<   2016年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

八ヶ岳、クリスタルタワー。

2016年になってから、1発目の「カフェ・スプリングバンク」の
定休日は、雪が少ないけど晴れたら、ガッツリと山へ登って
滑ってヤろう!!、そう思っていたのだが生憎の曇りの天気
で、雪は積もらず、バックカントリースキーにも行けないような
微妙な天気なのであった・・・。

f0182173_1139865.jpg
そんな中、いつも多忙なガイドのNJさんから1本の連絡が入り
「こんな天気なので、八ヶ岳でのアイスクライミングはいかがで
しょうか?!」という絶好のお誘いが入ったのであった~!!
なので、これは
行くしかない!!
という事で、バックカントリースキーで山は滑れなかったのだが
冬の八ヶ岳へとアイスクライミングを、例の本番の練習も兼ねて
楽しみに行ってきたのであった~!!・・・。

f0182173_11391330.jpg
八ヶ岳のアイスクライミングのメッカ「赤岳鉱泉」という山荘へは、
この美濃戸口というところから登っていくのだ・・・。 先シーズンの
一昨年の12月にも、ここからアイスクライミングをしに入山したの
だが、今年はここでも雪は全くありません!!先シーズンは12月
でもこの辺りは雪深くてRV車にチェーンを巻かないと入れなかった
のだが・・・、今年は1mmも雪がありませんっ!! 本当に今年は
異常なほどの少なさなのである・・・。

そんな中、八ヶ岳山荘のまん前に、何だかと~ってもオシャレ~な
「J&N」というカフェがオープンしていたのであった~!! ネットで
見ていたのだが、この八ヶ岳の入り口にあるというのを知らずにきて
ここにあったんだ~!と、ビックリだった・・・。 だんだん山の世界も、
「ウィスラー」や「シャモニー」のような海外の山岳リゾートのように
オシャレになってきているのを感じて、嬉しかったのであった~。
僕たち「カフェ・スプリングバンク」も同じ想いで乗鞍高原でカフェを
やっているので、自分たちも頑張ろう!と思ったのであった。


f0182173_1139187.jpg
本題のアイスクライミングなのだが、今回はガイドのNJさんのターゲット
である「クリスタル・タワー」と言う細い一本のツララ状の氷柱を目指した
のだった~。

一路、美濃戸口から赤岳鉱泉山荘へと歩いて登っていく・・・。この辺り
でも、メッチャ雪が少なかった。今回の目的はアイスクライミングなので、
登山道は雪が少なくて歩き易かったのだが、八ヶ岳のここでもこれでは
今シーズンはパウダーを滑ることが出来るのか?!と、本当に不安に
なってしまうぐらいなのであった・・・。

f0182173_11392329.jpg
約1時間半ほどで赤岳鉱泉に到着。雪が少ないのにも不安だったが、
赤岳鉱泉のアイスキャンデーはビッシリと凍り付いていたのであった~。
さすがである!!・・・。 ここはもうすでに標高2300m程。乗鞍高原で
言うと「位ヶ原山荘」なのである。 と考えると納得してしまう・・・。

ここで、ハーネス&アイゼンなどを装着してクライミングの用意をして
沢を詰めて行くのだった~~。

f0182173_11392940.jpg
今回のターゲットの「クリスタル・タワー」は、裏同心の沢のそのまた
奥の沢にあるらしい・・・。しかし、僕はもちろん、ガイドのNJさんでさえ
その「クリスタル・タワー」は初めてなのである・・・。 赤岳鉱泉からは
山肌の上に1本の細く薄い滝のラインは見えるらしいのだが、実際に
行ってみるまで登れるのかどうかは分からない・・・。不安と期待を胸に
凍りついた沢をどんどん詰めていく・・・。


f0182173_11393455.jpg
沢を詰めていくと、こんな感じの小さな小滝がいくつも出てくる・・・。
3~4mほどの小滝をロープ無しでどんどん超えて歩いていった。
ロープが無いので、しっかりとアックスを振って突き刺して、一手
ずつ確実にこなして進んでいった。

f0182173_11393914.jpg
30~40分ほど凍りついた沢を詰めて行くが、「クリスタル・タワー」
はなかなか見つからない・・・。そして沢はどんどん細くなり、ついに
途切れてしまうかと思われたその時!!
一つ向こう側の沢に、か細い1本のラインが見えたのであった~!!
やっと見つかった!!
これがクリスタル・タワー
なのであった~!!


が、しかし?!・・・・、
f0182173_11394437.jpg
期待をして取り付きまで登っていくのだが、「クリスタル・タワー」は
まだかなり細くて、氷柱が下まで到達していなかったのだった!・・・。

試しに隣の氷柱の1本をアックスで突き刺してみると、ものの見事に
一瞬で砕け散ってしまったのであった!! クリスタル・タワーはまだ
アイスクライミングで登れる程には出来上がっていなかったのだった・・・。

f0182173_11395472.jpg
クリスタル・タワー上部は、かなり大きく凍り付いていて、イイ感じの
凍り具合だったのだが・・・、
f0182173_1140133.jpg
下部がぜんぜん出来上がってなくて、下部まで到達している氷柱は
直径約20cmぐらいしか無かった・・・。 これで登るのは、あまりにも
危険すぎる!・・・、という事で、今回「クリスタル・タワー」を登るのは
諦めるしか無かったのであった~・・・。

f0182173_11401214.jpg
「クリスタル・タワー」も見つかり、せっかくここまで来て登れないのは、
ちょっと悔しいが、自然が相手のアウトドアなので、しょうがない・・・。
また次回、機会があればこの「クリスタル・タワー」アイスクライミング、
挑戦しに来たいと思うのであった~・・・。

f0182173_11401791.jpg
退散っ!!・・・。
でも敗退ではない(と思う・・・)

しかし、ここまで来て何もしないで帰るというのは、何だかモヤモヤと
した気持ちになるので、他の場所でアイスクライミングの練習をしに、
さらに奥地へと向かっていったのであった~・・・。

(続く・・・)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2016-01-11 07:38 | アウトドア

Mt.乗鞍スノーリゾート、ゲレンデ情報~。⑤

ついに!、Mt.乗鞍の
「夢の平コース」が!
オープンです~!!


f0182173_10433396.jpg
と、その前に!、昨日の朝イチは前日からの積雪があり、
久々にパウダーが滑れるかも?!と思って、朝イチから
甥のSO君を誘って、パウダーハントに出動してきました~。

ペンション・カムスの前から、もうすでに積雪があります!
これは!今シーズン初のゲレンデパウダーが滑れる!と
期待に胸を膨らませて、朝イチのリフトに並びました~~。

f0182173_10433778.jpg
まだ陽が当る前の山麓リフトの線下には、見た目クリームの
ようなパウダーが溜まっていたのでした!! これは一番乗り
で行かなければなりませんっ!!

f0182173_10434472.jpg
しかしSO君の選んだコースは、フィニッシュバーンの一番乗り
だったのでした~!! そしてこの線下の「ブッキー」コースは
2番手になりましたが、吹き溜まった素晴らしいパウダーがあり
SO君のパウダーライディングが決まったのでした~!!

f0182173_10434993.jpg
彼は、イイ感じのスピードに乗せてパウダー滑っていきます!!
これで小学校3年生!・・・・、すでにパウダー好きです!!・・・。
末恐ろしいですね・・・・。

f0182173_10435471.jpg
その後、9:30になって、ついに!上部「夢の平クワッドリフト」が
動きました~!! 今シーズンは本当に雪が無くて、Mt.乗鞍も
苦戦を強いられていますが、ゲレンデ降雪スタッフの懸命な努力
によって、夢の平コースもオープンしました~!!

f0182173_1044268.jpg
上部は、さすがに雪がありますね・・・。 カモシカコースもすでに
ハイクで滑っている人たちのシェプールがたくさんありました!!
そして、ハイクしている人もたくさんいらっしゃりました~。

f0182173_1044633.jpg
「夢の平コース」は、しっかり圧雪されていて、とても滑りやすい
コースに仕上がっていました~。しかし、迂回コースは現在もまだ
クローズドなので、中間部の急斜面を滑って下りなければならず、
上級者オンリーのオープンとなっています! ご了承下さい~。

f0182173_10441260.jpg
そして、夢の平コースの中間部の急斜面でも、サイドのパウダーを
食べ残し無くシッカリ滑る、甥のSO君なのでした~!!

やっと夢の平コースがオープンして、ゲレンデとしてはやっと形に
なってきたような感じがします~。 そして積雪が少しでもあれば、
とても気持ちの良いバーンがMt.乗鞍スノーリゾートのゲレンデの
良さだと思います~!! そしてパウダーは最高でした~!!!

またみなさん!、ノリクラパウダーを滑りに来てください~!!
「カフェ・スプリングバンク」のご来店もお待ちしていますよぉ~!!
よろしくお願いします~~。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2016-01-10 07:42 | 山の風景

さとやまエネルギーさんの新年会~!!

先日の某日に、「さとやまエネルギー」さんの新年会に
行って来ました~~。


f0182173_22383716.jpg
さとやまエネルギー」とは、ここ安曇地域で、自分達のチカラで
再生可能自然エネルギーだけでエネルギーを賄えるようにして
いこう!という事で頑張っている会社なのです!! 原発などの
環境に良くない発電ではなく、再生可能な自然エネルギーだけで
安曇地域のエネルギー自給自足をして行こうと言う事なのです!!

去年僕たちは、この「さとやまエネルギー」さんのいろんな作業に
参加してきました。2016年はいよいよ小水力発電所を建設して
行く予定です!! そして早ければ、2017年に発電開始できる
ようです~。自分たちでエネルギーを賄うなんて!何とステキな
事業なのでしょう!! 今年は、4月に電力自由化もあります~。
益々大切な事業なのだと思います。そんな「さとやまエネルギー」
さんに関われている事が、僕はとても誇りに思います!!

f0182173_22384264.jpg
この日のメニューは超豪華なアラカルトメニューもあり、メインは
お好み焼きでした~。なぜかお好み焼きは僕の担当だったので、
頑張ってみなさんの分まで焼きました~・・・。

いろんなアクシデントもありましたが、メッチャメチャ美味しくて、
メッチャ楽しかったです~。 これからも「さとやまエネルギー」
さんと一緒に安曇地域を盛り上げて行きたいと思っています~。
よろしくお願いします~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2016-01-09 07:37 | 日常

ワイン 387

2016年、1発目の「安旨ワイン探検隊」のミッションは、
K8が購入してきた、高級ブルゴーニュでした~!!

今回のワイン「エシェゾー、モンジャール・ミュニュレ」2004年です!!
f0182173_21435375.jpg
このワインは、フランスはブルゴーニュ地方の最高の畑が立ち並ぶ
ヴォーヌ・ロマネ村の隣にある特級畑「エシェゾー」で造られたワイン
です~!!

造り手は、1620年からある老舗中の老舗「モンジャール・ミュニュレ」
です!! このドメーヌは、ヴォーヌ・ロマネにある「ル・リシュブール」
というホテルレストランを経営している、村でも有数の大ドメーヌです!
現在はヴァンサン・モンジャールさんが当主としてドメーヌを大きく成長
させ、ブドウ畑の面積は33haにもなり、35のアペラシオンにもなって
いるのです!!これは、ちょっとしたネゴシアン並みの規模なのです!

この「モンジャール・ミュニュレ」は、何と言って!もこの「エシェゾー」と
「グランゼシェゾー」、そして超高級特級畑「リシュブ-ル」ですっ!!。
エシェゾーは広い畑ですが、「リシュブール」はほんの一握りの小さな
畑で、所有しているドメーヌは極小なのです。

ブドウ栽培では2003年からビオロジック農法で栽培され、全て手摘み
されます。 マセラシオンを低温で4~5日行われ、アルコール発酵は
約30℃で12~15日間。 その後、マロラクティック発酵はオーク樽で
2ヶ月間行われて、トロンセ産の最高級な樽でライトトーストのものだけ
を使用して熟成させています!!


ブルゴーニュの特級ワインは、高価なのでなかなか飲めません!!
しかしこの「モンジャール・ミュニュレ」のワインは、比較的安いのです。
この「エシェゾー」も、またも激安でK8が購入してきたのでした~~。
2016年も、ここからいろんなワインをどんどんご紹介して行きたいと
思いますので、みなさんよろしくお願いします~!! オープンです!
f0182173_21435750.jpg
このワイン!、特級畑ワインなので、開けてスグからもの凄い香りが
グラスいっぱいに広がります!! ラズベリージャムのような果実感
と、あんこのような甘い感じ(?)、そして蒸れた樽の香りがあります。
味わいも一切の雑味が無くとても滑らかで、メチャ美味しいです!!
最後の一口はまさに!シアワセの香りが広がったのでした~!!

これからも「安旨ワイン探検隊」をよろしくお願いします~~。
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店もお待ちしています~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2016-01-08 07:43 | お店のご案内

善五郎の滝の氷幕具合を、偵察してきました~。

今シーズンは、本当に雪が無いです!!・・・・。
僕たちが乗鞍高原に来てから、こんなに雪が少ないのは
初めて!!だというぐらいに、雪が無いのです!!・・・・。

でも、寒い日もあるので、善五郎の滝の氷瀑はどうなのか?!
という事で、いつもアイスクライミングをしている善五郎の滝の
凍り具合を偵察しに行って来ました~・・・。
f0182173_11205615.jpg
Mt.乗鞍スノーリゾートのやまぼうし前にある、第三駐車場の
一番奥から、トレースを伝って遊歩道を歩いていきます・・・。
でも、この辺りでもぜ~んぜん雪が少ないです。 いつもなら
1mぐらいの積雪に覆われていて、スノーシューとかが無いと
歩けないのですが、登山靴ぐらいでも歩けてしまいます・・・。

f0182173_1121148.jpg
下の滝壺のところまで行く手前の橋にも、雪はありません!・・・。
ここも、いつもなら手すりよりも高くまで雪が積もっていて、渡る
時に怖いぐらいなのですが、今年は積雪は10~15cmぐらいで、
全く問題が無い状態です・・・。 (雪が無いという事が問題ですが)

f0182173_1121798.jpg
そして、善五郎の滝まで着ました~!!
思っていたよりはまあまあ凍っていて、氷瀑の景色としてはイイ感じ
にはなってきていますが、それでもまだまだアイスクライミング出来る
のには程遠い感じです・・・。


f0182173_11211499.jpg
滝の右端は、かろうじて上まで氷柱が繋がっています・・・。でも中で
水が流れていて、薄~く繋がっているという感じですね・・・。つららの
ようにぶら下がっている氷柱がとてもキレイです~!!

f0182173_11211989.jpg
そして、滝の部分からから離れて一番右側の場所では、かろうじて
アイスクライミングが出来る状態(?)だと思いました。 またもう少し
凍った箇所が広がったら、アイスクライミングもしに来ようと思います。
コチラも、もう少しですね~・・・。

今冬シーズンは、スノースポーツには非常に厳しいシーズンになって
いますが、自然相手なので現状で出来るだけで楽しむしかありません。
後は、雪が降ってくれるのを待つしかないですね~。 必死の雪乞いを
しながら、僕は「カフェ・スプリングバンク」でみなさまのご来店をお待ち
しています~!! よろしくお願いします~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2016-01-06 07:19 | 山の風景

「乗鞍・ムーンライト・スノーシューツアー」のご案内。

まるで海の底にいるような、幻想的な深い深い青さの月明かりの
世界に連れて行ってくれる「乗鞍高原、ムーンライトツアー」は
いかがでしょうか~?!


f0182173_1574442.jpg
標高約1500mにある乗鞍高原は、広大な高原地にあります。
なので星空を観察するのに最適な場所なのです!! そして、
もちろん満月の夜にはライトも必要無いぐらいに青く明るい世界
となるのです~。 そんな、乗鞍高原の地元の人たちで秘かに
楽しまれていた「月見ツアー」、その幻想的で美しい光景を、ぜひ
お客様にもご覧いただき、平地では味わうことができない程楽しい
ツアーにしてみよう!と、「のりくら天空ふぁんCLUB」が企画した
ツアーです~~!!

もし、当日晴れて満月が出たら、一ノ瀬園地から見上げる乗鞍岳は、
月明かりで白く輝き、ライト無しでも歩けるほどの明るさなのです!
凍った「まいめの池」付近で極寒の夕食会を開きます!ホットワイン
やシチューなどが用意されます。 ツアー後は、ふぁんCLUB協賛
施設に宿泊。冷えきった体をお風呂で温め、ゆっくり休みましょう。

2日目は、凍った「善五郎の滝」の氷瀑見学と、奈川~乗鞍高原の
名物「とうじ蕎麦」の昼食があります。美しい冬の景色を見て欲しい!
体験して欲しい!味わって欲しい!、と思う女将さんたちのお薦めが、
ギュッと詰まった1泊2日のツアーです。
 

ツアー参加の申込は、コチラからどうぞ。このムーンライトツアーは
「のりくら天空ふぁんCLUB」の会員限定のサービスです。 なので
まず最初に、「のりくら天空ふぁんCLUB」の無料会員登録をしてから
お申し込みという事になります。→「のりくら天空ふぁんCLUB
ぜひ!参加してみて下さい~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2016-01-05 07:06 | イベント

Mt.乗鞍スノーリゾート、ゲレンデ情報~。④

今冬シーズンは年末年始になっても、全く雪が無い状態が
続いています!!・・・。こんなに雪が無いスキーシーズンは
僕たちが乗鞍高原で「カフェ・スプリングバンク」をオープンして
16年になりますが、初めてです!!・・・・。それだけ雪が無い
のです・・・。

このお正月も超快晴続きで、本当に雪が降りませんぅ~・・・。
いつもなら晴れた天気になると嬉しいのですが、今シーズンは
何だか恨めしく思えてしまいます・・・。

f0182173_1116127.jpg
それでも、年末年始は仕事に没頭していたので(?)、やっと
昨日になって、2016年の初滑りも兼ねて、ゲレンデの偵察に
に行って来ました~~。 本当に美しい紺碧の青空でした~。

ゲレンデ上部の「夢の平コース」は、未だオープンしていません。
ゲレンデ整備するにもまだ雪が足りないのでしょうか?!・・・。

f0182173_11161195.jpg
しかし、ダウンヒルコース下部は、コース幅がいっぱいにまで
広がっていました~。 圧雪もしっかりとフラットに行われていて
これでやっと、思いっきり大きなカービングターンで滑って行く
ことができますね~。

f0182173_11161767.jpg
ダウンヒルコース下部を滑って行くのは、甥のSO君です~!!
彼は小学校3年生ですが、もう大人顔負けのスキーで思いっきり
滑って行きます!! もうそれぐらいスキーが上手いのです!!
さすがですね~。

f0182173_11164079.jpg
その甥のSO君に負けないように、僕も渾身のカービングターンを
描いてきたのでした~~。 でもまだまだ本調子には遠いですね・・・。


Mt.乗鞍スノーリゾートのゲレンデは、日に日に滑りやすくなって
きています。コース幅も広がってきていて、圧雪もフラットになり、
とてもイイ感じです~。 あとはドカ雪が降るのを待つだけです!!
全国のMt.乗鞍ファンの方全員で、雪乞いをしましょう~~!!

そして「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~。
よろしくお願いしますぅ~~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2016-01-04 07:15 | 山の風景

新年最初のお酒~。

2016年、新年に僕が最初に飲んだお酒は、京都の友人から
オミヤゲで頂いた「京都麦酒ビール」でした~!!

f0182173_11114540.jpg
この「京都麦酒ビール」は、「黄桜(キザクラ)」という日本酒のメーカーが
造っている京都の地ビールです!黄桜の創業地、京都市伏見区塩屋町の
本店酒蔵を改装して、1995年6月誕生いたしました。 水は当然「伏水」!
日本酒の醸造酒において仕込水は命とも言うべきもの。黄桜は清酒醸造の
蔵元ですから当然使う水は吟醸酒にも使われる名水「伏水」。全ての黄桜
の酒はこの名水「伏水」で仕込まれているらしいです・・・・。


このビールは、カフェ・スプリングバンクの営業とは全く関係無いのですが、
とても美味しいビールなんです!! 特に僕の好きなエール系のビールが
味わい深くてとてもイイ感じです~~。



f0182173_11115055.jpg
僕の出身地は京都なので、京都のお漬物である柴漬けや、山椒ちりめん、
湯葉などなど、京都の元祖な味わいのオミヤゲはとっても嬉しいです~!
どれも美味しいです。  みなさん、いつも本当にありがとうございます~。

このビールのラベルには、京都の「大文字山」が描かれていました~!!
これを見ながら飲んでいると、再び京都で住んでいた幼少の頃の想いでが
浮かんできますね・・・。若かりし時はメチャクチャしていたので、あまりイイ
思い出は無いのですが、僕にとってはどれも素晴らしい思い出でした・・・。
音楽や味覚などでその頃の思い出がなつかしく蘇るのは面白い感覚だと
思います~・・・。


2016年もここから頑張ります!! ブログの読者のみなさん!、
2016年も「カフェ・スプリングバンク」をよろしくお願いします~!!
ご来店お待ちしています~!!

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2016-01-03 07:10 | 日常

新入荷のモルトウイスキーのご案内!!

2016年が明けて、いきなりモルトウイスキーですが!、
ついに!、僕たち「カフェ&バー・スプリングバンク」も、
マニアック過ぎる!禁断のジャパニーズウイスキーの
世界に、足を踏み入れてしまいましたぁ~~!!・・・。

イチローズモルト、The Final Vintage of HANYU 15年」です!!
f0182173_14124361.jpg
このモルトウイスキーは、埼玉県羽生市にあった「羽生蒸留所」で
造られた、日本のモルトウイスキーです。 上記に「あった」と書いた
のは、羽生蒸留所は2000年に閉鎖されてしまったからです・・・。

羽生蒸留所は、羽生市にある日本酒のメーカーである「東亜酒造」が
所有していた蒸溜所です。1941年に設立されて、戦後の1946年に
ウイスキー造りの免許を所得して蒸留を開始しました。 ウイスキーは
「ゴールデンホース」と言う銘柄で販売されていました。しかし、’80~
90年代のウイスキーの不況から、2000年を最後に蒸溜を停止して、
2004年には完全に閉鎖されてしまったのでした・・・。

東亜酒造の経営危機により、「羽生蒸溜所」は売却されてしまいますが、
売却先の企業はウイスキー事業からの撤退を決断し、「羽生蒸溜所」の
ウイスキー原酒は期限付きで引き取り手が見つからなければ破棄される
という決定が下ります!!
しかし!、
羽生蒸留所の創業者の孫である「肥土伊知郎」さんはウイスキー原酒を
引き取ってくれる企業を探し続け、ついには福島県の「笹の川酒造」から
援助を取り付け、この貴重なウイスキーを破棄から救ったのでした!!

そして!、「肥土伊知郎」さんは、2004年9月、
埼玉県秩父市に自分たちのウイスキー蒸留所である「秩父蒸留所」を設立!
「ベンチャーウイスキー社」を立ち上げてウイスキー蒸留を再開したのです!
そして、2005年の春から、「笹の川酒造」にある宝のようなウイスキー原酒
を「イチローズ・モルト」として販売しました!! 樽出しの「 カードシリーズ」
は、イギリスの「ウイスキーマガジン」でも最高得点の「ゴールドアワード」に
選ばれました!!

現在の「秩父蒸溜所」は羽生市郊外の小高い丘の上にあります。仕込みは
大血川渓谷水系の軟水を使用。 原料には地元埼玉県産の大麦を使って、
フロアモルティングで麦芽造りもしています。そして、ミズナラ製の発酵槽で
発酵、スコットランドのフォーサイス社製のポットスチルで、ハンドクラフトの
手づくりでモルトウイスキーを生産しています。 現場のウイスキー職人は、
旧メルシャンの「軽井沢蒸留所」で48年間という長きに渡りモルト・マスター
としてウィスキー造りに携わってきた「内堀修省」が加わっていらっしゃるので
これからの秩父蒸留所の新しいウイスキーが非常に楽しみなのです!!


f0182173_14123623.jpg
そして!!、
この「The Final Vintage of HANYU 15年」は、閉鎖された「羽生蒸留所」
の最後の年である2000年ヴィンテージのモルトウイスキーなのです!!
秩父蒸留所は新しく再開したのですが、羽生蒸留所で造られたモルトは、
無くなればこの世からなくなり永遠に飲めなくなるウイスキーなのです!!
そしてファイナルの2000年ヴィンテージとくれば、モルトウイスキーファンの
僕は黙っていられなかったのでした~・・・。


f0182173_14122979.jpg
「イチローズ・モルト・15年」シリーズは、ファーストリリースからラベルに
ちょっとした「遊び心」が用意されているのです~。 このラベルの裏地に
埼玉県の県鳥である「シラコバト」が隠されているらしいのです!!・・・。
ファースト・リリースの時は1羽のみ、2回目リリースのラベルには2羽、
サードには3羽、フォースリリースには4羽、そして今回のFinal Vintage
は5回目らしいので、5羽のシラコバトが隠れているのです~。みなさん!
ぜひこの「イチローズモルト15年」を飲んで、ラベルの中の「シラコバト」を
探してみて下さい~~。 

ぜひ!この「イチローズモルト、The Final Vintage of HANYU 15年」
を飲みに「カフェ・スプリングバンク」へご来店下さい、お待ちしています~。
よろしくお願いします~!!

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2016-01-02 07:11 | お店のご案内

2016年、明けましておめでとうございます~!!

明けましておめでとうございます~!!
みなさま、2016年も僕たち
「Cafe' & Bar SpringBank」を、
どうぞ、宜しくお願いします~!!


f0182173_8594172.jpg
昨日の大晦日の夜も例年通り、ご来店頂いた大勢のお客様と
一緒に、新年への「年越し・カウントダウン」をしました~!!

2015年が刻一刻と過ぎて行き、あと5分!とか、あと2分!!、とか
どんどんと時が過ぎて行き、あと10秒からカウントダウンが始まって、
みんな一緒にクラッカーを鳴らして「Happy New Year !!! 2016 !」
「パンパン、パン、パン!!」と、新年を迎えたのでした~!!!
カウントダウンにご来店頂いた皆さま、どうもありがとうございました!


f0182173_90485.jpg
そして、毎年恒例になりましたが、新年の瞬間に開けたシャンパンを、
その瞬間にお店に居たお客様みんなで一緒に飲みました~!!


僕たち「カフェ・スプリングバンク」としては、この2016年はさらに!、
やりたい事や行きたい場所、登りたい山や滑りたいライン!に向けて
さらなる技術と経験の進化をして、完熟の年にしたいと思っています。
そしてもちろん!、今年はいよいよあの!夢が、再び僕の手の中に
入るのかも知れません?!・・・・。 そしてそして、出来るだけエコに
努めて生活する!という事も頑張って行きたいと思っています!!
そしてスプリングバンクの重役役員たちは、今年も世界を救うために
ミーティングを開いてくれるらしいです!! ご期待(?)下さい~・・・。

なのでこのブログ共々、また今年もよろしくお願い致します~!!!
もちろん、お店の仕事も頑張ります!! いつものスプリングバンクの
モットーである「楽しい人生の秘訣は良いお酒と共にある!」という事を
胸に、みなさまに素晴しいお酒を提供して、楽しく飲んで頂けるように、
一層の精進を誓います。 
今年も、ご来店お待ちしていま~す!!
よろしくお願いします~~~。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2016-01-01 09:00 | イベント