<   2016年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

オーバーヘッドパウダー!!!@Mt.乗鞍!!

先週の13日から雪はいきなり降り始めた・・・。
そして、乗鞍高原では今週になってからも、
生活がマヒする程の大雪が降り続いている・・・。

雪が降ったら
今日もまた、
行くしかない!!

f0182173_1314179.jpg
朝起きると、毎日お店の除雪から始まるのだが、
昨日の朝イチは除雪の雪が極軽だったので!、
車が動くぐらいだけの除雪をしてスグ!Mt.乗鞍の
ゲレンデへと、パウダーを滑りに行ってしまったので
あった~!!!・・・。 あぁ、パウダー中毒・・・・。

f0182173_1314758.jpg
Mt.乗鞍スノーリゾートは、「本州の北海道」と言われている程
ドライでサラッサラの極軽のパウダースノーが降るのだ!!!
この日の朝イチ1本目を滑ると・・・、胸まで舞い上がるパウダー
スノーに、思わず遭難してしまいそうなぐらいだったぁ~!!

f0182173_1315452.jpg
通常ならここまで深い雪だと、なかなか前に進まないのだが、
そこは乗鞍の極上のパウダー!、抵抗も無く板も良く走って、
どれだけスピードが出ているのか、自分は一体どこに居るのか
が、分からなくなる程の、極上最高のパウダーライディングが
楽しめるのであったぁ~~!!!


ここからまた、乗鞍ローカルに合流して
パウダーセッションが始まった~!!!

f0182173_132291.jpg
やはり最初は、Mr.K のテレマークパウダーライディングだ!
昨日の彼は、超ファットなテレマークスキーを履いていたので
パウダーの上を泳ぐようにスムーズなライディングだった~。
f0182173_132847.jpg
しかし、カメラを構えた僕の前ではしっかりと極上のスプレーを
舞い上げて滑って行ってくれたのであった~!!!
本当にMr.K は、いつも最高にカッコイイ滑りのスキー画像を
撮らせてくれるのだ。


f0182173_1321234.jpg
そして2番手は、Mmちゃんのテレマークライディングだ~!!
同じコースを思いっきりスピードに乗せて、腰まで来るパウダー
のスプレーを上げて滑っていってくれたのであった~!!!

f0182173_1321742.jpg
彼女のライディングも、パウダーテレマークライディングの
お手本のような滑りで、いつも絵になる!!・・・。 これぞ!
という感じなのである。


そして!、Mmちゃんが撮影してくれた、キセキのような!、
僕のオーバーヘッド
パウダースキーの
シークェンスだ!!

f0182173_1323615.jpg
f0182173_1324142.jpg
f0182173_132497.jpg
f0182173_13255100.jpg
f0182173_133027.jpg
顔まで舞い上がって前が見えなくなる程のスプレー!!!
その中から切り替えで浮いてきて、もう一度突っ込んで行き、
そしてもう一度、顔まで掛かるスプレーでオーバーヘッド!!
ノリクラパウダー、
本当に最高だ!!



どうですか、みなさん!!、 まるで北海道のようなパウダーの
画像に見えませんか?! そしてコレを滑りたいと思いませんか?!
みなさん、ぜひ!大雪が降ったらMt.乗鞍スノーリゾートへ滑りに
来て下さい~!!そして僕は「カフェ・スプリングバンク」で皆様の
ご来店をお待ちしています~!! よろしくお願いします~~。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2016-01-21 07:00

新入荷のスペシャルビールのご案内~!!

この冬に「カフェ・スプリングバンク」が仕入れたスペシャルな
ビールは、ジャケットが雪に埋もれているトレイラーハウス!
というホワイトIPAで、思わず惚れてジャケ・買いしていまった
「ニューベルジャム」の2種類のビールです~!!


1本目、「アキュミュレーション、ホワイトIPA」です~。
f0182173_21372170.jpg
このビールは、アメリカはコロラド州・フォートコリンズという
町の「ニュー・ベルジャム、ブリュワリー」社で造られている
「アキュミュレーション、ホワイトIPA」というビールです~!!

この「ニュー・ベルジャム」という会社は、キンバリーさんと、
夫のジェフさんとで1991年に創立されました。一番最初は
自宅の地下室で自分たちのビールを造った所から始まった
ようです。最初はベルギービールが大好きなのでベルギー
タイプのビールを造っていたので、社名が「ニューベルジャム」
なのです~。そして、こだわり抜いて造られている看板商品
である「ファットタイヤ」ビールが大当たりして、クラフトビール
では、現在アメリカ第4位の規模にまで成長したのです!!
(ファットタイヤはエールタイプのビールでは、全米第1位の
売り上げだそうです!!)

この「アキュミュレーション、ホワイトIPA」は、シーズナルな
冬限定品。ホップはナゲット、センテニアルホップを使用して、
ドライホッピングには、モザイクホップとアマリロホップを投入
しています。 そして「ホワイト」と言うように、ウィートモルト=
小麦麦芽を大量に使用し、ホップの苦みをうまく和らげている
のです~! スムースなウィートと、ビターな苦味の味わいが
冬にピッタリのビールだと思います。(苦味数値「IBU:70」です。)


2本目、「アビー」です~!!
f0182173_21372716.jpg
2本目のビール、「アビー」は、「World Beer Cup」で4つの
メダルを受賞しているベルギーのアビィタイプのエールです!
そして!「Great American Beer Festival」でも8つのメダル
を獲得するという華々しい受賞歴なのです~!! デザートの
ベルギーチョコと一緒に優雅なひと時を過ごすのには、最適!
らしいです・・・。アメリカ・コロラド州のビールなのですが、本場
ベルギーのアビィエールをも凌駕するほどの素晴らしい味わい
です!! (苦味数値「IBU:20」です~。)


f0182173_21373270.jpg
そして、「ニューベルジャム」は、環境保護にもチカラを入れて
いて、ビール醸造過程での水の使用量を、3分の1も少なくして
処理水の80%をリサイクルすることに成功!! また、電力を
100%風力エネルギーを使用する最初のビール会社となって
います!! その結果、9,466トンの二酸化炭素が流出される
のを防いだらしいです・・・。夫婦による家族経営から始まったの
ですが、10年後にはクラフト・ビール会社では5番目の規模に
まで成長!、ここ5年間の成長伸び率1位のクラフト・ビールの
会社にまでなりました~~。 こんな、エコな努力をしている所も、
僕が気に入っているトコロなのです~。真ん中の「ファットタイヤ」
は、「ニューベルジャム」社の看板商品で、以前取り扱っていた
のです~。以前ブログに書いた時は、入手困難度トリプルA!と
書いたのですが、現在は日本で公式に輸入されているようです。
なので、これから徐々に「ファットタイヤ」も仕入れる事が出来る
ようになると思います~~。 よろしくお願いします~。


この機会に、ぜひ!「ニュー・ベルジャム」の2種類のビールを
飲んでみてください~。「カフェ・スプリングバンク」へのご来店を
お待ちしています~!!  よろしくお願いします~~。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2016-01-20 07:35 | お店のご案内

ドカ雪キタ!→滑りに行くでしょうっ!!

今シーズンは、ここまで本当に雪が少なかった!!・・・・。
標高の高い乗鞍高原でも、全く雪が無い状態だった・・・。
スキーヤーもスノーボーダーも、、誰もが雪を欲しがった。
しかし、突然!!
その日は訪れた!

f0182173_13172868.jpg
前日の夜からフワフワと白い大きな雪の粒が一気に降って
辺り一面を真っ白な冬の景色へと変えていったのだった・・・。

東京などの都会では、大雪が降る!というニュースが流れて
注意喚起をしていたが、僕たち雪山滑走愛好家は、密かに(?)
ニンマリとしていたのだと思う・・・。 
そう、やっと大雪が
降り積もったのだ!



f0182173_13155660.jpg
そして!!、
大雪が降ったら、
ヤル事はひとつ!!

パウダースキーだ!

f0182173_1316277.jpg
まず最初は、この日に合わせて休みをとっていたAK君だ!!
今回が今シーズン初パウダーらしいのだが、今日も素晴らしい
パウダーライディングを魅せてくれました~!!

f0182173_1316628.jpg
オープンしたばかりの一面パウダーに覆われたカモシカ斜面に
思いっきりの良いフォールラインに落ちていくシェプールを描いて
高速で滑っていったのだった~!!! そして何本ものファースト
トラックを頂いていったのだった~~!!!


f0182173_13161961.jpg
そして、AK君に遅れないように頑張って滑ってきた僕の滑りです~。
カモシカ斜面で、約30cmぐらいの積雪だった・・・。ドカ雪というなら
もう少しは積もっているのかと思ったのだが、贅沢は言うまい・・・。

f0182173_13162533.jpg
今シーズン初のカモシカリフトに乗って、リフト線下の吹き溜まった
ディープな箇所へとドロップ・イン~!!!
f0182173_13163092.jpg
そして、その後は腰パウになっていったのだったぁ~!!!
(右下に僕が滑っているの、わかりますでしょうか??・・・)
あぁ、またもや
快感!!・・・。



いつも通り、Mt.乗鞍スノーリゾートは、大雪が降ったら最高&快楽の
パウダーライディングをリフト混雑や渋滞無しで楽しむことが出来ます!
ぜひ!みなさん、PJを自称するならMt.乗鞍スノーリゾートのパウダー
を滑りに来て下さい~!! 「カフェ・スプリングバンク」へのご来店も
お待ちしていますぅ~!! よろしくお願いします~~。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2016-01-19 07:08 | 山の風景

テレマークスキー体験試乗会が開催されました~。

この週末の16日(土)~17日(日)に、「てれのり」が主催の
テレマークスキー体験試乗会が、今年も行われました~!!

f0182173_1131716.jpg
毎年、吹雪や暴風の中の開催となるのですが、今年は快晴!!
素晴らしい青空に真っ白な乗鞍岳が聳えて見える最高の天気!
こんな事もあるんだなぁ~!、とみんなで驚いていたのでした~。


f0182173_1132531.jpg
今年は、開催場所が、Mt.乗鞍スキー場のゲレンデの一番下部
にある「レストラン・のりくら」さんの前での開催となりました~~。
ちょっと分かりにくかったかも知れませんね・・・・。

f0182173_1133524.jpg
この「体験試乗会」の趣旨は、テレマークを試してみたい!・・・と
思っていても、なかなか最初に始めるのに道具を全て揃えるのは
お金が掛りすぎるし一度体験してからにしてみたい~と思っている
方の最初のキッカケにして貰いたい!という事でやっています!
商品の販売目的ではないスタイルの体験会は、毎年とっても好評
なんです~!! しかも!、1人(または1組)の参加者に対して、
テレのりのスタッフが1人付き添ってくれます。ブーツや板を選んで
あわせるところから、丁寧にサポートしてくれます。

f0182173_1134968.jpg
スキー自体が初めての方の場合は、歩くことからスタートします。
アルペンスキーなどの経験者は、緩斜面を滑って、感覚を掴んで
もらいます。 レッスンではなく、一緒に滑ってテレマークの面白さ、
楽しさを伝えよう!という主旨で運営しています~。なので安心も
ご提供出来る!というのが嬉しいですね~。

f0182173_1135565.jpg
そして、踵が上がる感覚と歩いたり滑らせたりする感覚を確認したら
リフトに乗って上まで行って見ましょう~。やはりテレマークスキーは
滑るのが楽しいですからね~。この日のお客さんは、一瞬でハマって
しまって、午前も午後とも参加されていた方もいらっしゃいました!!
こうやってハマってくれて、Mt.乗鞍スノーリゾートで一緒にテレマーク
スキーで滑る仲間が増えてくれるのが、「てれのり」としてはと~ても
嬉しいのです~。そして、どんどんテレマークスキーのメッカになって
行って欲しいと思っています~。

テレマークスキーヤーの方!、ぜひMt.乗鞍スノーリゾートに来て
また一緒に滑ってください~。よろしくお願いします~~。そして僕は
「カフェ・スプリングバンク」で皆様のご来店をお待ちしています~!!

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2016-01-18 07:02 | イベント

新入荷のラム酒のご案内~!!

前回のミレジメ(ヴィンテージ)のボトルが無くなったので、
新しく同じメーカーのラム酒を仕入れてみました~!!

今回のラム酒、「Jバリー、アンブレ」です~!!
f0182173_1065674.jpg
この「Jバリー」というラム酒は、カリブ海に浮かぶ西インド諸島
の中のラム酒の一大名産地である「マルティニーク島」で造られ
ています。そのマルティニーク島で造られる数々のラム酒中でも、
この「Jバリー」は、マルティニーク島で初めて純粋なサトウキビ
のジュースからラム酒を生産することを始めた、最初の蒸留所の
一つだと言われているのです!! かつてはペレ山の近くにある
ラ・カルベ町に居を構えていたので、「カルベ蒸留所」と言われて
いましたが、1917年にエンジニアだったジャック・バリーさんが
買収して「Jバリー」という名前なったようです。 純粋にサトウキビ
からラム酒を造る手工業的な製法は、「アグリコール」と呼ばれて
いて、現在の工業的なラム酒は「インダストリアル製法」とは全く
違います。

「アグリコール製法」のラム酒のほうが、サトウキビジュースから
造られているので、贅沢な造り方で、インダストリアル製法ラムに
比べ原料費はなんと10倍にもなるそうです!! サトウキビは
収穫後はスグに劣化するので、収穫したらすぐに圧搾しなくては
なりません。そのジュースは36時間ほどの発酵させ、連続蒸留器
で蒸留され、アルコール度数70度前後の原酒が出来上がります。
そして「熟成ラム」の場合は、樽に入れて熟成庫で寝かせます。
熟成ラムはカリブ海の湿気と熱気のために、ウイスキーの3倍もの
スピードで熟成感が進むと言われています。熟成に使用する樽は
内側を大きく焦がしたバーボン樽使用が多いようです。 そして!
マルティニーク島の熟成ラムは、ラム酒で唯一フランスのAOCが
認められています!! 最低3年の熟成期間が必要なのです!!
 
この「Jバリー、アンブレ」は、26,000リットルの超超大樽の中で、
18~24ヶ月間熟成されたダークラムなのです。 


この「Jバリー、アンブレ」、比較的安めなので、ぜひこの機会に
ご賞味下さい~。「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ち
しています~!! よろしくお願いします~~。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2016-01-17 07:07 | お店のご案内

ついに!カモシカリフトがオープンです!!#Mt.乗鞍。

ついにっ!!、
カモシカリフトが
本日オープン!!


f0182173_14233354.jpg
昨日は、今シーズン初のゲレンデパウダーが滑れたとお伝え
しましたが、本日16日の土曜日から、ついにカモシカリフトが
オープンします~!!


なので、乗鞍ローカルの僕たちは、パウダーがまだ残っている
昨日のウチに、まだパトロールがゲレンデやリフト整備中だった
カモシカ斜面を自分の足で登って、滑ってきました~・・・。

f0182173_1427554.jpg
まず、一番最初に登って滑ってきたのは、Mmちゃんです~!!
カモシカ斜面に残っているノートラックのパウダーへ、スピードに
乗って滑っていきました~!! カモシカ斜面の上部は、極軽の
パウダーで、膝~腿パウになっていました~。
f0182173_14271127.jpg
そして、カモシカ斜面下部では、スピードに乗りながら思いっきり
気持ちのイイターンを描きながら滑っていったのでした~~。

f0182173_14271576.jpg
そして!2番手は、一緒に滑るのは久しぶりのMr.K のテレマーク
ライディングです~!! Mmちゃんの後に続いていつもの感じで
豪快にパウダーを巻き上げて滑って行ってくれました~!!
f0182173_14272011.jpg
彼の豪快なテレマークライディングは健在でした~! スピードに
乗った素晴らしいパウダー画像を、以前と全く同じように撮影させて
くれたのでした~~。 どうもありがとうございました~~。

f0182173_17004.jpg
そして、みんなの後、最後に僕のパウダーライディングですぅ~。
みんなのシェプールに合わせて、超久しぶりのショートターンで
攻めてみました~~。この画像は、一番下からスプリングバンクN
に撮影して頂きました~~。
f0182173_1701773.jpg
そして、どこまでも落ちていったのでした~・・・。 
あぁ、快感!!・・・。

f0182173_14272437.jpg
僕たちが滑ると・・・、スグにノートラック斜面はシェプールだらけに
なってしまいました~・・・・。 乗鞍ローカルのみんなは上手いから、
シェプールがキレイ~!!・・・・。



そして!!、
f0182173_142855.jpg
カモシカ斜面のオープンに向けて、
いきなり!、さんぞくっく登場~!!

「さんぞくっく」は、Mt.乗鞍スノーリゾートのオフィシャルマスコット
です~。「スキー場キャラ・グランプリ」にも出場中なのです~!!

昨日の「さんぞくっく」は、Mt.乗鞍のスキー場の中を、縦横無尽に
高速カービングターンで滑りまくっていました!!

f0182173_14281116.jpg
でも、「さんぞくっく」の弱点であるリフト際を、スプリングバンクNが
しっかりとキャッチ~。 同じリフトに乗って捕まえたのでした~!!

f0182173_14281681.jpg
「さんぞくっく」と初リフトでデート中のスプリングバンクN!!・・・。
ヌイグルミと会話が出来るスプリングバンクNは、「さんぞくっく」と
一体どんな話をしたのでしょうか?!・・・。気になるところです~~。


カモシカリフトがオープンしたら、残るは鳥居尾根リフトのみなので
全面コース滑走まであと少しです~! そしてパウダーが降ったら
まさに!天国となるMt.乗鞍へと滑りに来て下さい~! さんぞくっく
にも会いにきてやってくださいね~。 僕は「カフェ・スプリングバンク」
で皆様のご来店をお待ちしています~。 よろしくお願いします~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2016-01-16 07:22 | 山の風景

やっとキタぁ!!!、ノリクラパウダー!!!

やっとキタァ!!!
パ、パ、パ、パァ、
パウダーがぁ!!


f0182173_14174421.jpg
前日の水曜日の夕方から、羽毛のような大粒の雪が一気に降ってきて、
夜のBARタイムの営業が終わる頃には、お店の周りも一気に真っ白に
なっていきました~!!! でも、まだ今シーズンになってから除雪は
一度もしていません・・・・。

f0182173_1321460.jpg
そして一夜明けて、「カフェ・スプリングバンク」の定休日である木曜日の
朝イチに、Mt.乗鞍スノーリゾートのゲレンデへと行って見ると・・・、!!、
そこは、まだ薄くではありますが、一面ホイップクリームのような新雪で
覆われていましたぁ~!! やっと!今シーズン初のパウダーです!!


f0182173_1321162.jpg
まず最初は、山麓リフト線下の「ブッキー」コースのパウダーです!!
逆光ですが、胸元までパウダースノーが舞い上がりました~!!!
今回は本当に極軽のパウダーで、まるで抵抗がないぐらいでした~。
なので、けっこう積もっていたのに底突き感がありました~・・・。

f0182173_13215032.jpg
コチラはゲレンデ一番下の「フィニッシュコース」のパウダーです~~。
ここも、いつも未圧雪コースの急斜面なので、パウダーが降り積もると
メッチャ気持ちイイパウダー三昧のコースとなるのです~~。
f0182173_13212237.jpg
ここでも今期初の
腰パウだぁ~!!


本当に今年は、雪がメチャメチャ少ないシーズンとなっていますが、
やっと今シーズン初のゲレンデでのパウダーを喰らえました~!!


f0182173_13221029.jpg
そして、この積雪のお陰で、「兎待ちコース」と「木の陰コース」が
オープンになりました~!! パトロールの皆さんの懸命な作業の
お陰です!! いつも本当にありがとうございます~~!!

f0182173_13221492.jpg
もちろん!、オープンと同時に、パウダーに覆われたこの2つの裏道
的なコースへと突っ込んでいったのでした~!!画像は乗鞍ローカル
のパウダージャンキーのスノーボーダー、TT君です~。 パウダーが
降ったら、必ず滑っている彼です~。

f0182173_13221914.jpg
そして、木の陰コースのスプリングバンクNのテレパウダーです~!!
この辺りはまだまだ積雪がとても薄いので、藪や石があるので、注意が
必要ですね~・・・。 

f0182173_13222411.jpg
こうなると、最上部のカモシカ斜面も、オープン間近だと思います!!
カモシカ斜面のパウダーは、標高が高いのと、ボウル状の地形のため
本当に極上のパウダーになるのです!! 僕は明日(今日)も偵察に
行ってみようと思います~~。

やはり!、ノリクラパウダーは最高に軽い極上の感触ですね~!!!
こんなパウダースノーを滑りにMt.乗鞍スノーリゾートへ来て下さい~。
そして僕は「カフェ・スプリングバンク」で、皆様のご来店をお待ちして
います~!! よろしくお願いします~~。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2016-01-15 07:18 | 山の風景

今週末は、テレのり体験試乗会です~!!

今週末の16日(土)~17日(日)は、てれのり体験試乗会が
開催されます~!! テレマーカー率がとっても高いMt.乗鞍
スノーリゾートで、テレマークスキー体験会&試乗会を一緒に
して、テレマークスキーをやってみたい!、けどテレマーク一式
買うのは高価だしタイヘン!と思われている方に、テレマーク
スキーを初体験してもらおう!と思っています~~。

主催は、乗鞍のテレマーク愛好家の集まり「テレトピアのりくら」
によるもので、毎年たくさんのメンバーが各地からこのイベントの
ために手弁当で集まり、スタッフとしてサポートしています。

f0182173_13243525.jpg

※PDFで拡大して表示したい方は下記をクリック!
http://norikura.gr.jp/wp-content/uploads/2016/01/テレ体験試乗会2016最終.pdf

【場所が変更されています!】
場所は、ゲレンデ一番下部の「レストラン・のりくら」前です~。
f0182173_20525643.jpg
テレマークに興味がある、ちょっと試してみたい・・・という方のための
体験試乗会イベントなのです。スキー学校のような堅いレッスン形式
ではありません。 お申し込みいただくと、待機している「テレのり」の
スタッフが付き添い、テレマークブーツ選びから装着、テレマーク板を
選んで履くまでしっかりサポートしてくれます~。 そのまま、サポート
してくれたスタッフがゲレンデにも一緒に付き添って滑ってくれますよ!

テレマーク初体験
いかがですか?!

これだけバッチリのサポートがついていれば、誰でも安心して試す事が
できると思います~!! 料金1000円は、道具のレンタル料ではなく
万が一のための保険加入と諸経費です。

1日目の1月16日(土)は、午前10:00と午後13:30の2回、
2日目の1月17日(日)は、午前10:00の1回、行われます。
時間の30分前から受付を開始しますので、是非お越しください!


昨年も同時期にこの体験会を実施していますので、その様子は
こちら をご覧ください。

Mt.乗鞍スノーリゾートで、楽しいイベント! 新しいチャレンジ!
この冬、踵の上がる不安定が一層楽しいテレマークスキーに
脚(踵?)を踏み入れてみませんか~?!
ご参加お待ちしています~~~(^O^)!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2016-01-14 07:19 | イベント

シングルグレーンウイスキーのご案内~。

最近、サントリーで新しく発売した「知多」というウイスキーがあります。
これはモルトウイスキーではなく、グレーンウイスキーというモノです。
知らない方もいらっしゃると思いますので、今一度グレーンウイスキー
というモノについて書こうかと思います・・・。

で、お店にあるグレーンウイスキー、
「ストラスクライド、1980、27年、ダンカン・テイラー」です~!!
f0182173_2129033.jpg
この「グレーンウイスキー」というのは、モルトウイスキーの原料である
大麦麦芽の他に、トウモロコシ、小麦などの穀類を原料として発酵させ、
連続式蒸溜機で蒸溜するウイスキーです。モルトウイスキーの蒸留器
である「ポットスチル」で1回ずつ蒸留するのではなく、連続して一気に
アルコール度数を90%以上にまで蒸留する巨大な塔のような蒸留器
なのです。 そしてグレーンウイスキーは、風味が軽い穏やかな性格
のため、ブレンデッドウイスキーに混ぜて使われるのです。
 グレーン
ウイスキーも、やはり樽で熟成させます~。 スコットランドでは歴史上、
地域区分上ではローランド地方に、多くグレーンウイスキーの工場は
あります。なのでこの「ストラスクライド」も、スコットランド最大の都市
「グラスゴー」市にあるのです!!

そしてこの「ストラスクライド・グレーン蒸溜所」は、1927年にロンドンの
ジンのメーカーである「シーガー・エヴァンス」社が最初に設立しました。
その後、ウイスキーの会社である「ロング・ジョン」社が買収して持ち主に
なって、グレーンウイスキーが生産されました。

「ストラスクライド蒸溜所」は巨大な倉庫群、クーパレッジなどの設備を
併せ持つ巨大な工場群であり、特筆すべきは、かつて蒸留所敷地内に
モルトウィスキーの蒸溜所「キンクレイス」を併設していた事です!!
この「キンクレイス」というモルトウイスキーは、幻のウイスキーの中で
最高クラスに入手困難なモルトウイスキーで、最後に蒸留されたのは
1975年なのです!! 現在は数十万円クラスで、普通だと手に入る
ことはありません・・・。


グレーンウイスキーを生産する連続式蒸留器は合計7基もあります!
2基はグレーン・ウイスキーの製造に、残り5基は他のお酒に使われる
ニュートラル・スピリッツの生産に充てられているらしいです・・・。そして
1994年には、「アライド・ドメック」社に買収されて、さらに、2005年に
「ペルノー・リカール」社が親会社となり経営されています。


この「ストラスクライド」というグレーンウイスキーは、グレーンらしい(?)
なぜかスッとか細い感じのウイスキーですが、ココアのような甘い香り
があり、27年熟成なのでとてもスムーズな味わいです。とても面白い
です。いつもモルトを呑んでいらっしゃる方には、ぜひ飲んで頂きたい
と思う、面白い長期熟成グレーンウイスキーです~~。


f0182173_2129584.jpg
このウイスキーをボトリングしたボトラーズは、「ダンカンテイラー」社
です。「ダンカン・テイラー」社は。ウイスキーの樽の仲介業者として、
地元グラスゴーで創業。 個人所有としては最大の樽を所有している
のです!! その後、スペイサイドへの移転を機に樽のみの仲介を
止めて、オリジナルスコッチウイスキーのボトリングを専業としました。
この「ピアレスコレクション」は、同社の代表的なシリーズで、レアな
ウイスキーの20年以上熟成された樽だけを、ボトリングしています!
他にも、閉鎖蒸留所のみで構成される「レアレスト・オブ・ザ・レア」や、
蒸留所の個性を明確にさせた「NC2」シリーズや、「ロナック」シリーズ
などなど、いろ~んなコレクションボトルを展開しているボトラーズです。


巷ではほとんど見かける事は無い「グレーンウイスキー」・・・、ですが、
この機会にぜひ!ご賞味下さい~~。 「カフェ・スプリングバンク」で
ご来店お待ちしています~!! よろしくお願いします~~!!

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2016-01-13 07:28 | お店のご案内

八ヶ岳、大同心大滝、アイスクライミング~。

「クリスタル・タワー」が細すぎて登れなかった僕たちなのだが、
このまま何もせずに帰ることは出来ないっ!・・・、と言うことで
どこか1本登って帰ろう!という事になって、急遽ターゲットを
変更して、「大同心大滝」へと登りに向かったのであった~・・・。

f0182173_20151336.jpg
「大同心大滝」は、この八ヶ岳アイスクライミングでは、けっこう
メジャーな場所らしいのである。ここへは一旦「赤岳鉱泉山荘」
まで戻ってから、再び大同心沢を登っていったのであった。

ここより下の登山道では雪が無いところも多くて、アイゼン歩行
がかなり苦しい状態だったのだが、この辺りの沢筋は全て凍り
ついていて、アイゼンでキュキューと音を立てて登っていくのが
イイ感じなのであった。

f0182173_20151955.jpg
沢を詰めて登ること約30分・・・、すると!目の前にドオォォ~ンと
完全に凍りついた蒼く巨大な氷瀑が現れたのであった~!!!

f0182173_20152513.jpg
これが大同心大滝!
全身がブルーアイスになっていて、完全な形で凍り付いている!!
高さも約50m以上はありそうだ!! ビルの5~6階ぐらいはある!
見た瞬間、これを登るのか?! と、胸が高まったのであった~。

f0182173_20153228.jpg
最初の比較的簡単な1段目を、僕がリードで登らせていただいた・・・。
約1年ぶりのアイスアックス&アイススクリューでのプロテクションだ。
最初はかなり緊張して、アイゼンやアックスのの刺さり具合を感じて
少しずつ登っていったのであった~・・・。

f0182173_20153748.jpg
でも、メチャ久しぶりのアイスクライミングだったので、緊張して怖くて
やはり、というか、かなり!ヘッピリ腰になっていて、何だかかっこ悪い
写真になっていたのであった・・・・。

f0182173_20154625.jpg
そして上部は、ガイドのNJさんのクライミングだ!! やはり慣れている
ので滑らかでスムーズなクライミングだ!! アックスを振って氷壁に
刺さる音が僕とは違う!!

f0182173_20155133.jpg
上部は2段になっているのだが、そのまま2段とも一気に登っていかれた
のであった~!! 普通だったらもう1段ピッチを切って一つずつなのか
どうかは分からないが、とにかく素晴らしいクライミングなのであった~!!


f0182173_20192741.jpg
アイスクライミングは、岩壁を登るフリークライミングとはまた違う感じで
アックスがあるので基本ホールドはガバなのだが、アックスを振るという
行為で、腕や手から血流がストップしてしまうのでスグに冷えてしまうの
で、手を下ろしてレストを心がけないとスグに手の指が凍りつくぐらいに
冷たくなって感覚がなくなってしまうのである。 これがヤバイのだ!!
そして血流が無くなると腕もスグにパンプアップしてしまい、そうなって
しまったらもう登れなくなってしまうのである!・・・。アイスクライミングも、
フリーとはまた違った意味で難しく、本当に奥が深いのであった・・・・。

f0182173_20193665.jpg
それでも何とか、手の指が凍傷にならないか?という極寒にも耐えて(?)
大同心大滝を完登して終了点まで登れたのであった~。 まあフォロー
なので当たり前か・・・・。 でも久しぶりのアイスクライミング、メチャ楽し
かったのであった~!!


f0182173_2016114.jpg
この「大同心大滝」は、上部に抜けて登山道で歩いて帰る道は無いらしく
登りきったら、懸垂下降で帰っていくのであった~。 さ~よ~なら~~。
シュウゥゥゥゥ~~~~・・・・。
そして、また来た道(沢)を歩いて帰っていったのであった~・・・。


f0182173_201677.jpg
ラストショットは、帰りの登山道で出会った、真っ黒なカモシカさんです。
道端で、草をはんでいらっしゃいました~・・・。約3mぐらいと、あまりにも
至近距離だったので、ちょっと怖かったですぅ~・・・。 でも、もしかしたら
「山の神」の化身(?)かも知れないので、通り過ぎるときに「大雪・ドカ雪」
のお願いを心の中でしておいたのでした~~。


また、アイスクライミングは、乗鞍高原の「善五郎の滝」が凍りついたら
みんなで楽しみたいと思っています~。 よろしくお願いします~~。
そして僕は「カフェ・スプリングバンク」へのご来店もお待ちしています~。
よろしくお願いします~~!!

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2016-01-12 07:14 | アウトドア