<   2015年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

5年に1度しか咲かない花?!

松本市から乗鞍高原へ上がってくる国道158号線の・・・、
道の駅「風穴の里」を越えた「鵬雲崎」と呼ばれる辺り・・・、
この1週間ほど、目立つ感じで木の上に白い花が咲いて
いるのでした・・・。
f0182173_1339146.jpg
この辺り一体に咲く外来種の「ニセアカシア」でもないです。
気になっていて、何の花なのが調べてみたら・・・・、この花は
ユクノキ」という、タイヘン珍しい花だそうです!!・・・・。


f0182173_1339171.jpg
「ユクノキ」は、別名:「ミヤマフジキ」という木で、マメ科フジキ属
らしいです。大きいモノは20m程にもなる木だそうです・・・・。

この「ユクノキ」の花の何がそんなに珍しいのか?!、と言うと、
ユクノキの白い花は、5年に1度しか咲かないそうなのです!!
そして今年は、花の咲く年だったのでした~~。

見たい方は、ぜひ!
5年に1度なので
急いで下さい~!


f0182173_13391946.jpg
アップで見ると、いかにも「マメ科」っぽい花であることが分かります。
本州でも関東より西、四国、九州の山地帯に稀にある樹だそうです。
同じマメ科植物でも、この国道158号と梓川に沿って激増してしまった
帰化植物の「ハリエンジュ(ニセアカシア)」とは違って、何だか大事に
思えてしまいます。


地元乗鞍の人に聞くと「ユクノキ」は5年に1度だけこんなにモリモリと
花を咲かせるらしいですが、その事はネットには載っていませんね・・・。
どうなんでしょう?・・・。 詳しい方がいらっしゃいましたら連絡下さい。
よろしくお願いします~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-07-11 06:38 | 山の風景

ワイン 364

今週は、雨ばかりの乗鞍高原・・・・。
雨では、何も出来ないので・・・、
またワイン飲んじゃいました!・・・・。

今回のワイン「ザ・プリズナー」2012年です!!
f0182173_1327118.jpg
このワインは、アメリカはカリフォルニア州の一大ワイン銘醸地
であるナパ・ヴァレーで造られるジンファンデル種のワインです。

造り手は「ザ・プリズナー、ワイナリー」です。 このプリズナーは
元々「オリン・スイフト」の、「デイヴ・フィーニー・スイフト」さんが
造っていたワインなのですが、ブランドだけ売却されて、新たに
造られているのです。現在は、元「フランシスカン」のチェアマンで
「クインテッサ」のオーナーである「アガスティン・ヒュネイアス」さん
による「ヒュネイアス・ヴィントナーズ」が、「オリン・スウィフト」から
「プリズナー」と「サルド」の2銘柄のみを買い上げ、「プリズナー・
ワイン・カンパニー」を立ち上げました。その後、プリズナーの白
ワイン版「ブラインド・フォールド」と、カベルネの「カッティング」の
2つのワインを新たに加え、4種のワインをリリースしています。

ブランド権が「オリン・スウィフト」から離れたので、厳密に言えば
「ザ・プリズナー」はもう「デイヴ・フィニー」さんが造っているワイン
ではありませんが、パートナーシップを結んでいてワイン造りには
携わっています・・・。 現在の「ザ・プリズナー」のワイン醸造長は、
長年「デーヴ・フィニー」さんの片腕として共に「ザ・プリズナー」に
携わってきた「ジェン・ベロッツ」女史ですし、製法にしても従来と
同一のポリシーが貫かれているらしいです・・・。ジンファンデルが
半分ほどに、カベルネ・ソーヴィニョンとプティ・シラーが16~20%
ぐらい使用され、フレンチオークとアメリカンオーク両方を使用して
新樽比率30%での熟成です。



アメリカのワイン界には、ブランド権の売買があります。有名な
ワインの名前だけが売られて、同じようなラベルで販売されてる
のに、別の人が造っている別のワインということがあるのです・・・。
この「プリズナー」も名前だけが売られて、もう「オリン・スイフト」
ではないのです・・・。 僕は「オリン・スイフト」のセンスと哲学が
好きだったのですが、果たしてワインの味わいはどう変わったの
でしょうか?!・・・。今回はその検証ミッションです~~。
f0182173_13272162.jpg
このワイン、開けてスグから濃厚な香りがグラスに広がります!
カシスジャムのような、煮詰めたような濃い果実感と、森林浴の
ような複雑さです。味わいも酸味も渋みも共に濃くてパワフルに
感じます。とても美味しいのですが、最後のほうでは少々飲み
疲れました・・・。

僕たちは以前オリン・スイフトの「サルド」を飲んでいるのですが、
この「ザ・プリズナー」は同じようなワインに感じました・・・。これは
これで、好きなワインが変わらずという事で良かったです~。
ワインの世界って難しいと、改めて思いました・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-07-10 07:26 | お店のご案内

雨の中の夕焼け~。@乗鞍高原。

梅雨で雨ばかりの乗鞍高原・・・・。
今週は日本の南で台風が3つも発生しているとか・・・。

そんな雨の某日ですが、お店のバータイムのオープン時に
窓から見える外がピンク色に明るくなっていたので、急いで
カメラを持って外に出てみると、また少し夕焼けてました~。
f0182173_1223042.jpg
この日はとても不思議な夕焼けでした・・・。
雨が降っているのに、空はピンク色!!・・・・。
雲の隙間には、幻想的に夕焼けていました。

f0182173_1224131.jpg
乗鞍岳方面を見ると、左下に「高天ヶ原」が少し見えてます。
でも、さすがに乗鞍岳山頂は雲の中でした・・・。
雲がスゴいスピードでどんどん動いていました・・・・。

f0182173_1224647.jpg
辺りはどんどん暗くなっていく中で、空だけはピンク色・・・。
雨の中で夕焼けって、とても不思議な感じでした~・・・。


雨の乗鞍高原では、
森の香りがしますよ~~。

雨だと山へは行くことが出来ませんが、高原内を散策するのも、
マイナスイオンと森の香りでとても気持ちよくなれますよ~~。
こんな雨の日でもいろんな気分になれる乗鞍高原へ、ぜひ!
遊びに来て下さい~~。「カフェ・スプリングバンク」へのご来店
もお待ちしています~~。よろしくお願いします~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-07-09 07:34 | 日常

新規ルート開拓のクライミング~~。

今シーズンのチーム・スプリングバンクのクライミング部は、
「今シーズンは絶対に5.11を登ってやろう!!」と言う事で
春は詰めて岩場へ通って頑張って登ってきたので、やっと
その成果が出てきて、ついに5.11bのルートをレッドポイント
出来たのでした・・・・。

なので、5.11プロジェクトが一段落という事で、兼ねてから、
乗鞍の近くにクライミングルートを創りたい!!と思っていた、
長い間心の中で暖めてきた僕たちの「クライミング構想」を
実行しに行ってきました~~。
f0182173_2047462.jpg
僕たちチーム・スプリングバンクのクライミング部が、ここ5年
ほど登りに行っていた外岩は、坊抱岩、鳶岩、聖地・小川山、
瑞牆山、太刀岡山、などなど、車で乗鞍高原から2時間以上も
かかる所なのです・・。なので、岩場へ行くだけでも結構時間が
掛かってタイヘンなのです・・・。

なので、ず~~っと前から乗鞍高原の近くでクライミングできる
岩場は無いのか?!と探していたのですが、なかなか、硬くて
崩れない、垂直の、広い岩場は見つからず・・・、ここまで経って
しまっていたのでした・・・。 

が、しかし!!、
もう、半ば諦めかけていたその時!

今春ついに!、ひょんな事から全く違う作業で某山に入った時に!
クライミングできそうな岩場が見つかったのでした~~!!


f0182173_20192968.jpg
乗鞍高原の近くに見つかったのは、こんな感じの岩場です~。
この辺りには20~30m程垂直の岩場がいろいろあるのですが、
鬱蒼としていて苔がむしているのでクリーニングがタイヘンだと
言うことで、とりあえずはこの画像の岩場にルートを引きたいと
思います・・・。

まあ、やっと5.11プロジェクトも成功したので、アンカーボルトを
持って、新ルート開拓に行ってきたのでした~。


f0182173_20481563.jpg
ボルト打つのに、最強の某所からハンマードリルをお借りして
きました・・・・。 ボルト打ちはクライミングルート上に打つので、
登りながらの作業となります。ハーネスにトップロープをセット
して、初めてのルート工作にトライですぅ~!!


f0182173_20482257.jpg
ハンマードリルは僕は使うのは初めてだったので、最初は重くて
大丈夫かな?・・・と心配でしたが、意外と使いやすくて、ボルトの
穴も簡単に開いてよかったです。 この10m程の高さで、ボルトは
5本設置しました・・・。 でもロープに吊られながらの作業は、思った
よりも腰が痛くてシンドくて、タイヘンでした・・・。 

f0182173_20194079.jpg
そして、ボルト設置が完了してから、とりあえずトップロープで
何回も取り付いてホールドを確認したり、ムーブの練習を何回も
したりしてました・・・。 


このルートが完成したら、このブログでクライマーのみなさんへ
発表したいと思っていますので、よろしくお願いします~~。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-07-08 07:18 | アウトドア

LOOK 566 のレポート~。

先日、ツール・ド・フランスが開幕しましたが、自転車ファン
である僕は、やはりツールが始まるとソワソワしてしまって、
ついつい自転車に乗りたくなってしまいます~~。 

なので、雨が止んだ合間を狙って、乗鞍高原中の偵察にと
理由をつけて、LOOK 566に乗って出かけてしまいました~。
f0182173_1592075.jpg
なんたって、乗鞍高原~畳平までの間の乗鞍エコーラインは
日本一の超級山岳コースですからね~
。自転車ヒルクライマー
なら、誰でも憧れる聖地と言っても過言ではありません!・・・。
走りたくなりますよね~~。 

でも、僕は仕事に忙しくて時間が無いので(?)乗鞍高原内だけ
をトレーニングに走るだけですぅ・・・。 

f0182173_1592845.jpg
でも乗鞍高原内のサイクリングコースを走っていると、森の緑が
と~ってもキレイで、風が爽やかでと~っても気持ちイイです!!
自転車ヒルクライマーの人達はだいたいの人が練習に来るので
乗鞍エコーラインを山頂方面へと走ります。 でも、乗鞍高原内を
キレイな景色を見ながらゆっくり走るのも、最高ですよ~!!


そして!!、
f0182173_1593348.jpg
現在の季節は、「ササユリ」が満開になっているのです~!!!
この可憐な雰囲気!、控えめな薄いムラサキ色、美しい花です。

f0182173_1593825.jpg
コチラは元気いっぱいに派手な「ニッコウキスゲ」さんです~~。
こちらは、人間に喩えると・・・、女子高生って感じでしょうか?・・・。


現在の乗鞍高原では、こんな「ユリ科」の花がキレイです~~。
が、しかし・・・・、
どこに咲いているのかの詳細は、書くと貴重な高山植物なので
盗んでいく人がいるので、申し上げられません!・・・。 詳しくは
カフェ・スプリングバンクにご来店頂いた時に直接聞いて下さい。
よろしくお願いします~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-07-07 07:07 | 趣味の部屋

ワイン 363

これから夏に向けて、新たなミッションが追加されて
さらに忙しくなりそうな「安旨ワイン探検隊」です~~。

今回のワイン「ル・カブ・デ・ザコリット」2012年です~!!
f0182173_1923589.jpg
このワインは、フランスは南ローヌ地方にある「アルデッシュ」
という小さな地域で造られているワインです~~。

造り手は「ドメーヌ・デ・ザコル」という新しいドメーヌなのですが、
このドメーヌのオーナーは、あの!ブルゴーニュの有名ドメーヌ、
「ドメーヌ・デ・ラルロ」の元醸造長の「オリヴィエ・ルリッシュ」さん
なのですっ!! 彼は、ラルロで「ジャン・ピエール・スメ」さんらと
ビオディナミ農法を徹底してワインを造ってきました。2007年に
ジャン・ピエール・スメさんが辞めた後、ラルロのの責任者として、 
「ラルロ」を名実ともにブルゴーニュを代表する銘ドメーヌに育て
上げました。 その後妻の「フローレンス」さんと一緒にローヌへ
移ってきて2人で自分達の「ドメーヌ・デ・ザコル」を創ったのです!

もちろん、アルディッシュのテロワールの無限の可能性を引き出す
ためにビオディナミ農法を用いてブドウは造られ、50%程は除梗を
せずに全房発酵です。手作業で収穫され、保冷トラックを使って
ワイナリーに運んでいるこだわりです!! そしてブドウは重力を
利用して大切にタンク内まで運びます。 ファーストヴィンテージは
収穫量が少かったようで、今まであった古木のブドウを使用して
作られているようです。カベルネ・ソーヴィニョン種=80%、残りの
20%がグルナッシュ種のブレンドです。



僕は、「オリヴィエ・ルリッシュ」さんの造ったワインと言うだけで
このワインを即買いしてしまいました!! それほど「ラルロ」の
ワインは美味しかったし、ファンなのです!!・・・。と言うことで、
オリヴィエ・ルリッシュさんが造っていますが、品種はカベルネと
グルナッシュと言う全く違うブドウ品種です・・・。 今回は、僕の
好みのワインとなるのでしょうか?・・・。いざ、オ~プンです~!
f0182173_19231379.jpg
このワイン、開けてスグからとても濃くてソリッドな香りがグラスに
広がってきます。渋そうなカシスジャムという感じです。ローヌ系の
グルナッシュ種が効いている感じです。でも味わいはスッキリして
いて意外と飲みやすく、この辺りがオリヴィエさんの感じが出ている
のでしょう。時間が経っても香りはあまり変わりませんでした~。


これからはピノ・ノワールも造られるらしいので、期待しちゃいます!
そして僕たち「安旨ワイン探検隊」は、夏前にたくさんのミッションを
遂行していかなければなりませんっ!! これからもよろしくお願い
します~。カフェ・スプリングバンクへのご来店もお待ちしています~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-07-06 08:21 | お店のご案内

ツール・ド・フランスが始まったぁ~!!

現地時間の7月4日、第102回「ツール・ド・フランス」が
いよいよ始まりました~!第102回の今年のツールは、
オランダの「ユトレヒト」市で開幕します~!!

f0182173_1446016.jpg
2015年のツールは何年かぶりに日本人は出場しませんが、
今年の「ツール・ド・フランス」は、また見どころ満載です!!


ツールを見る前に、まず最初に掴んでおかなければならない
のは、ボーナスタイムのシステムです!! ボーナスポイント
通過の1~2~3位にはそれぞれ10秒、6秒、4秒が与えされ
るのです。 たかが数秒ですが、これが順位を左右するかも
知れません!!・・・。

そして、コースも多彩で過酷!!前半ステージのオランダでは、
クラッシックコースの「パヴェ」=石畳の中を走らなければならず、
これは、落車=怪我でリタイアの危険もあります!! そして!、
第8ステージでは「ユイの壁」もあります!! 後半ステージでは
ピレネーとアルプスの山岳ステージのオンパレード!! 有名な
トゥール・マレー峠、歴代優勝が決まっったプラトー・ド・ベイユ峠、
50km近い登りの超級山岳グランドン峠、そして、最終ステージ
のラルプ・デュエズ!! かなり厳しいコースだと思います!・・・。

そして、総合争いの選手や、チームプレーも面白いと思います!
もちろん、コンタドールのジロとのダブルツール優勝は成るのか?
その他にも、昨年の優勝者ニーバリ、ジロの覇者であるクィンタナ、
コンタドールを止めるのは誰になるんでしょう?!・・・。




2015ツール・ド・フランスのオフィシャルティーザーがありましたので、
載せておきたいと思います~。 とてもワクワク、ドキドキしながらの
3週間になると思います。栄光のマイヨ・ジョーヌを着てシャンゼリゼに
帰ってくるのは誰なのかっ?! 楽しみですぅ~~~。


そして!!
f0182173_12313690.jpg
こんなツール・ド・フランスを見て、自転車に乗りたくなったら、日本の
超級山岳コースである「乗鞍高原~乗鞍エコーライン」へ走りに来て
下さいね~!カフェ・スプリングバンクへのご来店お待ちしています!
よろしくお願いします~~。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-07-05 07:04 | イベント

乗鞍岳に"夏"がやってきました〜!!

7月1日!、乗鞍エコーラインは長~い冬の眠りから覚めて、
ようやく冬期閉鎖が解除されました!

さっそく乗鞍山頂へのシャトルバスの運行が開始されましたが、
あいにくの雨で、便数の少ないBダイヤとなってしまいました・・・。
しかし、翌2日は晴れの予報!!、しかも、スプリングバンクの
定休の木曜日だったのですっ!!
f0182173_1144125.jpg
当然っ!!!、
行って来ました~。
天空の畳平へ!!


畳平へは、乗鞍高原観光センターからシャトルバスで僅か50分!
標高2700mの天空では、清々しい高山の光景が待っていました~。


f0182173_11442076.jpg
早速、畳平のお花畑を散策しに行ってみました~。今年は驚くほど
雪融けが早く、お花畑を一周する木道には、残雪が全くありません
でした・・・。 高山植物の開花も早くから始まっており、奥の方では
「ハクサンイチゲ」が既に咲き終わっているエリアもありました・・・。
綺麗に咲いている場所を狙って、花の撮影に勤しむ人がたくさん
いらっしゃいました!

f0182173_11442757.jpg
開きかけた「ミヤマキンバイ」の明るい黄色の花びら、ツヤツヤの葉、
高山植物はどれも寸法が小さめで可愛いですね。短い夏の期間に
開花と結実を終らせなければなりません! 美しさと力強さを感じる
素敵な花々たちです。

f0182173_11443528.jpg
お花畑を散策していると、高山の冷気が心地よく、野鳥のさえずりも
響いてくるので、爽快な気分です。「ハクサンイチゲ」や「ミヤマキンバイ」
が咲く花園を、ちょこちょこと動き回る「カヤクグリ」や「イワヒバリ」などの
野鳥を間近で眺めることができます~。 畳平のターミナルに巣を作る
「イワツバメ」も、ビュンビュンと飛び交っていました。

f0182173_1144476.jpg
晴れた乗鞍岳山頂方面では、お花畑の散策だけではもったいないです。
畳平を囲む頂、「魔王岳」、「大黒岳」、「富士見岳」に登ったり、鶴ヶ池の
周囲を歩くのもお薦めですよ~。ほんの少し角度や高さを変えるだけで、
天空ならではの壮大な景色を目にするチャンスがあります。

f0182173_11445875.jpg
これは鶴ヶ池の畔に咲くハクサンイチゲと雪渓を撮ったものです。
素人のコンパクトデジカメでも、結構 綺麗に撮れて楽しめます。
写真が趣味の方にとっては、被写体だらけの乗鞍岳です!!

f0182173_1145742.jpg
大黒岳や富士見岳の斜面には、「コマクサ」が咲き始めていました~。
今年は本当に早いです!! まだ蕾の方が多いですから、来週から
再来週にかけてが見ごろになりそうな予感です!・・・。

f0182173_11482737.jpg
岐阜県側を走るスカイラインの入口付近からは、槍ヶ岳も見えました!
大雪渓の上や稜線から眺めるのとは、また違った感じがカッコ良かったです。

天空に広がる空と雲、輝く光景、健気に咲く高山植物たちを満喫できるのは、
7〜10月の4ヶ月間のみ!!山の夏はとても短いのです。 でも、訪れた
その時ならではの、素敵な景色や花を楽しめます。このグリーンシーズン、
乗鞍へ是非遊びに来てください~。そして「カフェ・スプリングバンク」への
ご来店もお待ちしています~!! よろしくお願いします~~。


乗鞍高原・乗鞍岳の旅行の計画は、のりくら観光協会公式HP
ご活用ください。スプリングバンクからも多数の画像を提供しています。
http://norikura.gr.jp/
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-07-04 10:10 | 山の風景

次の5.11bへのクライミング~~。

梅雨の季節に入っているので、やはり雨の日が多くて
タイミング悪くてなかなかクライミングに行けてません・・・。
5.11bグレードのルート「芸者ワルツ」が墜とせて、やっと
僕もイレヴンクライマーとなれたのですが、それ以降は
登りにいけてませんでした・・・・。

そんな僕を見て、噂のクライミング集団である「CCC」の
部長であるIRさんから「一緒に登ろう!」と、クライミングの
お誘いが入ったのです!! そして昨日のスプリングバンク
の定休日は梅雨の合間の快晴!これはいつものセリフなの
ですが、「行くしかない!」という事で、またいつもの坊抱岩
へとクライミングに行ってきたのでした~~。
f0182173_2143088.jpg
やはり、今回はまず最初に、CCCの部長であるIRさんから
です~。彼はクライミングに全てを捧げている人なのです!
なので、僕たちとはレベルが違います!!・・・。 

f0182173_214393.jpg
でもこの日は、僕たちのためにビレイ(確保)に徹してくれて、
とても恐縮でした~。それでも数本は登られていて、スムーズ
でパワフルそうなクライミングに、僕たちは刺激を受けました!


f0182173_2144679.jpg
そして、IRさんの後に僕のクライミングです~。芸者ワルツの後は
「コスミックワールド=5.11b」に初めて触ってみたのでした~~。
初コスミック!!
でもこの「コスミックワールド」というルートは、とても高さのある長い
ルートなので、もちろんオンサイトの完登は出来ませんでしたので、
ハングしながら終了点まで登って、ホールドの確認をしてました・・・。

f0182173_2145231.jpg
とにかくこのルートは長いので、高度感がたまりません!!そして
スグに腕がパンプしてしまいます!!・・・。 しかし何とかギリギリ
でトップアウトできました・・・。 回収も自分で出来てよかったです・・。
これぐらい高さがあると景色も最高でした~~。


f0182173_2145711.jpg
ラストは、パートナーである隊長のK8のクライミングです~~。
先日からトライしている「芸者ワルツ=5.11b」です~。 入念な
インスペクションをして、イメージをしっかりとしてムーブを固めて
一撃必殺のトライです~!!

f0182173_212432100.jpg
が、しかし!、今回もなぜかムーブが繋がらず、敢え無く敗退・・・。
でも、3クリップ目までは届いたので、次回ムーブが全て繋がれば、
登れるハズです!! 僕が登れたんですから~~。


乗鞍高原も、いよいよこれから夏山シーズンへと突入します!!
なので、クライミングに行けるのも、あと数回かも知れません・・・。
でも出来るだけ頑張って、自分の限界に挑戦のトライをしたいと
思っています~。またみなさん、よろしくお願いします~~。
(そしてIRさん、今回はどうもありがとうございました~~。)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-07-03 07:03 | アウトドア

スペシャルビール入荷のご案内~!!

今年の夏に向けて、久しぶりにまた、スペシャルなビールを
取り寄せてみました~。 今回はカフェ・スプリングバンクで
以前も取り扱ったことがある有名なビールなのです~。

今回のこのビールは、イギリスでNo.1の売り上げのボトルの
ビールです~!!「ニューキャッスル・ブラウンエール」です~。

f0182173_1916588.jpg
この「ニューキャッスル・ブラウンエール」は、ジム・ポーターさんが、
イギリスの主役的なビールである苦味優位のペールエールに対し、
苦味を抑えて、麦芽の甘味が明確なマイルドなエールを作ることを
目的として3年間も開発期間を費やして、1927年に発売されました。

この醸造所の歴史は古くて、ポーターさんのニューキャッスル醸造所
の前身の会社「ジョン・バラス&カンパニー」は、1770年創業だそう
です! そして、この「ニューキャッスル・ブラウンエール」のラベルの
真ん中にある青い星のマークは、1913年からのトレードマークらしく、
このビールが出来る前からある、歴史あるマークのようです!!

飲むと、確かに麦芽の甘いような香りが立ち上がり、甘いカラメルの
ような、僅かにシナモンのような香りがします。そして、ポーターさんの
目指したマイルドなビールと言われるように苦味が弱く、ナッツ風味が
あります! とてもマイルドなブラウンエールは、日本のラガー系ビール 
の苦味が苦手だという方にも、ぜひ飲んでみて欲しいビールです!!

この機会にぜひ!「ニューキャッスル・ブラウンエール」、飲んでみて
下さい~。ご来店お待ちしています。よろしくお願いします~~。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-07-02 07:15 | お店のご案内