<   2017年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

八甲田山、遠征バックカントリースキー。

カフェ・スプリングバンクのホームページに、山岳スキー滑走の
部屋を作りました。 → 「バックカントリースキー滑走記録」
その記録として、このブログを書く前、2008年9月以前のスキー
の事を書いています・・・。(写真はデジカメ以前のフィルムのモノ
なので、フィルム写真をデジカメで上から撮影してのアップです。
なので少し荒いです・・・。)

第2弾は、青森、
八甲田山です!!
f0182173_10391955.jpg
2006年の春、僕たちチーム・スプリングバンクは、Mt.乗鞍の
スキー場が営業終了してスグに、約2週間の山スキー遠征ツアー
に出かけたのでした・・・。新潟からフェリーに乗って、北海道~
青函フェリーで八甲田、~八幡平~鳥海山~山形蔵王~乗鞍と、
北海道から東北の山々を巡ってきたのでした~。前回のニセコ
~羊蹄山BCスキーからの続きです・・・。


f0182173_10395060.jpg
八甲田山では2泊2日の強硬日程だったのです。この日は天気が
あまり良く無かったのですが、朝イチのロープウェイには大勢
の人が溢れんばかりに乗り込んで行くので、僕たちもその波に
乗って山頂駅まで上がっていきました・・・。(この八甲田では
ヴェクターグライドのスキー多し!!)

f0182173_10401812.jpg
1日目は、山頂駅から「酸ヶ湯」までの「中央ルート」を竹竿を
辿って滑って行きました~。山頂付近ではかなりのホワイトアウト
で真っ白で、何も見えないぐらいでしたが、標高を少し落とすと
黒い雲の下に出て地形が分かり、長い滑走を楽しめました・・・。


f0182173_10404814.jpg
2日目も天候は悪く、雪が降ったり止んだりの真っ白な状態・・・。
それでも八甲田ロープウェイは運行されていて、たくさんの
スキーヤー達の団体が山頂駅から歩いて白い霧の中へと消えて
行きます・・・。なので僕たちも「箒場岱ルート」を滑ろうと思い、
地図とコンパスで、大岳を目指して歩いて登って行きました・・・。


f0182173_10414548.jpg
同じルートを先行する20名ほどの団体があり、地元のガイド
さんだという事なので、そのグループの後に付いて行きました。
しかし、2時間程歩いたところでそのグループのリーダーの人が
「どこにいるのか分からない!」と言い出して、そのグループ
みんなでバラバラに滑り出してしまいます!! その行動は
僕たちには理解出来なくて、一旦その20人程のグループを集め、
その先は僕たちが独自にコンパスを使って「八甲田ルート」へ
戻ってこれたのでした・・・。プチ遭難な2日目だったのでした・・・。
これにより、僕の中に、知らない人についていってはダメだ!
という事が植えつけられたのでした・・・・。

ライディングはMr.K のテレマークです~。八甲田の上部稜線は
樹氷のモンスターがまだたくさん見れましたが、下部ではもう
4月はモンスターは無くなっていたようです~。


f0182173_10415598.jpg
ラストは「酸ヶ湯」です。ここの湯治部屋に泊まりました・・・。
混浴の「千人風呂」やその他の露天風呂、情緒と歴史のある
建物、どこをとっても素晴しい温泉宿でした~!! 




[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2017-02-26 10:42 | 趣味の部屋

羊蹄山、バックカントリースキー

カフェ・スプリングバンクのホームページに、山岳スキー滑走の
部屋を作りました。 → 「バックカントリースキー滑走記録
その記録として、ブログを書く前の事を少し書きたいと思います。

写真はデジカメ以前のフィルムのモノなので、フィルム写真を
デジカメで上から撮影してのアップですので、少し荒いです・・・。

第1弾は、北海道
「羊蹄山」です!!
f0182173_11054362.jpg
時は、2006年!・・・。もうすでに10年前になります・・・。春の
カフェ・スプリングバンクのホリディを利用して、新潟港から
フェリーに乗って小樽まで行き、そこから「ニセコ」へ滑りに
行ったのでした・・・。しかしその日、あまりにも「羊蹄山」が
キレイに見えていたので、ニセコのゲレンデスキー中止して、
羊蹄山バックカントリースキーに行ったのでした~・・・。


f0182173_11055035.jpg
初めて行った北海道スキー。地理もどこから登るのかも全く
分からず・・・。地元の人に聞きながら、南側の「真狩登山口」
から登り始めました。

北海道ツアーに参加してくれたのは、若き頃のMr.Kです!
この頃は、彼とでいろんな山を滑りまくっていたのでした 。


f0182173_11055527.jpg
真狩側の羊蹄山登山口の看板からツアースタートしました。
これは「クマゲラ」さんでしょうかね?!・・・。


f0182173_11060156.jpg
これは、ちょうど標高1000mのテラスのところでの休憩です。
この時は朝早かったので雪が硬かった印象です。登りにくかった
ような思い出があります。


f0182173_11060589.jpg
日記では、約5時間ほどで「羊蹄山」の山頂に到着しています!
羊蹄山の火口は、とても大きくて、そして美しかったです!!


f0182173_11061246.jpg
「羊蹄山」山頂から見た洞爺湖です。(南向きの景色です。)
真ん中にある島のような部分が、昭和新山らしいです・・・。


f0182173_11062057.jpg
「羊蹄山」山頂から見たニセコ山です。(西向きの景色です。)
ニセコのスキー場が全て見渡せました!! とても広くて大きい
スキー場でした。この日は本当に素晴しい快晴の青空で、絶景
だったのでした~。


f0182173_11062690.jpg
そして、いよいよ!、憧れの「羊蹄山」の山頂から
ドロップ・インです!!
羊蹄山の山頂付近はガリガリのアイスバーンだったので、
1ターンずつ慎重に滑って行きました・・・。


f0182173_11063228.jpg
そして、中間のセクションでは、ハーフパイプ状の沢地形の
中に溜まったパウダーを気持ちよく頂いたのでした~!!

f0182173_11063812.jpg
ピーク・トゥ・ボトムで、一度も止まらずに一気に下まで
滑りきったのを覚えています。素晴しい最高のスキー滑降が
出来たのでした~!!


f0182173_11070088.jpg
そして、下部ではダケカンバ林の中のツリーランパウダー!!
4月だったのに、気持ちイイパウダーが滑れたのでした~。

f0182173_11070809.jpg
Mr.K の最高のテレマークターンが、この「羊蹄山」のスキー滑降の
良さを物語っています!! 夢がまた一つ叶った瞬間でした~。


f0182173_11071659.jpg
最後は、「真狩温泉」に浸かりながら、露天風呂から見える
羊蹄山の斜面に描いた自分達のシェプールを、眺めていたの
でした~~。感無量でした。


f0182173_11072230.jpg
そして、北海道に来たら、ココ!!
ニッカ余市蒸留所です~!!!
ここでもまた、一つ夢が叶いました~。




[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2017-02-21 11:07 | アウトドア