<   2015年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

ワイン 380

今回の「安旨ワイン探検隊」が遂行するミッションは、久しぶりの
「謎の提供者」さんからの高級ブルゴーニュ・ミッションです~。

今回のワイン「ヴォーヌ・ロマネ、クロ・デ・ラ・フォンテーヌ、
       ドメーヌ・アンヌ・フランソワーズ・グロ」2010年です~。
f0182173_19191382.jpg
またこの長ったらしい名前のワインは、フランスはブルゴーニュ地方
にある「ヴォーヌ・ロマネ」村の「クロ・ド・ラ・フォンテーヌ」という畑で
採れたブドウで造られたワインです。

造り手は「アンヌ・フランソワ—ズ・グロ」です。ヴォーヌ・ロマネの名門、
「グロ」家の、4つのドメーヌの中の一人「アンヌ・フランソワーズ」女史
のドメーヌです。 父親である「ジャン・グロ」さんには3人の子供がいて
長女の「アンヌ・フランソワーズ」さんは自分自身のドメーヌの当主となり、
もう1人の兄弟である「ミッシェル」さんは「ミッシェル・グロ」の当主、もう
1人の「ベルナール」さんは、「グロ・フレール・エ・スール」の当主として
それぞれに最高のワインを造っていらっしゃいます。

「アンヌ・フランソワーズ」さんは、元々は看護婦としてディジョンの病院に
勤めていましたが、ドメーヌ・パランのフランソワ氏と知り合い結婚します。
それからは家族のワイン造りを手伝うために、「グロ・フレール・エ・スール」
で働き始めます。家族のドメーヌで働くうちに、ドメーヌ運営に興味を持ち、
1988年に自らのドメーヌ「アンヌ・フランソワーズ・グロ」を立ち上げます。
そして!1996年の、父親の「ジャン・グロ」さんの引退で「リシュブール」や
「エシェゾー」などの特級畑を相続して素晴らしいワインを造っています。

収穫されたブドウは100%除梗され、コンクリートとステンレス・タンクを
併用し発酵を行います。その後、地下の熟成庫へはワインへのストレスを
避けるためポンプを使わず重力で移動させ、新樽比率が1級で50〜70%、
特級畑では新樽100%で18ヶ月間熟成を行います。


このラベルに書かれているのはもちろん「アンヌ・フランソワーズ」女史です。
アンヌさんの肖像画は畑によって表情が違う絵になっているらしいです!!
僕たちは今回、「アンヌ・フランソワーズ・グロ」のワインは初めてでしたが、
違う顔のラベルも見てみたい!と思いました~。 しかし、肝心のワインは
どうなのか?! 高級ブルゴーニュ・ミッションへ突入ですぅ~。オープン!!
f0182173_1919997.jpg
このワイン、やはり開けてスグから素晴らしい香りがグラスに広がります!
野生のラズベリーのような果実感と、腐葉土やおがくず(?)、森林浴など
の複雑な香りがあります。味わいもとても滑らかで嫌な刺激は一切無くて
ツルッとしています。 時間が経つに連れてどんどんバランスが良くなって
行き、最後の1杯はシアワセの香りに包まれました~。やはりブルゴーニュ
は最高です!!と言いたくなりますね~~。メッチャ美味しかったです!!


「謎の提供者」さん、ありがとうございます~。またよろしくお願いします~。
こんなワインを飲みに「カフェ・スプリングバンク」へご来店下さい~~。
お待ちしています~~。 よろしくお願いします~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-11-20 07:18 | お店のご案内

FOORUSHの新作フィルム上映会は明日!!

いよいよ明日!!
FOORUSHの新作
フィルム上映会が!
乗鞍で開催です!!


f0182173_1246243.jpg
ついに明日になりました!!
>「FOORUSH」のフィルム上映会 in 乗鞍高原です!!
明日、20日(金)の夜は、乗鞍高原ペンション・マドンナ
さんへ集合ですっ!!!!

時間は、18:00からOPEN~、21:00上映START予定です。
上映会は、Entranceは「Free=無料!」となっていますので、
どしどしお越し下さい!! この乗鞍高原ペンション・マドンナ
さんは、「FOORUSH」創生の地らしいです!! なのでぜひ!
この機会にFoorushゆかりの地、乗鞍へ足をお運びください~。

※宿泊のご予約も受け出来ますので、以下よりご連絡下さい。
FOORUSH、@乗鞍高原!!」
乗鞍高原、ペンション・マドンナ


そして!!、
とりあえずは
予告編です!


どうでしたか?!、 興奮してきませんか?!
思わずニヤッとしてしまいませんか?!・・・・。
今からこの本編を見るのが楽しみですね~~!!

僕達カフェ・スプリングバンクも、ほんの微力ではありますが、
「FOORUSH」のフィルムにはサポートさせて頂いています!
(たぶん・・・・・・・) フィルムを見に来て、探してみて下さい~。
11月20日の乗鞍の夜は、「ペンション・マドンナ」に集合して、
みんなでアツくなりましょう~!! よろしくお願いします~!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-11-19 07:01 | イベント

テレのり体験試乗会!

2016年スキーシーズンも、もちろんやります~!!
てれのりの、「テレマーク体験試乗会 at Mt.Norikura 」~。


f0182173_2036342.jpg
乗鞍でテレマークを楽しむグループ「テレトピアのりくら」(通称 テレのり)
のメンバーが、テレマークをやってみたい皆さんを全力でサポートする
お試し体験会の企画です。 毎年恒例となってきていますが、今年も
既にはりきって準備を始めています!!・・・。
(チラシをクリックすると、PDFで拡大表示されます)

f0182173_2036659.jpg
コチラは、昨年の「テレマークスキーお試し体験会」の集合写真です。
てれのりの皆さんがボランティアスタッフとして、各地から集まっています。
そして高原内のお宿さん、Mt.乗鞍スキー場、テレマークの道具を提供して
くださるメーカーさんなど様々な方からのサポートを受けて実施しています。

f0182173_20361025.jpg
体験会は、1月16日(土)の午前と午後、翌17日(日)の午前、計3回実施
されます。受付をして、道具を選び、テレマークの板を装着するところから、
こんな風にメンバーが付き添ってサポートします。 尚、この企画はレッスン
ではありません・・・。一緒に滑ってテレマークの楽しさを知ってもらおう〜♬
という趣旨なので、気軽に参加していただけます。

f0182173_20361247.jpg
アルペンを滑っている方は、特に問題なく滑りだすことができます。
でも、なかなか思うようなテレマーク姿勢がとれないもの・・・。
それだけに、後脚の踵が上がって、テレマークっぽくなった時には
特に嬉しいものなのです~!!

f0182173_20361448.jpg
もしかしたら、今年もMt.乗鞍スキー場のマスコットキャラクター「さんぞくっく」
が登場するかもしれません。実は、アルペンもテレマークもかなり上手い!と
評判らしいのです・・・・。


そして、この体験試乗会まで待てない!という方には
「テレマークスキーシーズンインキャンプ」があります。
12/19、12/26の週末、お洒落な "プチホテル アルム" に泊まり
「てるま〜く」の輝先生に、じっくりとテレマークの基礎を教わって、
スムーズなシーズンスタートが期待できます!
宿泊料金も特別価格でお得です〜〜〜??
レッスンの詳細は こちら をご覧ください。

今シーズンも、乗鞍ではテレマーカーがゲレンデを賑やかに滑ってくれそうです。
踵が上がるスキーで、ちょっと不思議な体験をお楽しみください。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-11-18 09:35 | アウトドア

敗走のクライミング~・・・。

11月も半ばに入ってきています・・・。 しかし今年の晩秋は
とても暖かくて、乗鞍岳山頂でも雪は全く無いほどです・・・。
まだ当分、バックカントリースキーは行けそうにありません。
・・・・・・・・・。

そんな中、神奈川のクライマーの人から1本の連絡が入り、
「ビレイヤーが見つからないので、長野県まで行きますから
一緒にクライミングお願いできませんか?」というお誘いが
入ったのでした~。 なので、暖かい分最後のクライミングの
追い込みを頑張ろうと思い、またクライミング行って来ました~。

f0182173_11321847.jpg
朝イチだけのクライミングなので、また、いつもの坊抱岩です。
でもこの日の朝はかなり寒くて、前日の雨が霧のように残って
いて岩が冷たくて、難しいコンディションでした・・・。

今回のパートナーは、隊長のK8と、T2さんです~。T2さんは
クライミング一筋のクライマーです!!


f0182173_11322939.jpg
そして今回は僕のクライミングからですぅ~・・・。 ターゲットは
この秋の僕の課題である「コズミックワールド(5.11b)」です・・・。
この画像の出だしの3手が核心なのです・・・。 いざっ!!、
ガチトライです!!
f0182173_11323560.jpg
今回は最初の気合の数手で、いつもは苦労するこの出だしの
核心を一発でクリア!!!  

「これは完登出来るのか?!」と思った矢先、、、

5クリップ目付近で、ふとした一手が滑ってしまい
フォール!!
・・・・・・・・・・!!!、、、。

腕もまだパンプしていなかった状態での簡単なミスでフォール。
「ぐうおぉぉぉ~~~~!!!!」と唸ってしまう程メチャ悔しい
ミスでした!!・・・・。 もったいなかったです。

しかし今回、初めて「繋がればイケる!」と思えたのでした。


f0182173_11324082.jpg
その後、T2さんのクライミングです~~。 僕がこの秋に3回目
のトライをして登れていない「コズミックワールド」へ一気にトライ
されていきました~。 

長いルートにも関わらず、素晴らしい保持力を発揮されていって
オンサイト!!
これには僕は、かなりビックリでした!!・・・・。
そして自分の情けなさが痛感させられた、素晴らしきT2さんの
オンサイトでした・・・。


f0182173_11324585.jpg
ラストは、シルエットになったT2さんのオンサイトトライです~~。
と~ってもカッコ良かったです~。そしてとても悔しかったですぅ・・・。


僕も、出来れば今年中に登りたいと思っていますが・・・、どうか・・・。
あとはコンディションと僕の腕の保持力次第ですね・・・。頑張ります。
なので、クライマーなみなさん、またよろしくお願いします~~。
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店もお待ちしていますぅ~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-11-17 07:29 | アウトドア

スーパーカミオカンデ?!

今回は、ある理由があり、北へと車を走らせました・・・。
そして、いつもは素通りしてしまう神岡町の、噂のアノ
施設へと立ち寄ってみました~。そう!、ノーベル賞で
また一躍有名になった、「スーパーカミオカンデ」のある
神岡町です~~。

f0182173_2046277.jpg
と言っても、凄まじいほど巨額な宇宙の研究施設である
「スーパーカミオカンデ」に僕たちシロウトが入れるワケも
無く、行ったのは「道の駅、スカイドーム神岡」ですぅ・・・・。
当たり前っちゃあ、当たり前ですけどね~・・・。 でもまあ、
ニュートリノの研究に触れるという事は、ここでも出来るの
です。

いつもは、バックカントリースキーに立山へ行く途中にここを
通るのですが素通りしていまい、これまで一度も立ち寄った
事が無かったのです。 でも僕は宇宙素粒子物理学理論には
非常に興味があり前から行ってみたかったのです! なので
今回のノーベル賞をみて、機会があれば行ってみよう!!と
なって今回、ある理由があり北陸へいくついでに立ち寄って
みたのでした~~。

f0182173_20463218.jpg
入り口には、「梶田隆章」先生のノーベル賞受賞の横断幕が
ありました! 梶田先生は、「ニュートリノに質量がある」事を
見つけた人です!! 東京大学宇宙線研究所長・教授であり、
同研究所附属宇宙ニュートリノ観測情報融合センター長です。
もちろん!専門はニュートリノ研究。この「ニュートリノ振動」の
発見により、2015年に、アーサー・B・マクドナルドさんと共に
ノーベル物理学賞を受賞しました。

f0182173_20463713.jpg
コチラは「スーパーカミオカンデ」の模型で覆われた部屋です。
ここに「スーパーカミオカンデ」と「ニュートリノ」の説明ビデオが
あるのです~・・・。

「ニュートリノ」とは・・・・、簡単に説明出来るか分かりませんが、
「ニュートリノ」は、その名前が表す通り中性の=電気を持たない
素粒子です。宇宙で一番小さい物質である素粒子は、クォークと
レプトンに分類され、ニュートリノはレプトンの中の電荷を持たない
素粒子なのです。 そして、電荷を持たないため、他の物質とは
反応しません。なので地球すら容易に貫通してしまうほどです!
そして光速に近い速度で運動するのです! なので、ニュートリノ
の観測は非常に難しく、長い間その性質は謎に包まれていました。
しかし!、梶田隆章さんがニュートリノの粒子でもあり波でもある
特別な性質から、ニュートリノの波の性質が、質量の決まった波
と波の重ね合わせとなって、ニュートリノが空間を飛ぶ間に波の
位相が変化するのを見つけました! この現象は、ニュートリノが
質量を持ち、かつ、質量ゼロではないニュートリノ混合がある時に
起こる現象です。 これを「ニュートリノ振動」と言います。 そして、
地球を素通りする間に数が半分になっていたニュートリノの中で
質量を持ったニュートリノが引っかかる現象を説明出来たのです!
それまではニュートリノの質量は0だと考えられていたので、この
発見は素粒子の枠組みを説明する「素粒子標準理論」に見直しを
迫る、画期的な結果だったのでした~~。

(これ以上の宇宙論は、カウンターでマスターと一緒にして下さい。
 よ、よろしくお願いしますぅ・・・・。 )


f0182173_20464160.jpg
しかし、宇宙素粒子物理学では、まだまだ分からないことがいっぱい
あるのです。 今でも「ニュートリノ」の観測はず~と行われています。
そしてこれから、話題になっている「重力波」の観測もこの神岡町で
行われるのです~!! これからも、世界的に宇宙素粒子物理学の
最先端を行く神岡町!、注目に値すべき小さな集落でしたっ!!


そして僕は思うのです・・・、地球や地球上の自然は全て、物理学の
法則に従って出来ています。雪の結晶も物理学で説明が出来るの
です! なのでスキーも物理学に則って運動が行われるのです!!
なので、この「物理学」をこれからのスキーに活かせないか?!と
言うのが永遠のテーマですね!・・・。 よろしくお願いします~~。
(何でもスキーに繋げるマスターは、イカれているのか??・・・・。)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-11-16 07:46 | 日常

乗鞍「地酒フェスタ」が開催されました~!!

今年も、乗鞍高原の3大・美味しい食のイベントである
「地酒フェスタ」が、大盛況で開催されました~~!!

f0182173_14321858.jpg
地元の女将さんたちのアイデアから始まった秋のイベント、
「地酒フェスタ」は、おもてなしの気持ちと美味しいアイデアが
てんこ盛り!の素晴らしい日本酒イベントです! そして年々
バージョンアップしていて、今年もお客様でいっぱいでした~!

f0182173_14322839.jpg
今年も長野県内のお酒を中心に内外から約40種類以上もの
お酒が集まりました~!これ、ぜ~~んぶ飲み放題なのです!
お酒は、乗鞍高原の美人女将さんたちが注いでくれるのです。
これは日本酒好きの方には、たまらないイベントですね~。

f0182173_14323335.jpg
そして!、毎年グレードアップしているような「おつまみプレート」、
また今年も充実していました!! これだけ食べきれない程です!
全て、乗鞍高原の女将さんたちの手作りの料理なのです!!・・・。
とても美味しそうですぅ~~。 

乗鞍協会加盟の宿に泊まって参加する場合は、参加費2500円が
500円割引で=¥2000-なるんです!! こ~んなに美味しくて
お得なお酒のイベントはなかなかありませんね~~。


f0182173_14323842.jpg
さらに!さらに!!、地元の女将さんの中でも蕎麦打ち名人の方が
会場で打つ「新そば」の実演は、この新蕎麦の時期ならではの嬉しい
逸品ですね~!! これも食べられるんです~~。


おつまみも最高に美味しくて、約40種類以上の地酒の飲み放題で、
ホロ酔いで気持ちよくて、とても楽しい「食」のイベントでした~~。
またブログを見て参加したいと思われた方は、来年ぜひどうぞ~~。
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店もお待ちしています~~。
よろしくお願いします~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-11-15 07:31 | イベント

白樺峠の生きものたち!

先日、乗鞍自然保護センターで興味深い企画があったので、
行ってきました〜♬
f0182173_1328663.jpg
「白樺峠で出会ったいきものたち」と題した無料のミニ講座です。
画像を見ながら専門家の方がやさしく解説してくださる、気軽な
自然勉強会で、毎年何回か開かれるので、とても楽しみにして
います~~。

f0182173_13281758.jpg
今回は乗鞍高原からスーパー林道A線を登ったところにある「白樺峠」で、
タカの渡りの調査
をしていらっしゃる「久野公啓」さんが講師です。
自然保護センター内にも、情報を提供してくださるので、鷹の渡りの事
についての展示や解説があります。

f0182173_13282358.jpg
たくさんの動画や写真を用意してくださったので、早速スタートです!
久野さんの専門は、鷹の中でも「ハチクマ」なんだそうです。
調査地でテント生活を続け、真っ黒に日焼けしたお顔が印象的でした。

f0182173_13282853.jpg
これが「ハチクマ」です!! 森の王者「クマタカ」に似ていて、
蜂の幼虫が好きなので、こんな名前がついたんだとか・・・・。
大きさはトビより少し小さめ、白樺峠で最も数多く観察される鷹で、
今年は2800羽ほどがカウントされたようです。

f0182173_13283631.jpg
蜂の巣を上手に掘って咥えた瞬間をおさめた画像も登場!
こうやって食べた後には、嘴を地面の樹の枝などにこすって、
綺麗にするのがお決まりだそうです。

f0182173_13284088.jpg
そして、今回のメインは実は「鷹」ではない、その他の動物たちなんです!
コチラは、調査地の近辺に設置された定点カメラに写った熊さんです!!
水場にのっぺりと寝そべって寛いでいる姿がラブリ~でした~!

f0182173_13284553.jpg
これは水浴びにやってきた「フクロウ」さんたちです~~~。
時々、ご挨拶のように"チュ"っとするのが 可愛らしいです!
動画でもご覧いただけます。→ https://youtu.be/GFQgHsRqskY

f0182173_13285170.jpg
これはスプリングバンクにもやって来るカラの仲間で「ヤマガラ」さん。
こうして野鳥もすぐそばにやって来て、慣れてくるとテントの中に遊びに
来たり、「ブランコに乗って鈴を鳴らしてからエサを貰う」 という手順を
覚えて!、催促するようになるそうです。
このために、ヒマワリの種やクルミを小さく砕いて用意するスタッフは
鷹の観察という本業以外で ちょっと忙しくなったりするとか・・・(^^;;)

f0182173_13285596.jpg

驚いたことに、アカネズミまでエサをもらいに来るそうです!!・・・・。
しかも手乗りですよ!! このまま手を移動しても、逃げずに乗っていました。
獲得したエサを地面に隠し、その上に落ち葉をかけてカモフラージュする
懸命の作業の様子なども動画で見せてくれました。

普段の生活サイクルでは、目にすることができない生きもの達の
チャーミングな姿を見ることができた大満足な企画でした~~~!
次にもついつい期待してしまいます。

この日の様子は「のりくら〜女将のとれたて情報」でもご紹介しています。
是非ご覧ください!

乗鞍自然保護センターは、11/15で閉館となります。
また来年の春 4/15に開館します。
乗鞍高原にお出掛けの際には、お立ち寄りください。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-11-14 07:25 | イベント

ワイン 379

今回のワインは、イタリアワイン好きなAy嬢が、乗鞍を去る時に
置き土産にしていった、素晴らしきスーパータスカンです~!!

「カ・マルカンダ、プロミス」2009年です~!!!!
f0182173_22114032.jpg
このワインは、イタリアはトスカーナ州のマレンマの地に、「ガヤ」が
手に入れたワイナリー。この「ボルゲリ」地区は、ボルドーブドウ品種
で造られた、最高のイタリアワイン=いわゆる「スーパータスカン」と
言われるワイン「サッシカイア」などを産み出す最高の地なのです!!

造り手は「アンジェロ・ガヤ」さんです! ピエモンテ州を本拠地にする
イタリアワインの生産者としてトップクラスの「アンジェロ・ガヤ」さんは、
「イタリアワインの帝王」と言われる程の最高の生産者なのです!!
最高のワインを造るためには一切妥協せず、その醸造はもう哲学的
らしいです!! 古き良き伝統を守りつつも、常に革新的な新技術を
取り入れ、近年のイタリアワインの地位の向上に最も貢献した人物で
「バルバレスコ」というワインを世界的に有名にした人なのです!!

1859年バルバレスコに「ガヤ社」は創立されてから、以来4代に渡って
ピエモンテ州のランゲ丘陵地帯でワインを造ってきました。現オーナー
「アンジェロ・ガヤ」さんは、90年代まで近年低迷していたこのワインを、
畑から醸造所までの近代化をして、革新を進めたのでした。その中でも
バリック(小樽)による熟成でタンニンを柔らかくする方法や、単一畑の
概念をこのピエモンテで初めて取り入れたのは、「アンジェロ・ガヤ」さん
でした!!

この「カ・マルカンダ」は、1996年に「ガヤ」さんがトスカーナ州・マレンマ
の地に手に入れた畑です。「カ・マルカンダ」とは、ピエモンテ州の方言で
「望みのない交渉の家」という意味らしく、この畑を手に入れるのに何度も
交渉しても断られたところからネーミングされたらしいです・・・。この畑は、
あの「サッシカイア」と非常によく似た、黒土土壌と石灰質が豊富で、石や
砂利の多い最高の土壌なのです。

その「カ・マルカンダ」で造られる「カ・マルカンダ」、「マガーリ」、「プロミス」
という3種類のワインの中で、最もスタンダードなワインが「プロミス」です。
メルロー種を主体に、シラー、サンジョヴェーゼを使ったブレンドで、ブドウ
品種ごとに別々に発酵を行い、熟成前にブレンドされます。その後新樽で
12カ月熟成がなされます・・・。



現在Ay嬢は、ある事情があり乗鞍近郊にいません。しかし今回僕たちは
彼女が「一緒に飲もう!」と言って置いて行ったこのワイン、「プロミス」を
飲んで、いつかまた絶対に、再び一緒にワインを飲もう!と思いながら
「プロミス」=約束という名のワインを飲みました~・・・。 彼女も、そんな
思いを、もしかしたら感じてこの「プロミス」というワインを置いていったの
かも知れません~。 いざっ、オープンですぅ~~。
f0182173_22113726.jpg
このワイン、開けてスグからとてもエキゾチックな素晴らしい香りがして
きます!! ラズベリー系の果実感と、イタリアワインによくあるハーブ
のようなニュアンス、そして森林浴のような複雑さ! バランスも良くて
良い香りです~。味わいも、タンニンと酸味のバランスが良くて、本当に
美味しいです~!! 時間が経つにつれてハーブっぽいのが、さらに
広がりました。  これで4千円台!! かなりオススメの「安旨ワイン」
でした~!!!

都会の喧騒を離れて、乗鞍高原でこんな美味しいワインはいかが
でしょうか~?! 「カフェ・スプリングバンク」へのご来店をお待ち
しています~。 よろしくお願いします~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-11-13 07:10 | お店のご案内

ヒマラヤン・シェルパ?!・・・。

ちょうど3年前の今頃・・・、僕たちカフェ・スプリングバンクは、
ネパールへエヴェレスト・トレッキングに行っていたのです・・・。
早いモノで、もうあれからすでに3年も経ってしまいました・・・。

f0182173_2223184.jpg
2012年の11月は一ヶ月弱まるまる休んで、エヴェレストを見に
ヒマラヤ・トレッキングに行っていたのです・・・。 目をつぶれば、
このカラパタールから見たエヴェレストが、あの砂埃やヤクの糞
だらけのトレッキング道などが、未だに鮮明に蘇えってきます!

でも、月日の経つのは早いです・・・・。もう3年も経ったのです・・・。
もうかなり懐かしく思えています・・・。でも、もう!また次の遠征に
出かけたい病になっていますです・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・。。。


f0182173_13214644.jpg
行ったのが11月だったので、毎年11月にはやはりエヴェレストの
想い出が蘇ります・・・。そのエヴェレスト・トレッキングの想い出に
また浸ろうと思って、ネパール料理を食べに行ってきました~~。


行き先は、噂の!大町市内の某所・・・。 山を愛する人の中では
超有名な、アノお店です!・・・。 このいかにも怪しげな商店街を
歩いていくと・・・・、ありました!!
f0182173_13215631.jpg
ネパール料理店、「ヒマラヤン・シェルパ」さんです~!!!

ここだけ電飾が付いていて、色彩も鮮やかな怪しい雰囲気!・・・。
そしてエヴェレストの大きな看板!!、一目で分かりました!・・・。
大きな期待と、少しの不安を胸に、いざっ、入店ですぅ~~。

f0182173_132248.jpg
店内は、タルチョやネパール仏教の写真などのネパールの装飾と、
ヒマラヤの山々の写真がい~っぱい飾られていて、雰囲気満点!

そして、待つこと15分程・・・、ネパール料理の決定版であり代名詞!
「ダルバール・タリカリ」が出てきました~!! 「ダルバール」とは、
ネパールの定食で、カレー味の豆スープとライス、その他つけそえ
でジャガイモやほうれん草(?)などが添えられている一皿です!
最初は、「?!」と思うかもしれませんが、慣れるととても美味しくて
僕にとっては懐かしく感じられます。豆のスープであるダルスープは
お代わり自由なシステムも、ネパールと同じでした。

f0182173_13221178.jpg
あまりに懐かしかったので、サイドメニューの「モモ」も注文しちゃい
ました~。「モモ」はネパールの餃子みたいなモノですね・・・。

スプリングバンクNは、グリーンチキンカレーをご注文~~。2人で
いっぱい食べ過ぎてしまいました・・・。 とても美味しかったです~。
次回はぜひ!ボスのTさんと一緒に行きたいと思いました~~。
山を登るのが好きな人の中で有名なのがよく分かりました・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-11-12 07:13 | 日常

スキーシーズンに向けてのニューアイテム!!

2016ウィンターシーズンに向けてのニューアイテムは、
去年話題になっていた、このジャケットです~!!

「パタゴニア、ナノ・エア ジャケット」です~~。
f0182173_19302370.jpg
この2015年の夏に、あるところからサポートして頂きました!!
「パタゴニア、ナノ・エア ジャケット」です!! このジャケットは、
ダウン製品のように暖かく、アウターウェアとしても使えるぐらい
防風性があり、そして汗をかいてもヌケが最高!らしいです~。

最近少し寒くなってきたので、着てみたのですが、噂どおりの
暖かさはありますね!・・・。これで冬にバックカントリースキー
で使ってみて、汗のヌケというのは試した見たいと思います・・・。
色も、僕の好きな情熱のオレンジ色で、とても気に入ってます!
BCで使う前の現在、唯一の不満は、パタゴニアのウェア全般に
言える事なのですが、袖の部分だけが異常に長くて手首周りが
煩わしいです・・・。なかなか海外メーカーのウェアは、サイズが
ピッタリいきませんね・・・。 その他は素晴らしい感じです~!!

これから始まる2016冬シーズンは、この「ナノ・エア ジャケット」
を使って、限界のその先までラッセルして突っ込んで行きたいと
思っています!! みなさん2016冬シーズンも僕のBCスキー
にお付き合い下さい~~。 よろしくお願いします~!!

(Special Thanks to Mr.K & Mm.)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-11-11 07:29 | 日常