、この早春の乗鞍高原
を散策してみるのも、いろんなモノが見つかって愉しいです。
そして散策を楽しんだ後は、「カフェ・スプリングバンク」への
ご来店お待ちしています~。 よろしくお願いします~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-03-24 07:34 | お花

絶品のカキフライへ!!!

行ってしまった!!
またもや、行ってしまったのでした!!・・・・。
超絶極旨のカキフライを食べに、コノお店へ!!
f0182173_1040291.jpg
この庭園風の画像だけで、このお店がどこだか分かる人は、
かなりのツウだと思います。 そうです!僕達がカキフライを
食べに行くお店は、あの!ボスのTさんご用達のお店です!
「かつ玄」さんなのでした~!!

かつ玄でカキフライを食べられる時期は、冬の間の12月~3月
だけなのです!! この時期にこのかつ玄さんのカキフライを
食べておかないと、半年以上も味わえないのです~! なので、
強硬日程ではありましたが、何とか時間を作って食べに行って
きました~~。


f0182173_10401233.jpg
この日はちょっとだけ混んでいたので、少しだけ待ちましたが・・・、
出てきました~!!
いつも通り超特大のカキフライです!! 約10cmはあろうかと
言うぐらいに巨大!、そしてクリーミーでジューシーなカキフライ!
スプリングバンクNが発した「これまでもこの先も、これ以上美味しい
カキフライは存在しないな!!」という言葉は、本当にその通りだと
思えるぐらいに、いつも通り美味しかったです~!!

これで僕たちも安心して(?)春を迎えられそうです~・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-03-23 07:39 | 日常

ワイン 348

日本全国でもう春の陽気で、暖かくなってきました~。
そんな中、僕たち「安旨ワイン探検隊」も出動しています~。

今回のワイン「マストロベラルディーノ」2013年です!!
f0182173_12133143.jpg
このワインは、イタリアの南部、ナポリのある「カンパーニャ州」に
あるヴェスヴィオ火山の麓で造られているワインです。

造り手は、この地域一番の名門「マストロベラルディーノ」です!!
この造り手は、このカンパーニャ州の地域で一番古くて、1878年
創業の名門で老舗のドメーヌです。最近ではイタリア固有のブドウ
品種を復活させるプロジェクトの第一人者でもあるらしいです!!
そして歴史あるカンパーニャのワイン造りも、「タウラージ」などを
DOCGに昇格させたりとマストロベラルディーノのアントニオさんの
お陰らしいです!!

このロッソ・ワインは、イタリア固有品種である「アリアニコ」を80%、
「ピエディロッソ」20%使って、アルコール発酵後に約20%だけを
マロラクティック発酵させます。そしてステンレスタンクにて熟成!
自然でクリーンなイタリア固有の味わいのワインらしいです~。


イタリア・カンパーニャにこの「マストロベラルディーノ」あり!!と、
言われる程の名門ドメーヌのワイン。タウラージとかは高価なので
僕たちはあまり飲んでいませんが、とりあえず安い廉価版の、この
ワインを取り寄せて見ました~。 いざっ、オープンです~!!
f0182173_12134436.jpg
このワイン、開けてスグには香ばしい香りがグラスに広がります。
でもイタリアワインなので、フランスワインのコーヒーのような香り
とは違い、赤土や鉄分、紅茶のような香ばしさです。安いイタリア
ワインにありがちな酸味はとてもマイルドで、美味しいです~!!
フランスワインを模倣するのではなく、イタリアワインの美味しさと
特徴をそのままにマイルドに出した、安旨ワインでした~。

これで1500円程!! この「マストロベラルディーノ」のワインも
恐るべし安旨イタリアワインなのでした~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-03-22 07:12 | お店のご案内