<   2015年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

小さい秋、見つけた~♪~@乗鞍高原。

台風が日本縦断していた中、乗鞍高原は比較的穏やかな
感じで、さほど雨も激しくは降りませんでした・・・。 なので、
雨が止んでいた合い間を狙って、自転車で紅葉を見つけに
出かけてみました~~。

f0182173_16454143.jpg
マウンテンサイクリング in 乗鞍の前の週からここまでず~っと
雨ばかり続いている乗鞍高原・・・・。さすがにアウトドアは雨だと
どこにも行けません。なのでここ最近は何も出来なかったのです。
でも、僅かな雨の止んだ合い間を狙って、自転車トレーニングを
兼ねて、紅葉散策に行って来ました~。

f0182173_16461879.jpg
最初に見つけた紅葉は、サイクリングロードに入ってスグの所の
「やまぼうし」の木です~。先っぽが少し赤くなっていました~。

f0182173_16462483.jpg
橋の下のモミジの葉っぱも、もうかなり赤~くなっているのが
ありました~~。 ここのモミジさんは、毎年キレイですね~。

f0182173_16463370.jpg
サイクリングロードの脇の葉っぱも、真っ赤になっているのが
ありました~。これは、ウルシさんですかね??

f0182173_16464121.jpg
一之瀬園地へ上がると、ナナカマドの木に、赤い実がたくさん
なっていました~。10月になると、この葉っぱもすごく真っ赤に
なります。 とても楽しみですね~・・・。

f0182173_16464636.jpg
ナナカマドの実は、アップにすると、こんな感じです・・・。

f0182173_16465114.jpg
コチラは、鈴蘭バス停の上のカエデの木です~。 上部の先端が
もうすでに少し赤くなってきていました!! 今年は本当に寒くなる
のが早くて、例年なら10月後半ぐらいに色づくこの鈴蘭バス停の
カエデの木が、少しだけではありますが、もう早くも赤くなってきて
います!! 本当に早すぎる感じですね・・・・。

f0182173_16465612.jpg
同じく鈴蘭地区の、せせらぎの湯の道路の対面にある紅葉です~。
今回はこの木が一番キレイに色づいていました~・・・。


今年の9月は、寒くなるのが本当に早くて、紅葉の時期も早くなると
思われます!! 山頂の状況はまだ分かりませんが、高原内でも
これだけ早いと、山頂方面も紅葉するのが早いと思われます・・・・。
またこのブログでレポートしますが、時期が少し早くなると思っていて
間違いないと思います・・・・。


f0182173_1647146.jpg
ラストショットは・・・、道路脇のコスモスさんです~~。 「秋桜」と
書くように、秋を代表する花ですね~~。 癒されます・・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-09-10 16:44 | 山の風景

ワイン 370

「バンフ・マウンテンフィルム・フェスティバル in 乗鞍」も終わり、
夏のイベントが全て終了して、落ち着きを取り戻してきたので、
やっと「安旨ワイン探検隊」が出動できました~~。

今回のワイン、
「ブルゴーニュ・ブドー、フレデリック・コサール」2011年です~。
f0182173_10132174.jpg
このワインは、「ブルゴーニュ」なので、フランスはブルゴーニュ
地方広域のワインです・・・。

造り手は「フレデリック・コサール」さんです。 彼は元々酪農家の
家系に生まれたので、「ENIL」という国立乳産業学校で乳醗酵を
学んでいた方でした。 しかしワインの仕事に非常に興味があった
らしく、若干23歳でワインの世界に飛び込み醸造学校へ行ったり
クルティエの仕事で働きます!! その間、ブルゴーニュのワインは
全て飲み尽くした!らしいです!・・・。その後、やはり自らの理想の
ワインを造るために、1996年に自分のドメーヌ、「シャルソネイ」を
立ち上げるのです! そして2005年新たにワイン醸造所を建設し、
その翌年にネゴシアン業「フレデリック・コサール」もスタートさせた
のでした~~。

彼のブルゴーニュ「ブドー」とは・・・、「カトリック司祭の案内係」という
意味らしいです・・・。 ブルゴーニュの南側、オート・コート・ド・ボーヌ
のピュリニーとサシャーニュの間にある、教会の近くのブドウ畑から
ピノ・ノワール種のブドウを買い付けているからです。

醸造は、木桶タンクで16日間のマセラシオンの後、16日の自然醗酵。
新樽比率は30%、残りの70%は2~3年樽での熟成です。


約1ヶ月ぶりぐらいの「安旨ワイン探検隊」の出動となりました~~。
超久しぶりのワインです!! いざっ、オ~~プン~~!!
f0182173_10131735.jpg
このワイン、開けてスグからフレッシュな香りがグラスに広がります。
アメリカンチェリーやグレープフルーツのような果実感があります~。
味わいは、酸味がかなりあって、まるで白ワインなのか?と思う程。
時間が経つにつれて土や草のニュアンスも出て来ましたが、酸味
が強かったですぅ・・・・。

これはネゴシアンものだからなのでしょうか??・・・。酸味が強くて
ちょっと「??」でした・・・。期待が大きかっただけに、ちょっと残念な
感じでした。それでも通常のブルゴーニュよりは美味しかったです。
ここからまたワイン飲んでいきたいと思います~。 みなさん、また
よろしくお願いします~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-09-09 06:06 | お店のご案内

瑞牆山、マルチピッチクライミング!(その②)

昨日の続き、
憧れだった瑞牆山・十一面岩正面壁のメインルート
「ベルジュエール」のマルチピッチクライミングだ・・・。
ここからが本番!という、メインの3ピッチが続くのだ!
 

ー5ピッチ目(5.9)ー
f0182173_1318972.jpg
約8mほどの垂直の岩壁に走る美しいハンドサイズのクラックだ!
僕は、通常のフリークライミングでなら5.10~5.11前半ぐらいまで
なら、少しは登ってきていたのだが、このクラックのルートは今まで
ほとんどやってきていないのであった・・・。なので、ガイドのNJさんは、
ここを僕にトライさせてくれたのであった~! 

f0182173_13181959.jpg
クラックの中に手を入れて、中で握ってホールドする「ジャミング」が
抜けそうで怖くて、なかなか決まらない。 やはりこれもメンタルなの
だろうか?!・・・。 それでも、カムをベタ打ちして、何とか登れた!
この5ピッチ目は、僕にとってはかなり嬉しいピッチになったので
あった~~。

f0182173_13183060.jpg
5ピッチ目を上から見るとこんな感じである。 ここまで来ると、もう
かなりの高度感がある!! 足の下を見ると、遥か彼方の下まで
スッパリと落ち込んでいて、クライミングの凄さを感じられるのだった。


ー6ピッチ目(5.10a)-
f0182173_13183518.jpg
この6ピッチ目が、この「ベルジュエール」のハイライトルートである、
巨大なフレークのルートだ!! 下部はオフィズス気味に岩の中に
入って登るような感じになり、
f0182173_13184346.jpg
中間から上部は外に出て、フレークを使ってレイバックで登って行く。
それにしてもこのピッチ、ハイライトのルートらしく素晴らしいほどの
高度感だ! 巨大な岩壁を登っている感じがゾクゾクするのである。

しかしこの後、フォローで登る僕が、巨大なフレークに決めたカムが
なかなか抜けないで手こずってしまい、カムが抜けた後にフォール
してしまった!!・・・・。 フォールしたところから上部のバンドまで
スリングを使って登るのが、また手間取ってしまって、アクシデントの
ような感じになってしまったのであった・・・。
(迷惑かけて、本当に申し訳ないですぅ・・・)


ー7ピッチ目(5.8)-
f0182173_1319272.jpg
フォールした後の7ピッチ目・・・。僕のリードの番なのだが、フォール
したスグ後なのでショックが顔に出ていたのか、ガイドのNJさんが、
「行きますか? もしダメなら変わりますが?・・・」と聞いてきた・・・。
しかし、ここはさっきのフォールを取り返さなければならない!!と、
何とか勇気を振り絞って(?)リードにトライさせて頂いたのであった~。

f0182173_13191062.jpg
しかし、この通称「モアイフェース」の右横の顕著なチムニーピッチも
チムニーなのでカムは一切使えず、プロテクションは中間にある一つ
だけのリングボルトのみで、かなりランナウトしなければならないので
あった・・・。墜落は許されない!!・・・。なので5.8の優しいグレード
なのだが、かなり怖くて、難しく感じたのであった・・・・。。

そして僕は、チムニー登りもほとんどやったことが無く、ほとんど勘で
背中をズリズリ~として、最後のチョックストーンを越えていったので
あった~・・・。 (いやぁ~、シビレるランナウトだったぁ~・・・)


ー8ピッチ目(5.10b)-
f0182173_1319305.jpg
右側のチムニー登りから、上部は初登者が「T字クラック」と名づけた
逆イの字になっているクラックを登るルート。あまりホールドも無くて
スラブもあるので、グレードよりも厳しく感じる・・・。 しかし、ガイドの
NJさんは、やはりサクサクっと登って行く・・・。 8ピッチも登ってきて
いるのに、依然として滑らかな登りだ・・・。 僕と言えば、これまでの
ハイライトの3ピッチで、僕はかなり消耗してしまっていた・・・。
腕もかなり疲れてしまっていて、ヘロヘロになっていた・・・。

f0182173_13202840.jpg
「T字クラック」では、手は逆ハングのクラックの中でハンドジャムで
甘いし、足はスラブに立ち込むスメアリングだし、どちらも甘いので
かなりシビアなクライミングが要求されるルートであった・・・。これで
5.10bって・・・・、瑞牆山マルチ、恐るべしである!!・・・・

f0182173_13204075.jpg
この8ピッチ目をフォローで登らせて頂いた僕は、最後のチカラを
振り絞るようにして、何とか登っていったのであった・・・。 ここまで
来ると他の岩場全てが眼下になっていて、本当に素晴らしい眺望
と高度感である!! そしてここに来れているスペシャルな時間を
フツフツと感じられていたのであった~・・・。


ー9ピッチ目(3級)-
f0182173_13205660.jpg
このピッチは、8ピッチ目と10ピッチ目の間にある、巨岩群の中を
歩いて渡りながら登るピッチだ。 落ちることは無いとは思うのだが
一応ロープを付けて渡って登っていった・・・。 そして「屋根テラス」
に到着!! (真ん中に僕が居るのが分かりますでしょうか?・・・)


ー10ピッチ目(5.8)-
f0182173_1321634.jpg
これが最後の10ピッチ目だ!!、何度もフォールしたりアクシデント
があったりしたが、ついに!ここまで来たのだ~!!・・・・。 最後の
ピッチのグレードは5.8と付いているので、ラストを僕がトライさせて
頂いたのだったが・・・、ここまで9ピッチも登ってきていた僕の腕が、
もうパンプしていて限界だった。 なのでいつもならサクサク登れる
簡単な5.8のこのクラックが越えられない!!・・・。最後の最後でも
苦しんだ、「ベルジュエール」なのであった!!・・・・。

f0182173_13211498.jpg
そして、ついに!!、
十一面岩の頂に!、
立ったのであった~。


幾度と無くフォールを繰り返し、慣れないクラックやチムニーなども
こなし、サクサク登るガイドのNJさんに迷惑をかけ、シビれる程の
ランナウトを少しだけこなして、限界のヘロヘロになりながらも・・・、
こんな僕でも、憧れの十一面岩正面壁を登って頂きに立てたので
あった~~!!!
f0182173_10531050.jpg
十一面岩の山頂からは、車を止めた植樹祭広場が見えていた・・・。
今回の瑞牆・十一面岩「ベルジュエール」マルチピッチクライミング、
時間は5時間以上もかかり、瑞牆の洗礼を受けた感じだったので、
十一面岩の頂に立てたのは大満足だったのだが、クライミングに
関しては、何だかとても悔しい&情けなくて、また修行しなおして
きますぅ~って感じだったのであった・・・・。




ー下降ー
f0182173_13212269.jpg
十一面岩山頂からは、巨岩群帯を1ピッチだけ奥壁側のコルへと
ラペルダウン(懸垂下降)します。
f0182173_13212937.jpg
そこからは登山靴に履き替えて、歩いて帰れるのです~!!
ここまで約300m程の垂直の岩壁を登ってきたのに、隣からでは
ありますが、登山道で歩いて帰れることにビックリな感じでした・・・。

登山道を約1時間程下りて末端壁の下ぐらいから雨が降り始めて
きました~。まさに!ドンピシャな素晴らしいタイミングで帰って来る
ことが出来ました。


瑞牆山マルチピッチクライミングは、集中力と体力、腕の保持力!、
そして何よりもクライミングのテクニック、どれをとっても今の僕では
全くダメダメでした~。 またいつか、技術を磨いて自分たちだけで
十一面岩へとトライしたいと思いました!!・・・。 また、いつか・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-09-08 07:52 | アウトドア

瑞牆山、マルチピッチクライミング!(その①)

9月になって、僕達もやっと休みがとれるようになったので、
7月からストップしていたクライミングを再開しようと思ってた
矢先!、いつもお付き合い頂いているガイドのNJさんから、
連絡があり、「行きたいマルチがあるので一緒にどうですか?」
という!・・・。

こんなドンピシャなタイミング!、これは行くしかない!!、
いう事で、またまた彼の厳しくも優しいお誘いに乗り、マルチ
ピッチクライミングへ行ってしまったのであった~~!!

f0182173_1393243.jpg
向かった先は、日本のマルチピッチクライミングの殿堂(?)
瑞牆山、十一面岩正面壁というところにあるメインのルートの
ベルジュエール」だ!!・・・。

「十一面岩」は、この画像の一番左の尖った峰だ!!・・・。この
瑞牆山のマルチピッチはどこもかなり難しいグレードのルートで
しかも、何ピッチもある長いマルチルートばかりなのである!・・・。
なので、瑞牆山クライミングは本物のクライマーだけが登る事が
出来る高難易度のルートだけしかない、本物の岩場なのである!!
僕と言えば、クライミングはいつもヘロヘロなのである・・・。こんな
僕が、あの尖った先っぽに立つことが出来るのだろうか?!
まさに、行くしかない!! のであった~・・・。


f0182173_139408.jpg
植樹祭広場の駐車場から、登山道歩いて約50分ほどで、画像の
十一面岩正面壁の取り付きに到着した・・・。ここには、素晴らしい
マルチピッチルートの取り付きがたくさんあるのだ。だが、今までの
僕だと、誘われても来れなかったと思う・・・。 それぐらい瑞牆山の
クライミングは高難易度グレードなのである。

f0182173_1394573.jpg
しかし、こんな僕でも今年に入ってから5.10c、5.10d、5.11bの
ルートをレッドポイントしてきていたので、何とかフォローでも彼に
ついて登れるのではないか?!、そして、憧れの「十一面岩」の
トップに立てるのではないかと思ったのであった・・・。

取り付きで、大休止をして、水分やカロリー補給をして、ハーネス
カムやカラビナなどのギアを装着!、いよいよ「ベルジュエール
への挑戦が始まった~!!


ー1ピッチ目(5.11b)ー
f0182173_1394943.jpg
最初の1ピッチ目が一番難しい「5.11b」グレードのピッチである。
この「ベルジュエール」の1ピッチ目のフリーでのレッドポイントが、
ガイドのNJさんの目的だったのである!! 三角オーバーハング
で少し難しそうに見えたのだが、サクッと完登!! いつも通りに
本当に素晴らしいクライミングなのであった~!! 僕はビレイを
しながら、彼の滑らかで素晴らしいムーブ、決して諦めないメンタル
を、尊敬しながら見ていたのであった~。

f0182173_1395866.jpg
その5.11bの1ピッチ目を僕がフォローでついていく・・・。 しかし、
5.11bはかなり難しくて、僕が1度で登れるワケが無いのである。
それでもフォローなので、何回かフォールしたが何とか1ピッチ目を
上まで登る事が出来たのであった・・・・。 (もうプルプルですぅ~)


ー2ピッチ目(5.10a)ー
f0182173_1310476.jpg
ビレイポイントから、この画像のハングを左に抜けるスラブ系の
ルートである・・・。 1ピッチ目の5.11b以降は5.8~5.10程の
比較的優しい目のグレードのピッチが続くので、1ピッチ目から
後は交代で行こうと言ってたのだが、僕は5.11bの高難易度に
ヤラれてしまって、1ピッチ目なのにもう腕が疲れてしまっていた
ので、仕方なくNJさんに2ピッチ目もリードをお願いしてしまった
のであった・・・・。 (とても情けないですぅ・・・)

f0182173_1310942.jpg
左のトラバースの後もスラブは続き、スメアリングでの立ち込みが
続く・・・。プロテクションもあまり取れずに登るので、マルチピッチ
では、表示のグレードよりもかなり難しく感じてしまう・・・。 やはり
マルチは経験とメンタルが要求される。僕はどちらも持っていない
のが、すでにこの2ピッチ目で明らかになってしまうのであった・・・。

f0182173_13101635.jpg
5.10aなのに、とてもイヤラしい感じのスラブで、手もホールドが
あまり無くて、足はスメアリングなので滑りそうな感じで怖くて、
なかなかサクッと登っていけない感じたのであった・・・。
(僕のメンタルがただ弱いだけですぅ・・・)


ー3ピッチ目(5.7)-
f0182173_13103596.jpg
やっと1ピッチ目の腕のパンプが抜けてきて、しかも一番簡単な
グレードなので、ここで何とか僕がリードで登らせて頂いた・・・。
このルートは、花崗岩特有のポコポコ丸い穴が開いているので
比較的登りやすかった。

f0182173_13104449.jpg
フォローで僕のフォローをしてくれるNJさんのクライミングだ・・・。
3ピッチ目で、もうかなりの高度感だ。 周りの巨岩が下になって
きて、素晴らしい眺めになってきた。


-4ピッチ目(5.9)-
f0182173_13104959.jpg

潅木の生えたコーナーを右側へと登って行くルート。潅木の間が
とても狭くて、フォローだと持って行ったバックパックが引っかかり、
なかなか思うように越えていけないような感じだ・・・。

f0182173_13105856.jpg
それでもこの4ピッチ目は、僕にとっては表示グレードよりも簡単に
感じることが出来た唯一のルートなのであった・・・。 ルート図の本
では、4ピッチ目はこの先の美しいハンドクラックの終了点まで登る
のだが、僕たちはこのクラックの手前でピッチを切ったのだった・・・。
僕にこの美しい程のハンドクラックを登らせてもらうためである!!


このあと、メインの
4ピッチが続く!!
その②へ続く!!

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-09-07 07:07 | アウトドア

2015 バンフ・マウンテンフィルム・フェスティバルが開催されました!!

昨日の土曜日の夜、ついに!!!
「バンフ・マウンテンフィルム・フェスティバルin乗鞍」が
満天の星空の下で開催されました~!!!


今年もここ乗鞍高原から、ジャパンツアーが始まります!

f0182173_23513999.jpg
去年までの2年連続で、アウトドアフィルムの最高峰のイベント
である「バンフ・マウンテンフィルム・フェスティバル in 乗鞍」は
雨で、インドアの体育館での開催となっていましたが、今年は
素晴らしい快晴の青空が広がって、野外特設会場にて開催と
なりました~!!!

f0182173_23514992.jpg
僕達は、夕方5時ぐらいから「Hot Drink Bar」ブースを設置して
みなさまをお待ちしていました・・・。 そして、夕闇が辺りを包む
6時から会場!、空には満天の星空が輝いていました~~!!
そして僕はコーヒーを売りながら、これから始まる野外でのフィルム
イベントに気分が高まり過ぎて、ゾクゾクしていました!!・・・。

f0182173_2351541.jpg
まず最初は、7時から、乗鞍高原生まれのシンガー「高橋あず美」
さんのライヴが行われました~~。 一昨年~去年と、ここ2年間
バンフのイベントと一緒に「高橋あず美」さんのライヴが行われて
いましたが、2回とも雨で体育館の中だったのです・・・。しかし今年は
やっと野外特設会場での開催となり、彼女の声もひときわ山の中に
響いていたように思います~~。

f0182173_23515955.jpg
高橋あず美さんのライヴの後、会場のヴォルテージが最高潮の中!、
いよいよ今年のバンフ・マウンテンフィルム・フェスティバルがスタート
しました~!!!  何と!今年の乗鞍のフィルムは、9作品も上映
されたのです~~。どれも素晴らしいフィルムで、僕は仕事をしながら
見ていても、ビビッと心に響いていました・・・・。

f0182173_235246.jpg
コチラは「The Burn」という、パウダー・スキームービーです!!
これはドキついビッグマウンテン系のスキーライディングフィルム
ではなくて、メロゥなパウダーを滑るスキームービーでした~~。
ラテン系の音楽に流れていくように滑るスキーのライディングで、
見ていても、気持ちが良くなる感じでした~~。

f0182173_2352936.jpg
コチラは、「Sufferfest 2- Desert Alpine」というクライミング系の
ムービーです。 超有名なクライマー「アレックス・オノルド」ら2人が
マウンテンバイクに乗ってクライミングトリップに出かけるムービー
です~~。 どこまでも人力で旅をする彼らのムービーは、内容が
とても面白くて笑える感じでした。 そして尊敬していまいます・・・・。

f0182173_23521493.jpg
コチラは、「Delta Dawn」という、コロラド川が人間の営みで水を
使い過ぎて川が干上がって死んでしまっている!という自然環境を
謳ったムービーでした・・・。 いろいろと考えさせられるムービーで、
やはり人間は、何でも無駄にしたり、使いすぎたりしてはイケナイ!
という事を改めて思わされたムービーでした・・・・。

f0182173_23533688.jpg
そして僕たちは「Hot Drink Bar」を今年もオープンしてました~。
ご来店頂いたお客様、本当にどうもありがとうございました~!
乗鞍高原のバンフ映画祭に来て頂き、本当に感謝です~!!
ありがとうございました~!!

今年は、晴れて星空の下で野外特設会場での開催となり、本当に
素晴らしい雰囲気だったと思います!! また来年も、ぜひ晴れの
天気で最高のシチュエーションでの開催をしたいモンですね~!!
また「カフェ・スプリングバンク」のご来店もお待ちしています~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-09-06 08:42 | イベント

Pub 摩幌美さんへ行って来ました~。

43日間休み無しの、長い長い夏の死のロード営業が終わり、
やっと「カフェ・スプリングバンク」の定休日がやってきました・・・。

今年も長かったですぅ・・・。
ず~~っと山に行けてなかったので、
これからは僕の遊び虫が爆発する予定です~!! 
・・・・・・・・・・・、、、。

最初の休みの夜は、「Pub 摩幌美」さんへ飲みに行きました~。
f0182173_12371974.jpg
松本駅前にある「Pub 摩幌美」さんは、知る人ぞ知るという、
ウイスキーの専門店です。スタンダードから激レアなものまで
僕が羨望の目で見てしまう程のウイスキーのお店なのです!
憧れと言っても過言ではありません・・・。 今回も、と~っても
美味しくて懐かしいモルトを頂いて来ました~。


f0182173_12373195.jpg
もちろん飲みたかったので「Pub 摩幌美」へは行ったのですが、
今回は別の用事もあったのでした~~。 これはコレです!!

「Scoth Missed」の本を受け取りに行ったのでした~!!
このブライアン・トゥーンセンド著の「Scotch Missed」は、長い
スコッチウイスキーの歴史の中で閉鎖された蒸留所が書かれた
データ本です。僕はファーストエディションを持っているのですが
今回の4thエディションには、「Pub 摩幌美」の店長である酋長
の撮影した写真が数多く使われているのですっ!! しかも!
この本は日本の本ではなく、イギリスの本なのです!! そこに
Pub摩幌美の酋長の写真が何枚も使われるという事は、本当に
スゴイ事なのです~~。


こんなマニアックな本ですが、見たい人がいらっしゃいましたら、
「カフェ・スプリングバンク」にありますので、お声をかけて下さい。
このブログの読者の方にだけは特別にお店したいと思います。
ウイスキーファンの方のご来店、お待ちしています~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-09-05 07:36 | 趣味の部屋

久しぶりの番所大滝~!!

今年の夏も、後半は雨ばかりで、何だか極端な夏でした・・・。
そして、お盆を過ぎた辺りから、乗鞍高原はもう肌寒いぐらいの
気温で、8月後半には「夏はどこへ行ったの?!」という感じで
もう寒いぐらいですぅ・・・・。

f0182173_2035889.jpg
でも、「下界は(都会は)まだ暑いんだよぉ~!!」という方が
いらっしゃいましたら、乗鞍高原の滝巡りがオススメです!!

「カフェ・スプリングバンク」からスグの、この「番所大滝」では、
相変わらず凄い迫力で水が流れ落ちていて、水飛沫が豪快で
寒いぐらいに感じられますっ!!

f0182173_20351426.jpg
今週はず~~っと雨だったので、水量が多いのだと思います。
とにかくスゴイ迫力で水が流れ落ちています!! でもこれが
「滝」の魅力だと思うのです。約40mの落差の「番所大滝」は
見ていて壮観です。 僕たちのオススメスポットです~。

f0182173_20352066.jpg
そして、番所大滝を見た後は、番所大滝の上から上流へと歩く
「千間淵」の歩道もオススメです~。 渓流のスグ横を歩いて行く
歩道があり、約40分ぐらいマイナスイオンた~っぷりの涼しさを
楽しむことができます。 画像は「千間淵ドーム」です・・・。
夕方に行くと、こんな風に陽が差し込む幻想的な光景に出会うことも
あります。


番所大滝と千間淵の遊歩道を楽しんだ後は、千間淵終点からスグの
「カフェスプリングバンク」で、コーヒーとケーキをどうぞ~~。
ご来店お待ちしています~。 よろしくお願いします~~。




そして、明日は!、バンフマウンテン
フィルムフェスティバルin乗鞍です!!
天気予報は晴れそうですね~!!
ご来場お待ちしていますっ!!!

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-09-04 07:34 | 山の風景

夏が過ぎたら・・・、もうあと少し?!・・・。

後半は雨ばかりだった、今年の夏のシーズン・・・・。
9月にもなると、乗鞍高原では風が変わって少し肌寒くなり、
もう秋の気配がしてきています・・・。そして、乗鞍岳山頂では、
9月末になれば、雪が降り始めるのです!!・・・。 

f0182173_1333132.jpg
夏が過ぎたら!・・・、スキーヤー&スノーボーダーにとっては
もうスキーシーズンまであと少し!!と言う事ですね~!!
こんな画像のような乗鞍高原のサラッサラなパウダースノーが
滑れるまで、もうあと、ほんの80日ぐらいですねっ!! 
毎年のことですが、早く準備しないとですねっ!・・・。  
(えぇっ?、違う?!・・・) 


なので!、
僕はいつ雪が降ってもイイように、つねに臨戦態勢なのですが、
この時期、スキーや山の仲間のモチベーションを上げるために、
また、スキー&スノーボーダーのビッグマウンテンフイルムを!
このブログでお届けしたいと思います~~!!!

今年秋のまず最初のフィルムは、コレでしょうっ!!・・・・。
去年9月に南米チリでの撮影の時に雪崩で亡くなったJP オークレアと、
アンドレア・フランソンのトリビュートムービーです!

去年の9月末の「カフェ・スプリングバンク」のブログにも書きましたが
JP オークレアが亡くなりました・・・。なので、このフィルムは彼らの事を
追悼する意味での、ラストムービーとなります。 しかしこのフィルムの
中でのJP オークレアのライディングのスゴい事!!ビッグマウンテン
の超急斜面なのに、ほとんど直滑降ですね!! 彼のスタイリッシュな
ライディング! あんな感じで滑りたいと、僕は憧れてます・・・。なので、
「R.I.P.」の意味も含めて、このムービーを載せたいと思いました・・・。




2作目は、「Teton Gravity Resarch」の新作スキームービー、
The Paradise Waits」ですっ!!
この「TGR」の最新のスキームービーは、またと~ってもカッコ良くて
スタイリッシュです!! 音楽に合わせて流れる映像がテンポ良くて
とても面白いです!! もちろんスキーのライディングも素晴らしくて、
見る人を圧倒するほどです~!! 



3作目は、スキーフィルムの老舗「Match Stick Production」の新作
FADE TO WINTER」です~~!!

「MSP」からの新作フリーライドスキームービーは、雪が降る美しい大自然、
そんな中を雄大に旅をしているかのような感じです。もちろんライディングは
アンビリーバブルな凄さです!! こんなフィルムを見てしまうと、僕自身も 
またスキートリップに出たくなる欲望を抑えきれなくなってしまいます!!・・・。



いかがでしたでしょうか?!
今年の秋もまた、いろんなフリーライド系のフィルムがたくさん出てくるので
とても楽しみです~~。 もちろん僕も、これらのムービーに刺激をもらい、
影響されます・・・。 そして!、これからのシーズンはさらにターンを磨いて、
自分の限界と滑走スピードを上げて、このフィルムのようなライディングに
少しでも近づけて行きたいと思います~~。
もう来シーズンまであと少し!!、またみなさん来冬シーズンも
よろしくお願いします~~。ご来店もお待ちしています~~。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-09-03 07:29 | 日常

LOOK 566 のレポート~!!

先日の「マウンテンサイクリング in 乗鞍」のヒルクライムレース・・・。
今年はちょうど30周年の記念大会だったのだが、土砂降りの大雨
になってしまい、三本滝までの短縮コースでの開催となってしまった
のだった・・・。 何だかとても不完全燃焼な感じで終わってしまった
のであった・・・。 僕はいつも通りスタート係員として参加していたの
だが、やはり昔のレーサーの血が騒ぐのか、レースの盛り上がりに
影響されて「マウンテンサイクリングin 乗鞍」の後は、チャリダーと
しての闘志と情熱がメラメラと燃えてしまうのであった!・・・・。

なので、いつも行かなくてもイイのに、8月無休で働いて来て疲れて
いるのに、1ヶ月間休みなしで営業してきた体にムチを打って、この
レース後に無謀な「乗鞍アタック」を、ついついしてしまうのである・・・。

f0182173_13432092.jpg
かと言って、9月までは無休!だと公言しているスプリングバンク
なので、まだ休みが無い僕は、「マウンテンサイクリング in 乗鞍」
と同じ「畳平」までのフルコースでアタックすると、その後仕事が
出来なくなってしまうので、今回は「スーパー林道A線アタック」を
しかけてみたのであった~・・・。

でも、それだと、
「なぁ~んだ、そんな短距離ぢゃあクライマーとしてユルイのでは?」
という人もいるかも知れないのだが、僕に許された時間は夕方の休み
時間しか無いのでこればっかりはしょうがないのである・・・。、


夕方の3時過ぎ、少し雨が止んでいた間に、いつも通りサッと短パン
サイクルジャージに着替えてヘルメットを被り、お店の前でクリートを
シマノのSPDペダルにカチッとはめる!! この時点では、気持ちは
気合十分で、目はギラギラしていただとうろ思われる!・・・。 そして、
「よし!、やったろう!! 今日はとことんヤったろうじゃないかっ!」
という感じで、ギアをいつもより1枚重い目からスタートしていった・・・。

f0182173_13433153.jpg
「カフェ・スプリングバンク」のお店の前から、もう20年間も使っている
超オールドなキャットアイのサイクルメーターの計測スイッチを押して
スタートを確認っ! 一度大きく息を吸い込んでから、ペダルにグッと
チカラを入れて勢いよく飛び出して行ったのであった~・・・。

蕎麦処「合掌」さんの横からサイクリングコースを通って→いがやへと
上がり、そのまま川沿いのサイクリングコースを高速で一之瀬園地へ
上がっていく。 この辺りでも、もう秋の風が吹いていて、半袖ジャージ
では肌寒く感じていた。 ここまでは順調なペダリングで来ている・・・。

f0182173_13433650.jpg
一之瀬からは、この白樺橋を越えて、スーパー林道A線を走って行く!
ここからの急登が、このコースで唯一の急坂である。 今回は、ここでは
あまり足を使ってガンガンに漕いでいくよりは、少し抑え目にギアを軽く
回すような感じで登って行くように心がけていた!!・・・。 この作戦が
この後で凶と出るのか?、それとも吉とでるのか?!・・・。

f0182173_13434013.jpg
急坂を登りきって、平坦の高速セクションでは、急登で足を使わなかった
分、思いギアをガシガシ漕いでスピードに乗せて登っていったのだった~。
イケる!! これは行けるのでは?!
と思いながら、30km程のスピードに乗ってコーナーを攻めていく!!
だんだんとフトモモに乳酸が溜まってダルくなってくるし、酸欠でアタマも
クラクラしてくるが、「もう少し!あともう少しだけ!!・・・。」と、頑張って
みた・・・。 そして、いつもの「樺池」にゴール~。

f0182173_13434650.jpg
自分では結構良いタイムだと思ったのだが、結局タイムはいつもとあまり
変わらず平凡で、40分程だった・・・。 人間の感覚なんて、全くアテには
ならないという事なのか・・・。あれだけ気合十分で頑張ったのに、いつもの
タイム40分台・・・。何だか、自分に対して拍子抜けなのであった・・・。

あとに残ったのは、真っ白に燃え尽きた感じの情熱の燃えカスと、一気に
放出されたアドレナリンの搾りカスだけだった!・・・。 あれだけアタックを
してやろう!と闘志でメラメラとしていた気持ちは、アタック後はヘナヘナと
なって、雨と一緒に流れていってしまうのであった・・・・。 僕の夏はいつも
こんな感じで終わって行くのである・・・。


f0182173_13435153.jpg
晴れていれば、この白樺峠からはこの看板のように乗鞍岳~乗鞍高原を
一望できるのですが、この日は暗い曇り空で雨がポツポツ降ってきている
天気だったので、アタック後は早々に退散して帰りました~。 でも、この
お店から出たらいつでも乗鞍アタック出来る環境に感謝です!!

自転車ヒルクライマーのみなさん、「カフェ・スプリングバンク」へのご来店
お待ちしています~~。よろしくお願いします~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-09-02 07:42 | 趣味の部屋

秋のスペシャルビールのご案内~~。

涼しいを通り越して、一気に寒くなってきた乗鞍高原ですが、
そんな秋の夜長にゆっくりと飲めるビールを取り寄せました
ので、またご紹介したいと思います~~。

今回のスペシャルビール、「パーム」です~!
f0182173_22205878.jpg
この「パーム」は、ヨーロッパ随一のビール大国である「ベルギー」の、
フラマン・ブラバント州北西部にある「ステーンヒュフェル村」にあります。
この村では少なくとも1597年からビール醸造が行なわれていたという
記録があり、パーム醸造所の歴史は1747年から始まっているらしい
です・・・。 そして世界恐慌の真っ只中の1929年、現在の「パーム」と
いうスペシャリティ・ビールが生まれました。

勝利のエンブレムを意味する「ブラバント州の馬」のトレードマークは、
人気を博していたピルスナーに対して、ベルギーの上面発酵ビールが
勝利する!、という希望から付けられました。

その後も「パーム」の快進撃は続き、1993年に「フランク・ブーン」醸造所
と提携。 1998年には、レッド・ビールとして有名なローデンバッハ醸造所
を傘下に収めます。そして2001年、グーデン・ブーム醸造所を傘下に収め、
2004年からは、ベルギーの醸造家の守護聖人である「聖・アーノルド」に
因んだビール「ステーンブルージュ・トリプル 」を造っているのです!!


こんな快進撃をしているビール会社は他にはありません!そんな「パーム」
のスタンダードビールが、この「パームなのです~~。 ぜひ!この機会に
この「パーム」を飲んでみて下さい~~。 「カフェ・スプリングバンク」への
ご来店お待ちしています~~。 よろしくお願いします~~。
 
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-09-01 07:19 | お店のご案内