<   2015年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

カフェ・スプリングバンク、オープン記念日!

最近、月日の経つのが本当に早いです・・・。1年がアッ!」という
間に過ぎて、もう早くも7月1日が明日になってしまいました・・・。

そうです!!、7月1日は
「カフェ・スプリングバンク」の
オープン記念日です~~!!

f0182173_10265550.jpg
1999年の7月1日から、「カフェ・スプリングバンク」は乗鞍高原で
お昼はコーヒーやケーキと軽いランチ、夜は本格的なバーとして
洋酒やカクテルが飲めるカフェ&バーとして始まりました・・・。

それから、ボスのTさんに出会ってからスキーにどっぷりハマり!、
アウトドアな遊びで山にハマって、アラスカやカナダにもスキーで
滑りに行ってしまい!、最近ではクライミングにもハマってしまって、
北アルプスが目の前のにある乗鞍高原から抜けられなくなってしまい、
気が付いたら、明日でもう16年になってしまうのでした!!・・・・。


f0182173_1146426.jpg
そして、これからも乗鞍高原に遊びにいらっしゃるお客さんのために
気軽に立ち寄れるお店として、暖かいコーヒーとケーキや、ランチの
軽食などなど・・・。 そして夜は!、他では飲めないモルトウイスキー
や、ビールやワイン、カクテルを作っていきたいと思います~~。

乗鞍高原へお越しの際には、ぜひ!ご来店下さい~。お待ちしています。
これからもカフェ・スプリングバンクをよろしくお願いします~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-06-30 07:41 | イベント

ワイン 362

梅雨の時期に入ってからは雨ばかりの乗鞍高原・・・。
雨が降っては山へは遊びにいけないので、またワイン
飲んじゃいました~・・・。

今回のワイン「デュリック」2006年です!!
f0182173_1491442.jpg
このワインは、フランスはボルドーの、メドック地域の中にある
サンジュリアン村の格付け4級のワイン「ブラネール・デュクリュ」
のセカンドワインなのです!!

「シャトー・ブラネール・デュクリュ」は、1661年にその土地の貴族
である「ジャン・バティスト・ブラネール」さんが「ベイシュベル」の敷地
の一部をデ・ペルノン侯爵から分離・譲渡され、「リュック」家の所有が
始まったとされています。ブドウの萄栽培が始まったのは1720年頃
と言われています。 その後1825年には「ルイ・デュリュック」さんが
シャトーを取得してワインを造り、現在のシャトーの礎を築いたらしい
です。、ワインは当初、ルイの母方の姓「ブラネール」と呼称していた
ようですが、分割相続で「デュリュック」から→「デュクリュ」と呼ばれる
ようになります・・・。しかし、ラベルにはそれぞれの貴族の冠が残って、
エチケットの4隅を飾っているのです。 その後、現在は、1988年から
「パトリック・マルトー」さんの一族の所有となっています。

ブラネール・デュクリュはベイシュヴェルの向かいに位置していますが、
畑はベイシュヴェルやデュクリュ・ボーカイユより内陸にあり、このため
それらよりもボディーの力強さが勝り、ややスパイシーな魅力を備えて
いると言われています。手摘されたブドウを、低温マセレーションしない
で発酵され、一部樽内マロラクティック発酵を経て18ヶ月程の樽熟成
がなされます・・・。



「デュリック」は、昔の名前を使った「シャトー・ブラネール・デュクリュ」
のセカンドワインなのですが、その実力はどうなんでしょうか?!・・・。
ここが、今回のミッションらしいです!!・・・。いざっ、オ~プンです~。
f0182173_1492239.jpg
このワイン、開けてスグは硬い感じがしてあまり香りが広がりません。
しかし、グラスに注いでスワリングして飲みながら待つと、1時間程で
引き締まったように濃い香りがしてきました。漢方薬や雨の森林浴?
複雑な感じです。味わいも濃くて渋いです。 9年ほども経っているの
ですが、何だかまだ若く感じました~。複雑で結構美味しいのですが
何か物足りなさを感じてしまいます・・・。でもこれで3千円程。 かなり
安旨ワインだと思います~~。 興味のある方はどうぞ~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-06-29 07:08 | お店のご案内

瑞牆山、夏山登山~。その②

バックカントリースキーが滑り収めで終了になってからは、
5.11グレードを狙ってクライミングにばかり行ってたので
今シーズン初めての夏山登山になった瑞牆山登山です~。

f0182173_1635516.jpg
瑞牆山の山頂は、花崗岩のてっぺんでした~。 なので、
向こう側はスッパリと切れ落ちていて、覗き見るのが少し
怖かったですね・・・。 久しぶりに登山道を歩いて登った
ので、疲れました・・・。


ここから4枚の画像は、瑞牆山頂からの景色の写真です~。
f0182173_16372118.jpg
コチラは、隣に突き立っている「大ヤスリ岩」です。山頂から
見ても、かなり大きい奇岩でしたね・・・。 この「大ヤスリ岩」も
クライミングで登れるらしいので、次回はトライしてみたいです。

f0182173_16373185.jpg
コチラは、小川山方面の眺めです~。 小川山の方はやはり
たくさんの大きな岩場がありますね・・・。 もう無数にルートが
あるような感じです。一生かかっても登れないですね・・・。

f0182173_1637401.jpg
雲が多かったですが、八ヶ岳も見えました~!! 真ん中に
見えるのは赤岳でしょうか??・・・。 ちょっと確認出来ません
でした・・・。

f0182173_16374478.jpg
瑞牆山頂からは、残念ながら富士山は見えませんでした・・・。
でも、「富士見平小屋」のビューポイントからは少し見えたので、
その画像をつけておきます・・・。本当なら瑞牆山頂から、大きな
富士山が見えるハズだったのですが・・・。ちょっと残念です。


f0182173_16374924.jpg
そして、山頂でランチタイムを楽しみました~~。今回はゆっくり
出来る時間があったので、お弁当にバーナーでお湯を沸かして
ラーメンと、コーヒー&デザートも頂いちゃいました~~。乗鞍の
名物「ぶどう葉寿司」を持っていったのですが、お酢のかかった
ご飯がとても美味しく感じられました~。 山に持って行くご飯で
「ぶどう葉寿司」は最高です!!


f0182173_16375845.jpg
ランチの後は、登ってきたルートをピストンで帰っていきました・・・。
その①の登攀では載せてなかったですが、岩場ではこんなトンネル
もあり、バックパックがつっかえないようにくぐって行きました~。

f0182173_1638596.jpg
帰り道では陽が射していて、新緑がとてもキレイに感じられました~。

「瑞牆山」は、小学3年生を含む僕たちの体力と足で、登り2時間半、
下り1時間半ぐらいで、途中に川もあり、小屋もあり、少しの岩場も
あったりと、変化に富んだとても面白いコースでした~。 初めての
登山にちょうどイイかも!とか思いました。(あくまで僕の感想です
ので、ご参考程度にして下さい・・・。)




ラストショット!!

f0182173_16381175.jpg
車のある瑞牆山荘に帰ってきたら、ソフトクリームを頂きました!!
濃厚で美味しかったです!! これで全てのミッション、クリアです~。
天気予報はあまり良くなかったですが、全て満足の登山でした~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-06-28 07:34 | アウトドア

瑞牆山、夏山登山~。その①

「瑞牆山」と言えば、ロッククライマーにとっては世界クラスの
マルチピッチのクラックルートがズラ~リと並ぶ岩場です!!
聖地・小川山と表裏一体で、山梨県側にあり、マルチピッチ
だとコチラの瑞牆山のほうが200~300mの垂直の岩場が
あり、聖地だというクライマーな方もいる程です!!

が、しかし!、
恥ずかしながら、僕は、この瑞牆山はクライミングの岩場だけ
だと思っていて、普通に登山道があり、歩いて山頂に立てると
思っていませんでした・・・。しかも!百名山だったんですね!!
知らなかったですぅ・・・・。 不覚です・・・・。

f0182173_195284.jpg
チーム・スプリングバンクとしてこれまで、これだけいろんな山に
登ってきていて、これはイカンでしょうっ!!・・・、という事になり、
僕は、瑞牆山に行くならロープとカラビナを持って行きたかった
のですが、そこはガマンをして、今回はスプリングバンクNと甥の
So君と一緒に3人で、山頂まで登りに行って来ました~~。

f0182173_19521844.jpg
朝イチで乗鞍を出発、~松本から高速に乗って~須玉まで行き
瑞牆山へと走っていきました~。 そして8:30から、瑞牆山荘を
出発です~~。  

f0182173_19522248.jpg
歩き始めは、ミズナラの緑が美しい森の中を歩いて行きます~。
前日の雨のせいか、しっとりとしていて落ち着いた森という感じで
美しかったです~~。 平日なのか、他の登山者も全く居ません
ので、と~~っても静かでした・・・。

f0182173_19522718.jpg
約40分ほどで「富士見平小屋」に到着しました~。甥のSo君は
小学3年生ですが、もう大人の1.5倍ぐらいのペースで歩きます。
なので、全く侮れません!!・・・。僕たちも彼のペースで頑張って
歩いていきました~~。

f0182173_1139538.jpg
富士見平小屋までの登山道は、左に瑞牆山の山頂をず~~っと
見ながら歩けます。なので「あそこまで登るのかぁ~」と思いながら
歩いていくのでした・・・。 真ん中が「瑞牆山・山頂」で、左の親指の
ような奇岩が「大ヤスリ岩」です。この日の天気予報は「曇り」だった
のですが、午前中は晴れていて、景色もよかったです。

f0182173_11381658.jpg
富士見平小屋からは少し下って、川を渡ると、この「桃太郎岩」が
出て来ました~。 と~~っても大きな岩で、右下にいる僕たちが
分かりますでしょうか?・・・。 なぜまっ2つに割れたのか、ちょっと
不思議でした・・・。

f0182173_1143750.jpg
桃太郎岩から先は、岩場セクションとなっていました。でも岩場と
言ってもクライミングみたいに垂直ではなく、アスレチックな感じで、
So君やNにとっても単調な登山道よりも楽しかったようですね~。

f0182173_11372338.jpg
そして、最後に出てくるのは「大ヤスリ岩」と言う、天空に親指を
突き立てたような奇岩です~。稜線にあるのでとても大きく感じ
ました。 この右側を登っていって、瑞牆山の山頂に到着です!

f0182173_11373420.jpg
そして、スタートから2時間半ほどで、瑞牆山の山頂に着きました!
今回もヤリました~~。
今回不安だったのは、乗鞍を出発するときは真っ白な曇りだったの
で、雨が降らないか?という事でしたが、山頂ではキレイに青空が
広がっていて良かったです~~。

もう少し、その②へ続きます・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-06-27 07:50 | アウトドア

ボスのTさんの、乗鞍入り~~。

今シーズンもやっと!、ボスのTさんが乗鞍入りされたので、
乗鞍ローカルのみんなで集まって、恒例の「餃子パーティー」を
しました~!!!

f0182173_10302592.jpg
この夏のシーズン前に、ボスのTさんは僕たち乗鞍ローカルの
ために、今年も出来るだけ早い目に乗鞍入りしてくれました~!
ボスのTさんは、わざわざ僕たちのために東京での仕事を少し
早く切り上げて来てくれているのです~~。 これは本当に凄い
ことなのです~!!・・・。 我らのボスで、僕のスキーの師匠の
Tさん、ありがとうございました~~。


餃子を焼いている間にも、ビールやコーラを飲みながら話は進み、
やはりボスのTさんがいると、スキーや山の話になってしまい・・・、
「マスターの、春の涸沢ヒュッテの小屋開け、ご苦労さんでした!」
とか、「今年は春の残雪が少なくて、あまりBCスキー行けなかった
ね・・・。やはり温暖化なのか?!・・・」とか、「先日のクライミングで
5.11レッドポイント、本当に登れたんだ!!、スゴイね~。」とか、
概ね良い評価を頂きました~。 が、しかし、「気候変動が凄まじい
し、火山活動も活発化している!!、夏山では十分注意するように
してくれ!!」とか、「山は焦ると事故に繋がるからもっと慎重に!」
という注意も頂きました・・・・。Tさん、どうもありがとうございます!
これからも気を付けて、山で遊びたいと思います~~。


f0182173_10301866.jpg
そんな山の話をTさんとしていると、餃子が焼けてきました~~。
今回もMmちゃんとMfちゃんが2人で頑張って作ってくれた餃子!
今回も最高に美味しかったですぅ~!!  餃子が大好物な僕は、
思わず食べ過ぎてしまい、この後動けない程でした・・・。Mmちゃん
今回もありがとうございました~。またよろしくお願いします~~。


ボスのTさんが乗鞍入りされたので、乗鞍ローカルが揃いました!
これで今夏シーズンも頑張って行きたいと思います~。みなさん
よろしくお願いします~。「カフェ・スプリングバンク」へのご来店を
お待ちしています~~。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-06-26 07:29 | 日常

2015鈴鹿8耐へ向けて!レポートその④。

ついに出来ました!
#76.応援Tシャツの
完成です~!!


f0182173_1495948.jpg
僕たち「カフェ・スプリングバンク」は、今年も鈴鹿8耐レースに
#76チーム「日野精機 with 岩城&Fenice」のスポンサー
&サポートとして参戦致します!!!

まずは、出来上がってきた今年のポスターです。去年の画像
を使って作られています。とてもカッコイイ仕上がりです!!


そして!、コチラが今年の、応援Tシャツのデザインです!!
f0182173_142893.jpg
今年のTシャツは、背中が「蓄光プリント」となっているらしいです!
なので、鈴鹿8耐のゴールの頃には背中の「76」が光るのです!!
そして、今年も「SpringBank」のロゴがプリントしてあります~!


Tシャツは=¥3000-です。

もしよろしければ、このTシャツを買って
僕たちの8耐チームを応援して下さい~。
ぜひ!よろしくお願いします!!!


ご購入は、メールで、サイズと個数を書いて送って下さい。
電話でもOKです。 よろしくお願いします~~。
Mail = springbk@azm.janis.or.jp
Tel = 0263-93-3013
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-06-25 07:01 | イベント

ワイン 361

梅雨に入ってから天気が不安定な日々が続いています・・・。
乗鞍高原でも、ここ最近雨の日が多いですが、花や草木は
生き生きとしていて、高原はとても美しいです~。 そんな中、
僕たち「安旨ワイン探検隊」は、山積みになってるミッションを
一つ一つ遂行していくのでしたーー。

今回のワイン「シャトーポンテイ」2011年です!!
f0182173_15471876.jpg
このワインは、フランスはボルドーの、級がつかないブルジョワ
クラスのワインです~。

造り手というか、今回はこの「シャトーポンテイ」に携わっている
ワイン醸造コンサルタントの「エリック・ボワスノ」ファミリーの事に
ついて書きたいと思います!

現在、ボルドーには世界に名立たる醸造コンサルタントが顔を揃えて
ます。怪物「ミシェル・ロラン」、ボルドー大学の「ドゥニ・デュブルデュー」
シンデレラワイン請負人「ステファン・ドゥルノンクール」・・・。そして!、
超一流の老舗コンサルタントである「ジャックとエリックの「ボワスノ家」
です!! 彼ら程、ボルドー中のシャトーに絶大な影響力を与えている
醸造コンサルタントはいません!! なぜなら、彼らは「ムートン」を除く
全ての1級シャトー4つ!、コス・デストゥルネル、レオヴィル・ラスカーズ、
パルメ、ピション・ラランドといったスーパー・セカンズのほぼ全ての畑、
そして、メドックの格付けシャトーの実に6割のコンサルタントを一手に
引き受けているらしいです!!逆に、ボワスノさん達が関わっていない
所が少ない程です!! なのでボルドーの醸造家からは尊敬を込めて
「メドックの守護神」と呼ばれているようです~。

父「ジャック・ボワスノ」さんは、故「エミール・ペイノー」の右腕として最初
にシャトー・ラトゥールでコンサルタントを始めたのを皮切りに、ラマルク
に自分のワイン研究所を構え、それから50年近くもボルドーのあらゆる
シャトーに関わってきました。現在は、息子の「エリック・ボワスノ」さんが
引き継いでいます。そしてこの「シャトーポンテイ」は、「エリック・ボワスノ」
さんがコンサルティングをされて造られているのです!!

カベルネソーヴィニョンとメルローが半々ぐらいのブレンドで、20日~30日
間のマセレーションがなされます。そして、30%程の新樽比率で12ヶ月程
の熟成です。



クリュ・ブルジョワ級の安ワインなのですが、今回の僕たちのミッションは、
「ボワスノ家」のワインに触れてみよう!という事だったのでした~~。
ボワスノさんがコンサルティングするワイン、いざっ、オ~プンです~!!
f0182173_15473239.jpg
このワイン、開けてスグから濃い香りがグラスに広がってきます~!!
プラムのジャムのような濃い果実感と、ブルーグラスの若草の香りが
あり、その奥に樽香由来の木の香りがあります。味わいは若い渋みが
ちょっとありますが、酸味とのバランスは良く、2千円程というこの価格
にしては、とても美味しいワインだと思いました~~。ボルドーワイン
が好きな方には良いと思います。

こんなワインを飲みに「カフェ・スプリングバンク」にぜひご来店下さい~。
よろしくお願いします~~。お待ちしていますぅ~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-06-24 07:45 | お店のご案内

5.11初制覇のクライミング~!!!

ヤリました~!!
ついに、5.11bを
レッドポイント!!

僕たちの目標だった5.11が、ついに完登できました~!!

f0182173_1654493.jpg
先日の外岩クライミングで坊抱岩へ行ったときに、試しに触っていた
「芸者ワルツ(5.11b)」のルートです・・・。その時のムーブが、意外と
イイ感じで上まで登れていたので、そのムーブ、このルートのホールド
が目に焼きついていて、早く再トライしたくて堪らなかったのです!!

そして今回は雨模様の天気だったのですが、隊長のK8にまた時間を
作って頂いてビレイにお付き合い頂き、この「芸者ワルツ」へと渾身の
一撃必殺トライをかけたのでした~~。

あれほど登れなかった・・・、最初は「神の領域かぁ?!」と思っていた
5.11=イレヴンのグレードが、今回ナゼか、あっさりと
一撃で完登!!!
体中に歓喜の振るえが駆け抜たのでした~!!!
メッチャメチャ嬉しかったです!!! 今春シーズンのクライミングで、
いや、今までのクライミングの中で1、2を争う程に嬉しかったです!!


f0182173_16542199.jpg
隊長のK8よりも僕が先に5.11グレードを登れるとは思ってなかった
ので、ビレイだけで登る気があまりなかったK8も、僕のレッドポイント
を見たらこのままでは帰れないっ!!という事になり、今シーズンは
全くトライしていなかったこの「芸者ワルツ」のルートへトップロープで
ムーブの確認に行きました~~。 なので次回に数回のトライをかけ
れば、彼も登れると思います~~。 やっと僕たちも5.11グレードに
たどり着けそうです~~。


f0182173_16543976.jpg
今年のクライミングシーズンは、まだまだ始まったばかりです~!!
これで、5.11の呪縛から開放されたような気がしています。 なので
今シーズン中に、もう1本ぐらい5.11a~bグレードのルートをが登る
ことが出来れば嬉しいですね~~。 たぶん、今、ノッている感じだと
思うので、もうすこし集中して登りに行きたいと思います~~。


クライマーなみなさん、またお付き合い下さい。よろしくお願いします~。
そして「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~~。
よろしくお願いします~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-06-23 07:52 | アウトドア

第10回、天空マラソンが開催されました!

今年、2015年の「乗鞍・天空マラソン」は10回記念の
大会でした!! 天気は残念ながら雨が降ってしまい
ましたが、大勢のランナーの方々に参加していただいて、
一段と盛り上がっていました~~。

f0182173_10581270.jpg
スタート時の8:00は雨は降っていませんでした~~。
なので、日本一標高の高い乗鞍エコーラインを走れる
この「天空マラソン」を楽しみにしていたランナーの皆さん
の熱気がスゴかったです!! 

3,2,1、スタートです!!

f0182173_113684.jpg
自分の記録や入賞を目指して走るランナーの人は、最初に
勢い良くスピードに乗って一気に走り抜けていかれました!!
その後は、完走を目指す方々が楽しそうに走っていきました。

f0182173_10581439.jpg
そして今年も、いろんなコスプレ・ランナーの人がいらっしゃいました!
コチラの画像は「ショッカー」のみなさんです!! 他のランナーの
皆さんとハイタッチしながら楽しそうでした~~。他にも「蜂」になった
人、お化け、ピエロ、妖精、キノコ?、女子高生などのコスプレの人が
たくさんいらっしゃって、とても面白かったです~~。


来年は、快晴の青空の中での開催になってほしいと思いました!
晴れたら、穂高連峰や乗鞍岳の3000mの北アルプスの眺望を
見ながら、雪の壁の中を走りぬけていくことが出来るのです~!!

そして「カフェ・スプリングバンク」ではランナーの皆さんのご来店
お待ちしています~~。よろしくお願いします~~。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-06-22 07:57 | イベント

梅雨に元気な植物たち〜♫

梅雨になって、乗鞍高原でも雨が降ったり止んだりを繰り返しています。
そんな時期だからこそ、植物たちは元気にのびのびと成長しているようで、
ちょっとした晴れ間に目にするお花たちがラブリーです。
f0182173_202173.jpg
スプリングバンクの駐車場で早々に咲き始めた夏の花「ノイバラ」。
園芸種の多様なバラとは違う 素朴な雰囲気の花です。

f0182173_2021279.jpg
雨の中、一の瀬園地で咲いていた「クリンソウ」。
鮮やかな色は、緑の中でもパッと目につきます。

f0182173_20213178.jpg
春にパイナップルのような花を見せていた「カラマツ」。
今はピンクや黄色の色味が落ちて、緑の実になってきましたよ!

f0182173_20213597.jpg
まるでアンテナを伸ばして交信しているような姿の「ツクバネソウ」。
これが「花」? という印象のユリ科の植物です。
「ユリ」と言えば、華やかな花ばかり・・・というイメージですが、
色んな種類があるんですね・・・

f0182173_2022758.jpg
森の中では「ギンリョウソウ」が姿を見せ始めました。
「ユウレイタケ」の別名の通り、半透明な姿が印象的ですよね〜
これから7月上旬ぐらいが見ごろになりそうです。

f0182173_2022218.jpg
この時期に自転車をこいでいると、道路脇で白い葉を目にします。
「ミヤママタタビ」です。
まるで、白いペンキでイタズラしたように見えますね(^^)

f0182173_20222958.jpg
高原のあちらこちらで咲いている「マイヅルソウ」。
1つ1つは小さいながらも、群生している光景は見応えあります。

f0182173_20224126.jpg
三本滝の駐車場まで行くと、ゲレンデの下の方に
「コバイケイソウ」の花芽が伸びているのが見られます。
白いトウモロコシのようでもあり、細長いカリフラワーのようでもあります。
数年に一度当たり年がある植物で、それ以外の年にはあまり花が咲きません。
2013年に乗鞍はもちろん、北アルプスの高山帯で一斉に花を咲かせていました。
今年はどうなるのか?楽しみです。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-06-21 09:12 | お花